富田林 総合病院。 宮崎 俊一 先生(大阪府の循環器内科医)のプロフィール:富田林病院

「再編・統合の検討が必要」全国424病院の一覧 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

富田林 総合病院

お知らせ&更新情報• 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2020. 2019. 2019. 02 PDF:186KB• 2019. 2019. 2019. 2019. 01 PDF:217KB• 2019. 01 PDF:156KB• 2018. 01 PDF:195KB• 2019. 27 PDF:679KB• 2019. 2019. 2019. 18 PDF:102KB• 2019. 17 診療に関するご案内• 8月1日(土)外来診療・健診業務は通常通り診療させていただきます。 【年末年始の外来休診】 2020年度の外来診療は2020年 12月29日(火)午後から 2021年1月3日(日)まで休診とさせていただきます。 なお、休診期間中は休日・時間外受け入れ対応となりますので、来院前に必ずお電話でご確認ください。 【小児科】 (PDF:375KB)• 【形成外科】 2019年7月より月〜木曜日の午前の診療は予約なしでも受診できるようになりました。 【乳腺外科】 (PDF:2. 8MB)• PDF:53KB• PDF:53KB• 【産婦人科】 ベテラン助産師からの保健指導やお母さんに向けた様々な教室の開催、お子様の立ち合い分娩、生まれた赤ちゃんとのきょうだい面会など、各種体制を充実させております。 【下肢静脈瘤レーザー治療】• PDF:413KB• PDF:408KB•

次の

しろくま動物病院|動物病院予約・検索|動物病院予約・トリミング予約 ペット保険のペット総合情報サイト|リリーフ【Releaf】

富田林 総合病院

休診日:日、祝日、第3土曜日 クレジットカード 利用可 指定病院 駐車場 あり 有料駐車場:182台 無料駐車場:3台 診療科目・専門外来・専門医 診療科目 内科系 、、、 外科系 、、、、 皮膚科系 泌尿器科系 眼科系 耳鼻咽喉科系 産婦人科系 小児科系 その他 、、 専門医 一般系 、 脳・神経系 呼吸器・循環器・消化器系 、、、、、、、 整形・形成・皮膚・泌尿器系 、、、、 眼科・耳鼻・アレルギー・代謝・感染症系 、、 産婦人科系 、、、、、 小児科系 リハビリ・麻酔系 、 検査系 、、 歯科・その他 専門外来 呼吸器系 消化器系 、 循環器系 、、、 アレルギー・内分泌系 、、 皮膚・泌尿器系 、 整形外科系 、、 産科・婦人科系 、 麻酔系 実施治療 実施治療 動脈硬化 加齢黄斑変性症 予防接種 、、、、、、、、、、、、、、 夜間に子どもの突然の発熱と嘔吐で受診させてもらいました。 夜間だったので、待ち時間はなくすぐにみてもらえました。 先生も看護師さんも優しく子どもに話しかけてくださいました。 不安に思っている私たち親にも声を... 夜間に子どもの突然の発熱と嘔吐で受診させてもらいました。 夜間だったので、待ち時間はなくすぐにみてもらえました。 先生も看護師さんも優しく子どもに話しかけてくださいました。 不安に思っている私たち親にも声をかけてくださってとても安心したのを覚えています。 病院の建物は新しい建物ではないのでそんなに綺麗ではないですが、掃除がいきわたっている感じです。 交通の便は最寄り駅からは遠いので、車で行く方がいいと思います。 生理痛がひどく、産婦人科を受診しました 痛み止めを処方していただき、何度か通院しています。 漢方薬で楽になれるかな?ピルを一度飲んでみるか?など選択肢をくださって、すごく親切でした 子宮頸癌の検... 生理痛がひどく、産婦人科を受診しました 痛み止めを処方していただき、何度か通院しています。 漢方薬で楽になれるかな?ピルを一度飲んでみるか?など選択肢をくださって、すごく親切でした 子宮頸癌の検診もここで受けさせてもらいました。 男性のお医者様だったので経膣エコーは少し恥ずかしかったのですが、看護師さんもお医者さんもすごく優しく、気遣いができる方ばかりだったので不安なく受診できました。 また2年後もここで検診を受けたいです 子供が熱をだしこちらの小児科で診てもらいましたが先生がとにかく偉そうで 本当にびっくりしました。 何を聞いても偉そうで質問するのも正直嫌になりました。 しかし、子供のことなので気になるし聞かない... 子供が熱をだしこちらの小児科で診てもらいましたが先生がとにかく偉そうで 本当にびっくりしました。 何を聞いても偉そうで質問するのも正直嫌になりました。 しかし、子供のことなので気になるし聞かないと 気が済まないので聞きましたが 親身になって聞いてくれるどころか 全くその逆でした。 こんな先生に出会ったのは初めてで困りましたし大変驚きました。 受付の方や看護婦さん、ガードマンの方は良い人 ばっかりだったので残念でなりません。 娘が急な腹痛で夜間に診てもらいました。 虫垂炎だろうとそのまま入院。 看護師から「婦人科系の症状かも」と伝えられ婦人科を受診。 主治医からは直接話を聞いていない。 主治医の顔すら見たことないままそのまま婦人科... 娘が急な腹痛で夜間に診てもらいました。 虫垂炎だろうとそのまま入院。 看護師から「婦人科系の症状かも」と伝えられ婦人科を受診。 主治医からは直接話を聞いていない。 主治医の顔すら見たことないままそのまま婦人科病棟へ移動。 おめでとうございます」と師長。 それも師長。 看護師さんの対応も悪く、病院嫌いになってしまいました。 産婦人科の先生には何も不満はありません。 数ヶ月後、同じ症状で別の大きな病院へ。 親身になって対応くださり、涙が出ました。 地元での総合病院です。 今現在は建て替えのため駐車場スペースが少なくなっており、平日の午前中は混んでいます。 休日診療や夜間の救急もやっています。 体調を崩したこどもの診察に利用させていただきました。 地元での総合病院です。 今現在は建て替えのため駐車場スペースが少なくなっており、平日の午前中は混んでいます。 休日診療や夜間の救急もやっています。 体調を崩したこどもの診察に利用させていただきました。 休日診療で行きましたが比較的空いていて待ち時間はほとんどなく診察していただけました。 病院自体は古くて暗くじめっとしたイメージです。 (もうすぐ新設完成するようですが) しんどくて泣きぐずっていたこどもの診察でしたがパパッと診察してくれ診てくれました。 休日に診察してもらえるのはありがたいです。 治療実績 病気別治療実績(DPCコードに基づく) 種類 DPCコードに基づく病気名 治療実績 順位 合計 手術あり 手術なし 大阪府 全国 神経系疾患 21 - 21 95位 眼科系疾患 222 222 - 57位 耳鼻咽喉科系疾患 23 23 - 23位 38 38 - 8位 22 - 22 42位 26 - 26 63位 呼吸器系疾患 11 - 11 91位 223 19 204 48位 64 - 64 78位 22 - 22 62位 11 - 11 69位 循環器系疾患 22 22 - 62位 134 44 90 74位 15 - 15 74位 104 15 89 61位 30 30 - 24位 16 16 - 66位 消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 56 39 17 76位 93 55 38 53位 31 17 14 69位 38 25 13 69位 15 15 - 36位 14 - 14 65位 12 12 - 23位 35 35 - 37 - 37 57位 57 19 38 45位 39 29 10 35位 58 34 24 35位 121 121 - 17位 20 20 - 19位 17 - 17 64位 62 14 48 58位 11 - 11 30位 11 - 11 74位 21 21 - 61位 57 29 28 44位 53 43 10 77位 12 - 12 72位 13 13 - 54位 75 - 75 34位 22 - 22 13位 筋骨格系疾患 67 67 - 25位 22 22 - 72位 33 33 - 33位 17 - 17 32位 皮膚・皮下組織の疾患 20 20 - 20位 23 23 - 15位 26 - 26 56位 乳房の疾患 50 50 - 54位 内分泌・栄養・代謝に関する疾患 24 - 24 72位 18 - 18 41位 腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 88 73 15 39位 84 - 84 45位 82 82 - 28位 18 18 - 24位 15 15 - 44位 15 - 15 16位 66 31 35 51位 10 - 10 61位 78 - 78 64位 血液・造血器・免疫臓器の疾患 15 15 - 48位 23 23 - 28位 外傷・熱傷・中毒 11 - 11 25 25 - 80位 23 23 - 16 - 16 33位 その他 12 - 12 38位 15 15 - 66位.

次の

PL病院(大阪府富田林市)

富田林 総合病院

1979年より内科医として地域医療に従事し、1983年より循環器内科医師としてキャリアをはじめる。 1987年から米国カリフォルニア大学サンディエゴ校で虚血性心疾患の基礎研究を行った。 1989年から国立循環器病センターCCU勤務となり、虚血性心疾患と心不全に関する臨床研究で業績を挙げている。 2006年には近畿大学循環器内科主任教授に就任。 循環器領域では虚血性心疾患に関する基礎と臨床の両面にわたって造詣が深く、2017年からは日本冠疾患学会理事長に就任にしている。 来歴等 略歴 1979年 京都大学医学部医学科 卒業 1980年 市立島田市民病院 内科医員 勤務 1987年 京都大学医学博士の学位取得 1987年 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部研究員 1989年 国立循環器病センター 心臓内科医員 2006年 近畿大学循環器内科 主任教授 2017年 大阪府済生会富田林病 院院長 論文 1)S. Miyazaki, H. Fujiwara, T. Onodera, Y. Kihara, M. Matsuda, D. Wu, Y. Nakamura, T. Kumada, S. Sasayama, C. Kawai, and H. Hamashima. Quantitative analysis of contraction band and coagulation necrosis after ischemia and reperfusion in the porcine heart. Circulation 75:1074-1082, 1987. 2)S. Miyazaki, B. Guth, T. Miura, C. Indolfi, R. Schulz, and J. Ross, Jr. Changes of left ventricular diastolic function in exercising dogs without and with ischemia. Circulation 81:1058-1070, 1990. 3)S. Miyazaki, H. Nonogi, Y. Goto, S. Daikoku, A. Itoh, and K. Haze. Clinical trial of Holmium-YAG laser coronary angioplasty. Anonymous. Anonymous. Jpn J Interv Cardiol 9:53-57, 1994. 4)S. Miyazaki, H. Nonogi, Y. Goto, T. Sumiyoshi, K. Haze, and K. Hiramori. Comparison of the therapeutic efficacy of continuous and intermittent injection of isosorbide dinitrate: a randomized study on unstable angina. Internal Medicine 34:856-862, 1995. 5)S. Miyazaki, K. Nakao, S. Daikoku, A. Itoh, Y. Miyao, Y. Goto, and H. Nonogi. Correlation of residual stenosis immediately after coronary angioplasty with long-term prognosis. Cathet Cardiovasc Diagn 43 3 :262-270, 1998. 6)Y. Otsuka, S. Miyazaki, H. Okumura, S. Yasuda, S. Daikoku, I. Morii, Y. Sutani, Y. Goto, and H. Nonogi. Abnormal glucose tolerance, not small vessel diameter, is a determinant of long-term prognosis in patients treated with balloon coronary angioplasty. Eur Heart J 21 21 :1790-1796, 2000. 7)S. Miyazaki. Abnormal Glucose Tolerance and Prognosis after Coronary Angioplasty. Cardiology Review 18 4 :18-22, 2001. 8)Y. Kataoka, S. Yasuda, I. Morii, Y. Otsuka, A. Kawamura, and S. Miyazaki. Quantitative coronary angiographic studies of patients with angina pectoris and impaired glucose tolerance. Diabetes Care 28:2217-2222, 2005. 9)Y. Kataoka, S. Yasuda, Y. Miyamoto, K. Sase, M. Kosuge, K. Kimura, Y. Yoshimasa, and S. Miyazaki. Effects of voglibose and nateglinide on glycemic status and coronary atherosclerosis in early-stage diabetic patients. Circ. 76 3 :712-720, 2012. 10)T. Suga, Y. Iwanaga, K. Kobuke, K. Morimoto, S. Ikuta, M. Ueno, N. Kobayashi, K. Yamaji, T. Ikeda, and S. Miyazaki. Clinical utility of low-pressure implantation of drug-eluting stent into very small vessels. Cardiol. 63 3 :218-222, 2014. 11)T. Nakamura, Y. Iwanaga, Y. Miyaji, R. Nohara, T. Ishimura, and S. Miyazaki. Cardiovascular efficacy of sitagliptin in patients with diabetes at high risk of cardiovascular disease: a 12-month follow-up. Cardiovasc. Diabetol. 15 1 :54, 2016.

次の