枚挙に暇がない 読み方。 「枚挙に遑がない」の意味とは?意味や使い方を解説!

【枚挙にいとまがない】意味と使い方を例文でわかりやすく解説!

枚挙に暇がない 読み方

「枚挙にいとまがない」の意味とは? 「枚挙にいとまがない」の読み方• 「枚挙にいとまがない」の英語 解釈• 「枚挙にいとまがない」の語源• 「枚挙にいとまがない」の言葉の使い方• 「枚挙にいとまがない」を使った例文や短文 解釈• 「枚挙にいとまがない」の類語や類義表現 「枚挙にいとまがない」の意味とは? 「枚挙にいとまがない」の意味は 「数が多過ぎて数えられない」 「数が多すぎてきりがない」ということです。 ものごとを引き合いを出して述べる時に、幾つか例を挙げてみたけれども数が多くていちいち説明しているときりがない状態の時に使います。 日常会話だけではなく会議の場やプレゼンでも使える言葉で、ユーモアのセンスを感じさせて尚且つ的確に状況を伝える言葉です。 「いとまがない」 「いとま」とは、先に紹介しましたが 「遑」 「暇」の両方の漢字が使われます。 但し、 「遑」は常用漢字ではないので、敢えて漢字にする時には 「暇」が使われます。 「いとま」の語源は 「いと」は非常に意味が多く、 「やることのない様子」 「ひま」の他にも 「一時的に休むこと」 「離婚・離縁」 「別れて去ること」などがあります。 よく人の家を訪問して帰り際に 「そろそろおいとまします」というのはここから由来しています。 また、お店の使用人が雇い主に対して休暇を願い出ることを 「いとま乞い」と言うのも同じです。 「ま」は 「間」を意味していて、 「いとま」で 「開いている時間」という意味です。 上記の言葉が組み合わさり 「枚挙にいとまがない」は、 「一つずつ数えることにかかりっきりになり手の空く時間がない」から転じて 「数が多すぎてきりがない」という意味で使われる様になりました。

次の

「枚挙にいとまがない」の意味や使い方、漢字、由来、類語

枚挙に暇がない 読み方

スポンサーリンク 枚挙にいとまがないの語源とは? まずは「枚挙」と「いとまがない」の意味から考えていきましょう。 どちらもあまり聞いたことのない言葉ですよね。 これだけでどんな意味があるのでしょうか? 「枚挙」とは 「いちいち数えあげること、一つ一つ数えたてること」という意味です。 「いとまがない」の「いとま」は漢字で書くと「暇」と書きます。 「ひま」という漢字ですよね! その他にも「遑」と書く場合もありますが、これは常用漢字ではないので参考程度に覚えてください。 「暇」の由来は、「いと」は「いとなし」、「ま」は「間」の意味から来ています。 意味としては、• 用事のない時間、ひま• 一時的に休むこと、休暇• 職務を離れること、辞職• 離縁、離婚• 別れて去ること、その挨拶「おいとまする」• 喪に服すること 「暇」一文字だけでこんなに意味があるとは驚きですよね! 単純に「ひま」だけだと思っていた人も多いのではないでしょうか? 特に「おいとまする」なんかはよく聞く言葉ですよね! 「これって『いとま』のことだったのか~」と思うとなんだか身近に感じられます。 そして「いとまがない」は 「時間の余裕や、手が開かない様」を表す言葉。 それにかかりっきりで休まるひまがない、といったニュアンスです。 つまり「枚挙にいとまがない」は、 「数えることにかかりっきりで休むひまがない」という意味になりますよね! それが転じて「枚挙にいとまがない」は「数が多すぎてきりがない、数えられないほどたくさんある」と現在で使われる意味になったと考えられています。 ちなみに、その「数えるもの」は特に決まっているわけではないので、多岐に渡って使えますよ! 実際にどんな風に使えるのか、次で使い方を紹介していきますね! 枚挙にいとまがないの使い方・例文! それでは、「枚挙にいとまがない」の使い方の例文をいくつか上げていきます。 「彼女を食事に誘いたい男は枚挙にいとまがないほどだ」• 「日本の問題は枚挙にいとまがないほどある」• 「あいつの悪事は枚挙にいとまがない」 3つの例文をあげてみました。 意味としては3つともほとんど同じで、「数えきれないほどある」というとです。 ただ、この言葉はいい意味にも悪い意味にも使うことが出来ますよ! 1つ目は美しい女性がモテる様子、2つ目は国がかかえる問題の多さについて、そして3つ目は個人の悪事についてです。 このように個人から国という大きなものまで、 いい意味、悪い意味に使うことが出来ますので比較的多用しやすいと思います。 スポンサーリンク 最後に ではここで、「枚挙にいとまがない」の類義語をいくつか紹介していきたいと思います!• 「十指に余る」 「じっしにあまる」と読みます。 「10本の指で数えきれないほどある」という意味があります。 「教授は十指に余る功績を持っている」などと使うことが出来ます。 「掃いて捨てるほど」 読み方は「はいてすてるほど」です。 「非常に多くて有り余るほど」という意味がある言葉。 「息子の部屋にはゲームソフトが掃いて捨てるほどある」などと使えますね。 「幾多」 「いくた」と読みます。 「量の多いこと、数多く」という意味があります。 例えば「幾多の困難を乗り越えてきた」などど使ったりすることが出来ますよ。 いかがでしたか?今日は「枚挙にいとまがない」について説明してきました! 「ない」の否定形で終わるので勘違いされやすいのですが、意味としては「数多くある」ニュアンスということだとわかりましたよね! 使い方でも触れましたが、色んな方面で使うことが出来て、 案外使いやすい言葉です。 しかしながらあまり聞きなれない単語も入っていますから、サラッと使えたらとてもかっこよく決まると思いますよ! ビジネスシーンでも活用出来る言葉です。 チャンスが来たら是非使ってみましょう! 関連記事 一部広告含む•

次の

「おいとまします」の意味と使い方・敬語・漢字・方言・時期

枚挙に暇がない 読み方

「いとま」の漢字表記はどれが正しい? 「いとま」の漢字表記についてですが、現在は「遑」という字は用いることがないため、「暇」と書くことが一般的です。 どちらの漢字も間違いということはありませんが、通常は「枚挙に暇がない」、またはひらがな表記で「枚挙にいとまがない」とする方が望ましいでしょう。 この「枚挙にいとまがない」という言葉が示す数的対象はあくまで例えであって、実際に数えた数、確定的な数というわけではありません。 数えてみたら量が分かるものに対しては「枚挙にいとまがない」といった使い方はしませんので、こうした点には注意が必要です。 [ad co-1] 枚挙にいとまがないの語源・由来 「枚挙にいとまがない」という言葉の語源や由来についても理解しておきましょう。 もともと「いとま」は「遑」という漢字を書きました。 この文字を使用した言葉は平安時代の頃に存在していたと言われています。 「遑」には「役目を辞する、解く」という意味があり、役職を辞めたりしたり辞めさせたりすることを「遑をこう・遑をあたえる」などと表現していたのです。 枚挙にいとまがないの語源・由来• 「いとま=遑」には、「役職を辞めたりしたり辞めさせたりする」という意味があった• 転じて、「枚挙(いちいち調べる)する役割をやっている余裕がない」という意味になった また、「いとま」の字として使われるもう一つの漢字である「暇」は、もともとは時間的余裕を指す言葉でした。 意味合いの中で時間的な幅を示す「暇」には、することがない状態や空いた時間、自由に使える時間など、色々な意味が含まれています。 元を正せば、「遑」と「暇」は使い方や意味合いに明確な違いがありました。 「遑」の文字が「ひま」の意味を持つようになった頃から、「枚挙に遑がない」は「枚挙に暇がない」と表記されるようになり、現在では主にひらがなで表記されるようになりました。 [ad co-1] 枚挙にいとまがないの類語 「枚挙にいとまがない」に似た様な意味を持つ類語としては、「十指に余る」、「掃いて捨てる」、「数多・許多(あまた)」などがあげられます。

次の