おへその下。 おへその左側から下腹部の鈍痛について

ぽっこりしたへそ下のお腹が気になる……。原因と改善策は?

おへその下

へその上の腹痛の症状・原因・対処法 へその上は、みぞおちを中心とした不調などがあります。 急性胃炎 急性胃炎は、胃の内部の粘膜が炎症を起こす病気です。 食欲が減退したり吐き気、場合によっては吐血などの症状を起こす患者さんもいます。 副腎皮質ステロイド剤、非ステロイド性抗炎症剤、アスピリンや抗生物質などの薬を飲んでいる方は、副作用として急性胃炎を発症することもあります。 青魚や卵、牛乳など食品アレルギー、インフルエンザやかぜなどの感染症、さらに近年の傾向としてピロリ菌の感染も発症原因となっています。 市販薬を2日~3日程度服用することでたいていは症状の改善が見込め、病院に行くほどではありません。 急性胃炎の可能性がある場合に病院で診てもらう場合は、消化器科や内科になります。 慢性胃炎の場合は繰り返さないように医師から処方された薬を自覚症状がおさまってからも飲み続けるなどの必要がありますので、急性胃炎とは別と考えてください。 逆流性食道炎 逆流性食道炎を発症する方の傾向として、油っこいメニューが好きな人、腰が曲がっている年配の方、ぽっちゃり体型の方、ストレスが溜まっている方、過食気味の方などがあげられます。 健康な食道は一定の圧力が下の方にかけられていますので、胃酸は下に流れていくものですが、逆流性食道炎になると食道から胃へと胃酸が逆流します。 これら全ての症状がでるわけではなく、いくつかが組み合わされて生じます。 多くのストレスを抱えること、喫煙、飲酒などの習慣も食道の機能低下を招き逆流性食道炎を引き起こしやすくなります。 症状を感じなくなったからといって服用をやめていいわけではなく、 医師から指示された期間は飲み続けなければ食道の粘膜に生じた炎症は完治されていませんので気を付けてください。 胃潰瘍 胃潰瘍は、特に40歳代を過ぎると発症リスクが高くなる病気です。 口に入れた食べ物を消化しておかゆのような状態にする 胃酸が、なにかの要因により胃の壁がただれたり胃の粘膜を消化して発症します。 精神的なストレスや過労などの原因から自律神経の機能が崩れることで、胃粘膜や胃酸のバランスが乱れて胃粘膜が傷つけられやすくなります。 ただ、検査で胃に穴が確認された患者さんは手術が行われます。 へそのあたりの腹痛の症状・原因・対処法 へそのあたりは、腸などの不調です。 潰瘍性大腸炎 潰瘍性大腸炎といえば、安倍晋三首相が発症した病気ということで知ったという方も多いのではないでしょうか。 20歳代でかかる患者さんが多いという特徴があり、難病だと厚生労働省が定めている特定難治性疾患の中で最も多くの方が発症している病気です。 患者さんによっては、粘液状のものを伴います。 症状が進行した場合、発熱や腹痛を発症するケースもでています。 肌の発疹が生じたり、関節痛などの症状もあります。 過剰な免疫反応や免疫機能の不調から引き起こされることもわかっています。 遺伝的な原因(人種や遺伝など)や環境因子(過剰に清潔な環境や食の欧米化など)などが複合的に作用し合い病気に発展しているといわれています。 また、精神的または身体的なストレスから症状が進行することも解明されています。 長期経過は良好で、研究が世界的に進められている病気で、すでに多くの治療法が確立されている状況です。 従来の診察では内視鏡検査をして腸の炎症を見える状態で抑制したり症状を抑制することが目指されてきました。 今は顕微鏡レベルの微細な部分に至るまで、腸の炎症を抑制する治療が実現しています。 炎症が改善しないまま長引いた場合、炎症からがんを招く可能性も考えられることから、継続的な治療が必要な疾患です。 尿路結石 尿路結石の尿路とは腎臓からの尿の通り道のことで、尿道、膀胱(ぼうこう)、尿管、腎盂(じんう)、腎杯(じんぱい)の総称です。 結石が尿路の中に生成された疾患が、尿路結石となります。 尿が排泄されようとするときに尿路結石が邪魔するので、血尿と激痛の症状が現れます。 尿路結石で病院を受診する場合は、泌尿器科となります。 国内の患者の割合は女性よりも男性の方が2倍~3倍と多く、男性は30歳代~50歳代が中心です。 患者さんによっては嘔吐、冷や汗などの症状が現れることもあります。 結石になる成分はどれも同じというわけではなく、シスチン、尿酸、リン酸マグネシウムアンモニウムなどさまざまです。 特に多いのはシュウ酸カルシウムが主成分で、これだけでなくリン酸カルシウムと2種類の結石が作られる患者さんも多くいます。 尿から固体結晶が作られないように抑える因子が減ったり、シュウ酸やカルシウムといった結石を作っている成分を多く排泄するなど、体質的なものが尿路結石の大きな原因となります。 他にも摂取している薬の影響や、尿路の通過障害などの原因が考えられます。 排出されるまではたくさんの水分補給を心掛け、病院では石が尿管を通過しやすいよう促す薬が用いられます。 こうした方法で自然に結石が排出されないときには、結石に対して体の外側から衝撃波をあてることで砕きます。 細かくなったことで石がスムーズに排出されやすくなります。 尿路のどこに石があるかはさまざまですので、部位や症状によっては内視鏡を尿管へ膀胱より入れて石を除去します。 へその下の腹痛の症状・原因・対処法 へそ下も、腸などから生じる症状がでやすい箇所となります。 過敏性腸症候群(IBS) 過敏性腸症候群は、Irritable Bowel Syndromeという英語表記の頭文字からIBSとも呼ばれています。 ストレスからの影響が大きい病気であり、腸は健康であるにもかかわらず、便秘や下痢などの症状を繰り返します。 毎日排便が何度もある、緊張するとトイレが近くなる、下痢と便秘の症状が繰り返される、スッキリしないなどの症状があります。 人間の腸は自律神経によって機能しており、本人の指示で動いているわけではありません。 自律神経の調節はストレスの影響を受けるという性質があり、さらに腸と脳は深いかかわりがあります。 ストレスを受けることによって過剰に腸が機能することから下痢が発症し、症状が進行することで便秘を引き起こすとされています。 実践してみてもまだ症状が改善されないようでしたら、薬物療法を受けるという手段もあります。 運動療法を行うことはストレス解消に有効ですし、腸機能を整えることにもつながります。 運動といっても決して過酷なスポーツを行わなければいけないということではなく、 むしろ軽く体を動かす程度のものが適しています。 腸の蠕動運動に適度な運動が有効だとされていますし、ウォーキングや体操などで体を動かせばストレス発散にもなります。 食事療法では、食生活の見直しを行っていきます。 具体的には食物繊維を意識的に摂取する、水分補給を行う、脂質・カフェイン・アルコール・香辛料などを控えるなど行います。 膀胱炎 膀胱炎は、主に慢性膀胱炎と急性膀胱炎の2種類に分類されます。 どちらの種類も膀胱の内部に細菌(腸球菌や大腸菌など)が入ったことで炎症が発症します。 慢性膀胱炎は、尿道や膀胱に病気を抱えている状態で膀胱の内部に細菌が居続け、膀胱炎を慢性的に発症する病気です。 慢性膀胱炎はさらに2種類に分けられ、他の病原体から発症する 再感染と、同じ病原体で習慣化される 再燃とがあります。 急性膀胱炎は、若い世代の女性の患者さんが多い傾向が見られます。 尿道や膀胱が健康でありながら、大腸菌などの細菌の侵入によって発症します。 尿が白く濁るのは、増えた細菌をやっつけようとした白血球の死骸が尿内に出てくることが原因です。 トイレに行きたいと思ったら先延ばしにせず、早めに用を足しに行きましょう。 本来清潔にするはずの温水洗浄便座(シャワートイレやウォシュレットなど)ですが、ノズルが汚染されているなどの原因から発症します。 排泄時に症状が現れますので水分補給を躊躇しそうになるかもしれませんが、むしろ十分な量の水分補給をすることが膀胱炎の改善に効果的です。 腹痛の部位だけでなく症状も伝えよう 医療機関を受診される場合にはただのへそ周りの腹痛のなどと曖昧な表現をするより、具体的に伝えることでより確実な回復につなげることができます。 チクチク痛い、激痛が走る、押すと痛い、キリキリ痛む、ガスが溜まったような感じがする、下痢の症状がある、鈍痛があるなど、同じ腹痛を訴えるにしてもさまざまな症状があるものです。 伝え方が具体的であればあるほど、医師の的確な対応を引き出すことにつながり、より早く改善させられるでしょう。 子供の腹痛の場合でしたら、自宅にいるときから訴えている症状を親御さんがメモするなどし、小児科の先生に伝えてあげてください。

次の

丹田

おへその下

へその下が痛い…原因は? へその下の痛みは主に、下のような原因が考えられます。 ()内は特徴的な症状です。 便秘(へそまわり・お腹の張り)• 胃腸炎(全体・嘔吐、下痢、発熱)• 虫垂炎(へそまわり・押すと痛い)• 腸閉塞(へその下・嘔吐がひどい)• 大腸憩室症(へその下・張り・便秘)• 尿膜管遺残症(へその赤み・膿)• 過敏性腸症候群(便意を伴う)• 女性特有の病気(子宮・卵巣関係)• 男性特有の病気(前立腺関係) それでは、それぞれの症状や対処法を詳しく見ていきましょう。 吐き気なし、便通が来ないなら「便秘」 へその下の違和感や痛みがあり、また便通がスムーズではない時は、まずは 便秘を疑いましょう。 へその下に限らず、 下腹部の痛みやお腹がぽっこり出ているのが大きな症状です。 便秘解消の方法はいろいろ。 運動不足を解消したり、姿勢をよくしたり、睡眠をしっかりとったり、ストレスや過労を避けたり、水分を多くとったり、ヨーグルトや牛乳で刺激を与えたり、ストレッチをしたり……。 まずは便秘解消法をいろいろ試してみましょう! ただし、へその下の痛みや下痢のほかに、 吐き気やおう吐、発熱や寒気を感じた場合にはほかの病気である可能性もあるので要注意です。 特に、便秘が続いた後にへその下、さらに左下腹部が痛み、下痢・おう吐・発熱がある場合には「 虚血性大腸炎」の可能性もあります。 参考: 吐き気、下痢、発熱は「腸炎」? へその下が痛い場合には、 急性腸炎 のことがおおいです。 急性腸炎はへその下を中心とする腹痛のほか、 吐き気やおう吐、下痢、発熱 などがセットになっておこります。 夏には食べ物が原因で起こる感染性腸炎 (俗に言う「食中毒」)が有名ですね。 このほか、 ロタウイルス、ノロウイルスなども広い意味では同じ腸炎です。 多くが一過性で自然に治っていきますが、嘔吐や発熱、下痢がある場合には脱水症状が起こることがあるので、水分補給を徹底してください。 水を飲む元気があれば、スポーツドリンクを水で薄めて飲むようにしてください。 症状がひどい場合には医者に診てもらうようにしましょう。 へその下の激痛、押すと痛いなら「虫垂炎」 へその下の痛み、特に 押すとひどくなる痛みや吐き気、発熱などがある場合には 虫垂炎かもしれません。 虫垂炎は10代から20代に多く、15人に一人は経験するという実はメジャーな病気なんです。 症状としては、 へその下のほか、へその上、みぞおちの周りあたりが突然、激しく痛みます。 また、数時間たつとその痛みはへその右下に移っていくのが特徴です。 その部分を押すと痛みがひどくなるのも虫垂炎と診断するポイントになります。 このほか、 食欲不振や吐き気も症状の特徴で、 熱は37度から38度ていどのことがほとんど。 虫垂炎は自然治癒することはないので、まずはお医者さんに診てもらう事が大切です。 へその下の痛みが虫垂炎の場合、放置すると、慢性化したり、腹膜炎になり死にいたる可能性もあるため、非常に厄介です。 嘔吐がひどければ「腸閉塞」 へその下の痛みのほか、 吐き気と嘔吐がひどい場合には 腸閉塞を疑いましょう。 腸閉塞は、食べ物や消化液が小腸・大腸でつまってしまう病気。 症状としては、 激しいへそまわりの腹痛です。 キリキリと痛み、少し和らぎ、また痛みだす、という繰り返しが特徴的ですね。 腸がつまってしまっているので、消化が進まず、 吐き気やおう吐もします。 嘔吐をすると吐き気やへその下の痛みが和らぐように感じますが、少しするとまた症状が激しくなります。 嘔吐物は白く酸っぱい胃液や黄色く苦い胆汁から、茶色く便臭のあるものへと進行していきます。 自然治癒することはほとんどなく、症状が重い場合には救急車を呼ぶこともある病です。 へその下が痛いほか、嘔吐が激しい場合にはできるだけはやく病院に行くようにしましょう。 便秘、お腹の張り「大腸憩室症」かも? 「 大腸憩室症」は大腸の粘膜の一部に変化が起こるもので、多くは無症状なのですが、たまに へその下の痛み、便秘、お腹の張り、下痢などの症状が出ます。 「過敏性腸症候群」に症状がとても似ていますね。 どちらかというと高齢者に多いです。 合併症として「憩室出血」や「憩室炎」が起こった起きには 発熱や下痢、血便などの症状がみられます。 基本的には食事に繊維質のものを取り入れ、便通を整えていけば症状が改善してきます。 ただし、へその下の強い痛みは「憩室炎」である可能性もあり、この場合には 入院(絶食・輸血・抗生剤)が必要なので、受診をおすすめします。 排尿時に異常があれば「膀胱炎」 膀胱炎というと尿に関する症状を想像する人が多いかと思いますが、実は へその下から下腹部にあたって痛むこともあるのです。 へその下が痛むけれど、吐き気やおう吐はなく、発熱もなく、便秘もない。 でも、 排尿時に痛みがでる、と言う場合には膀胱炎かもしれません。 膀胱炎の場合には水分を多くとり、尿の量を増やすようにしましょう。 また、疲れやストレスも避けるが吉です。 へその下の痛みのほかに血尿があらわれたり、症状がひどくなった時には受診を考えた方がよいでしょう。 へそに異常があれば「尿膜管遺残症」 尿膜管遺残症を知っている人は少ないかもしれません。 「尿膜管」とはへそとぼうこうの間にある管で、ここに細菌が入り炎症を起こすと、へその下が痛くなります。 この場合には へその下の部分に赤みがでて、そこが擦れるととても痛いとのこと。 痛みは 筋肉痛程度 から 動けないほどの痛みまで、さまざま。 また、 へそから膿が出てくることもあり、熱っぽく、発熱することもあります。 どちらにせよ、へその下の痛みのほかにへその異常がある場合には病院で診てもらう事をおすすめします。 長い腹痛、便意がある「過敏性腸症候群」 へその下の痛みのほか、便秘や下痢が長く続いている場合には「 過敏性腸症候群」の可能性があります。 過敏性腸症候群の痛み方は、「発作的できりきりとした差し込むような痛み」だったり、「持続的な鈍痛」だったりします。 へその下の痛みのほかに 便意が伴っていることが特徴的ですね。 食後に多く、睡眠中にはへその下の痛みはありません。 命にかかわるものではありませんが、原因がわかっていない事もあり、なかなか完治は難しいとされています。 また、痛みはへその下に限りません。 治療は基本的に 生活習慣をととのえ、ストレスや過労を避けるのが基本。 そのほか、あまりに症状がひどい場合には薬物による治療も行います。 日常生活に支障が出ない場合には 自分で生活を見直すだけでも、痛みが減らせるでしょう。 不正出血や月経異常「女性に特有の病気」 へその下というと 子宮や卵巣など、女性特有の部位が関係してくることもあります。 例えば• 生理痛• 子宮筋腫(月経量の増加・痛み)• 子宮内膜症(へその下の痛み・不正出血・腰痛)• 子宮頸がん・子宮体がん(不正出血)• 子宮外妊娠(我慢できないほどの痛み)• 卵巣腫瘍(左右片方・ひん尿・便秘・お腹の張り) などなど。 この場合には吐き気やおう吐と言った症状がない代わりに、 月経量の増加や不正出血 が見られることが多いです。 へその下から下腹部までの内、一部が痛むことが多いですね。 参考: 男性に特有の病気(前立腺炎) 男性の場合には、へその下から下腹部の痛みは 前立腺に関係する事が考えられます。 へその下の痛みのほか、 前立腺の腫れ、排尿時の痛みや残尿感、ひん尿、39度ほどの高熱などの症状がみられます。 症状だけ見ると、膀胱炎にも似ていますね。 会陰部の不快感や疼痛が特徴で、症状の改善までには時間がかかります。 ただ、命にかかわる事はほとんどないので、まずは医療機関で診てもらうのが良いでしょう。 何科に行くべき?対処法は? へその下の痛みと言っても、その原因はさまざまありました。 ただ、基本的には「 (消化器)内科」でまず診てもらうとよいでしょう。 へその下に限らず、腹痛は消化器に原因があることがほとんどです。 内科で診てもらい、もしも他の病気の可能性がある場合や手術の必要がある時には、 「外科」「泌尿器科」などがある病院を紹介してもらえます。 ただし、女性で不正出血が見られる場合には、至急、 婦人科へ行くことをおすすめします。 嘔吐・下痢・発熱の症状がある時には、脱水を避けるために 水分補給を心がけましょう。 また、もしも立ち上がれないほどへその下が痛む場合、嘔吐や下痢で衰弱している場合などは思いきって 救急車を呼ぶべきです。 特に腸閉塞や虫垂炎は個人では処置のしようもないので、それらの病気が疑われる場合にはできるだけはやく、医療機関に診てもらいましょう。 おわりに 長くなりましたが、へその下が痛い場合に考えられる原因について見てきました。 考えられる原因は多く、当然ここにのせきれなかったものもあります。 へその下が痛い場合には無理をせず、できるだけ早く、内科に行って診てもらってくださいね。

次の

おへその左側から下腹部の鈍痛について

おへその下

お腹やへその脱毛とは、アンダーバストからおへその下の部分に生えたムダ毛です。 恋人の前や、入浴施設で裸になる際など、お腹に生えたムダ毛が多いと人目が気になりますよね。 施術する範囲が広いので、サロンによっては「お腹」と「へそ下」の2ヶ所に分けて設定しているところもありますが、STLASSH(ストラッシュ)ではお腹、へそ上・へそ下の3ヶ所にわけて脱毛を行うことが可能です。 お腹やへそ下という個所は自分でしっかりと見ることができ、手も届きやすいことから自己処理も簡単に行えます。 しかし、お腹周りの肌は非常にデリケートであり、カミソリを当てると赤くなってカミソリ負けを起こしたり、根元に残った毛がチクチクしたりすることもあります。 もともとお腹・へそ・へそ下部分はあまり毛が目立つ方ではないのですが、それでも脱毛した方がいいですか? お腹、へそ、へそ下はお肌も柔らかく、色素沈着もしやすいデリケートな部分なので、毛が目立たない方でも自己処理ではなく、エステサロンやクリニックで脱毛されることをおすすめします。 またSTLASSH(ストラッシュ では塗布するジェルにもこだわっており、14種類の美容エキスが高配合されたSTスーパージェルを使用しています。 お肌のトーンアップや、色素沈着抑制の美容効果も期待できるジェルなので、脱毛効果だけでなく、より良いお肌のコンディションへ導いてくれます。 自己処理はどのように行えばいいですか? 施術当日の3日前までに、電動シェーバーでの自己処理をお願いしております。 お腹はお肌も柔らかくデリケートな部位のため、毛の向きにそってシェーバーを動かし、お肌を傷つけないよう注意しながらシェービングしてください。 また毛抜きによって毛穴が広がったり、傷ついてしまうと効果が出にくくなってしまったり、お肌の状態によっては照射をお断りする場合があるため、毛抜きでの自己処理もお控えください。 施術後のアフターケアや、デイリーケアはどうすればいいですか? お腹は乾燥しやすいので、化粧水、乳液、ボディーローション等でしっかり保湿することをおすすめします。 また夏は薄着や水着になる機会が多くなりますが、お肌の状態によっては照射をお断りする場合があったり、脱毛の効果にも影響するので、しっかり紫外線対策をし、日焼けにご注意ください。 お腹・へそ・へそ下脱毛のお客様の声.

次の