センチュリー ゴルフ。 隨縁カントリークラブ センチュリー富士コース 【隨縁カントリークラブ】

福岡センチュリーゴルフ倶楽部

センチュリー ゴルフ

元社長は昨年4月、福岡センチュリーゴルフクラブの株2万株を増資したとする虚偽の臨時株主総会議事録を法務局に提出し、登記変更をした疑いである。 同社株主の北九州市のホテル運営会社が、昨年6月に元社長を刑事告発していた。 虚偽登記などたいした容疑ではない。 産経新聞電子版(1月20日付)は、「王将社長射殺事件と接点か」という見出しをつけて、検察が家宅捜索した狙いを報じた。 捜査当局は王将側と男性の間に接点があるとみて、王将や大東さんをめぐるトラブルの情報収集の一環で男性にも話を聴いている」。 検察は福岡センチュリーゴルフクラブを突破口に、王将社長の射殺事件の解明に乗り出したという記事である。 王将と部落解放同盟元幹部との関係 「餃子の王将」を展開する王将フードサービスの社長だった大東隆行氏は、2013年12月19日午前5時45分頃出勤し、駐車場で車を降りた直後に腹や胸などを拳銃で撃たれて死亡した。 捜査は難航。 迷宮入りかと見られたが、事件は新たな動きを見せた。 15年12月13日の新聞各紙は、「現場近くから遺留品が見つかり、検出されたDNA型が九州に拠点を置く暴力団組員の男と一致した」と報じた。 写真週刊誌『FRIDAY』デジタル版(15年12月18日付)は、DNA型が一致した暴力団幹部は「『特定危険指定暴力団』に指定されている、福岡・北九州市に本部を持つ工藤会」だという京都府警捜査幹部の話を伝えている。 京都に本拠地を置く王将の社長を撃ったのが、なぜ九州の暴力団関係者なのか。 各マスコミが注目しているのが、王将と九州のゴルフ場をめぐるトラブル、そして部落解放同盟元幹部との関係だ。 王将の創業家である加藤家をめぐる裏情報は、15年6月に発売された一ノ宮美成+グループ・K21の著書『京都の裏社会 山口組と王将社長射殺事件の聖域』(宝島社)に詳しい。 王将について、不動産ブローカのこんな証言を掲載している。 「『王将』のバックは、なんといっても上杉佐一郎さんでしたよ。 暴力団でも恐れた人物だ。 上杉氏と王将の創業者、故・加藤朝雄氏は福岡県出身の同郷だった。 そのため、加藤一族と上杉氏の関係が築かれていった。 その関係は、王将創業者の長男、加藤潔氏と佐一郎氏の異母弟の上杉昌也氏に引き継がれた。 上杉昌也氏は、福岡センチュリーゴルフクラブの経営者だ。 ゴルフ場が資金難に陥ったため、加藤潔氏は王将の子会社であるキングランドを迂回して福岡センチュリーゴルフクラブに融資した。 しかし、バブルが崩壊し、返済は焦げ付いた。 王将フードサービスは子会社に貸し付けた104億円が回収できず、赤字に転落。 加藤潔氏は2000年、責任を取って辞任した。 代わって王将フードサービスの社長となったのが、大東隆行だ。 実直な人柄で知られる大東氏は、王将を取り巻く裏社会と手を切ろうとしてトラブルに巻き込まれた可能性は低くない、と前出の『京都の裏社会』は推測している。 福岡センチュリーゴルフクラブ代表の上杉昌也氏は元地上げ屋 ゴルフ場運営会社の(株)福岡センチュリーゴルフクラブは、1987年5月に設立された。 上杉佐一郎氏が福岡県小郡市出身という関係もあって、その隣の甘木市(現・朝倉市)にオープンしたという説がある。 佐一郎氏の事績を顕彰するため、故郷に錦を飾ったのかもしれない。 女子プロツアー会場になるなど、知名度があった。 だが、会員預託金返済に行き詰まり、11年6月、福岡地裁に民事再生法の適用を申請した。 負債額は関連会社を含めると428億円に上った。 16年1月7日に手続きを終結している。 福岡センチュリーゴルフクラブの倒産の舞台裏を、本サイトNetIBは追及してきた。 筆者はコダマの核心レポートとして、『偉大な兄に泥を塗った、福岡センチュリーゴルフクラブ・上杉代表』のタイトルで掲載した(11年6月29日付と6月30日付)。 福岡センチュリーゴルフクラブと上杉昌也氏について詳しく書いているので、併せて一読をお勧めする。 上杉昌也氏は84年2月、京都市で(株)京都通信機建設工業を設立した。 バブル時代に地上げビジネスで成功。 その勢いで福岡市に進出し、中央区赤坂にビルを取得した。 そして90年5月、ゴルフ場、福岡センチュリーゴルフクラブをオープンした。 その直後にバブルが弾けた。 親会社の京都通信機建設工業の業績は悪化。 06年12月31日の株主総会で解散を決議した。 親がコケて、子の福岡センチュリーゴルフクラブも倒産に追いやられたのだ。 王将社長社事件は解明されるのか 資金難に陥った福岡センチュリーゴルフクラブに資金支援したのが、王将創業者の加藤一族だったわけだ。 京都通信機建設工業は、中央区赤坂に所有していたビルを売却。 購入したのは王将の関連会社である。 冒頭の新聞報道を、具体的な名前に置き換えるとわかりやすい。 福岡地検が家宅捜索した「元社長」とは上杉昌也氏。 ゴルフ場運営会社、福岡センチュリーゴルフクラブが入居している中央区赤坂のビルとは、京都通信機建設工業が王将に売却し、王将の関連会社が一時所有していた物件だ。 福岡センチュリーゴルフクラブと王将は、ズブズブの関係にあったことがわかる。 ハードルは、高いと言わざるを得ない。 そもそも大東氏がなぜ、暴力団に射殺されたかがわからない。 襲われた動機も、ヒットマンに指示した者の有無さえわからない。 王将社長射殺事件の全容が解明されるまでには、まだ時間がかかりそうである。

次の

福岡センチュリーゴルフ倶楽部のゴルフ場予約、コースガイド【楽天GORA】

センチュリー ゴルフ

アウトコースは人工的な曲線の中に姿のよい樹木を配し、インコースは自然樹をそのまま残し対照的な景観を楽しめます。 アウトには人工池、特に7,8,9番に接するアゴラ池の眺めは絶景です。 インコースは自然池を巧みに配し,14番の池越しのショートホールは庭園風で池には菖蒲の花が咲き、プレーヤーを楽しませてくれます。クラブハウスからはセンチュリーのシンボルマーク「もみじ」の樹景と10番ホールが一望でき、食事を味わいながらの語らいは格別です。 丘陵コース。 アウトは広々したパー5からスタートし、個性豊かなレイアウトのホールとなっています。 インコースはオーソドックスなパー4からスタートし、自然林にセパレートされたホールが続きます。 又15番から4ホールは難易度が高くエキサイティングなプレーが楽しめます。 この4ホールを1オーバーで攻略できれば、ゴルフの腕前は「シングル級」と言っても過言ではありません。 コースリニューアル(フェアウェイラインのデザイン変更・戦略性UP)も終了し、より一層楽しめるコースとなりました。 ラウンドは乗用カートで、セルフプレーorキャディ付プレーの選択制となっております。 11時以降のご予約はお受けできません。 予めご了承下さいますようお願いいたします。 エチケットリーダーの方には、プレーの進行及び 同伴プレーヤーのサポートをお願いするのと共に、 前組との間隔を空けず、ハーフのプレー時間を 2時間10分を目処にお回り頂きますよう、 プレーファストにご協力お願い致します。 予めご了承くださいませ。 ご予約時のプレーヤー人数は十分にご注意をお願いいたします。 尚、キャンセルフィの請求は御予約者様にさせて頂きますのでご了承ください。 ご理解・ご協力をお願い致します。 表記金額に、滋賀県ゴルフ場協会・協力金20円、関西ゴルフ振興・振興金30円が含まれております。 予めご了承くださいませ。

次の

福岡センチュリーゴルフ倶楽部のゴルフ場予約、コースガイド【楽天GORA】

センチュリー ゴルフ

実際の料金と異なる場合があります。 詳細は当日ゴルフ場でご確認ください。 結果をご確認いただき、入賞した方には無料プレー券やゴルフ用品をお渡しいたします。 後日発送等は請け負いかねますので、順位のご確認をお願いいたします。 なお、アフターパーティーはございませんので、各自ご精算終了後、ご帰宅頂いて結構です。 スタートホール(アウト・インなど)が競技参加者ごとに異なる場合がありますが、前半ハーフのスコアが集計対象になります。 スルー・ザ・グリーンは6インチプレースOKとし、グリーン上は1グリップOKとします。 進行上の理由により、万が一ロストボールとなった場合はそのロストした付近から2打罰にてプレーを続行します。 距離計測器の使用は可とします。 (方位計測機能・GPSナビ機能付きを含む)• 使用ティは大会当日ご案内いたします。 同ネットスコアの場合は以下の順位にて確定いたします。 (1) ハンディキャップ上位 (2) 生年月日 (3) 最終ホールからのカウントバック(コースによって異なる場合は当日詳細を発表いたします)• ローカルルール以外は、日本ゴルフ協会規則に準じます。 (ローカルルールは、スコアカードの裏面をご参照願います) 個人情報の取り扱いについて• 主催者は個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令などを遵守し、主催者の個人情報保護方針に基づき、個人情報を取り扱います。 また、主催者もしくは(株)リクルートライフスタイル、開催ゴルフ場からの申し込み内容に関する確認連絡をすることがあります。 参加者の承諾なく個人情報を第三者に開示または提供いたしません。 参加者の肖像 顔写真など 及び 氏名、年齢、ハンディキャップ、競技歴及び自己紹介などの個人情報は、大会主催者及び管轄所轄団体に権利を帰属し、商業 目的で利用する場合があります。 大会参加にご提供いただいた個人情報は、次の利用目的以外には使用いたしません。 主催者より、お申し込み者への案内通知 メールなど の送付またはその為の問合せに利用するため 2. 本大会における組み合わせや結果表示、 大会の状況等、主催者のホームページ並びに主催者が配信するメールマガジンやダイレクトメール等の印刷物、情報メディアにおいて一般に公開するため 3. 参加者状況を集計し今後の活動方針の資料などとして利用するため 5.

次の