つれづれ なる まま に ひぐらし。 徒然草『つれづれなるままに』解説・品詞分解

徒然草『つれづれなるままに』解説・品詞分解

つれづれ なる まま に ひぐらし

徒然草序の段 徒然草 序段 つれづれなるまゝに 、 つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 なるまゝに: 退屈なこと、さみしいこと、無聊。 : <ひぐらし>と読む。 朝から晩まで。 ひねもす。 心に移りゆくよしなし事を: 脳裏に去来するさまざま雑多なこと、どうということも無いようなこと、瑣末なこと。 書きつくれば: とりとめもなく書いてみると。 「そこはかとなし」とは、はっきりしない様をいう。 こそものぐるほしけれ: 怪しげなものになってしまった、妙にきちがいじみたものになった。 古来、現代語訳の定まらない個所。 原文のままで感じ取ってしまうのがよい。 作者兼好法師の謙遜や羞恥、世間への配慮といったものもこめられている表現• 有名な書き出しである。 作者は、無聊の慰めに書いたと言い、三大随筆とも言われているが、単なる思い付きで書いた「随筆」ではなく、実際には非常に綿密な計画とコンセプトを持って書かれた中世の一日本人知性による魂の記録である。 よって、読者にとって「 あやしうこそものぐるほしけれ」というようなものではない。 本書が、時代を越えて読み継がれてきたのも、これが人生の書となっているからであろう。

次の

徒然草

つれづれ なる まま に ひぐらし

徒然草序の段 徒然草 序段 つれづれなるまゝに 、 つれづれなるまゝに、日くらし、硯にむかひて、心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。 なるまゝに: 退屈なこと、さみしいこと、無聊。 : <ひぐらし>と読む。 朝から晩まで。 ひねもす。 心に移りゆくよしなし事を: 脳裏に去来するさまざま雑多なこと、どうということも無いようなこと、瑣末なこと。 書きつくれば: とりとめもなく書いてみると。 「そこはかとなし」とは、はっきりしない様をいう。 こそものぐるほしけれ: 怪しげなものになってしまった、妙にきちがいじみたものになった。 古来、現代語訳の定まらない個所。 原文のままで感じ取ってしまうのがよい。 作者兼好法師の謙遜や羞恥、世間への配慮といったものもこめられている表現• 有名な書き出しである。 作者は、無聊の慰めに書いたと言い、三大随筆とも言われているが、単なる思い付きで書いた「随筆」ではなく、実際には非常に綿密な計画とコンセプトを持って書かれた中世の一日本人知性による魂の記録である。 よって、読者にとって「 あやしうこそものぐるほしけれ」というようなものではない。 本書が、時代を越えて読み継がれてきたのも、これが人生の書となっているからであろう。

次の

徒然草序の段

つれづれ なる まま に ひぐらし

どうしようもなく一人物思いに沈むさま ままに=~にまかせて、思うままに、(原因・理由)…なので、…するとすぐに。 「まま(名詞/に(格助詞)) 日暮らし(ひぐらし)=名詞・副詞、一日を過ごすこと、一日中 手持ちぶさたで、退屈であるのにまかせて、一日中、硯に向かって、 心にうつりゆく よしなしごとを、 そこはかとなく書きつくれ ば、 よしなしごと=名詞、とりとめもないこと、たわいのないこと、つまらないこと よしなし(由無し)=ク活用の形容詞、理由がない、方法がない。 関係がない、縁がない。 良くない、つまらない。 そこはかとなく=ク活用の形容詞「そこはかとなし」の連用形、そこはかとない、これといった目的・方針もない、とりとめもない。 心に浮かんでは消えてゆくたわいのないことを、とりとめもなく書きつけていくと、 あやしう こそ ものぐるほしけれ。 あやしう=シク活用の形容詞「あやし」の連用形が音便化(ウ音便)したもの、不思議である、変だ。 身分が低い。 粗末だ、見苦しい。 こそ=強調の係助詞、結び(文末)は已然形となる。 係り結び。 係り結びとなる係助詞は「ぞ・なむ・や・か・こそ」とあるが、「ぞ・なむ・や・か」の結びは連体形となり、「こそ」の結びは已然形となる。 「ぞ・なむ・こそ」は強調の意味である時がほとんどで、訳す際には無視して訳す感じになる。 「あやしうこそものぐるほしけれ。 」 ものぐるほしけれ=シク活用の形容詞「ものぐるほし」の已然形、なんとなく気が変になりそうだ、狂おしい気持ちだ、狂気じみている。 変に狂おしい気持ちになる。 品詞分解のみはこちら -.

次の