臭い玉 取り方 綿棒。 臭い玉(膿腺)の場所が動画でよくわかる!膿栓動画がヤバ過ぎ…

臭い玉の取り方 2chで1番人気がある方法は綿棒【もっといい方法があります】

臭い玉 取り方 綿棒

臭い玉の 取り方?! ダメ!絶対。 臭い玉は「一回取ったらそれで終わり」ではなく、一度できると再発する可能性の高いものです。 取り方を失敗、失敗しなくても 「異物を口の中に入れる」という行為自体が危険です。 「扁桃腺の穴が広がって臭い玉が大きくなりやすくなった」 「一度自分で取ってから、それまで以上に多くの臭い玉ができた」 など、悪化の声が後を絶ちません。 自分で臭い玉を取るのは絶対に危険ですので、やめておきましょう。 ここでは、それでも衝動的に「臭い玉の取り方」を知りたくなってしまった人「なぜその方法がだめなのか」を具体的に細かくお知らせして警笛を鳴らしていきます。 Check! :「」臭い玉対策と口臭予防ができるマウスウォッシュ! 目次• 「臭い玉」ができたかもしれない人のよくある行動 臭い玉はテレビでも特集を組まれるぐらい「ポピュラー」なものになってきたので、普段から口臭に悩まされていて、原因がわからないという人は一度や二度「臭い玉」を疑ったこともあるかと思います。 臭い玉は喉の奥、両脇の扁桃腺の部分にできます。 「これ、臭い玉かもしれない…!」 こうなった人の行動というのは大体以下のようになってしまいます。 臭い玉を鏡で確認する。 ネットで「臭い玉 取り方」を検索する。 家にある「綿棒」や「耳かき」で取ろうとする。 臭い玉が悪化して口臭もひどくなり「耳鼻咽喉科へ」 これ、「自分に限ってそんなことはない」と思われるかもしれませんが、「臭い玉」を発見してしまった人の行動というのは「 衝動的」です。 「すぐ取れる口の中だから、自分でできるでしょう。 」 これが一番の過ちのはじまりです。 繰り返しになりますが 絶対に臭い玉を自分で取るようなことはしないでください。 「臭い玉は一度とってもまた出来る」を知っておく。 臭い玉は肌のできもの感覚で「一度取ってしまえばそれで終わり」というものではありません。 これを本当の意味で理解しておかないと、悪化しているのに自分で取ろうとしたり、根本的な解決のために動こうということができなくなってしまいます。 臭い玉自体は「誰にでもできる可能性があるもの」であり、気がついていないだけで「鏡では見えないところに臭い玉がある」という状態も少なくありません。 臭い玉が悪化すると… ・ 複数の臭い玉ができるようになる。 ・ 穴が広がってしまい 大きい臭い玉ができる。 ・ 口臭が尋常ではなくなり、 日常生活に支障がでる。 ・ ふとした瞬間に 臭い玉が飛び出しやすくなる。 ・ 喉の違和感や口臭を感じて、 食事を楽しめなくなる。 などなど、自分でとろうとして、悪化させたりすると口臭だけではない弊害がでてくる恐れがあります。 徐々に「臭い玉ができにくい体にしていく」というのが一番重要であることを忘れないようにしましょう。 間違った臭い玉の取り方 綿棒 「臭い玉 取り方」や「臭い玉 綿棒」、「臭い玉 取り方 綿棒」で検索するとカンタンに紹介されているのが、「 綿棒」です。 綿棒で臭い玉を取る場合には、うがいをした後、乾いていない状態で…などと注意書きがある場合もありますが、基本として「自分で臭い玉を取ろうとする行為」はNGです。 綿棒を口の中に入れるのは、喉の荒れを良くする薬を塗る時ぐらいで、扁桃腺回りのデリケートな組織を「押す(押し出す)」「ひっかく」「なでる」ような動作はしないようにしてください。 耳かき 普段「 耳かき」で使用しているものを、口の中に入れるという行為だけでNGです。 イメージとしては「臭い玉をかき出す」ことをするんでしょうが、 そもそも「固いものを、デリケートな組織に当てること」が危険なわけです。 こちらも出血のリスクが高い方法の一つです。 シャワー 一番まともな「器具で臭い玉を取る方法」のように感じますが、必要以上に喉に対して水圧をかけるのは非常に危険な行為です。 喉の奥は非常にデリケートな組織ですし、普段「 シャワーの水圧を喉の奥にかける」ことに慣れている人などいないでしょう。 そういった人がいきなり「臭い玉」を取ろうとするあまり、シャワーを喉の奥に当ててしまうと、嗚咽や最悪の場合、呼吸困難に陥ることも予想できます。 お風呂場で行う方法なので、万が一何かあった時に「助け」が遅れてしまうこともありますので、「臭い玉」を取るために大切な何かを見失わないようにしましょう。 ウォーターピック(水圧で汚れをかき出す道具) こちらもシャワー同様、使用用途以外に利用しようとすると危険です。 ウォーターピックの水圧というのは非常に強いので、万が一扁桃腺付近の臭い玉に押し当てた時、その水圧で扁桃腺を傷つけるどころか、非常に奥の方まで臭い玉を押し込めてしまう可能性が高いです。 ハンディクラウン(水差し、注油) 実験や機械への注油用に使用する器具ですが、こちらも先の細いチューブからいきおいよく臭い玉に水を当てて取ろうとする方法です。 この ハンディクラウンはチューブの部分が細いため、口の中で安定しません。 右左に動いてしまうチューブが確実に口の中の組織を傷つけてしまいます。 Amazonで「臭い玉」を検索すると「ハンディクラウン」が関連商品として表示される場合がありますが、臭い玉を取るために手軽に手出ししないようにしてください。 歯ブラシ 歯を磨くというのは「口腔内を清潔に保つこと」として最適な方法です。 それ以外の方法に「 歯ブラシ」を利用するのは、どの場合でもよくありません。 舌の上のコケ、舌苔(ぜったい)を取ろうとする時でも、やさしくなでるぐらいにしないと、出血などの原因になってしまいます。 ましてや「歯磨きで臭い玉を取ろうとする」行為などは危険極まりなく、嗚咽だけではなく、扁桃腺周辺の組織を傷つけてしまう可能性の方が「臭い玉を取る」目的達成の可能性より上回ります。 ドルツ これは電動歯ブラシなどで有名な「ドルツ」です。 歯ブラシの振動などを利用して「臭い玉」を取ろうとしても、 そもそも歯ブラシというのが、固い歯を磨くためにできています。 歯ぐきが弱まっている時に電動歯ブラシを使用して、出血した経験がある人も多いはず。 扁桃腺付近は特にデリケートな組織で、傷つきやすいのでドルツなどの電動歯ブラシは使用しないのが一番です。 注射器、シリンジ 現在Amazonなどのネット通販で気軽に「 注射器」や シリンジ(画像参照)を手にすることができます。 臭い玉を取るために注射器の(もちろん針なしで)先から「吸い出す」行為もかなり危険なものと言えます。 扁桃腺周辺の組織はとても柔らかく、吸い出す行為で出血し、傷を負ってしまう可能性が高いです。 ネット上では「すっきり臭い玉を取り出す方法」として紹介しているサイトもありますが、絶対に行わないようにしてください。 エアーダスター 本来、清掃用にパソコンのキーボードのホコリを除去するために使用される「 エアーダスター」。 こちらは先ほどの注射器の「吸い出す」行為と逆で、臭い玉をエアーダスターの風圧で「吹き飛ばす」という行為です。 エアーダスターから吐き出される風圧以外に危険なのは、ジメチルエーテルという成分にあります。 よく、エアーダスターを使用した時に、一か所に吹き出し過ぎて霜がかぶってしまったことはないでしょうか。 これが、口の中のデリケートな部分で起きたら…考えただけでも使用できないはずです。 掃除機 耳を疑いたくなるような情報ですが、 掃除機の吸引力を利用して、臭い玉を吸い取ろうというものです。 掃除機の吸引する部分を狭めて行うとしても、確実に扁桃腺付近の組織を痛めてしまうことになります。 ふざけ半分であっても絶対に行ってはいけない方法です。 つまようじ つまようじは歯のつまり物を取るためにあります。 そのため、先は鋭利になっていますし、これで臭い玉を「ほじくる」ようなことは危険です。 「臭い玉 綿棒」のような関連キーワードには更に単語を追加して検索されているデータがあります。 例えば「臭い玉 綿棒 血」などです。 失敗する可能性が高いのは綿棒もつまようじも同じだと考えますが、つまようじの方が出血しやすいと思われます。 ピンセット これを喉の方に入れていることをイメージするだけでも怖いのですが、 通常の ピンセット、もしくは先が曲がっていて、その先がとがっているピンセットで、 見えている臭い玉をつかんで取ろうとする行為です。 ピンセットをいくら殺菌除菌したとしても、やはり万が一喉の奥に突き刺してしまうなどしたら、かなりの重傷となってしまいます。 「臭い玉」を取るために、大きな代償を払う必要はありません。 「家にある簡単なもの」であるピンセットで臭い玉を取ろうとしないことが重要です。 いろいろな文房具 ・シャーペンの先 ・ボールペンの先 「喉の違和感」を感じて生活するのはとても大変ですが、 出先で何か「先の細いもの」を探して臭い玉を取ろうとすると、シャーペンやボールペンなどが思い当たります。 そうすると、インクだけでなく、雑菌などが喉から直接入り込み、病気になる危険性がとても高いです。 「気になってしょうがない」臭い玉ではありますが、衝動的に行動しないのが、悪化させないための安全策です。 ドライバー ドライバーなども「先が細いもの」として思い当たることもあるでしょう。 簡単に見つけられるだけあって、試してしまいがちかもしれませんが、もし万が一突き刺してしまったとしたら、今後の人生に影響するような重傷を負う可能性があります。 ハサミやカッターなどの刃物 臭い玉が育ってくると固くなってくる場合があります。 こうなると、カンタンに綿棒などで取れないかもしれない、という思いが先行して、カッターなどの刃物を想像してしまうかもしれません。 刃物を喉の奥に突き立てる行為を想像するだけでも怖いですが、ちょっとでも横にそれただけでかなりの出血となります。 喉の奥には大切な神経が通っています。 「万が一」という場合を想定すると、出血だけでは済まされない状態になるでしょう。 手や指で取る 手元に綿棒や耳かきがない場合などに「嗚咽:おえつ」覚悟で自分の手や指で取ろうとする行為です。 鏡を見ながらでも、指はペン先のように細くはないので、喉の奥に手を入れた場合には「大体ここら辺をつまめばあるだろう」という行動になります。 失敗する確率も高く、舌の奥、喉の奥に指を突っ込む動作になるので、気分を害するだけです。 臭い玉が自然にとれるタイミングとは? ここからは「そもそも論」になってしまいますが、「臭い玉」というのは基本的に「誰にでもできる可能性があるもの」です。 そうすると、「私は臭い玉なんか持っていない」と思っていても、以下の理由から気が付かないことも多いのです。 ・ うがいのタイミングで吐き出している。 ・ くしゃみのタイミングで吐き出している。 ・食事やつばを 飲み込む時に、一緒に飲み込んでいる。 これらの日常、よくある行動の中で臭い玉ができていても自然と取れる場合あります。 それでは、「臭い玉を器具を使って取ろうとする間違った方法」ではなく、効果的に「臭い玉が取れやすくなる方法」を紹介します。 これは「臭い玉が取れやすくなるようにうながす方法」なので、取れなくてもイライラしないのが、重要です。 効果的なうがいの方法 これは「臭い玉」だけではなく、帰宅後のうがいとしても効果的です。 口に水を含む 2. 上を向いてうがい。 「あ~」の時は口の中をゆすぐイメージ。 「お~」の時は喉の奥をゆすぐイメージです。 一度水を吐き出す。 もう一度うがい。 イメージとしては、まっすぐに上を向いた状態では入り込めていない左右の空間に水を当てるような感じです。 水を吐き出す。 時間のない場合でも、あ~お~(声に出さなくても、口をその発音の形にするだけでもOK)うがいだけでも試してみてください。 この他に扁桃腺、喉の奥を「んぐんぐ」させるようにして、臭い玉を取れやすくしたり、ベロ(舌)を動かしてがんばる方法などがネット上で紹介されています。 鼻うがいなどもそうですが、この方法で絶対に取れる、ということではありません。 自然と取れやすい方向にもっていく、というイメージで行動するのが一番大事で、結果「臭い玉ができにくい体」になる第一歩となるでしょう。 まとめ:臭い玉の取り方に一番近いのは「取らない」こと 繰り返しになりますが 「臭い玉ができちゃった!」 と気づいた場合、人は衝動的に「取り方」を検索してしまいます。 ただ、失敗する可能性も非常に高く、その結果「 臭い玉が悪化してしまう」という状態になります。 臭い玉は衝動的に取った後でも、また「 再発」する可能性が高いです。 一度冷静になって、臭い玉の取り方以外にすべき行動というのを考えてみてください。 私も一連の過ちを犯してしまった一人ですが、今思えば「こうしておけば良かった」という方法があります。 臭い玉に気づく。 耳鼻咽喉科で受診する。 病院で処方された「うがい薬」(場合によっては抗生物質)をしばらく試す。 生活習慣に気を付けて健康を保つ。 清潔に」これを念頭において生活します。 この一連の流れで「徐々に」臭い玉が減ってきました。 自分に口臭の大きな原因となってしまう「臭い玉」ができてしまうのは、相当ショックなことですが、間違った行動を起こして、悪化させないようにしたいですね。 Check! :「」臭い玉対策と口臭予防ができるマウスウォッシュ!.

次の

臭い玉・膿栓の取り方に注意!匂い玉を綿棒・シャワー・耳かき・シリンジ・ピンセット・歯ブラシ・ウォーターピックで取る?

臭い玉 取り方 綿棒

営業職やサービス業など、毎日他人に接する機会が多い職に就いている人たちは、常日頃からさまざまなエチケットに気を配っている。 そのエチケットの一つにも含まれているだろう。 話相手の呼吸から漂ってくる臭いがきつければその人には好感を抱きにくいし、下手をしたらビジネスチャンスを逸しかねない。 相手に不快な思いをさせないための息対策は、社会人としての最低限のマナーといっても過言ではないだろう。 ところで、この口臭を招く要因の一つに「臭い玉」 においだま なる存在があることをご存じだろうか。 今回は日本耳鼻咽喉科学会認定専門医の宮崎裕子医師に口臭の原因や臭い玉の正体、さらにはその予防法などについてうかがった。 口臭にもつながる「臭い玉」とは何なのか 口臭の主な原因 誰もが気になる口臭だが、実は程度の差こそあれ、「誰でもある程度の生理的な口臭はあるものです」と宮崎医師は話す。 「口の中から出る臭いは、特に唾液の分泌に影響されます。 唾液には口の中を洗浄・自浄する作用があります。 『食べるときに咀嚼する』『話す』などの動作によって口を動かし、唾液腺を刺激することによって唾液が分泌されます。 唾液が減って口の中が乾燥すると自浄作用が低下し、たんぱく質を分解する細菌が増えるので、口臭の臭いがきつくなります」 不快な口臭の大半は、 ぜったい: 舌の表面についた食べカスや細菌のカス や唾液、食物のカスなどに含まれるたんぱく質が、口中にいる細菌により分解・発酵される過程で出るガスによって引き起こされる。 この口腔内の食物や細菌のカスを増殖させないことが、口臭を抑えるためのカギとなる。 口臭の主な要因は以下の通りだ。 ・舌苔の異常 ・歯周病 ・耳鼻科の病気 副鼻腔炎による膿汁、扁桃膿栓 に伴う臭い ・消化器の病気 逆流性食道炎 をはじめとする種々の病気 「特に強い口臭を起こす原因として最も多いと言われているのが舌苔です。 多少の舌苔は健康な人にもありますが、『口の中が乾いているとき』『体調がよくないとき』『胃腸の病気や脱水を伴う病気があるとき』などに舌苔が厚くなると口臭の原因となります。 胃腸の調子がよくないときに舌苔が増えるのは、舌の感覚を鈍らせて食欲を減らし、食べる量を減らして胃腸を守るためだと言われています」 舌苔の次に多い原因は歯周病だ。 歯周病によって口の中にたまっている歯垢 プラーク も舌苔と同じく多量の細菌とたんぱく質の集合体であるため、炎症によって多量のたんぱく質が細菌に分解されると強い口臭を伴う。 耳鼻科の病気 扁桃炎、副鼻腔炎など は炎症が鼻や喉にあると、菌や膿汁が流れ込んでしばしば口臭を発生させる。 口臭を招く臭い玉とは そしてさらに、扁桃膿栓 のうせん と呼ばれる箇所にできる臭い玉も、強い臭いを生じさせるという。 「口を開けると、喉の奥、左右の脇に見える口蓋 こうがい 扁桃 いわゆる扁桃腺 は、外からの異物や細菌、ウイルスなどの侵入を防ぐ役割を持っています。 口蓋扁桃にはくぼみ 陰窩 があり、炎症があるとその陰窩に細菌や白血球の死骸や食べ物のカスなどがたまりやすくなります。 何も症状がなければ通常の臭い玉は放置しても問題ないそうだが、臭い玉が口臭の原因になるケースもあると宮崎医師は話す。 もしも口臭が気になったり、臭い玉が貯留することで喉の違和感が続いたりするようだと、治療の対象になる。 「臭い玉のせいで喉に異物感や異常感がある場合は、取り除くケースがあります。 臭い玉が気になるようでしたら、耳鼻科での洗浄・吸引にて取ることも可能です。 洗浄・吸引で一時的に臭い玉や膿汁が除去されるため、不快感は改善しますが、1回の処置ですべてがきれいにできるわけではなく、何度でも洗浄・除去するという処置を繰り返します」 耳鼻咽喉科では「圧迫して押し出す」「吸引やピンセットで取り除く」「薄めた食塩水で洗い出す」といった処置を行う。 根本的な治療として、手術で扁桃摘出という選択肢もあるが、そこまでを希望する人は少ないようだ。 臭い玉はできてから時間が経つにつれて石灰化し、硬くなる。 普段は陰窩の中に入っているが、時にポロッと取れるケースがあるという。 綿棒などで自分で陰窩から臭い玉を取り除こうとする人もいるそうだが、扁桃腺を傷つけてしまうリスクがあるため注意が必要だと宮崎医師は警鐘を鳴らす。 「臭い玉は免疫機能が働くことによって発生するものであり、体が正常に働いている証拠でもあります。 怖い病気でも何でもないですが、臭いが強烈で口臭が酷くなれば周りにも迷惑がかかります。 普段から発生させない予防法を意識して取り入れたり、安全な洗浄方法で取り除いたり、対応してくれる病院を見つけたりすることが大切です」 口腔内の形状によってできやすさは個人差があるが、できた臭い玉は基本的には臭いが強く、喉に違和感を発生させる可能性がある。 自分に合った対策方法を探して、臭い玉とうまく付き合っていくことが大事とのこと。 臭い玉の予防法 上述のように扁桃がある人ならば誰しもができてしまう臭い玉ではあるが、予防する方法もいくつかある。 一つずつ解説していこう。 1 うがいをこまめにする 特に冬は空気が乾燥し、細菌やウイルスの付着した塵やほこりが舞い上がりやすくなるため、喉に炎症が発生しがち。 こまめにうがいをすることによって臭い玉ができる可能性が減り、口腔内を清潔に保てる。 うがい薬を使ったり、殺菌作用の高い緑茶や紅茶を飲んだりするのも臭い玉予防の可能性が高まる。 「あとは鼻うがいもお勧めです。 鼻うがいで鼻詰まりが生じたときは喉に炎症が起こりにくく、普段取ることができないような臭い玉が取れる可能性があり、臭い玉の原因になるものを洗い流せるかもしれません」 2 鼻呼吸にする 呼吸法を鼻呼吸にするのも有効な予防法。 口呼吸をすれば口腔内が乾燥して細菌増殖のリスクが高まり、喉の炎症を起こしやすくなるなど、健康被害が大きくなりがち。 鼻呼吸すれば鼻から息を吸う過程で鼻毛が「細菌フィルター」の役目を果たしてくれるため、空気中のチリなどを吸わずにすむ。 「睡眠時に口呼吸を行っている方は、朝起きた際に強烈な口臭があったり、喉が痛かったりするというケースが多いですが、臭い玉を作る原因にもなるので積極的に鼻呼吸に変えていきましょう。 花粉症などアレルギー疾患がある方は、点鼻薬の使用もお勧めします」 3 扁桃腺を切除する そしてそもそも、扁桃腺を病院で切除してもらえば臭い玉ができることはほぼなくなる。 まさに「究極の予防法」と言えるだろう。 「臭い玉ができる原因部分をなくせるので、発生リスクが激減することは自然な流れです。

次の

臭い玉の安全な取り方はコレ!悪化させないための注意点。

臭い玉 取り方 綿棒

以前「膿栓の原因」の記事でも簡単に触れましたが、思いのほかアクセスが多いので、ここで一旦「 臭い玉がなぜできるのか、その 原因」について徹底的に調査していきたいと思います。 基本的には「臭い玉」は誰にでも少なからずあるか、できてもおかしくないものです。 これは扁桃腺が外からのウイルスなどを未然に防ぐための働きをするためで、体には必要な機能の一つだからです。 ただ、 「臭い玉ができやすくなる要因」は人それぞれにあります。 いくら「誰にでもできる可能性があるもの」だとしても、できれば多くできてほしくないし、予防できるならしたいですよね。 パターン別の予防なども解説していきますので、お役立ていただければと思います。 臭い玉ができる原因「普通はどういう人にできるの?」 臭い玉は通常、ウイルスから体を守るために働いた白血球の死骸などが扁桃に残ることから発生します。 これ自体は身体に必要な働きですし、不可避なことでもあるのですが、できやすいという人は扁桃腺が炎症を起こしていたり、鼻や口腔内の環境バランスが崩れている可能性もあるので、耳鼻咽喉科を一度受診されると良いでしょう。 また、臭い玉を間接的に「できやすくしてしまう」要因を紹介していきます。 臭い玉は風邪が原因? 私の実体験でもありますが、臭い玉は風邪をひいた時にできやすいです。 これは扁桃腺が腫れた場合もそうでない場合でもできやすくなります。 免疫力が低下して、扁桃腺の機能が過剰に反応しているのか、病院でもらったうがい薬でうがいすると臭い玉が複数でてくるのを経験しました。 風邪が原因で臭い玉ができてしまう場合は、基本的には日ごろからうがい手洗いをして「風邪予防」を心がけるのが一番です。 臭い玉はキスが原因でうつる?! せっかくのキスも見方を変えると汚い話、雑菌の交換になってしまいます。 これは臭い玉に限らず、相手の口腔内が清潔に保たれていないと、虫歯や、風邪だってうつりやすくなるのは当たり前です。 ただ臭い玉は感染するものではありません。 それでも口腔内のバランスが崩れるとできやすくなるのは確かです。 雑菌が繁殖して扁桃腺が過剰に反応すればできやすくなる構図です。 カップルの場合は相手に口腔内を清潔に保て!とはなかなか言いにくいと思うので、少なくとも自分だけは携帯用のマウスウォッシュを持ち歩くなどして、「自分は大丈夫」な状態を心がけてください。 タバコが原因で臭い玉はできるのか タバコを吸う人にとっては耳の痛い話だと思いますが、タバコの吸い過ぎによって喉が荒れて臭い玉ができやすくなる場合があります。 私が耳鼻咽喉科で受診した時も、臭い玉まわりの喉がタバコの吸い過ぎであれていたため、イソジンの味がする薬をその場で塗られました。 やはり喉を傷めてしまうほどタバコを吸い過ぎてしまうと体にも悪いので、本数を控える、またはニコレットなどの禁煙補助の商品を試したり禁煙外来を検討してみてください。 臭い玉は年齢が原因になる場合もあるのか 臭い玉ができるのは、「ドライマウス」だとできやすいのが有名です。 私も加齢によるドライマウスで病院で「ガムなどをかむようにしてください」とアドバイスされました。 加齢によるものなので、自分で気づいて行動しないと予防が難しいのですが、実際には私の場合は外出の際にガムやアメなどを必ず持ち歩くようにしています。 また、余裕があるときは外出先の洗面台でうがいをして、どうにか臭い玉から縁を切れるように努力しています。 臭い玉は疲れやストレスでできるものなのか。 これは間接的な要因が重なっているパターンですね。 疲れた時やストレスにさらされている時には免疫力が低下して風邪をひきやすかったり、他の病気になりやすいです。 また、病気によって口腔内の環境が崩れたりするとドライマウスや歯周病にもつながります。 こうなると臭い玉ができやすくなるので、疲れやストレスを感じたら「自分で努めて休むこと」をするように心がけてください。 倒れるなど、深刻な状態になってからではまわりにも迷惑をかけてしまいます。 臭い玉のできる原因:まとめ 今回調査した結果、臭い玉が通常できるプロセス以外の「要因」というものも、以下の状態に近づいてしまうものだとわかりました。 ・ドライマウス ・歯周病 ・扁桃腺の炎症(喉の荒れなど) 風邪やタバコの吸い過ぎで上記の状態になることもありますし、喉をカラオケなどで酷使しすぎた場合も同様に上記3つのポイントのいずれかの状態に近づく場合があります。 すべての項目に注意して過ごすのも大変なので、自分が今からできる対策から初めてみてください。 何事もほどほどにするのが、臭い玉ができにくくなるための第一歩です。

次の