キノシネマ立川。 【キノシネマ】立川高島屋にミニシアターオープン!

キノフィルムズ

キノシネマ立川

2019年5月30日追記です。 館」の開業日、ついに発表されました。 2019年6月28日(金)です。 当初の予定より少し延期されましたね。 スクリーンは3部屋の予定! 座席数は、87、87、25の199席なので本当にミニシアターですね。 中でも一番規模の小さい25席のシアターは、なんと特別席が設置されます。 追加料金なしの「プレミアムシート」は、ヨーロッパ産本革を使用していて高級感があります。 背パッドが内蔵されているために包み込むような座り心地、さらにトレーが置ける回転テーブルがつきます。 さらに鑑賞料金に700円の追加料金でプラチナ・プレミアムシートも! プラチナ・プレミアムシートは、背角度(フットレスト連動)が動かすことができたり、ヘッドレストが付いていたり。 こちらにも回転テーブルが付いているそうです。 シート自体も幅89cmというゆったりした座席なのでとてもゆったりと鑑賞できるのが魅力です。 このシート自体はもともとペアシートを想定して販売されているもので、一人掛けのシートとして設置されるのは「キノシネマ」が世界で初めてというレアプレミアシートです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2019年4月2日追記です。 館とのこと。 営業時間は高島屋よりは長く営業しそうです。 大塚家具もそうでした。 スクリーンは3室で、ミニシアターという規模ですね。 上映作品については ミニシアター系作品を中心に、世界各国の作品やファミリー向け作品を幅広く上映します。 とのことです。 ミニシアター系の上映はとても楽しみ! ただ、ファミリー向けの作品は需要あるかな? 連絡通路でつながる立川シネマシティの隣にあり、 また、来年にはららぽーと立川立飛にも映画館がオープンする情報がある中で、 上映作品のセレクトって重要ですね。 ニトリがオープンしたことで客層は少し変化したかもしれませんが、、 高島屋の客層を考えると年配の夫婦や大人が一人でふらっと立ち寄って楽しめる作品が良さそう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 立川高島屋が大きく改装されて、閉店するのかなあなんて心配していましたが、、、 なんと、5月に「キノシネマ」という新しい映画館がオープンするそうです! 大塚家具の跡地でしょうか? ビックリしてついメモとして記録しておきます。 古くから立川シネマシティがあって、シネマツーができて。 そのちょうど間にある高島屋の中にオープンするのも偶然とはいえすごいことだなーと。 立川シネマシティのメルマガにて、「キノシネマ」は多摩地区初のミニシアターだと紹介されていました。 「キノシネマ」は木下グループ映画コンテンツ配給・制作会社キノフィルムズ関連会社。 3~4スクリーン規模の映画館になると発表されています。 また、「キノシネマ」は2019年4月にも神奈川県横浜市みなとみらい地区にも同規模の映画館をオープンするそうで盛り上がりを見せています。 一応キノフィルムズ以外の作品も上映されるようで、 シネマコンプレックス型のシネマシティでは見られないような映画が見られるのは嬉しいですね。 吉祥寺のバウスシアターがクローズして、「ココロヲ・動かす・映画館」がオープン、 さらに2018年12月にはPARCO吉祥寺の地下に「アップリンク吉祥寺」がオープンしました。 それに続いて立川にも映画館があオープン! シネコンでは上映できないミニシアター系の作品を選ぶ選択肢が増えて映画ファンには嬉しいニュースです。 館 東京都立川市曙町2-39-3 立川立川高島屋S. 7F mizuho000.

次の

【映画館】kino cinéma(キノシネマ)立川髙島屋S.C.館の座席が凄すぎた件チェ・ブンブンのティーマ

キノシネマ立川

館に行ってきた 昨年から 木下グループの映画配給業を専門とするキノフィルムズが本気を出している。 カンヌ国際映画祭では、片っ端から映画の配給権を獲得し、『』や『』といったハードでマニアックな作品も積極的に購入していきました。 さらに、東宝、松竹に負けないぞと『』の製作も行い、遂には今年に入って映画館まで作ってしまいました。 ってことでリポートしに家から2時間半以上かけて立川駅に降り立ちました。 もくじ• 館はどこにあるの? 住所:〒190-0012 東京都立川市曙町2-39-3 立川髙島屋ショッピングセンター8F オープン時間:10時 髙島屋の営業に準じる まず、立川駅北口に降りましょう。 そうしたら、伊勢丹に向かって歩いてください。 伊勢丹右横の細い歩道橋を進むと近いですよ。 髙島屋が見えてきますので、そこの8階を目指しましょう。 ちなみに、右手にはシネマシティ シネマ・ワンがあります。 ハシゴ映画しやすいですね。 映画鑑賞の空間を提供することに特化した場所 これが入り口です。 赤い壁にkinoと書かれた受付は、ヨーロッパのミニシアターを思わせるところがあります。 こんな狭い場所にスクリーンが3つも入っているのと疑うほど小ぢんまりとしています。 また、面白いことに、映画館はシネコンであろうとミニシアターであろうとコンセッション 売店 での収益が重要となっているので、できるだけ来場者の購買意欲を刺激するポップや広告で煽るのですが、ここは全然主張していないのです。 コンセッション上部のパネルには、ドリンクやフードの写真があるだけで、値段も書いていない。 購入する際はカウンターのメニューより選ぶシステムになっているのです。 さらには、パンフレットやムビチケの販売も全然主張していないのです。 寧ろ、スタバにおける裏メニュー的存在として扱われているのです。 どのカウンターでパンフレットやムビチケを買えるのかといったことが分かるようにした方がいいのではと思ったり、収益面は大丈夫なのか? と不安になるのですが、景観面では好感が持てます。 今後のグレードアップに期待したいところです。 まず映画をハシゴする人は、ちょっと困ったUIかも知れません。 というのも、TOHOシネマズやヒューマントラストシネマなどのチケット予約システムを見ると、日付ごとにどんな作品が何時に上映されるのかが分かるようになっています。 なので、複数本観る人は、サイト内を行き来する必要が出てきます。 これはちょっと使い辛いかな。 チケット予約画面に関しては、映画ランド株式会社のシステムが導入されており、黒画面が特徴となっています。 予約する際に、映画ランドの登録メールアドレスとパスワード入力が求められますが、FacebookやTwitterアカウントと連携することで予約することができます。 もちろん、これらと連携せずとも「非会員のまま進む」を押すことで先に進めます。 必要情報を入力したら購入できます。 館は3つのスクリーンがあります。 ブンブンは今回スクリーン3に潜入しましたので後述します。 スクリーン1 89席(車椅子2席):コトブキ社製 CN552642タイプ背ロッキング特注品 デジタルシネマプロジェクター:クリスティ社製 デジタルシネマサーバー:GDCテクノロジー社製 音響:リニアPCM7. 1ch、フランス TRINNOV社製 シネマサウンドプロセッサー「OVATION」 スピーカー:ステージスピーカー及びサブウーファー:QSC社製、サラウンドスピーカー:イースタンサウンドファクトリー社製 スクリーンサイズ m :VV 4. 2 3Dシステム:XpanD社製 スクリーン2 89席(車椅子2席):コトブキ社製 CN552642タイプ背ロッキング特注品 デジタルシネマプロジェクター:クリスティ社製 デジタルシネマサーバー:GDCテクノロジー社製 音響:リニアPCM7. 1ch、フランス TRINNOV社製 シネマサウンドプロセッサー「OVATION」 スピーカー:ステージスピーカー及びサブウーファー:QSC社製、サラウンドスピーカー:イースタンサウンドファクトリー社製 スクリーンサイズ m :VV 4. 2 3Dシステム:XpanD社製 スクリーン3 27席(車椅子2席):開業時は別シートで、夏にFERCO社製「Premium Verona Zero Wall with Wooden Outer」特注品、「OPUS GLIDE」特注品へ変更予定 デジタルシネマプロジェクター:クリスティ社製 デジタルシネマサーバー:GDCテクノロジー社製 音響:リニアPCM7. 1ch、フランス TRINNOV社製 シネマサウンドプロセッサー「OVATION」 スピーカー:ステージスピーカー及びサブウーファー:QSC社製、サラウンドスピーカー:イースタンサウンドファクトリー社製 スクリーンサイズ m :VV 3. 9 3Dシステム:XpanD社製 ブンブンは、『COLD WAR あの歌、2つの心』を観たので、スクリーン3に潜入したのですが、アップリンク吉祥寺とはまた違ったコンセプトの劇場でした。 試写室のような空間にズラリとレザーの座席が備え付けられていました。 課金する必要のない座席も、高級感溢れる座席だったのです。 しかもこれは序の口らしく夏に FERCO社製「Premium Verona Zero Wall with Wooden Outer」特注品、「OPUS GLIDE」特注品に変更されるとのこと。 がされているのですが、それと同じことを試みているのです。 実際に座ってみると、無課金通常座席であってもまるでゴッドファーザーのように座ることができます。 リクライニングを倒しても、後部座席の人の迷惑にならないよう十分な座席間隔が空けられているので、喧嘩にはなりにくい仕組みとなっています。 また、フード置き場も高級感溢れる木目のものとなっており、入場した瞬間から最高の映画体験を提供することに成功しています。 座った感じが、こちらです。 前の人が気になりません。 こんな空間で、耽美的な撮影と音楽に包まれた『COLD WAR あの歌、2つの心』は格別でした。 物語こそ、そこまで乗れないところがあったのですが、大スクリーン、ファーストクラスのような座席に腰掛け美しき世界を謁見する体験は底知れぬ感動を呼び覚ましました。 最近、映画館運がなく、米国iTunesやNetflixに逃げてばかりいたブンブンですが、映画館っていいもんですねーと思いました。 最後に キノフィルムズは、映画配給会社の中でも今最もギラギラしているものを感じます。 もちろん、配給権を購入したまま一向に捌ききれていない問題や、コンセッションがシンプルすぎて収益面で不安になってしまうところ、チケット購入ページのUIがイマイチだったりと課題はあるのですが、映画に対する姿勢はどこよりも熱い。 興味ある方は、是非立川へ行ってみてください。

次の

立川シネマシティ 上映スケジュール

キノシネマ立川

スポンサーリンク キノシネマ立川高島屋S. 館の館内はこんな感じ キノシネマの場所ですが、立川高島屋S. 館の8Fにあります。 しばらくシャッターが閉まっていましたので、本当にオープンするのかドキドキでしたが、素敵な映画館が完成しておりました。 白い大きなタイルのエレガントな壁は、まるでお城のような作りです。 こちらが入り口です。 ブルーとホワイトの水玉模様の看板に、真っ赤に塗られた壁は、まるで遊園地に遊びに来たかのような雰囲気があります。 公開中の映画一覧とチケットの残数は、電子掲示板でわかるようになっています。 公開中・これから公開予定の映画のチラシも完備しています。 おとなりには、ドリンクや軽食、アルコール類がオーダーできるカウンターがあります。 アイスコーヒーをいただきましたが、スッキリした味わいでおいしい! 左側の通路には、おしゃれな照明に真っ赤なカーペットが敷かれており、優雅な気持ちで中に入ることができます。 壁にはまるで絵画のような映画の告知が貼られていました。 こちらはトイレです。 ポパイとオリーブの案内表示が! こちらが男子トイレです。 中にはムキムキのポパイがお出迎え! 女子トイレの入り口には、オリーブがお出迎えしてくれます。 ノスタルジックな内装で、トイレは全自動。 めちゃくちゃキレイです。 全部で3スクリーンあり、手前からシアター1(87席)とシアター2(87席)、シアター3(25席)の合計199席。 キラキラ光るゴールドのドアノブが、まるで高級ホテルかのよう! 入る前からテンションMAX!早速シアターの中に入ってみることにしましょう。 スポンサーリンク シアター3のプラチナ・プレミアムシートが座り心地抜群! シアターに入る前は、このようなLED照明がついた階段を上がって入ります。 シアター1・2は、真っ赤なシートがズラリと並んでいます。 座席は階段状になっており、前の人の頭も気にならない作りになっています。 スクリーンがこちら。 やや小さいものの、音響が室内にクリアに広がっており、心地よい音が広がっていました。 座席部分はブラックで、高級ミニバンのような座り心地です。 シートにカップが2つついており、隣の人の手を気にする心配はありません。 座席数が少ないから窮屈かな?と思いきや、足元はこんなにも広々と空いています。 シアター3はA、D、Eの3列がプレミアムシート、B、Cの2列がプラチナ・プレミアムシートとなっています。 シアター3の「プレミアムシート」がこちら。 ヨーロッパ産本皮を使用した座と背パットで、座ると体全体をふわっと包み込むような座り心地! 注目の「プラチナ・プレミアムシート」がこちら。 プレミアムチートよりふっかふかです! 幅89cmというゆったりとした座席で、一人掛けのシートとしては十分すぎるぐらいの広さがあります。 カップルシートは他の映画館でもありますが、 シングルタイプはキノシネマ立川が世界で初めてなんですよ! テーブルも回転し、フードやドリンクを乗せても十分すぎるぐらいの大きなスペース! 右側の肘の下についているボタンを押せば、自動でリクライニングしてくれます。 リクライニングは寝てしまえるほど下がっていきます。 こんなにふかふかで座り心地よいと、映画を見ながら寝ちゃえるんじゃないかしら(汗) 足を伸ばすと、こんな感じです。 ほら、寝ちゃってないですか・・? まるで、おうちでくつろいでいるかのように楽しめちゃいます! 圧倒される覚悟を(笑) プレミアムシート、プラチナ・プレミアムシートですが、夏頃にRERCO社製のシートに変更する予定だそうです。 これでも極上にふかふかなのに、さらに進化するのでしょうか?! キノシネマ立川のオープンは6月28日(金)ですが、すでにで映画のチケットが予約できるようになっています。 これは早速見に行かないと(汗) 料金体系やお得な情報は、こちらを参照してくださいね! 立川駅からでて徒歩3分の地で、映画が楽しめちゃいます。 館」の詳しい情報はこちら• 住所:〒190-0012 東京都立川市曙町2-39-3• 場所:立川髙島屋ショッピングセンター8F• アクセス:JR「立川駅」北口より徒歩3分• 公式サイトは.

次の