お忙しいところ大変恐縮ですが。 「お忙しい中大変恐縮ですが」意味と使い方・ビジネスメール例文

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味とは?使い方や言い換えも紹介

お忙しいところ大変恐縮ですが

Contents• 「お忙しいところ」といった言葉はどういったシーンで使うのか? ビジネスメールやビジネスのあいさつの場面なので、 「 お忙しいところ」といった言い回しをすることは多いかと思います。 そもそも 「お忙しいところ」という言葉は、 相手に仕事を頼むときや 質問や問い合わせの回答を頼む時など、 相手の負担になることをこちからからお願いするときに使います。 ビジネスメールなどで添付した資料の確認をしてほしい時などには、 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、 添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」 といった言葉になりますね。 といったことから、「お忙しいところ」は、 相手にこちらから要求することが多いビジネスメールなどではよく使うフレーズなのです。 ・お忙しいところを申し訳ございません。 ・お忙しいところお時間をいただき、ありがとうございました。 ・お忙しいところ、大変失礼致しました。 ・お忙しいところ、申し訳ありません。 ・お忙しいところ、お手数かけますが、どうぞよろしくお願いいたします。 ・お忙しいところ、恐れいります。 このよように「お忙しいところ」 のうしろに続くことばを変えることによって さまざまなビジネスシーンで使えます。 また、ビジネスメールで「お忙しいところ」などを使った場合の 締めくくりは 「よろしくお願いいたします」 にするといったことも忘れずにしましょう。 スポンサードリンク 「恐縮」の意味と使い方 「恐縮」といった言葉もビジネスシーンで意外とよく使うことがある言葉です。 これをつかいこなせれば、とても重宝しますのでその意味と使い方をまとめてみます。 「恐縮」(きょうしゅく)の意味は、 相手に迷惑をかけたり、 相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うこと。 おそれいることといったことといったことです。 そして 「恐縮」の使い方ですが、 「すみません」の代わりによく使われるのが「恐縮です」 特に ビジネスシーンでは「すみません」ではなく 「恐縮です」が使われるのが一般的です。 ・お電話をいただき恐縮しております。 ・お手数をおかけし恐縮ではございますが~ ・お急ぎのところ恐縮ですが、 ・お忙しいなか大変恐縮でございますが、お返事をいただきたく、お待ち申し上げます。 ・手取り足取り、ご教示いただきまして大変恐縮しております。 といった感じですね。 」 といったことを入れると相手に失礼にならないような 心づかいを感じさせるので物事が円滑に進みます。 また、 断りを入れる際にも使えます。 多くのご提案をいただいておきながら、たいへん恐縮ですが~ といった感じですね。 同じ意味として使えます。 相手に謙遜な気持ちをあらわす言葉ですので それぞれのシーンに応じて使っていきましょう。 ご多用、 ご多忙、 お忙しいところ等の使い分け ご多用、 ご多忙、 お忙しいところ といった言葉の違いと使い分けは 「お忙しい」よりも「ご多忙」の方が相手に対して硬い表現であり、 ビジネスのシーンではこういった言い回しの方が適切です。 ですので、 お忙しいよりも硬い言葉遣いを使用する必要がある ビジネスのシーンでは 「ご多忙のところ恐縮でございますが」などと書くことが多いです。 また、「ところ」というこどばに置き変えて 「の折」とつけたり、「の中」とつけたり、 「のみぎり」とつけたりすると丁寧さをより増した表現になります。 「ご多用」と「ご多忙」の使い分け方ですが、どちらを使っても意味合いは同じなのです。 ただ、 多忙の「忙」の字が 「心を亡ぼす」 という意味の文字の 偏(へん)と旁(つくり)からできているため その文字を嫌う人が、 受け取り手によってあるかもといった配慮により 「ご多様」といった言葉を使うといったことがあります。 「忙」という字のエピソードが一般的に知れ渡ってきたため、 この文字を使うことに神経質になる人が昔よりも増えているのですね。 「ご多忙」も間違った使い方ではないので 気にしすぎないようにするといいのではないかと思います。 それでも もし気にされるのでしたら、 受け手にとって印象が悪く取られかねない「多忙」を最初使わず、 「多用」という表現を始めから使ってもいいですね。 ま と め 『お忙しいところ恐縮です』といった言葉は、 本題に入る前置きの心をほぐすような作用も持っている言葉です。 基本的な使い方と意味を考えて相手の気持ちになって書くことがもっとも大切です。 相手が忙しいかどうかは把握していなくても、忙しくない状況だと分かっていても使うのが心遣いです。 このような言葉を書面やメールでも一言添えることで、 より行き届いた文章になるのでそれぞれの言葉を使い分けて 相手や状況に応じて選ぶようにすると本題の部分もスムーズに進むことになるのではないでしょうか。

次の

「催促メール」の書き方!上司や見積もり催促のビジネス例文も

お忙しいところ大変恐縮ですが

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方とは? 「お忙しいところ恐縮ですが」とはクッション言葉 「お忙しいところ恐縮ですが」は相手に何かお願いをしたいときに使われるクッション言葉です。 お願い事だけを相手に伝えるのは相手の都合を考えていないという横柄な印象を与えてしまう可能性があります。 しかし、「お忙しいところ恐縮ですが」というクッション言葉が入ることによって相手にへりくだる柔らかい印象を与えることができるのです。 「お忙しいところ恐縮ですが」は暇でも使える 「お忙しいところ恐縮ですが」をもっと分かりやすい言葉にすると「お忙しいのに申し訳ない」となります。 言葉の意味を考えると忙しい人に対して使う言葉なのかと考えてしまいますが、相手が忙しいか忙しくないかは関係なく、明らかに暇だと分かっている相手に対しても使うことができるのです。 「お忙しいところ恐縮ですが」はこちらがお願いをすることで相手に面倒をかけることから、謝罪の意味を込めて使います。 「お忙しいところ恐縮ですが」の言い換えと例文とは? 「お忙しいところ恐れ入りますが」の例文 ビジネス使いのポイントとは? 「お忙しいところ恐縮ですが」で感謝を伝えつつ内容は簡潔に 日本人ははっきりとは言葉にせず遠回しに伝えるのが良いとされる場面もあるのですが、ビジネスメールにおいては簡潔に内容を伝えることが良いとされています。 ポイントは、「件名で何の要件なのかが分かるようにすること」「内容は文章の頭に結論を持ってくること」です。 文章全体の柔らかさは文末に「お忙しいところ恐縮ですが」があれば十分です。 社内メールであっても命令はマナー違反 ビジネスメールでは依頼内容は簡潔に伝えるのが良いと説明しましたが、命令したり制限を設けるような書き方はマナー違反です。 いくら「お忙しいところ恐縮ですが」と一言添えたとしても相手に対して失礼なメールとなってしまいます。 例えば、一方的に期限を決めてしまうのは相手にだって都合がありますので、配慮が足りないといえますし、依頼についても「〇〇してください」ではなく「〇〇していただければ幸いです」といった表現を使うようにしましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」を電話で使う場合 メールで使う場合と同様で、「お忙しいところ恐縮ですが」は感謝や労いの意味で使います。 例えば、「お忙しいところ恐縮です。 私株式会社〇〇の山田と申しますが・・・」と話し初めに使ったり「お忙しいところお時間をいただき恐縮です。 それでは失礼いたします。 」と話の締めに使うこともできます。 「忙しい」という言葉は嫌がられることもある 「忙しい」という言葉は縁起の悪い言葉とされています。 「忙」という字は「心」を「亡くす」と書くため冠婚葬祭では使ってはいけない言葉となっていますが、ビジネスシーンでは、「忙しい」という言葉を使っても問題はありません。 しかし、ビジネスでは縁起担ぎをすることもありますので、人によっては良く思わないこともあるということを覚えておきましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」の類語 「お忙しいところ恐縮ですが」の類語は「お忙しいところ」と「恐縮ですが」に分けて説明していきます。 「お忙しいところ」の類語 ご多忙・ご多用 「ご多忙・ご多用」どちらも頭に尊敬を表している「ご」がついていることから目上の方が忙しくしているという意味になります。 「恐縮ですが」の類語 失礼ですが 「失礼」は「無礼な振舞いをする」という意味なので、これから相手に礼儀を欠くようなことを聞く相手に「失礼ですが」と前置きをします。 お手数ですが 「お手数ですが」は自分が依頼したことで相手に手間をとらせてしまうときに労いや感謝を表す言葉として使われます。 まとめ 「お忙しいところ恐縮ですが」は特にビジネスシーンでは定型文のようなものですが、これからは相手に感謝や労いの気持ちを込めて使うようにしましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」などのクッション言葉は上手に使うことで文章全体を感じの良いものに仕上げることができます。 これは人間関係を円滑にするためのテクニックであるともいえるのではないでしょうか。

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」は英語でなんて言う?シーン別に例文を紹介します

お忙しいところ大変恐縮ですが

「大変恐縮ですが」の読み方と意味 「恐縮」の読み方は「きょうしゅく」 「恐縮」は「 きょうしゅく」と読みます。 「恐」は音読みで「キョウ」、訓読みで「おそれる・おそろしい」と読みます。 「縮」は音読みで「シュク」、訓読みで「ちぢむ・ちぢまる」と読みます。 「恐縮」の意味は「申し訳なく思い、恐れ入ること」 「恐縮」は「 申し訳なく思い、恐れ入ること」を意味します。 相手に迷惑をかけたり世話になったことに対して、身も縮まるほど申し訳なく思っていることを表します。 「恐縮」には文字通りの「恐ろしくて身が引き締まること、恐れて身が縮まること」という意味もあります。 「恐縮」という言葉は、お礼・謝罪・依頼など色々な場面で使う言葉です。 「大変恐縮ですが」は依頼・お願いで使う 「恐縮」という言葉は感謝やお詫びをする場面でも使いますが、「大変恐縮ですが」という形では依頼・お願いで使うのが基本です。 「大変恐縮ですがご検討の程、よろしくお願いいたします」 「大変恐縮ですがご検討の程、よろしくお願いいたします」は「申し訳ありませんがよく調べて考えてもらうようお願いします」という意味です。 目上の人や取引先の相手に対して、 自分の提案が良いかどうかしっかりと考えて欲しいということを表します。 「ご検討の程、よろしくお願いいたします」でも丁寧な表現ですが、「大変恐縮ですが」をつけることによって相手に申し訳なさを伝えることができるのでよりかしこまった印象を与えます。 ビジネスメールにおいて使われることが多いです。 例文 ・先日の件については以上となります。 大変恐縮ですがご検討の程、よろしくお願いいたします。 大変恐縮ですがご検討の程、よろしくお願いいたします。 「大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします」 「大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします」は「申し訳ありませんがご理解してもらえるようお願いいたします」という意味です。 目上の人や取引先の相手に対して、 こちらの事情を推し量ってもらいたい際、納得を求める言い回しとなります。 相手に迷惑をかけるようなことや自分に落ち度がある場合に、「大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします」を使うことで、相手に丁寧に理解を求めることができます。 大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします。 ・限定商品につきましては数に限りがございます。 大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします。 「大変恐縮ですが〜していただけると幸いです」 「大変恐縮ですが〜していただけると幸いです」は、謙遜の気持ちを表しながら他人に依頼する表現になります。 お願いをする場合に使う言い回しで、「相手にしてもらえると自分が助かります、嬉しいです」と感謝の気持ちも込められています。 ストレートに「〜してください」とお願いをするよりも、「〜していただけると幸いです」と頼むことで相手に対して柔らかい印象を与えることができます。 「お忙しいところ大変恐縮ですが〜」 「大変恐縮ですが」の前に、 ・お忙しいところ ・お忙しいとは存じますが ・ご多忙の中 ・ご多忙の折 ・ご多用中 などと相手が忙しいことに配慮を見せることで、より謙虚さを表現することができます。 例文 ・お忙しい中大変恐縮ですが、資料を作成していただけると幸いです。 ・大変恐縮ですが、なるべく早くご返信いただけると幸いです。 「大変恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます」 「大変恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます」は、何かお願いした際のビジネスメールの結びの言葉として使う定型句です。 「よろしくお願い申し上げます」単体でも意味は通じますが、「大変恐縮ですが」「何卒」をつけることで申し訳ない気持ちを強調することができ、より丁寧な言い回しになります。 例文 ・お忙しい中大変恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます。 ・カタログをご確認ください。 大変恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます。 「大変恐縮です」はお礼・感謝 「恐縮」は、 お礼・感謝の言葉として用いることもできます。 相手から物をいただいたり、お世話になったり、高い評価をもらった場合に「大変恐縮です」と言った場合は「ありがとうございます」と同義です。 目上の人に気遣いをしてもらった場合は、「ありがとうございます」というよりも「大変恐縮です」の方が申し訳ない気持ちを表現可能です。 例文 ・ご多忙中にもかかわらずご指導いただき、大変恐縮です。 「大変恐縮ですが」の言い換え・類語 大変恐縮ではございますが 「大変恐縮ですが」をより丁寧に表現したのが「 大変恐縮ではございますが」です。 「大変恐縮ではございますが」も目上の人に対して、依頼をする場合に使う言い回しとなります。 「大変恐縮ですが」でも十分丁寧ですが、「大変恐縮ではございますが」とすることで更に丁寧になります。 例文 ・大変恐縮ではございますが、お時間をいただけると幸いです。 恐れ入りますが 「恐れ入ります」は「 申し訳ないと思う、ありがたいと思うこと」を意味します。 「恐れ入ります」と言う場合は、目上の人に対してありがたく思っていることを表します。 相手に褒められたり、物をもらったりなど相手の配慮に対してお礼の気持ちを述べる場合に使います。 「恐れ入りますが」と言う場合は、目上の人に対して申し訳なく思っていることを表します。 依頼をするときに「恐れ入りますが」と加えることでより丁寧な印象を与えることができます。 「恐れ入ります」は目上の人に対して使用することができる表現で、話し言葉として使うことが多いです。 例文 ・恐れ入りますが、企画書にお目通しいただけますか。 ・恐れ入りますが一度足を運びいただければ幸甚です。 恐縮至極ですが 「恐縮至極です」は「 きょうしゅくしごくです」と読みます。 「至極」は「これ以上ないほどの状態であること」を意味します。 「恐縮至極」をすることで、「これ以上ないほど恐れ入ること、申し訳なく思うこと」という意味になります。 感謝の気持ちを伝える場合に使う言い回しです。 ありがたいと思っているだけではなく、そのことを喜んでいるときに使うのが適します。 「恐縮至極です」「恐縮至極に存じます」といったように使います。 「至極恐縮です」ということもできます。 例文 ・結構なお品をいただきまして、恐縮至極です。 ・至らない点が多いにもかかわらず会議の進行役を任せていただき、恐縮至極です。 痛み入ります 「痛み入ります」は「 相手の厚意をありがたく思っていること」を意味します。 相手から厚意を受けた際に、心が痛むほどありがたく思っている状態を表す言い回しとなります。 「痛み入ります」は感謝の気持ちを伝える場合に使う表現なので、お願いや謝罪をする場合は使うことはできません。 「誠に痛み入ります」「本当に痛み入ります」「心から痛み入ります」「ご厚情痛み入ります」といったように使います。 堅い表現なので目上の人に使うことができます。 親しい間柄の相手や同僚に使うと皮肉と受け取られてしまう恐れがあるので注意してください。 ・お忙しい中お越しいただいた上に、お土産まで頂戴し、本当に痛み入ります。 「恐縮」の使用上の注意点 主に書き言葉で使う 「恐縮」はかしこまった堅い表現なので、 主に書き言葉として使われます。 感謝の意味である「(大変)恐縮です」は比較的口語でも使われますが、「大変恐縮ですが」などは堅い表現なので書き言葉で使用されるのが一般です。 メールではどうしても感情が伝わりにくいため、ビジネスメールで謙虚な気持ちや態度を表現するのみ「恐縮」は頻繁に使用されます。 多用を避ける 「恐縮」はかしこまった堅い表現のためビジネスシーンでもよく使われますが、多用は避けましょう。 堅く丁寧な表現ですが使いしぎると、慇懃無礼となる場合があります。 ビジネスメールや手紙の中で使う回数は、結びの言葉として一回使用するのが無難です。

次の