山梨コロナ女性特定画像。 山梨帰省女性の実名・顔画像特定!BBQ友人は保育士/産婦人科勤務か「情報回ってきた」

山梨県高速バスコロナ感染の20代女性は誰で実名(名前)は渡辺で爆サイ特定完了?京王バス(富士吉田)とTwitter+SNS

山梨コロナ女性特定画像

高速バスで実家に行ったというだけで「私刑」される社会に、日本はなりつつある。 その行動が問題視されている。 ネットでも「同情の余地は一切ない」「もはやテロリスト」「もう逮捕でいい」といった声が上がっている。 まず、県の発表を見てみると、以下のように「症状・経過」と「行動歴」が記されている。 6 症状・経過 4月26日~ 味覚・嗅覚異常。 5月1日 帰国者・接触者相談センターに相談。 帰国者・接触者外来を受診。 5月2日 PCR検査の結果、陽性判明。 現在、自宅で待機中。 現在の症状はなし。 7 行動歴(発症前 2 週間以内の渡航歴:なし) ~4月28日 東京の勤務先に出勤。 4月29日 高速バス 15:15 バスタ新宿発山中湖旭日丘行、京王バス で県内の実家に帰省。 新宿で乗車、富士急ハイランドバス停で下車、親族の運転する自家用車で帰宅 4月29日~5月1日 友人 56例目 と複数回接触。 4月30日 県内の友人宅でバーベキュー。 5月1日 整骨院を受診。 友人とゴルフ練習。 5月2日 高速バス 9:25 山中湖旭日丘発バスタ新宿行、京王バス で帰宅。 富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩で帰宅 出典:新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内55例目) 高速バスの移動と友人との接触により感染が広がったことが記載されているのはいいとして、友人宅でバーベキューしたことや、整骨院に行って、ゴルフをしたということは、新型コロナの感染予防という観点から言えば発表する必要がなかったのではないか。 濃厚接触者が11人中10人が陰性だったということを発表すれば済むことだ。 ちなみに、山梨県の発表でここまで詳細に行動歴が記載された例は他に見当たらなかった。 県は後になって女性への批判や中傷が「インターネット上で」起きていることに対して、「女性や家族に配慮してほしい」としている(参照)。 が、そもそもが行動歴をここまで明らかにしなければ済むことだった。 また、ネット以上にテレビなどのマスメディアでの報道が、批判へのトリガーになっている。 例えばUTYテレビ山梨は、県の発表をそのままストレートニュースとして報道している。 都内と山梨の実家を往復した20代女性の新型コロナ感染者の濃厚接触者 11人中10人が陰性 ゴルフの練習をしていたことが判明 (UTYテレビ山梨) ネット配信の記事に関しては、同局のサイトだと「新型コロナ感染者の濃厚接触者 11人中10人が陰性」となっている。 つまり、Yahoo! ニュース向きにタイトルを変えている。 明らかにネットでのアクセスを意識した変更と言えるだろう。 この記事を発端にTwitterなどのSNSで陽性女性への批判が増えているから、その試みは(悪い意味で)「成功」したことになる。 さらに、デイリースポーツは5月4日に「山梨・女性が感染判明後に高速バス、虚偽も…TV一斉報道、ネットに厳しい声多く」とテレビ局の報道とネットでの反応のまとめ記事を配信。 最近、テレビ朝日『モーニングショー』のまとめ記事を出すことが日課のようになっているスポーツ報知に至っては、コメンテーターの玉川徹氏が「自分の車で帰るとかだったらいいのかもしれないですけど、公共交通機関を使うという事も問題点。 もしかすると、法律でそういう風な事に対しては、罰則がある法律を作ってもいいのかもしれないですね」という発言をタイトルに入れている(参照)。 ここで、この女性を擁護する意図はない。 だが、犯罪を犯したわけでもないのにテレビ各局が時間を割いて報道して、それがネットでのバッシングを呼び起こしているというのは明らかにやりすぎだ。 移動の制限といった法律を提唱するなど論外とはいえ、まるでロックダウン(都市遮断)を国民が望むようにマスメディアが誘導するというのは、それこそ政府・行政の私権の制限を容認する空気を醸成しかねず、非常に危険だ。 今回の一件は、一見ネット上での「私刑」の広がりが問題視されている(少なくとも山梨県はそう呼びかけている)ようでいて、実はメディアが率先して「私刑」を行いさらに煽るという構図になっている。 もっと言うならば、新型コロナでひとたび陽性と判定されたならば、誰しもがプライバシーを配慮されなくなるということだ。 本来ならば「自粛」という言葉で行動の自制を「お願いする」という行政の姿勢について議論すべきところを、叩きやすいところを叩いて、視聴率なりアクセス数を稼ぐというメディアの「暴力」を目の当たりにしていると感じるべきだろう。 【引用おわり】 どのような意見を持っても自由なので、他人の意見に反論するのは心が重いものです。 しかも、ブログに取り上げさせて頂いて「反対です」というのは失礼極まりない行為であると自覚していますのでかなり迷いましたが、この藤井さんの意見に対する私の意見は「別の視点もあります」というモノなので「セーフ」かなと自分で判断しました。 まず、今話題の山梨の女性は「犯罪を犯したわけでもない」ので、みんなで批判するのはやりすぎだ。 というご意見ですが、批判する批判しないというのは個人の自由です。 それと彼女は、刑法上の犯罪を犯したわけではありませんが、故意による危険の無視により他人に感染させるという犯罪《的》行為をしたのです。 つまり「最悪の場合死に至るコロナに他人を感染させるかもしれないけれど、自分は楽しみたい。 だから、人が感染してもいいや」という行動をしたのです。 いうなれば、ブレーキが故障しているのを知っていて、運転して事故を起こして他人を負傷させた事と、本質的には同じです。 泥酔していながら、車を運転した事と同じです。 2006年福岡で泥酔して運転して3人の子供が死亡する事故が発生してことによって、「このような危険な運転は許しておけない」という世論が盛り上がりました。 そして、危険と解っていて危険な運転をした場合には、過失致死ではなくて危険運転致死に問われるようになりました。 ただ、コロナ感染の場合は、危険を承知で他人に感染させても罰則がないので、刑法上の犯罪を犯したとは判断されません。 けれど、「危険を承知で」という所は同じなので、福岡泥酔運転3児死亡事故と同様に、世論が激昂しているのです。 また、「新型コロナでひとたび陽性と判定されたならば、誰しもがプライバシーを配慮されなくなる」というご指摘ですが、それでは「プライバシーを守るためなら感染が広がっても良いのか」という現実的問題が置き去りにされています。 韓国は徹底的にプライバシーを公表する事によって、発熱した人その場にいた人などが不安を覚えて検査に殺到した事で、感染を収束させました。 これに対して日本はプライバシー保護法によって、感染者が勤務するナイトクラブ等の店名を公表できなかったために、何も知らずに客として訪れた人達が次々に感染して死亡者も出ました。 そして結局は「店名を公表できないがゆえに、ナイトクラブは全部危険だから行ってはいけない」になったのです。 そしてこの山梨の事案では彼女が乗ったバスなどが特定できるので、そのバスに同乗していた人達がもし発熱などをしたら、保健所でも危険だとしてすぐ検査の手配がとられるでしょう。 早ければ早いほど2次感染3次感染は止められる可能性が高くなります。 コロナの感染問題が発生してからこの数か月の間に、日本社会は 「プライバシーを守るためなら感染が広がっても良いのか。 そして結局は誰もが働けなくなって、経済を破綻させても良いのか」という問題を突き付けられて、苦悩し続けてきたのです。 そして、今になって知事の要請に従わないというだけでパチンコ店の店名が次々に公表されるようになりました。 つまりは、「感染を広げないためには、プライバシーに配慮しすぎるべきではない」と、人々の意見が集約しつつあるのだと思います。 ただ 今の日本人が皆「叩きやすいところを叩いて、視聴率なりアクセス数を稼ぐというメディアの『暴力』を目の当たりにしている」と感想を述べられている所は、全く同感です。 いくら叩いても叩き返すことができない・政府を叩いて視聴率を稼ごうとするメディアの手法は、まさしく『言葉の暴力』であるからです。

次の

山梨コロナ感染女性が誹謗中傷!実名・名前・顔・勤務先の特定作業でネット流出!

山梨コロナ女性特定画像

東京から山梨へ帰省中のコロナ感染者20代女性身元特定情報は? 5月2日(土)東京都に住む20代の会社員の女性が、実家のある山梨県に帰省している際にPCR検査を行い、陽性反応が出たことを発表しました。 感染が確認された女性は、4月26日(日)に味覚や嗅覚に異常を覚えたそうです。 しかし、病院へは行かず4月28日(火)まで会社へ出社。 そして4月29日(水)に高速バスに乗り実家のある山梨県に帰省します。 帰省した女性は4月30日(木)に友人たちと自宅でBBQ。 実はこの日、職場の同僚の新型コロナウイルスへの感染が明らかになりました。 20代女性は5月1日(金)に山梨県内でPCR検査を受けたと言います。 結果が出るまで実家で自宅待機するよう言われていたようですが、自宅待機の要請を無視し、そのまま東京へと高速バスを使い帰宅したと言います。 そして、5月2日(土)に検査結果が明らかになり、陽性だと確認されたのです。 現在、20代女性に症状は出て居らず、自宅待機しているとのこと。 この女性が住んで居るのは東京都ですが、届け出があったのが山梨県であるため、山梨県は県内の感染者として感染したと言います。 これで、山梨県内の感染者は55人目となりました。 多くの人が気になっているであろう身元情報について、公には公表されていませんが、Twitterを中心に情報が公表されているようです。 現時点で明らかになっているのは、20代の東京に住む会社員の女性。 そして山梨県鳴沢村に帰省していたということです。 感染者の名前、勤務する会社名などは公表されていません。 (噂程度では出ていますが、確信的な情報ではないため控えさせていただきます) 山梨帰省までの移動手段と感染ルート行動歴は? ではここでは東京都から山梨県への移動手段と感染ルート行動歴をみていきます。 ・4月26日(日) 味覚・嗅覚の異常を覚える ・4月28日(火) この日まで会社へ出社。 (自宅から会社までの移動手段は不明) ・4月29日(水) 高速バスに乗り実家のある山梨県へ帰省。 午後3時15分発のバスタ新宿発山中湖旭日丘行・京王バスへ「新宿」から乗車し、「富士急ハイランドバス停」で下車。 親族の運転する車にて自宅へ帰宅。 ・4月30日(木) 自宅で友人たち4人とBBQ。 (買い出しなどで近くのスーパーへ行った可能性あり) この日に会社の同僚が新型コロナウイルスに感染したことが発覚。 ・5月1日(金) 山形県の帰国者・接触者相談センターへ連絡。 PCR検査を受ける。 検査後結果を待たずに東京へ帰京。 午後8時25分発の山中湖旭日丘発バスタ新宿行・京王バスへ「富士急ハイランドバス停」から乗車し、「新宿」で下車。 ・5月2日(土) 陽性反応を確認。 東京都の自宅で自宅待機している。 5月2日、県内55例目となる新型コロナウイルス感染症者が確認されました。 患者は東京都在住の20代女性で、県内に帰省していました。 県内での滞在先は、富士吉田市、鳴沢村、富士河口湖町です。 — 山梨県新型コロナウイルス対策 coronayamanashi 富士吉田市、鳴沢村、富士河口湖町に滞在していたという情報も出ています。 長時間三密を避けることのできない高速バスに乗っていたということで、高速バスに乗っていた方など不安のある方は保健所へ相談するようにとしています。 コロナウイルスクラスター感染の可能性は? 同じ高速バスに乗っていたが感染している可能性は非常に高いと言えるでしょう。 また、感染していた20代の女性の家族。 4月29日(木)にBBQを行った友人たちに感染していた可能性も非常に高いです。 20代の女性がウイルスを持って移動したため、今後多くの感染者が予想されます。 山梨へ帰省中のコロナ感染者20代女性についてSNSネットの反応は? では最後に、SNSネットの反野を調査していきます。 山梨帰省の20代女性ねぇ。 この人に言いたいことは、入院してベッドを占領することはしないでほしい。 この人が入院したために、他の人が入院できないまま家で死ぬとか絶対許せないだろ! 治療は受けず、気合で治せ! BBQで肉たらふく食ってんだから大丈夫だろ — まるこ gsirxj3854 山梨帰省の20代女性 あまりの袋叩きっぷりに庇う人らもいるけど クソなことしてた というのだけは意思統一してほしいな? 親でも殺されたんか?ってのも見かけてるけど 実際コロナに殺されてる人も居るだろ。 こういうクソムーブがなければ拡散速度は間違いなく今より遅いんだわ — 山葵 wasabiy1 山梨帰省の20代女性。 これはもう救いようの無い愚か者。 特定されて、社会的に終わればいい。 職業柄言ってはいけないし不謹慎ではあるが、こんな奴は死んで当然。 むしろ死んでもらった方が他人の為。 — 病院勤務辞めたいPT。 帰省をしないでと政府や各都道府県が強く要請していたのは、このように都市部から感染者がいない過疎地域にウイルスを持ち込む危険を阻止したかったからだと思う。 地元住民の必死の努力が水の泡。 — ドカベン太郎 猛暑嫌い MeikunTaro Twitterにて反応を調査してみると、このように厳しい声が多く投稿されています。 自粛要請が出ている中、なぜ実家に帰省したのでしょう。 家族は止めなかったのでしょうか。 20代女性の身勝手な行動により感染者が今後増えるかもしれないと思うと、不安しかありません。 まとめ 東京から山梨へ帰省した20代会社員の女性が新型コロナウイルスに感染していたということで、今回は情報をまとめていきました。 公には公表されていませんが、ネットでは本名が公表されているようですね。 東京都内で感染したのであれば特定まではされないと思いますが、こうした地方都市で東京から帰省した人がいるとなればすぐに特定されてしまいます。 この20代の女性はこうした事態になることを予想していなかったのでしょうか。 「自分は大丈夫だろう」といった甘い考えがこうした事態を招くのです。 今後、このような身勝手な行動をする人物が出ないことを願います。

次の

山梨県コロナ陽性の女性の実名・顔画像・facebook特定!?虚偽申告で知人からリークされる!ネット炎上!

山梨コロナ女性特定画像

・女性の行動が山梨県より公開される 女性は2020年4月26日 日 に味覚や嗅覚に異常を感じた。 しかし保健所に相談することなく4月28日 火 まで東京都内で勤務。 その翌日である4月29日 水 に高速バスで山梨県に帰省。 4月30日 木曜日 は友人宅で複数の知人たちとバーベキューを堪能。 ・新型コロナウイルス感染判明後も行動自粛せず移動 彼女は5月1日 金 に帰国者接触者相談センターに相談したのち、指示に従って帰国者接触者外来を受診する。 そこでPCR検査を受けたのち、整骨院やゴルフ練習場で帰省ライフを楽しんだ。 その翌日である5月2日 土曜日 にPCR検査の結果が出て、新型コロナウイルスに感染してた事が判明。 行動制限の指示を受けたが、そのまま高速バスで東京都へと帰京した。 そして、それらのモラルなき行動に多くの人から怒りの声が出ている。 今営業や仕事を停止するのも、それを続けるのも、どちらも間違っていないと思います! ただし、山梨に帰省して拡散したあの女だけは、意識してテロってる事が許せんです。 — mik mikaJOY12 栃木のコロナポカ女はコロナこわいぴえんって帰った馬鹿だからまあ気持ちはわかるんだよね。 人が死にまくってNYからの脱出だし 山梨のコロナ女は家族総出で悪意のあるコロリストだからこれ死んだら面白いなって思って眺めてる — ScarAI 247onlyyou 山梨のアホ女みたいな奴が氷山の一角やったら普通に5月末でも終わるんかって気がすんねんけどな。 山梨のアホ女みたいな奴が氷山の一角やったら普通に5月末でも終わる気がしないだけに。 — K TIGERSkkkv 【続報】 ・他人の感染リスクを高める行為に怒り 山梨県は、この女性がどのバスターミナルからどこまで移動したかなど、ある程度、細かい行動記録を公開している。 当初、この女性は嘘の情報を山梨県に伝えていたが、現在は正しい情報が公開されている。 彼女と山梨県で行動を共にした男性が新型コロナウイルスに感染している事が判明しただけでなく、彼女の行動があまりにも「他人の感染リスクを高める行為」だったため、世間から猛烈にバッシングを受けている状態となっている。 ・バッシングは無法者の抑止力にもなり得る 確かにこの女性の行動はあまりにも軽率で、他人の命を無視したモラルなき行動なのは確かだ。 それゆえ、それらの行動に対して批判されるのは避けられないし、女性が猛省すべき部分でもある。 また、モラルなき行動をとる人がバッシングを受けているこの状況は、「感染リスクを高める行為をする無法者」の抑止力にもなり得るとの声も出ている。 先に逮捕されちゃえば晒しや誹謗中傷の多くは犯罪となるでしょ?。 そしてこの罪を作ることで無責任に行動する抑止力にはなるのではないかしら? — ぱんだぱぱ yhpandapapa 山梨のコロナ撒き散らした女の子 個人情報もバレていろいろ言われてるみたいだけど 可哀想なところもあるけど 何も罰則ない日本でもリスクがあるっていうことを世間が知ることで抑止力になると思う 正直日本はめちゃくちゃ甘いから これくらいあっていいと思った — マーク太郎 ganbarimatvamtt ・Yahoo! 知恵袋に女性が書き込みしているとの情報 インターネット上では、この女性が「Yahoo! 知恵袋」に投稿した書き込みがあるとして物議を醸している。 投稿者の名前は書かれていないが、その書き込み内容は女性を徹底的に擁護するもので、「山梨のコロナに感染した女性が自作自演で書き込みしたのではないか」と言われているのである。 確かに投稿内容は女性を擁護しているようにもとれるが、本当に彼女が書いたものなのか、そのあたりは不明だ。 しかし、彼女が書いたものとして断定している人もおり、確証がないまま不確定な情報が確定情報として拡散しつつある。 ・本名や顔写真や友好関係や恋愛関係 この一連の騒動に関して、さらに問題が発生している。 批判されるべき行動をとったのは事実だが、バッシングともいえない誹謗中傷や個人情報暴露がインターネット上に多数書き込みされており、それは本名や顔写真、友好関係や恋愛関係にまで及んでいる。 その暴露内容が事実かどうかは関係なく、彼女に批判以上のメンタルダメージを与える流れになっている。 ・誹謗中傷や個人情報の拡散に繋がる あまりにも身勝手な行動をとったのは事実だし、それに対して怒り、罵声を浴びせたくなる人もいるかもしれない。 そういう怒りがこみ上げることを誰も止めることはできないし、どう思おうと自由なのだが、それを文字や画像としてインターネット上に書き込みをすると、誹謗中傷や個人情報の拡散に繋がり、必要以上に女性にダメージをあえたる結果を招きかねない。 ・プライバシー侵害された理由 ではどうして、ここまでこの女性が猛烈にバッシングされ、誹謗中傷、デマ、個人情報、恋愛関係、顔写真などが流出したり拡散するような事態となったのか。 それは非常にシンプルな理由だ。 多くの人たちが「他人の命をどうとも思わない女にこっちも気を使う必要はない」という考えのもと、彼女を責めていると考えられる。 ・責められている部分は「彼女の人間性」 多くの人が、彼女が新型コロナウイルスに感染したことを責めていない。 彼女が責められている部分は「彼女の人間性」の部分である。 彼女の自由奔放な人間性が「他人の感染リスクを高めた」と認識されており、猛烈に攻められているようだ。 そもそも、帰省すんなって話。 帰省してバーベキューして買い物して陽性でバス?その女の意識と思考と人間性よ低さが何より雄弁だろうが。 そのうえで、許せない思いを書き込みし、拡散させているのだろう。 しかし、彼女の行動は批判はされるべきかもしれないが、誹謗中傷や個人情報などの書き込みは「正しい批判」とはいえないのではないだろうか。 批判する行為と感情をぶつける行為は非なるものだ。 そんな声が出ているのも事実である。 また、我々の本来の敵は人間ではない。 新型コロナウイルスであることも忘れてはならない。 他人の行動ではなく、自分がどうモラルとマナーを守って生きていくか、それが重要なのは間違いない。 【続報】.

次の