顎 ニキビ の 治し 方。 大人ニキビが治らない原因は?正しい治し方と対策を解説!

【必読】あごニキビの治し方!即効で治す方法

顎 ニキビ の 治し 方

[目次]• ニキビとは? 毛を取り囲んでいる組織を毛包と呼び、毛包には皮脂腺がセットになって存在しています。 毛包にはアクネ菌という皮脂を好む菌が常在しており、面皰内は皮脂が多いので、アクネ菌が増殖しやすい環境にあります。 顎ニキビができる原因 顔は皮脂腺が多くニキビができやすい部分ですが、その中でもTゾーンや顎は皮脂腺が多く分布しており、顎はもともとニキビができやすい場所のひとつです。 その他、さまざまな要因が重なると、さらにニキビができやすくなったり、くり返しやすくなったりします。 この要因として、以下のことがあげられます。 ホルモンバランスの乱れ• 皮脂バランスの乱れや乾燥• 紫外線や外的刺激による肌へのダメージ• 食生活 ホルモンバランスの乱れ ニキビの原因として、皮脂分泌が亢進して毛穴がつまることがあげられますが、ホルモンバランスが乱れると皮脂の過剰分泌につながる場合があります。 皮脂分泌亢進の働きを持つホルモンは、主に以下の2つです。 黄体ホルモン• 男性ホルモン 女性ホルモンのひとつである黄体ホルモン(プロゲステロン)には、皮脂分泌の量を増やす働きがあります。 そのため、黄体ホルモンが優位になるとニキビができやすくなります。 黄体ホルモンは、生理周期の中で分泌量が変化しており、排卵後から生理が始まる前まで優位になるため、その間はニキビができやすい傾向になります。 生理不順があるとこの傾向がさらに強くなる場合もあります。 男性ホルモンは、男性の体内だけでなく、女性の体内でも微量ながら分泌されています。 生活のリズムが不規則だったり、ストレスが強かったりすると、ストレスに対抗するためのホルモンであるコルチゾールが増えます。 コルチゾールは男性ホルモンの分泌を促す作用がありますので、男性ホルモンの分泌量も増え、皮脂分泌が亢進し、ニキビができやすくなります。 また、ストレスは自律神経のバランスも乱しますので、ホルモンバランスのコントロールがうまくいかなくなり、ニキビの悪化につながります。 皮脂バランスの乱れや乾燥 皮脂は皮膚の表面を覆って水分の蒸発を防ぎ、外的刺激から肌を守るバリア機能をつかさどっている大切なものですが、皮脂の量が多すぎるとニキビの発生原因になります。 よって、皮脂は適切な量であることが重要です。 肌を清潔に保つために洗顔は必要ですが、過度な洗顔で皮脂を取りすぎると、肌のバリア機能が低下し、乾燥します。 肌が乾燥しすぎると、肌を守ろうとして皮脂が多く分泌されるようになりますので、洗いすぎは逆効果です。 また、バリア機能の低下は皮膚のターンオーバーの乱れにつながり、角化異常が起こって毛穴がつまる原因になります。 紫外線や外的刺激による肌へのダメージ 強い紫外線は、皮膚の表皮細胞に炎症を起こすため、ターンオーバーの乱れが生じ、毛穴のつまりの原因になります。 また、顎は、ヒゲ剃りを使ったり、気づくと手で触っていたりと、外的刺激も多い部位です。 そのような刺激も角化異常につながりますので、毛穴のつまりの原因になることがあります。 食生活 特定の食物によってニキビが悪化するという因果関係は明確にされておらず、制限しなければならない食品はありませんが、食生活の偏りはニキビの悪化につながる場合があります。 日本人の脂質の摂取量は、年々増加する傾向にあるといわれています。 脂質は脂溶性ビタミンの吸収にも関わりますので、ある程度の量は肌の健康にとっても必要ですが、摂取する脂質が多すぎると皮脂分泌亢進につながります。 ビタミンB群は、脂質の代謝を活発にして皮脂の分泌量を適正に保ったり、皮膚のターンオーバーを整えたりする働きがあります。 よって、ビタミンB群の不足は、ニキビの悪化につながります。 また、糖質は、代謝されるときにビタミンB群を消費するため、糖分を摂りすぎるとビタミンB群が不足する結果となり、肌に悪影響を及ぼします。 そして、ビタミンは、B群だけでなく、ビタミンCやビタミンA、Eも肌の健康に重要です。 ミネラル不足も肌によくありません。 顎ニキビのセルフケア法 顎のニキビを治したいと考えたとき、クリニックで治療を受ける方法もありますが、できれば手軽にできるセルフケアで改善したいと考える方も多いかもしれません。 顎ニキビの改善が期待できるセルフケアはどのようなものがあるでしょうか? 顎ニキビを治したいときのスキンケア 顎のニキビを治したいときのスキンケアで注意すべきことは、以下ものがあげられます。 クレンジングと洗顔• 洗顔後の保湿ケア• 紫外線ケア• スキンケア製品の成分 今までのスキンケアに不適切な点はなかったでしょうか?顎のクレンジングや洗顔は、しっかり行き届いていたか、ゴシゴシ洗っていなかったか、洗顔後のすすぎは十分だったか、保湿ケアの方法など、確認してみましょう。 前述のように、皮脂は肌を守るバリア機能をつかさどっています。 しかし、分泌量が多すぎるとニキビの発生原因になるため、皮脂は適切な量であることが重要です。 メイクや皮脂汚れを落とすことは毛穴をつまらせないためにも大切ですが、傷つけないようにやさしくケアすることも同じくらい大切です。 洗顔は、洗顔料をよく泡立ててやさしく洗い、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。 すすぎ残しのないように、生え際や顎・顎下まで念入りにすすぐようにしてください。 そして、洗顔後は、化粧水で肌に水分を補ってから、乳液などでフタをするようにすると、水分が逃げす、しっかりとした保湿ができます。 また、紫外線は、皮膚のターンオーバーを乱し、毛穴のつまりの原因になるため、紫外線対策もニキビのセルフケアには重要です。 顎は、紫外線を浴びやすい部位ですが、日焼け止めがきちんと塗れていないと紫外線ケアが不十分になりやすい部位でもあります。 日焼け止めは顎まできちんと塗るようにしましょう。 使用するスキンケア製品は、なるべく低刺激のもので、自分の肌に合ったものを選びましょう。 ニキビができにくい化粧品の基準になる、ノンコメドジェニック表示のついたものを選ぶと安心です。 その他のセルフケア スキンケア以外のセルフケアで気をつけたいポイントとして、以下のものがあげられます。 ストレス対策• 規則正しい生活• 食生活の見直し ストレスは、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、皮脂分泌を亢進させ、顎のニキビの悪化因子になります。 現代社会の生活からストレス要因を排除するのは容易ではありませんが、運動や音楽鑑賞、読書など、気軽にできる趣味を持つなどして、ストレスはうまく発散するようにしましょう。 十分な睡眠と規則正しい生活が理想ですが、それができないときは、起床時間や就寝時間を同じ時間にするなど、無理のない範囲で生活を整えるとよいと思います。 また、前述したように、女性は生理周期によって体内のホルモンバランスが変化します。 黄体ホルモンが優位になる排卵後から生理が始まるまで(生理前2週間くらいの間)は、ニキビができやすくなるため、その間は特にスキンケアや生活環境に気を配るようにしましょう。 食事では、脂質や糖質の摂りすぎに注意し、バランスのよい食事を心がけるようにしましょう。 特に、下記にあげる栄養素を積極的に摂取するとよいと思います。 必要な栄養素は食事からとるのが理想的ですが、どうしても難しい時はサプリメントを活用するのも一案です。 ビタミンB2(レバー、うなぎ、卵、乳製品など)• ビタミンB6(ニンニク、まぐろ、かつお、さけ、鶏肉など)• ビタミンC(ピーマン・ブロッコリーなどの緑黄色野菜、アセロラ・レモンなどの果物、海苔など)• ビタミンA(レバー、うなぎ、しそ、ニンジン・パセリ・ホウレンソウなどの緑黄色野菜、海苔など)• ビタミンE(アーモンド、胚芽、カボチャなど)• ミネラル(カルシウム 乳製品、干しえびなど 、マグネシウム(海藻類など)、亜鉛(牡蠣など)• コラーゲン(牛スジ、鶏皮、手羽先、軟骨など)• 食物繊維(サツマイモ、ゴボウ、キノコ類、豆類など) ただし、セルフケアには即効性はなく、限界もあります。 地道にセルフケアをしても、ニキビがひどくなったりくりかえしたりする場合は、クリニックや病院へ相談することをおすすめします。 まとめ 顎にニキビができてしまったら、洗顔や保湿、紫外線対策、食生活に注意して規則正しい生活を送るなど、セルフケアを見直してみましょう。 特に、女性の場合は、生理前はホルモンの関係でニキビができやすくなるため、生理前2週間くらいの間は、いつもよりも注意が必要です。 ただし、ニキビは悪化すると跡が残ってしまう可能性もあるため、ひどくなる場合やくりかえす場合は、皮膚科を受診し、適切な治療を受けるようにしてください。

次の

顎ニキビができる意味とは… 原因は生活習慣かも? 正しいケアと治し方まとめ

顎 ニキビ の 治し 方

顔・体の場所ごとのニキビの治し方 2019. 10 shin 顎にできるニキビの原因と治し方 10代のころよりも20代、30代になって気になるのが 「あごニキビ」です。 実際私が若いころはや頬がほとんどでしたから気になりませんでした。 しかしもうすぐ30歳を迎える最近、朝起きるとポツンと顎にニキビができていることが多くなりました。 一体あごにきびはどこからやってくるのか、そしてどうやったら治せるのか。 人によってはフェイスライン全体にニキビが広がっていくので、一日も早く治すべきです。 今回はそんな あごニキビの治し方を紹介していきます。 まずは原因を知るとこから始めましょう。 あごニキビの原因 まずニキビの直接的な原因はアクネ菌ですが、問題はアクネ菌だけではありません。 アクネ菌が増殖してしまう肌の環境がもっとも良くないのです。 特にあごニキビの場合、以下の3つの要因で肌の環境が悪化することがわかっています。 あごニキビの主な原因• ストレス• ホルモンバランスの乱れ• 枕の汚れ 1.ストレス は目に見えないものですが、人体に大きな影響を与えます。 ストレスは自律神経系の交感神経を活発化させ、人は緊張状態になります。 ストレスに抵抗するためのホルモンが分泌されますが、その一方で 肌の健康に必要なホルモンの分泌が抑制されるのです。 2.ホルモンバランスの乱れ そして意外と気づきにくいのがホルモンバランスの乱れです。 先ほどもホルモンの話がでましたが、今回は「男性ホルモン」と「女性ホルモン」のバランスです。 そもそもあごニキビは「ひげ」が生える部位ということはおわかりでしょう。 の場合はある程度仕方ありませんが、の場合は特に気を付けてほしいポイントです。 女性ホルモンよりも男性ホルモンが優位に立ち、肌の皮脂分泌が活発になってしまうことがあります。 そして髭が生える部位である顎の毛穴が詰まりやすくなり、アクネ菌が増殖してしまいます。 3.枕の汚れ 枕には 汗やヨダレ、髪の毛や埃などがこもっていて、とても不潔です。 の原因と同じく、顎も枕に付着した汚れや雑菌が原因となるケースがあります。 特に夏場にできるのは、汗がしみ込んだ枕の中で雑菌が繁殖して、顎にもぶわーっとついてしまうパターンが多いです。 あごニキビの治し方 このような原因を踏まえると、あごニキビの適切な治し方が見えてきます。 あごのニキビを治し方は以下の5つが基本です。 あごのニキビを治し方• 定期的にストレスを適宜発散する。 生活リズム 朝起きて、夜寝ること を崩さない。 定期的に運動をする。 バランスのとれた食事をとる。 肌を清潔に保つ。 1.定期的にストレスを適宜発散する。 ストレス発散は意識して行うものと、日常生活上必然的におこなうものもあります。 例えば読書や運動、趣味などでストレスを発散する人もいます。 これは意識的な行為です。 一方で、美味しいご飯を食べたり、入浴したり、快適な睡眠をとることでストレスを発散することができます。 これは日常的な行為なので、難しいことではありません。 2.生活リズム 朝起きて、夜寝ること を崩さない。 個人的な体感としては、夜更かしをした翌日にあごニキビができやすいと思います。 これは皆さんも経験あるのではないでしょうか。 特にこの生活リズムとストレスでが正常化するかどうか決まるので気を付けましょう。 また私たちの肌は夜10時から深夜2時にかけて細胞の再生活動が最も活発化します。 「お肌のゴールデンタイム」という言い方もあります。 とにかく、この時間帯に寝ることを心がけることが大事です。 3.定期的に運動をする。 定期的に運動するのは、ストレス発散だけでなく、 血流を良くする意味があります。 頭皮から足の先まで、体のあらゆる場所には血が流れています。 この血によって、髪の毛、肌、爪など私たちの体の表面を構成する栄養素が送られます。 だから血の巡りを良くすることは、結果的に肌の状態をきれいにすることにつながります。 4.バランスのとれた食事をとる。 もファストフードばっかりだと、できやすい気がします。 これは学生時代の記憶ですが…3日くらいマクドナルド食べていたら、あごニキビがたくさんできた気がします。 真面目に言っても、 皮膚を構成するのはたんぱく質で、きれいな肌を保つにはビタミンが必要です。 逆に脂質が多い食べ物ばかりだと、毛穴から皮脂が余計に分泌されます。 好きなものを食べるのは精神的には良いですが、栄養バランスを考えた食事を取ることが一番大事です。 5.肌を清潔に保つ。 そして肌を清潔に保つこと。 これは 今あるニキビを「治す」ことと、「予防」も兼ねています。 特に肌を清潔にし、毛穴に皮脂汚れが貯まらないようにするためにも、毎日のニキビケアは非常に大事です。 薬用洗顔料を使って毛穴を綺麗にして、アクネ菌が増えないようにします。 また、薬用化粧水や美容液で肌に潤いとニキビ有用成分を与えます。 そして最後に保湿液(ジェル)で効果を持続させます。 この 一連のスキンケアは手間はかかりますが、確実にあごのニキビを改善してくれます。 手軽にケアするならパルクレールジェルがおすすめ 毎日、継続してニキビケアを行えば、広がっていた毛穴も小さくなり、結果的に汚れが詰まりにくい状態を保つことができています。 ニキビのできにくい肌になり、「予防」にもなります。 最近私が顎ニキビケア・予防で気に入っているのがパルクレールジェルです。 これはニキビ予防や肌荒れ対策や肌を清浄にする効果があるオールインワンジェルです。 化粧水・美容液・乳液・クリームなどの役割も兼ねているので忙しい時のスキンケアに大変重宝しています。 これなかなか面白いテクスチャーで、まるでゼリーのような感じです(笑)写真は見やすいように大量に取りましたが、実際にはもっと少量でよく伸びます。 乾燥しやすいフェイスラインにスーッと塗り込めばしっかりと浸透してくれます。 基本的には洗顔後にジェルをつければOKなのですが、 あらかじめ肌に化粧水をつけてからジェルを使ったほうがより効果的に保湿効果を得ることができます。 特に肌が乾燥しやすい人におすすめですね。 それではみなさん!気合を入れてあごニキビを治しましょう!•

次の

顎ニキビの治し方は適切なスキンケアと日常生活の見直しを行う事

顎 ニキビ の 治し 方

顎ニキビは大人ニキビのひとつで、顎からフェイスラインにかけてのUゾーンにできます。 大人ニキビが繰り返しできるのは、さまざまな原因が複雑に絡み合っているからです。 顎ならではの原因 あごには皮脂腺が多く、乾燥しやすく、男性ホルモンが活発に働くという特徴があります。 また加齢に伴うターンオーバーの遅れや乱れにより、角質層が厚く硬くなる為、皮脂腺が詰まりやすくなることも。 特に生理前はホルモン分泌の変化による皮脂分泌量増加で、顎ニキビが出来やすくなるのです。 ホルモンバランスの影響 女性は生理周期に関連してホルモンバランスが乱れがちです。 特に生理前になると黄体ホルモン(プロゲステロン)や男性ホルモンが盛んになることで、皮脂分泌量が増えてニキビの原因になります。 また、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れによってもホルモンバランスを乱しやすく、顎ニキビの原因となることがあります。 胃腸の機能低下 胃腸の調子と顎ニキビには密接な関係があります。 便秘や下痢で胃腸の機能が低下すると、不要物の排出が妨げられて栄養が十分に体内に運ばれなくなります。 さらに不要物を毛穴から排出しようとする働きから、顎ニキビが増えてしまうのです。 鉄分の不足 体内の鉄が不足すると、冷えや血行不良が生じ、栄養が全身すみずみまで届きにくくなったり、肌のターンオーバーに乱れが生じることで、ニキビが出来やすくなります。 テレビ出演でもおなじみの姫野友美ドクターの解説によれば、特に顎からフェイスラインにかけてのニキビには鉄不足が関係しており、ヘム鉄を積極的に摂ることで、顎ニキビが改善することが多いそうです。 さらにストレスも顎ニキビの原因のひとつです。 誤ったスキンケア 何気なくクレンジングや洗顔を行っていても、顎まわりは意外ときちんと洗えていません。 洗い残しやすすぎ残しは肌にダメージを与えてしまいます。 また、保湿が十分にできていないと肌が乾燥し、過剰な皮脂分泌を招く原因になります。 刺激や摩擦 顎まわりは無意識に触ったり頬づえをついたりと、摩擦を受けやすい部分です。 ストールや髪の毛が当たるだけでも刺激になります。 また汚れた寝具が顎に触れているのも刺激になるので、注意が必要。 さらに紫外線の影響も少なからず考えられます。 顎ニキビの治し方~セルフケア編 まずは自分でできる顎ニキビの治し方について見ていきましょう。 ホルモンバランスを整える 女性のさまざまな不調は、ホルモンバランスを整えることで大きな改善が見込めます。 ホルモンバランスを整えるには、生活習慣の改善が近道。 まずは不規則な生活や偏った食生活を改めましょう。 これによって冷え性や便秘が改善されれば、顎ニキビにも効果が期待できます。 ホルモンバランスの整え方についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。 洗顔方法を見直す 無意識に洗顔をすると、思っている以上に顎まわりはきちんとすすげていないことに気づくはず。 洗顔・すすぎのときは顎まわりをしっかりと意識して行い、クレンジングや洗顔フォームが残っていることがないように気をつけましょう。 化粧品を見直す 顎ニキビができているときは、以下にあげる顎ニキビに効く成分が配合された化粧品を選びましょう。 ニキビが炎症を起こしているときに効果的です。 保湿成分 セラミドやヒアルロン酸など、保湿成分が高いものを選びましょう。 保湿をしっかりすることで過剰な皮脂分泌を防ぐことができます。 皮脂抑制成分 ニキビケアに効果的なのはビタミンC誘導体です。 ビタミンC誘導体には、過剰な皮脂分泌を抑える作用があるため、できてしまったニキビはもちろん予防にも効果があります。 刺激を避ける 顎ニキビができているときはなるべく髪の毛をまとめ、衣類も顎につかないようなものにしましょう。 マスクなども刺激になります。 手で顎に触るクセがある場合は意識して直すようにしてください。 食生活の改善 食生活の改善もニキビに効果があります。 緑黄色野菜やレバー・卵・乳製品を積極的に摂りましょう。 これらの食品には、皮膚の健康を保つビタミンAやビタミンB2・B6、抗酸化作用のあるビタミンC・Eが含まれています。 サプリメントを利用するのも手軽でおすすめです。 適度な運動 運動は全身の血流を改善し、汗をかくことで老廃物の排出を促し、肌のターンオーバー改善につながります。 ただし、ハードな運動は活性酸素が発生するのでNG。 ニキビの為には適度に汗をかく、有酸素運動がおすすめです。 顎ニキビの治し方~医療機関編 次に、医療機関での顎ニキビの治し方について見ていきましょう。 なかなか治らない、繰り返す顎ニキビは、皮膚科での診察・投薬で治療した方がいい場合も。 ステロイド剤 ステロイド剤はアトピーの治療によく使われる薬で抗炎症作用があり、赤く腫れて炎症を起こしている場合は効果が見込めます。 ただし、白ニキビなど毛穴が詰まっているだけの場合は悪化することも。 抗生物質 塗り薬と飲み薬があり、どちらも医療機関で処方してもらうことができます。 ニキビの原因となるアクネ菌を抑えるために使われ、ステロイド剤同様炎症を起こしているニキビには効果があります。 塗り薬 ニキビ治療によく処方されるのが、ディフェリンという塗り薬です。 2008年に登場したまだ新しい薬ですが、毛穴の詰まりを改善してくれるニキビの特効薬として人気があります。 ただし使い始めに副作用が出やすいため、医師と相談の上こまめな通院で経過をチェックするのがおすすめです。 ホルモン治療 ホルモン治療とは、ピルなどのホルモン剤を飲んで体内のホルモン量を調整する方法です。 ホルモンバランスを整えるだけでなく、女性ホルモンを摂取することで男性ホルモンを抑える目的もあります。 「ピルを飲むと肌がきれいになる」とよく言われるように、ホルモンバランスを整えることで肌荒れやニキビに一定の効果が得られます。 ただし、ピルは飲めない人がいたり、副作用があったりと使用には注意が必要な面も。 医師とよく相談して使うようにしましょう。 ケミカルピーリング 毛穴に詰まった角栓や角質を薬剤で溶かし出す方法で、ニキビにはよく使われています。 エステサロンなどでも行っていますが、ニキビを治す目的の場合は皮膚科や信頼できる医療機関で相談するようにしましょう。 刺激の強い酸を使うため、敏感肌の場合は肌に合わないこともあります。 ホームピーリングは症状を悪化させてしまう人もいるので、使う場合は注意が必要です。

次の