東方 旧作 キャラ。 東方のキャラの能力一覧

東方旧作キャラクターの種族一覧

東方 旧作 キャラ

東方では基本的に弾幕ごっこであり、実際の殺し合い等の戦闘力は不明な部分が多いです。 (但し、弾幕ごっこから推察される能力などの可能性は考慮されています) よって仮想戦闘などのタイマン考察や勝率、集団戦に於ける能力の有用性等などは、参考程度とされています。 テンプレとなっているランキングは、実際の戦闘力をゲームである遊びな弾幕ごっこの描写から判断するのは妄想過多となり不可能であることから、 東方内に於いて格が高いほど強いという傾向を前提に、各キャラの格も考慮して相対的・総合的にランク付けをするという、少し特異な措置が為されています。 同一作品内でのステージ序列や、設定や実績、カタログスペックや発言内容や評価も含め、相対的に判断されています。 強さの裏づけとなる実績があればそれだけで強さの担保となったり、直接比較や発言などの相対評価からだけでも格付けされます。 各グループの注釈については、慣例とランク分けした際の傾向による飾りであり、注釈に書いて説明文それ自体が評価・判断基準にはなっていません。 最強1:強固な実績・設定によって、強さの裏付けがなされているキャラのグループ。 最強2:実績や設定によって強さの裏付けがあるが、マイナス要素がある、またはソース不足なキャラのグループ。 準最強1:高いカタログスペックに加えて、実績や設定による強さの裏付けがなされているキャラのグループ。 準最強2:カタログスペックが非常に高いこと。 もしくは比肩しうる相応の実績があるキャラのグループ。 強:基礎能力が不明または低いが、準2にも対抗しうる強力な能力を有しているキャラのグループ。 普通1:基礎能力や強い能力、実績や設定などが足りていないが、カタログスペックがある程度わかっていてそれなりに強いと思われるキャラのグループ。 普通2:基礎能力や強い能力、実績や設定などが足りていない上に、カタログスペックが不明または普通1より相対的に弱いと思われるキャラのグループ。 弱:平均値よりも弱い設定を有しているキャラのグループ。 最弱:一般人と変わらないような設定を有しているキャラのグループ。

次の

東方旧作とは (トウホウキュウサクとは) [単語記事]

東方 旧作 キャラ

(作品ページへのリンク)• 被写体• (光る蟲の大群)• (暗闇に潜む妖怪)• (不自然な冷気)• (局所的な大寒波)• (見た目だけ賑やかな妖怪)• (堅苦しい歴史家)• (視界を揺さぶる妖怪兎)• (体に優しくない人形)• (飛び跳ねる兎の大群)• (色鮮やかに虹色な門番)• (得体の知れない魔法の元)• (目にも留まらない化猫)• (斬り捨て御免)• (危険な手品師)• (紅色の世界)• (珍しい動物)• (幽雅な心霊写真)• (街の薬屋さん)• (人間らしくないお姫様)• (江戸っ子気質な死神)• (口うるさい有難いお話)• (恐ろしい波動)• (気味の悪い微笑み)• (焼死しない人間)• (太古の時代)• その他• (作品ページへのリンク)• 参戦キャラ• (楽園の素敵な巫女、快晴の巫女)• (普通の魔法使い、霧雨の魔法使い)• (完全で瀟洒な従者、小夜嵐のメイド)• (七色の人形遣い、雹の人形遣い)• (動かない大図書館、花曇の魔女)• (半分幻の庭師、蒼天の庭師)• (永遠に紅い幼き月、濃霧の吸血鬼)• (天衣無縫の亡霊、雪の亡霊)• (幻想の境界、幻想の狐の嫁入り)• (小さな百鬼夜行、疎雨の百鬼夜行)• (狂気の赤い瞳、晴嵐の赤眼)• (伝統の幻想ブン屋、風雨の鴉)• (三途の水先案内人、川霧の水先案内人)• (美しき緋の衣)• (非想非非想天の娘)• その他• (作品ページへのリンク)• キャラクター• (祀られる風の人間)• (氷の妖精)• (華人小娘)• (熱かい悩む神の火)• (土着神の頂点)• 非想天則単体に登場する緋想天キャラクター• (楽園の巫女)• (普通の魔法使い)• (七色の人形遣い)• (動かない大図書館)• 緋想天キャラクター• (完全で瀟洒なメイド)• (半分幻の庭師)• (永遠に紅い幼き月)• (天衣無縫の亡霊)• (幻想の境界)• (小さな百鬼夜行)• (狂気の赤眼)• (伝統の幻想ブン屋)• (三途の水先案内人)• (美しき緋の衣)• (非想非非想天の娘)• その他• (作品ページへのリンク)• 被写体• (甘い匂いのする神様)• (切なくなる紅い雨)• (緑色の目をした怪物)• (えんがちょマスター)• (忍び寄る恐怖の気)• (不憫な不法投棄物)• (秋の日の人食い)• (水棲の技師)• (山のテレグノシス)• (大空に咲く花と親父)• (惨憺たる大海原)• (破滅的な金剛力)• (不羈奔放の古豪)• (妖獣の成り上がり)• (卑近なダウザー)• (死体ツアーコンダクター)• (地底の太陽)• (みんなの心の病み)• (何も考えていない者)• (有頂天のお嬢ちゃん)• (空飛ぶレアアイテム)• (坂好きの神様)• (両生類の神様)• (ガンガンいく僧侶)• (虎だったり鳥だったりする奴)• (空を飛ぶ不思議な巫女)• (普通の魔法使いさん)• (現代っ子の現人神)• (初々しいスポイラー記者)• (捏造新聞記者) (作品ページへのリンク)• 参戦キャラ• 自由奔放で無計画な巫女• 高火力で星好きな魔法使い• 頑固で巨体怪力な入道使い• 超人的で悟りを開く大阿闍梨• 風水でお皿を割る尸解仙• 全能で人の為に動く道士• 商売上手で守銭奴の河童• 意図せずに心を閉ざしたサトリ• 変幻自在で喰えない化け狸• 能面で感情的な面霊気• 神仙思想で動物好きな仙人• 自暴自棄で不死身の人間• お伽噺的でお椀に乗る小人• 神秘主義で扱いに困る女学生• 月面思考で波長の合わない妖怪兎• 夢を見せる妖怪• 緋想的で浮世離れした天人• 神出鬼没で裏表のある妖怪• 最凶最悪の双子の妹• 最凶最悪の双子の姉• 2020-06-14• 2020-06-05• 2020-05-25• by とおりすがり• by 名無し ID:3k5pIBaAKw• 2020-05-17• 2020-05-14• 2020-05-13• by 死者の掛け声• by まちゃちゃ• 2020-04-16• by おっおっぉ• 2020-04-04• by 名無し ID:s8Puu1pk5A• 2020-03-28• by 一般大阪人• 2020-03-17• by 名無し ID:eByi8znMAw.

次の

東方旧作の登場キャラクターとは (トウホウキュウサクノトウジョウキャラクターとは) [単語記事]

東方 旧作 キャラ

東方旧作とは、の作品の内、で発表された作品である。 ただし、内に出ていないだけでの設定は今も存在している。 やが多かったり、わかりやすいがあったり(パロは版にもあるが)、某作品のをほぼそのまま登場させたり(の記事を参照) 等、版とべてやや遊んで作られている印が強い。 自体はいが、敵の残り体で攻撃方法が変わるので現行とべてもそう大差ない。 「が大きい」や「低速移動がい」などよく言われるが、 は3作から小さくなっているし、低速移動も4作からしている。 なお、魔郷までは「 時間は大して変わってなく、の年齢も変わっていない」という設定が存在する。 以下から (発表) の第1作。 方は『とうほう れ』。 当作品はのとは大きく異なる固定画面のであった。 この作品は元々(以下C)で頒布するつもりはかったとの事である。 (2発表) 2作・『とうほう ふうまろく』。 この作品において、に至るまでの縦としての形が築かれた。 (3発表) 3作・『とうほう じくう』。 『』のを用いた対戦である。 (4発表) 4作・『とうほう げんそうきょう』。 は再び2作の頃に戻されたが、より洗練された。 (5発表) 5作・『とうほう かいきだん』。 版の集大成。 この作品を以っての開発は一旦終了した。 ちなみにこれらは全て入手困難である。 どうしても欲しい人はション等で。 (ただし、相場は1本10万円を優にえる。 ) はでできるため、を参考にしてを整えれば可である。

次の