オニゴーリ サンムーン。 【サンムーン】「オニゴーリ」とかいう対戦において最も嫌われているポケモンwwww

オニゴーリ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

オニゴーリ サンムーン

零度当てて負けたの恥ずかしい…… しかもレート1600で止まってる。 せめてレート上げようよ…… 問題点を羅列してみよう 1.スカーフテテフに勝てない ピースポメンバーがスカーフテテフ使わなそうだったから切っていたけどレーティングでは許されません! 2. カバルドンとフーディンをあまり出さない 偽装枠として投入した部分の強いこの2匹、選出にきっちり絡んでいけない。 そりゃ勝率は伸びない。 ミミッキュをうまく使えない トレーナーの問題なのですがミミッキュが使いこなせず。 重たいポケモンに対する後出し枠として使ってしまっているプレイングに問題があると判明。 これだけの課題を知らねえの一言で片づけるとクリティカルに負け続けてしまうので、改善した結果、 1900からの勝率9割で2100に到達した。 零度チャンスが大抵51%、最悪30%が残るポケモン。 「正気か? ただの運ゲーじゃないか」と思う方も多いでしょうし、もう少しだけ補足しよう。 襷最大の強みは 「相手は読みを挟まないといけないがこちらは読みを排除して行動できる」 ここに尽きる。 実際に動かしてみると、 相手が勝手に守る読みで襷を削らない行動(挑発・ステルスロック・壁貼り・S上昇以外の積み技)を行って、ただただターンをもらえたりすることがある。 両者が常に100点のプレイングを取り続けるのって難しいんですよね。 あと、 同じオニゴーリですが残飯みがまもオニゴーリとは似て非なるポケモンです。 この2匹を単純に比べるのは考察としてかなり外れていますのでそこだけお気を付けを。 Aを削って全てCに回すとASランドロスが高乱数から確定1発になる。 何度か変更しようかと思ったが「勝っているときに余計なことをして流れを変えたくなかった」ためそのまま最後まで使い続けた。 あとは使ってくれ(何回でも言う) S操作とメインウェポンのこごえるかぜ、ゲンガードラン打点の地震、低速への阻害ちょうはつ、 最強最悪絶対零度。 文句なしの技構成である。 ムラっけを稼げるまもるを採用してない理由は「守ってる間は攻撃出来ないから」。 安易にまもるを採用すると択を産み弱い方へ流れるので、相手に干渉できる技4つの方が強い。 ムラっけの上昇に頼るが依存はしない、このスタンス。 選出率は圧倒的1位。 9割以上選出した、もちろん先発で。 本来、ドラゴンZのが処理範囲が広がってエースとしての性能は高い。 今回は構築にバシャーモもいるため、ドラゴンZに寄せたいと思うこともたびたびあった。 しかし、 ボーマンダ+鋼タイプの並びにバシャーモを出してしまうとボーマンダに積まれて全抜きされてしまうため、この並びの処理をお願いすることに。 技構成や配分はテンプレートが一番 選出率おおよそ2位。 重いミミッキュにも対面から押していけて、かつアイヘ怯みの3割要素持ちと申し分なし。 同じ枠にギルガルドがいるのですが、 広く上から殴れることを評価してメタグロス。 初手でオニゴーリとカプ・テテフ対面になった場合に出すポケモン。 相手はスカーフで交代読み行動をしてしまうと守られた場合技が固定されてしまうため、素直にエスパー技で突っ込んできやすいので安心して投げていく。 メガボーマンダに対しても立ち回り次第で勝つことが出来るためとても優秀。 かみなりパンチをバレットパンチに変更するかは見る相手によって変えても良いかもしれない。 今回は広く範囲を取って押し込みたいからかみなりパンチにした。 選出率おおよそ3位。 カバルドンに対しては オニゴーリグライオンと選出してドンドン一撃必殺を撃つ。 受けサイクル系の構築にも同じことをするだけで圧倒的に有利取れる。 必要な相手に対して受けつつ回復、がんせきふうじやハサミギロチンで起点回避していけるのは本当に強い。 選出率5位。 が、このへんのポケモン全てに強いってレベル超えてるポケモンがメガバシャーモ。 物理受けにガッチリ止められてしまうが、 この構築には受け処理のプロであるオニゴーリ&グライオンがいるため、それらを崩してから2タテなんてのもざらにある。 アーゴヨンの項目でも触れたが、メガボーマンダに弱いのでいた場合は選出を控えるかオニゴーリの襷を残す立ち回りが必要。 選出率はおおよそ3位。 当初はミミッキュに処理をお願いしていたのだが、これらに対してミミッキュを後投げすると 交代される わけなんですよね……。 6匹目は基本的に対面不利を取った際の交代先になるため、化けの皮を剥がれたらおしまいのミミッキュでは辛い。 そこでシングル最強ポケモンのミミッキュを見直すことに決定。 そうすると浮かび上がるのがこのドヒドイデである。 バシャーモ・ミミッキュに対してある程度の後出しが、ゲッコウガに対しても誤魔化しクッション程度には可能。 ドヒドイデグライオンの並びも出来るため、これによる受け回し削りからエース降臨等が出来るように。 選出時の鬱陶しさが増したこともプラス。 採用してからミミッキュの被選出が気持ち減った気がするのでこの採用は本当に正解だった。 持ち物はヘドロやコオリZと選択だが、 この構築ではサイクル回数を増やすよりもゴツゴツメットによる削りで処理を早める方が有効。 選出率6位。 選出 基本的にオニゴーリを先発として後ろの2匹を選定していきます。 困ったらガンガン選出。 6匹の中で処理しなければいけないポケモンをきっちり見定め、 初手オニゴーリがうまく動かない対面を踏んでしまった時の保険として後ろを選ぶのがポイント。 いくつか例を。 カバルドン+ボーマンダ+鋼 物理受けを倒したらバシャーモが通せそうな場合 ミミッキュ入りへの基本選出 オニゴーリを初手に置かないパターンとしては、メタグロス・ガルーラ・ミミロップ・ジャローダあたりが入っている構築。 ちなみに、 FORKはステルスロックがない相手なら後ろにおいてストッパー運用も可能なので、覚えておくといつか役に立つかもね。 まとめ 初2100達成できてうれしいですね。 これでチャレンジャーとしてリベンジするのにちょうどいいくらいになったと思うので待ってろラ【コンプラ】!! QRレンタルチーム QRレンタルチーム一覧.

次の

【QRコード】第三世代全ポケモン色違い|ウルトラサンムーン攻略advertising.socialvibe.com

オニゴーリ サンムーン

零度当てて負けたの恥ずかしい…… しかもレート1600で止まってる。 せめてレート上げようよ…… 問題点を羅列してみよう 1.スカーフテテフに勝てない ピースポメンバーがスカーフテテフ使わなそうだったから切っていたけどレーティングでは許されません! 2. カバルドンとフーディンをあまり出さない 偽装枠として投入した部分の強いこの2匹、選出にきっちり絡んでいけない。 そりゃ勝率は伸びない。 ミミッキュをうまく使えない トレーナーの問題なのですがミミッキュが使いこなせず。 重たいポケモンに対する後出し枠として使ってしまっているプレイングに問題があると判明。 これだけの課題を知らねえの一言で片づけるとクリティカルに負け続けてしまうので、改善した結果、 1900からの勝率9割で2100に到達した。 零度チャンスが大抵51%、最悪30%が残るポケモン。 「正気か? ただの運ゲーじゃないか」と思う方も多いでしょうし、もう少しだけ補足しよう。 襷最大の強みは 「相手は読みを挟まないといけないがこちらは読みを排除して行動できる」 ここに尽きる。 実際に動かしてみると、 相手が勝手に守る読みで襷を削らない行動(挑発・ステルスロック・壁貼り・S上昇以外の積み技)を行って、ただただターンをもらえたりすることがある。 両者が常に100点のプレイングを取り続けるのって難しいんですよね。 あと、 同じオニゴーリですが残飯みがまもオニゴーリとは似て非なるポケモンです。 この2匹を単純に比べるのは考察としてかなり外れていますのでそこだけお気を付けを。 Aを削って全てCに回すとASランドロスが高乱数から確定1発になる。 何度か変更しようかと思ったが「勝っているときに余計なことをして流れを変えたくなかった」ためそのまま最後まで使い続けた。 あとは使ってくれ(何回でも言う) S操作とメインウェポンのこごえるかぜ、ゲンガードラン打点の地震、低速への阻害ちょうはつ、 最強最悪絶対零度。 文句なしの技構成である。 ムラっけを稼げるまもるを採用してない理由は「守ってる間は攻撃出来ないから」。 安易にまもるを採用すると択を産み弱い方へ流れるので、相手に干渉できる技4つの方が強い。 ムラっけの上昇に頼るが依存はしない、このスタンス。 選出率は圧倒的1位。 9割以上選出した、もちろん先発で。 本来、ドラゴンZのが処理範囲が広がってエースとしての性能は高い。 今回は構築にバシャーモもいるため、ドラゴンZに寄せたいと思うこともたびたびあった。 しかし、 ボーマンダ+鋼タイプの並びにバシャーモを出してしまうとボーマンダに積まれて全抜きされてしまうため、この並びの処理をお願いすることに。 技構成や配分はテンプレートが一番 選出率おおよそ2位。 重いミミッキュにも対面から押していけて、かつアイヘ怯みの3割要素持ちと申し分なし。 同じ枠にギルガルドがいるのですが、 広く上から殴れることを評価してメタグロス。 初手でオニゴーリとカプ・テテフ対面になった場合に出すポケモン。 相手はスカーフで交代読み行動をしてしまうと守られた場合技が固定されてしまうため、素直にエスパー技で突っ込んできやすいので安心して投げていく。 メガボーマンダに対しても立ち回り次第で勝つことが出来るためとても優秀。 かみなりパンチをバレットパンチに変更するかは見る相手によって変えても良いかもしれない。 今回は広く範囲を取って押し込みたいからかみなりパンチにした。 選出率おおよそ3位。 カバルドンに対しては オニゴーリグライオンと選出してドンドン一撃必殺を撃つ。 受けサイクル系の構築にも同じことをするだけで圧倒的に有利取れる。 必要な相手に対して受けつつ回復、がんせきふうじやハサミギロチンで起点回避していけるのは本当に強い。 選出率5位。 が、このへんのポケモン全てに強いってレベル超えてるポケモンがメガバシャーモ。 物理受けにガッチリ止められてしまうが、 この構築には受け処理のプロであるオニゴーリ&グライオンがいるため、それらを崩してから2タテなんてのもざらにある。 アーゴヨンの項目でも触れたが、メガボーマンダに弱いのでいた場合は選出を控えるかオニゴーリの襷を残す立ち回りが必要。 選出率はおおよそ3位。 当初はミミッキュに処理をお願いしていたのだが、これらに対してミミッキュを後投げすると 交代される わけなんですよね……。 6匹目は基本的に対面不利を取った際の交代先になるため、化けの皮を剥がれたらおしまいのミミッキュでは辛い。 そこでシングル最強ポケモンのミミッキュを見直すことに決定。 そうすると浮かび上がるのがこのドヒドイデである。 バシャーモ・ミミッキュに対してある程度の後出しが、ゲッコウガに対しても誤魔化しクッション程度には可能。 ドヒドイデグライオンの並びも出来るため、これによる受け回し削りからエース降臨等が出来るように。 選出時の鬱陶しさが増したこともプラス。 採用してからミミッキュの被選出が気持ち減った気がするのでこの採用は本当に正解だった。 持ち物はヘドロやコオリZと選択だが、 この構築ではサイクル回数を増やすよりもゴツゴツメットによる削りで処理を早める方が有効。 選出率6位。 選出 基本的にオニゴーリを先発として後ろの2匹を選定していきます。 困ったらガンガン選出。 6匹の中で処理しなければいけないポケモンをきっちり見定め、 初手オニゴーリがうまく動かない対面を踏んでしまった時の保険として後ろを選ぶのがポイント。 いくつか例を。 カバルドン+ボーマンダ+鋼 物理受けを倒したらバシャーモが通せそうな場合 ミミッキュ入りへの基本選出 オニゴーリを初手に置かないパターンとしては、メタグロス・ガルーラ・ミミロップ・ジャローダあたりが入っている構築。 ちなみに、 FORKはステルスロックがない相手なら後ろにおいてストッパー運用も可能なので、覚えておくといつか役に立つかもね。 まとめ 初2100達成できてうれしいですね。 これでチャレンジャーとしてリベンジするのにちょうどいいくらいになったと思うので待ってろラ【コンプラ】!! QRレンタルチーム QRレンタルチーム一覧.

次の

【サンムーン】「オニゴーリ」とかいう対戦において最も嫌われているポケモンwwww

オニゴーリ サンムーン

零度当てて負けたの恥ずかしい…… しかもレート1600で止まってる。 せめてレート上げようよ…… 問題点を羅列してみよう 1.スカーフテテフに勝てない ピースポメンバーがスカーフテテフ使わなそうだったから切っていたけどレーティングでは許されません! 2. カバルドンとフーディンをあまり出さない 偽装枠として投入した部分の強いこの2匹、選出にきっちり絡んでいけない。 そりゃ勝率は伸びない。 ミミッキュをうまく使えない トレーナーの問題なのですがミミッキュが使いこなせず。 重たいポケモンに対する後出し枠として使ってしまっているプレイングに問題があると判明。 これだけの課題を知らねえの一言で片づけるとクリティカルに負け続けてしまうので、改善した結果、 1900からの勝率9割で2100に到達した。 零度チャンスが大抵51%、最悪30%が残るポケモン。 「正気か? ただの運ゲーじゃないか」と思う方も多いでしょうし、もう少しだけ補足しよう。 襷最大の強みは 「相手は読みを挟まないといけないがこちらは読みを排除して行動できる」 ここに尽きる。 実際に動かしてみると、 相手が勝手に守る読みで襷を削らない行動(挑発・ステルスロック・壁貼り・S上昇以外の積み技)を行って、ただただターンをもらえたりすることがある。 両者が常に100点のプレイングを取り続けるのって難しいんですよね。 あと、 同じオニゴーリですが残飯みがまもオニゴーリとは似て非なるポケモンです。 この2匹を単純に比べるのは考察としてかなり外れていますのでそこだけお気を付けを。 Aを削って全てCに回すとASランドロスが高乱数から確定1発になる。 何度か変更しようかと思ったが「勝っているときに余計なことをして流れを変えたくなかった」ためそのまま最後まで使い続けた。 あとは使ってくれ(何回でも言う) S操作とメインウェポンのこごえるかぜ、ゲンガードラン打点の地震、低速への阻害ちょうはつ、 最強最悪絶対零度。 文句なしの技構成である。 ムラっけを稼げるまもるを採用してない理由は「守ってる間は攻撃出来ないから」。 安易にまもるを採用すると択を産み弱い方へ流れるので、相手に干渉できる技4つの方が強い。 ムラっけの上昇に頼るが依存はしない、このスタンス。 選出率は圧倒的1位。 9割以上選出した、もちろん先発で。 本来、ドラゴンZのが処理範囲が広がってエースとしての性能は高い。 今回は構築にバシャーモもいるため、ドラゴンZに寄せたいと思うこともたびたびあった。 しかし、 ボーマンダ+鋼タイプの並びにバシャーモを出してしまうとボーマンダに積まれて全抜きされてしまうため、この並びの処理をお願いすることに。 技構成や配分はテンプレートが一番 選出率おおよそ2位。 重いミミッキュにも対面から押していけて、かつアイヘ怯みの3割要素持ちと申し分なし。 同じ枠にギルガルドがいるのですが、 広く上から殴れることを評価してメタグロス。 初手でオニゴーリとカプ・テテフ対面になった場合に出すポケモン。 相手はスカーフで交代読み行動をしてしまうと守られた場合技が固定されてしまうため、素直にエスパー技で突っ込んできやすいので安心して投げていく。 メガボーマンダに対しても立ち回り次第で勝つことが出来るためとても優秀。 かみなりパンチをバレットパンチに変更するかは見る相手によって変えても良いかもしれない。 今回は広く範囲を取って押し込みたいからかみなりパンチにした。 選出率おおよそ3位。 カバルドンに対しては オニゴーリグライオンと選出してドンドン一撃必殺を撃つ。 受けサイクル系の構築にも同じことをするだけで圧倒的に有利取れる。 必要な相手に対して受けつつ回復、がんせきふうじやハサミギロチンで起点回避していけるのは本当に強い。 選出率5位。 が、このへんのポケモン全てに強いってレベル超えてるポケモンがメガバシャーモ。 物理受けにガッチリ止められてしまうが、 この構築には受け処理のプロであるオニゴーリ&グライオンがいるため、それらを崩してから2タテなんてのもざらにある。 アーゴヨンの項目でも触れたが、メガボーマンダに弱いのでいた場合は選出を控えるかオニゴーリの襷を残す立ち回りが必要。 選出率はおおよそ3位。 当初はミミッキュに処理をお願いしていたのだが、これらに対してミミッキュを後投げすると 交代される わけなんですよね……。 6匹目は基本的に対面不利を取った際の交代先になるため、化けの皮を剥がれたらおしまいのミミッキュでは辛い。 そこでシングル最強ポケモンのミミッキュを見直すことに決定。 そうすると浮かび上がるのがこのドヒドイデである。 バシャーモ・ミミッキュに対してある程度の後出しが、ゲッコウガに対しても誤魔化しクッション程度には可能。 ドヒドイデグライオンの並びも出来るため、これによる受け回し削りからエース降臨等が出来るように。 選出時の鬱陶しさが増したこともプラス。 採用してからミミッキュの被選出が気持ち減った気がするのでこの採用は本当に正解だった。 持ち物はヘドロやコオリZと選択だが、 この構築ではサイクル回数を増やすよりもゴツゴツメットによる削りで処理を早める方が有効。 選出率6位。 選出 基本的にオニゴーリを先発として後ろの2匹を選定していきます。 困ったらガンガン選出。 6匹の中で処理しなければいけないポケモンをきっちり見定め、 初手オニゴーリがうまく動かない対面を踏んでしまった時の保険として後ろを選ぶのがポイント。 いくつか例を。 カバルドン+ボーマンダ+鋼 物理受けを倒したらバシャーモが通せそうな場合 ミミッキュ入りへの基本選出 オニゴーリを初手に置かないパターンとしては、メタグロス・ガルーラ・ミミロップ・ジャローダあたりが入っている構築。 ちなみに、 FORKはステルスロックがない相手なら後ろにおいてストッパー運用も可能なので、覚えておくといつか役に立つかもね。 まとめ 初2100達成できてうれしいですね。 これでチャレンジャーとしてリベンジするのにちょうどいいくらいになったと思うので待ってろラ【コンプラ】!! QRレンタルチーム QRレンタルチーム一覧.

次の