コロナ 仕事 辞める。 コロナの影響で転職できるか不安…むしろ今こそ嫌な仕事は辞める時だ!

コロナで仕事がない職場は辞めるべき!将来潰れる斜陽業界だ!

コロナ 仕事 辞める

コロナウイルスがきっかけで仕事を辞めたいと思った人が半数いる事実 コロナウイルスによって多くの人の仕事に影響が出ています。 そこでまず、言いたいことは、医療従事者の方々、本当にありがとうございます。 大変な思いをして頑張っていらっしゃるかと思いますが、沢山の人を守るため、これからもよろしくお願いいたします。 本当に感謝しております。 話は戻しますが、コロナウイルスの影響で、まったく仕事をすることができない人、仕事の仕方が変わった人、変わらず働いている人、休むことができない人、様々出ているかと思います。 このコロナウイルスの影響で約半数の方が仕事を辞めたいと思ったと言われています。 理由は様々あるかと思いますが、急いで仕事を辞めてしまうことはおすすめしません。 この記事では、コロナウイルスによってどういった不安がでてきたか、それに対して、会社はどうあるべきか、自分がどうするべきかなどを述べていきます。 この記事を読んで、仕事を続けるべきか、今自分はどうするべきかの材料にしていただければ幸いです。 感染のリスクがある中で、恐怖や不安に押しつぶされそうな環境で働いている方も大勢いるようです。 こういったことから、ストレスや肉体的にも相当負担がかかっていると思われます。 身体を壊したらお終いですので、無理なく働いていただきたいのは山々ですが、理想と現実は違うわけで、大変無理されているかと思います。 正直なところ、医療系というのは性質上、辞めてもすぐに再就職しやすい職業です。 しかし、人が辞めていくと、さらに一人にかかる負担が増えるため、いわゆる医療崩壊が起きてしまいます。 病院全体で無理ない体制を築いていただき、これからも日本全体のために尽力いただきたいのが本音です。 給料が出ているうちは在籍していても良いと思いますが、転職を視野に入れた方がいい職種なのかもしれません。 時間が余っているのであれば、転職情報の調査、スキルアップの勉強をしましょう。 世の中の流れにも合わなくなってきている職種であり、倒産のリスクがとても高いです。 転職情報の調査、スキルアップの勉強をしましょう。 職場への不安 スピード感、危機感が無い 続いて職場への不安についてですが、今回のコロナウイルスが広まりはじめたとき、会社のスピード感が明らかになったかと思います。 ニュースだけでなくSNSでも多くの情報を手に入れられる時代ですから、世間はテレワークになっているのに、自分の会社はテレワークできるのにさせてもらえず、満員電車で感染リスクを背負って出社しているなどという不満を多く見ました。 古い会社というのは変化を嫌います。 テレワーク=さぼる人間がでてくるから生産性が落ちるなどと思っている会社や役員は、考えを改めた方がいいと思います。 時代の変化についていけない会社は必ず遅れをとります。 そんな会社と社員に思われないよう、企業も変わらなければいけないと思います。 古い考えによって、感染者が増え、日本全体の経済損失を招くことも考えられますし、優秀な社員ほどそういった会社の動きに敏感ですので、優秀な社員を失う可能性も出てくるかと思います。 テレワークできるのに変わらず出社させられていた、感染者が多い地域にも出張を指示されたなど、会社に不満を持った方々は、辞める準備をした方が良いかと思います。 ただあくまで準備です。 第2波、第3波も来るのではと言われている今ですから、いますぐにの転職は難しいとおもわれますので、準備だけにとどめておきましょう。 給与への不安 コロナによって給料が下がった、ボーナスが無くなったなどの話もちょくちょく聞こえてきました。 その業種がどういう業種かにもよりますが、回復の見込みが見られない業種であれば、転職の準備をしましょう。 コロナで辞めたいと思っても辞めるのは急がずに! 様々な理由から、仕事を辞めたいと思っている方は多くいると思いますが、 辞めるのは急がずにまずは冷静に考えてみて欲しいです。 なぜ急いではいけないかというと、転職が難しい状況下にあるからです。 主な理由は以下の通り。 転職を望んでいる人が多く倍率が高い• 人事の体制が整っていない会社が多い• 見つからなかった場合長期的に収入が無くなる しかし、給料が0になり再開の見込みが立たない方は、迷わず転職活動をしてください。 また、転職の準備をすることは、どんどん進めた方が良いと思いますので、 転職準備は積極的に!.

次の

コロナ禍で仕事を辞めたい人へ【辞める前にやっておくべきこと】|三十路のジョブチェンジ

コロナ 仕事 辞める

まだ決まってませんが、多少の蓄えはあるので、少しでも特効薬に近いものが発表されれば別ですが、それがない限り在宅の条件は外さずに探します。 私は三年前にがんの手術をうけてます。 あのとき以来、命の大切さを学び、ものすごく健康管理に神経質になっている方だと思います。 主さんの職場環境が、みんな同じ意識の人ばかりで、あまり不特定多数の人と接しないなら続けるのもありだと思います。 今は求人の数は激減してますよ。 2月まで行っていた職場では、貝になって働いてました。 ちょっとした体調不良にビクビクしていました。 鼻水が出る症状はみられていない、との記事を読んだので、鼻水が出るとホッとしたりしてました。 ありがとうございます。 私は、なぜこの仕事を選んだんだと今思います。 良い人ばかりで、働きやすいのですが。 在宅の仕事見つかると良いですね! 私は、在宅は難しいので、続けるか、 貯金で生活するか。 お体大事になさってください。

次の

仕事を辞めたらすぐやろう!各種手続き方法まとめ|ハタラクティブ

コロナ 仕事 辞める

ブラック企業やパワハラに悩む人たちからの需要があり、ここ数年、急速に退職代行業者は増えている。 この 退職代行サービス、実は新型コロナウイルスの影響で利用者が増えているという。 北海道、愛知に次いで、感染者の多い大阪で退職代行サービスを行う「退職代行Jobs」に話を聞いたところ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、 会社からの指示でテレワークや自宅待機する人が辞めるケースが多いという。 一体、どういうことなのか?退職代行Jobsで年間約1000件の退職代行を行う責任者の佐藤さんに詳しく話を聞いてみた。 一つ目は、いわゆる パワハラに対する脅威です。 普段から高圧的な上司に対して、言い出せないとう状況です。 二つ目は、 何度も引き止めにあっていて、ご本人様の中では、もう何度言っても無理だ、という心境になっているケースです。 退職代行というサービスの是非はよく問われるところですが、これらのケースに遭遇された方には、ご利用いただく意味は大きいと思っています。 三つめは、 ご本人様の中で言い出した後のことを想像して、「自分からは言い出したくない」と感じているパターンです。 一つ目や二つ目のような結果を想像されています。 正直、企業の方と話してみて、「普通に退職できたのでは」と感じることもあります。 例年に比べ、2月3月は2割程度増えています。 退職する人の中には、突然会社に行かなくなるケースが多いんです。 もちろん、彼らはいきなり行かなくなることで職場に迷惑をかけるので、後ろめたさを感じています。 派遣会社の正社員として他の企業へ勤務する方々です。 例えば、土木などの肉体労働されている方、彼の場合、派遣先の企業がないため、所属する会社で事務処理することになり、自分には合わないので辞めたいということでした。 今、 コロナの影響で派遣先の企業が減っているため、派遣先の企業に行けず、所属する会社で自分に合わない仕事をしている。 そういったケースで辞められる方もいらっしゃいます。 名古屋市の介護施設での集団感染や兵庫県でデイケアを利用した方が亡くなったことなどがニュースで取り上げられています。 この影響もあるのかもしれません。 「このご時世ですので…」と言って退職代行を頼まれる方もいらっしゃいました。 退職代行を依頼する人は、元々会社を辞めたいと考えている人が多いそうで、今回の新型コロナウイルスの影響による仕事減など経済的な問題もあるが、「テレワーク、自宅待機」でいきなり辞めることの後ろめたさが減り、結果として彼らの背中を押している現状もあるようだ。 【関連記事】.

次の