李 び おう 中国 ドラマ。 王女未央(おうじょびおう)

王女未央(おうじょびおう)

李 び おう 中国 ドラマ

<登場人物の相関図> ********** 【第41話】恐ろしい疑惑 拓跋翰(たくばつかん)の様々な悪事が明るみになり、激怒した太武帝は彼を庶人に落とし屋敷に軟禁する。 結果、後継者争いは拓跋濬(たくばつしゅん)と拓跋余(たくばつよ)の一騎討ちの様相となる。 その頃、李未央(りびおう)は白芷(びゃくし)を殺した犯人は李長楽(りちょうらく)だと考え、犯行の証拠を見つけたいと考えていた。 そんな中、彼女は李常茹(りじょうじょ)の侍女・蓉児(ようじ)が持っていた手巾を見てある疑念を抱き...。 【第42話】政略結婚 柔然(じゅうぜん)の使節団が平城に到着。 王子の李敏徳(りびんとく)が焦(しょう)統領、妹の安楽(あんらく)王女とともに太武帝に謁見し、安楽王女と拓跋余(たくばつよ)、柔然の可汗(かがん)と拓跋迪(たくばつてき)の縁談が持ち上がる。 拓跋迪は当初、李敏徳が結婚を申し込んでくれたと勘違いするが、結婚相手が彼の父親と知ると猛反発。 一方、李常茹(りじょうじょ)は拓跋余の縁談を阻止しようと策略をめぐらし始めて...。 【第43話】裏切りの嘘 李未央(りびおう)を目の敵にする安楽(あんらく)王女が浣衣局で狼藉を働き、拓跋迪(たくばつてき)との腕比べに勝った際にも李未央に嫌がらせをする。 その後、安楽王女が宮中で行方不明になり、やがて井戸から彼女の遺体が見つかると、李未央に殺人の嫌疑がかかる。 しかも、李未央の潔白を証言できるはずの李常茹(りじょうじょ)が、その時間は李長楽(りちょうらく)と一緒だったと言い出して...。 【第44話】愛の賜物 処刑が3日後に迫った李未央(りびおう)を訪ねた拓跋濬(たくばつしゅん)がすべてを告白する。 李未央は彼の本当の気持ちを知り、これまでずっと彼に守られてきたことに気づく。 その後、安楽(あんらく)王女が生きていたことが判明して事態は急転し、李未央は計画通り李常茹(りじょうじょ)の化けの皮をはぐことに成功する。 すると、李常茹は拓跋余(たくばつよ)の子供を身ごもっていると訴え...。 【第45話】反逆の企み 李常茹(りじょうじょ)は子供を産むまで宮中に留め置かれることになり、一連の事件で評価を高めた李未央(りびおう)は太武帝の侍女に抜擢され、再び拓跋濬(たくばつしゅん)と幸せな時を過ごすようになる。 一方、李敏徳(りびんとく)は焦(しょう)統領から、李未央の命を守りたいなら魏の軍事機密である六鎮(りくちん)防備図を奪うようにと迫られる。 そこで彼は拓跋余(たくばつよ)から軍機所の鍵を盗むことにするが...。 【第46話】決死の杯 軍機所に忍び込んだ李敏徳(りびんとく)は拓跋余(たくばつよ)に刺され深手を負うが、命を狙われた李未央(りびおう)を救うため宮中へ。 そして、彼女に悟られぬよう自ら毒酒をあおり、彼女の危機を回避する。 それに気づいた焦(しょう)統領は李敏徳に解毒薬を飲むよう懇願し、李敏徳は焦統領に二度と李未央を傷つけないと約束させる。 こうした経緯を知った拓跋迪(たくばつてき)は...。 【第47話】灯籠の影で 拓跋余(たくばつよ)が李未央(りびおう)との結婚を願い出た結果、太武帝は李未央のせいで拓跋濬(たくばつしゅん)と拓跋余が対立したと考え立腹する。 一方、これを知った李常茹(りじょうじょ)は李長楽(りちょうらく)に文を送り、李未央と拓跋濬が密会すると密告する。 その情報をもとに灯籠祭に出かけた李長楽は、仲睦まじい二人の様子を見て激怒、李未央を事故に見せかけ焼き殺そうとして...。 【第48話】暴かれた素顔 李常茹(りじょうじょ)が媚薬を使って李未央(りびおう)を陥れようとしたことが明るみになる。 結果、彼女は子供が生まれた後に処刑されることになるが、自害したという報告がなされる。 一方その頃、拓跋濬(たくばつしゅん)に父親の死について教えるという文が届く。 そこで、彼は指定された待ち合わせ場所に向かうが、時を同じくして重臣である宗正(そうせい)の屋敷に刺客が現れ...。 【第49話】真実への鍵 10日間で宗正(そうせい)を殺した下手人を見つけなければ死罪となる李未央(りびおう)。 彼女は彼の屋敷を調べ始めるが、偶然見つけた隠し部屋に拓跋余(たくばつよ)と一緒に閉じ込められてしまう。 結局、二人は拓跋濬(たくばつしゅん)らに救出され、隠し部屋からは昔の帳簿が大量に発見される。 拓跋濬はその帳簿が亡き父の汚名をそそぐ証拠となるのではないかと期待するが...。 【第50話】最後の強敵 かつて陰謀により父に汚名を着せ、その証拠を持っていた宗正(そうせい)を殺した黒幕は拓跋余(たくばつよ)と確信し、復讐の念に燃える拓跋濬(たくばつしゅん)。 彼は李長楽(りちょうらく)を利用して宗正を殺した下手人である叱雲南(しつうんなん)をおびき出して捕らえるが、彼は拓跋余の手下によって口封じされてしまう。 結果、追い込まれた拓跋濬は証拠のないまま太武帝に拓跋余を告発するが...。 【第51話】正義の敗北 李未央(りびおう)とともに宗正(そうせい)の屋敷を再び捜索した拓跋濬(たくばつしゅん)は、父親の無罪を示す証拠を見つけて太武帝に報告。 翌朝、拓跋余(たくばつよ)を誘い出して捕らえることにするが、李長楽(りちょうらく)と手を組んだ彼に先手を打たれ、拓跋濬が柔然(じゅうぜん)と共謀した謀反人として逮捕されてしまう。 一方、李未央は今際の際の太武帝から拓跋濬に譲位するという遺詔を受け取るが...。 【第52話】すべてに代えても 拓跋余(たくばつよ)は李(り)家の家族を人質に取って李未央(りびおう)を脅し、太武帝の遺詔を偽証させて皇位を手にする。 李未央はその窮状を身を隠している君桃(くんとう)に知らせるためこっそり七姨娘(しちいじょう)に文を託す。 その頃、謀反の罪で投獄された拓跋濬(たくばつしゅん)はひどい拷問を受けていた。 そんな彼を助けたい李未央は三つの条件と引き替えに拓跋余に嫁ぐことを決心して...。 【第53話】以心伝心の賭け 拓跋余(たくばつよ)は拓跋濬(たくばつしゅん)が自ら毒を口にするかどうか試し、彼が錯乱したと確信。 彼を放免すると、婚儀の後に解毒薬を渡すと李未央(りびおう)に約束する。 一方、ひそかに李未央に毒を盛った李長楽(りちょうらく)は、その罪を着せるため李常茹(りじょうじょ)を宮中に潜伏させる。 こうして様々な思惑が交錯する中、拓跋余と皇后に封じられる李未央との盛大な婚儀の日を迎えるが...。 そして... 【第54話】愛が雌雄を決す 最終回! 拓跋濬(たくばつしゅん)と李未央(りびおう)は拓跋余(たくばつよ)を制し、拓跋濬こそが正当な皇位継承者だと明らかにするが、二人は毒に冒されていた。 しかも、その解毒薬はたった一粒。 それを拓跋余から受け取り李未央に飲ませた拓跋濬は吐血してその場に倒れる。 するとそこに拓跋余の窮地を知った李常茹(りじょうじょ)が現れる。 彼女は剣を手にまっすぐ李未央に向かっていくと...。

次の

李牧

李 び おう 中国 ドラマ

生涯 [ ] 北方の長官 [ ] 元々は趙の北方、代郡・雁門郡に駐屯する国境軍の長官で、国境防衛のために独自の地方軍政を許され、に対して備える任についていた。 警戒を密にし烽火台を多く設け、間諜を多く放つなどし、士卒を厚遇していた。 匈奴の執拗な攻撃に対しては徹底的な防衛・籠城の戦法を採ることで、大きな損害を受けずに安定的に国境を守備していた。 兵達には「匈奴が略奪に入ったら、すぐに籠城して安全を確保すること。 あえて討って出た者は斬首に処す」と厳命していたからである。 そのやり方は匈奴だけでなく、趙兵にさえも臆病者であると思われてしまうこととなる。 趙王は李牧のやり方を不満に思い責めたが、李牧はこれを改めなかったので任を解かれた。 李牧の後任者は勇敢にも匈奴の侵攻に対して討って出たが、かえって被害が増大し、国境は侵された。 そのため趙王は過ちに気付き、李牧に任を請うたが、李牧は門を閉じて外に出ず、病と称して固辞した。 それでも将軍に起用されたので、李牧は「王がどうしても私を将軍にしたければ、前の方針を変えないようにさせて下さい」と言い、これを許された。 そして李牧は元通り、国境防衛の任に復帰することになった。 ある日、匈奴の小隊が偵察に来た時、李牧は数千人を置き去りにして偽装の敗退を行い、わざと家畜を略奪させた。 これに味をしめた匈奴のが大軍の指揮を執ってやってきたが、李牧は伏兵を置き、左右の遊撃部隊で巧みに挟撃して匈奴軍を討った。 結果、匈奴は十余万の騎兵を失うという大敗北に終わった。 その後、さらに代の北にいたを破り、を降したため、単于は敗走し、匈奴はその後十余年は趙の北方を越境して来なくなった。 、の命でを討ち、やなどに侵攻した。 斜陽の趙を守る [ ] で秦を破った名将を亡くし、政治外交で秦に対抗し得た藺相如が病で伏せていた趙は、にで秦に大敗し、その後藺相如も世を去り衰亡の一途をたどっていた。 また、折りしもに廉頗がと争い出奔したことから、秦の侵攻が激しくなり、には趙将が指揮を執る軍勢が武遂で敗れ、10万人が犠牲になった。 そのため、北辺の功を認められた李牧は同年、幽繆王の命により大将軍に任じられ、中央に召還された。 、秦は趙の赤麗およびを攻めたが、李牧はこれを破り退けた。 その際、宜安を攻めた秦将をで討っている(あるいは敗走させた)。 この功績により李牧は武安君に封じられた。 、秦は趙のを攻めたが、李牧は秦軍を再び撃破した()。 さらに李牧は秦から・の国境まで領土を奪還した。 当時、秦の攻撃を一時的にでも退けた武将は李牧とののみである。 最期 [ ] 、秦の王翦・・が大軍を以て趙を攻め、王翦がを降した。 そのため、趙は李牧と(の父)に応戦させた。 苦戦した秦は李牧を排除するため、幽繆王の奸臣に賄賂を送り、趙王と李牧との離間を画策した。 郭開は趙王に「李牧と司馬尚が謀反を企てている」と讒言した。 趙の軍事を掌握し功名の高い李牧を内心恐れていた幽繆王はこれを疑い、郭開の言を聞き入れ、李牧を更迭しようとした。 だが、李牧は王命を拒んだため、幽繆王によって密かに捕らえられて誅殺され、司馬尚も解任・更迭された。 李牧の死因については、史料の記載が多く存在している。 李牧の死後、趙軍はと斉将が指揮を執る事になったが、彼らは間もなく王翦に大敗し、大勢の趙兵が殺害された。 邯鄲は秦軍によって陥落、幽繆王も捕らえられ、趙はついに滅亡した()。 『趙策四』によると、趙が滅んだのは李牧が殺害されて3カ月後(あるいは5カ月後)だったという。 家族 [ ] 李牧の祖父は李曇、父は李璣。 兄は李雲、弟は李霽。 また、子に李汨・李弘・李鮮、孫(李汨の子)に李諒・・李仲車がいる。 脚注 [ ].

次の

王女未央:李長楽のモデル文成元皇后は王子を産んだために処刑

李 び おう 中国 ドラマ

李未央(り・びおう)・馮心児(ふう・しんじ)/ティファニー・タン• 拓跋濬(たくばつ・しゅん)/ルオ・ジン• 拓跋余(たくばつ・よ)/ヴァネス・ウー• 拓跋迪(たくばつ・てき)• 李敏徳(り・びんとく)/リャン・ジェンルン• 李長楽(り・ちょうらく)/リー・シンアイ• 李常茹(り・じょうじょ)/マオ・シャオトン• 叱雲柔(しつ・うんじゅう)/リリー・ティエン 美男美女のキャストが勢揃い 復讐を胸にちかう主人公、亡国の王女(馮心児)を演じるのは、中国にて『 現代テレビドラマ部門 最優秀女優賞』を受賞した美人女優のティファニー・タンさんです。 そんな彼女に強く惹かれていく二人のイケメン皇子を『 三国志~Three Kingdoms~』で知られる俳優ルオ・ジンさんと、俳優そしてアーティストとしても幅広く活躍するヴァネス・ウーさんが熱演します。 他にもチェン・ユーチーさんにリャン・ジェンルンさん、リー・シンアイさんやマオ・シャオトンさんを始めとする美しすぎるキャストが集結しているドラマです。 聡明で勇敢なヒロイン 馮心児(ふうしんじ)は、かつては天真爛漫な涼の王女でした。 しかし尚書府(しょうしょふ)の陰謀により家族と祖国、そして名前までもを奪われてしまうのです。 全てを失った彼女は、尚書府の娘で命の恩人でもある李未央 (り・びおう)に成り済まし、屋敷に入り込むことを決意します。 そこで待っていたのは、尚書府(しょうしょふ)夫人の叱雲柔(しつ・うんじゅう)やその娘の李長楽(り・ちょうらく)からの陰湿な仕打ち、さらに従弟の叱雲南(しつ・うんなん)や義兄の李敏峰(り・びんほう)などからも命を狙われてしまいます。 どんなに窮地に立とうとも、知力と勇気を兼ね備えて真っすぐに立ち向かっていく姿から目が離せません。 「愛」に生きる このドラマの醍醐味といっても過言でないのが、主人公・李未央(り・びおう)と二人の皇子、拓跋濬(たくばつしゅん)と拓跋余(たくばつよ)を中心に巻き起こる三角関係です。 互いに運命を感じ愛し合う李未央と拓跋濬(たくばつしゅん)ですが、その愛にはいくつもの過酷な運命が待ち受けています。 一方で冷酷かつ残虐な皇子の拓跋余(たくばつよ)は己のみを信じ、皇位のためならば手段を選ばない性格です。 しかし聡明で真っ直ぐな李未央(り・びおう)に段々と惹かれはじめ、身体を張って彼女を守る一面もあるんです。 最終的に李未央が下す決断とは? 王女未央の評価 王女未央(おうじょびおう)は、とても続きが気になってしまうドラマでしたね。 最初は「あれ?こんなものか」と感じるかたも、8・9話目くらいにはどっぷりハマっているかもしれません。 特に李未央(り・びおう)と拓跋濬(たくばつ・しゅん)の互いを想い合っているのに上手くいかない、はがゆくて切ない場面が何度もあり、なんともいえない気持ちになることでしょう。 100%ハッピーエンドという終わり方ではないですが、納得のいく結末でした。 まとめ 王女未央(おうじょびおう) は、家族も身分も失った亡命国の王女が愛と復讐に揺れ動きながらも皇后の座に上り詰める宮廷歴史ドラマです。 中国で動画再生回数230億回を叩き出した大ヒット作なだけに、見る者を夢中にさせるドラマです。 歴史物の宮廷劇が好きな人にはもちろん、初めて見るというかたにもおすすめのドラマですよ。 そして王女未央を配信で見るならU-NEXTで見ましょうね。 王女未央の他にも沢山の韓流・華流ドラマが視聴可能ですよ。 いつでもどこでも.

次の