阪神 高速 湾岸 線 通行止め。 阪神高速道路株式会社 ドライバーズサイト

【関西方面】阪神高速4号湾岸線 車線規制ならびに通行止めによる遅延のお知らせ

阪神 高速 湾岸 線 通行止め

道路情報ニュース・トピックス 5号湾岸線 尼崎末広出入口 閉鎖のお知らせ (2020年1月8日~3月31日 午後0時 正午 ) 阪神高速では、交通事故の削減や走行性改善のため、「距離料金」移行に伴い不要になった旧料金圏境にある本線料金所の撤去を順次すすめております。 中島本線料金所の撤去に先立ち、尼崎末広入口に新たに料金所を設置する工事を行います。 また、尼崎末広出入口の道路下に封じ込め保管しておりました汚染土を撤去・処分する工事もあわせて行います。 これらの工事に伴い、 尼崎末広出入口 大阪方面・神戸方面 を1月8日 水 から3月31日 火 午後0時 正午 まで閉鎖させていただきます。 工事期間中はご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。 閉鎖期間 2020年1月8日(水)午前0時 ~ 2020年3月31日(火)午後0時(正午) う回ルートのご案内 閉鎖期間中は、下記の出入口をご利用ください。 閉鎖によるう回交通により、周辺道路の一部区間で交通量の増加が予想されますので、時間に余裕をもってお出かけいただきますようお願いいたします。 工事概要 平成4年の湾岸線建設時に掘削土の一部からPCBが検出されたため、関係自治体と協議のうえ、尼崎末広出入口の道路下に封じ込め保管していました。 今回新設する料金所位置が、封じ込め保管箇所と重複しますので、汚染土撤去を先に行った後、引き続き料金所新設工事を実施して参ります。 汚染土の撤去・処分工事は、周辺環境の安全性確保に万全を期すため、事前に作業範囲を大型テントにより覆い、実施します。 その後、アスファルトなど支障となる道路構造物を撤去し、保管土の掘削の後に、汚染されていない土での埋戻し、テント設備の解体、道路構造物を復旧し、尼崎末広出入口を開放します。 Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。

次の

阪神高速5号湾岸線(東行)住吉浜入口・魚崎浜入口(大阪方面行)通行止めのお知らせ

阪神 高速 湾岸 線 通行止め

相次ぐ自然災害を受け、阪神高速道路会社(大阪市)は23日、今後の通行止めなどの運用を見直す方針を明らかにした。 地震発生時の通行止め基準は震度5弱から5強とし、対象エリアを細分化してきめ細かな運用を図る。 強風の際は規制基準に達しなくても、同等の予測が出た時点で事前規制することも検討する。 同社によると、6月の大阪府北部地震では道路などに大きな被害はなかったが、全線約260キロが約5時間半通行止めとなった。 これを受け、震度基準を見直すとともに、被害の小さい区間から通行止めを解除できるよう、兵庫県と大阪府を各3エリアに分けて協議する。 県内は「海岸部」「山間部」「垂水」となる見込み。 関係機関と協議し、年明け以降の運用を目指す。 一方、猛烈な突風によりトラックなど計10台が横転した台風21号を受け、早めの安全対策に踏み切る。 現行の基準では、強風による通行止めは「10分間の平均風速20メートル以上」だが、台風24号の接近時は、基準値を観測する前に大半の区間を閉鎖した。 異例の措置だったが、今後はさらに早い段階での実施を検討する。 幸和範社長は「近年の気象予測の精度は上がっている。 安全を最優先にしながら、高速道路の役割を最大限果たせるよう運用の在り方を考えたい」と述べた。 また、台風21号での最大瞬間風速が湾岸線尼崎末広出入り口付近で58・8メートル、台風24号では湾岸線東神戸大橋付近の42・8メートルだった、と発表した。 (竹本拓也).

次の

【関西方面】阪神高速4号湾岸線 車線規制ならびに通行止めによる遅延のお知らせ

阪神 高速 湾岸 線 通行止め

相次ぐ自然災害を受け、阪神高速道路会社(大阪市)は23日、今後の通行止めなどの運用を見直す方針を明らかにした。 地震発生時の通行止め基準は震度5弱から5強とし、対象エリアを細分化してきめ細かな運用を図る。 強風の際は規制基準に達しなくても、同等の予測が出た時点で事前規制することも検討する。 同社によると、6月の大阪府北部地震では道路などに大きな被害はなかったが、全線約260キロが約5時間半通行止めとなった。 これを受け、震度基準を見直すとともに、被害の小さい区間から通行止めを解除できるよう、兵庫県と大阪府を各3エリアに分けて協議する。 県内は「海岸部」「山間部」「垂水」となる見込み。 関係機関と協議し、年明け以降の運用を目指す。 一方、猛烈な突風によりトラックなど計10台が横転した台風21号を受け、早めの安全対策に踏み切る。 現行の基準では、強風による通行止めは「10分間の平均風速20メートル以上」だが、台風24号の接近時は、基準値を観測する前に大半の区間を閉鎖した。 異例の措置だったが、今後はさらに早い段階での実施を検討する。 幸和範社長は「近年の気象予測の精度は上がっている。 安全を最優先にしながら、高速道路の役割を最大限果たせるよう運用の在り方を考えたい」と述べた。 また、台風21号での最大瞬間風速が湾岸線尼崎末広出入り口付近で58・8メートル、台風24号では湾岸線東神戸大橋付近の42・8メートルだった、と発表した。 (竹本拓也).

次の