石橋静河 タバコ。 石橋静河の演技力は?留学でダンスや歌が上手いけど、タバコ吸うの?

伊藤健太郎x石橋静河「今、役者としてできること」#30UNDER30

石橋静河 タバコ

取材は、緊急事態宣言の出される直前の4月1日に行われた。 東京・お台場にあるフジテレビの大きな収録スタジオで、マスクをつけたカメラマン、スタイリストやヘアメイクなどの撮影スタッフに囲まれていたのが、俳優の伊藤健太郎と石橋静河だ。 4月29日、「FOD」と「Amazon Prime Video」から配信がスタートするドラマ『東京ラブストーリー』に出演するふたりは、Forbes JAPANが30歳未満30人の次世代を担うイノベーターを選出する「30 UNDER 30 JPAN 2019」の受賞者でもある。 多くの人が終わりの見えない不安を抱える今、この状況を二人は役者としてどう乗り越えていくべきと考えているのか。 そして、誰もが人と距離を取ることを余儀なくされている今だからこそ、人と深く関わることの大切さを実感させてくれる『東京ラブストーリー』の、時を経て増した作品としての魅力とは。 --- 「あの『カンチ』を自分がやるのかと。 オリジナル作品のファンの方も多いからこそ、プレッシャーがなかったと言えば嘘になりますね」 カンチこと、永尾完治役として声がかかった時のことを、伊藤はこう振り返った。 バブル崩壊後の1991年にフジテレビで放送された『東京ラブストーリー』は、最高視聴率32. 3%を記録。 月曜日の夜は、多くの若い女性がこのドラマを自宅で観ていたために、繁華街から人影が消えたという逸話も残っている。 伊藤も石橋も生まれる前に日本中を熱狂させた伝説的なドラマが、現代版として蘇る。 見所は、時代が変わったことに伴うビジュアルの変化と、カンチとリカの変わらない人間性や、ふたりを中心とした恋愛模様だろう。 前作の放送から約30年。 現代版のカンチはタバコを吸わず、肩幅の広いスーツは細身のスーツに変わった。 そして、リカのように仕事を謳歌し、自分から男性にアプローチをするような積極的な女性はもう珍しい存在ではなくなったのかもしれない。 カンチを演じた収録時期のことを、伊藤はこう振り返った。 「前作の放送から時間が経っているから、もちろん衣装やセットは大きく変わっています。 でも、カンチって現代の男性として描かれてもなんの違和感もないんです。 ちょっと不器用だけど、素直ないい奴。 リカのような都会的な女性を、最初は怖いと感じてしまうようなところなど、共感できる点は多くありました」 2014年の役者デビューから、18年に放送されたドラマ『今日から俺は!! 』など、多くの作品への出演を経て、幅広い年代から支持を集める俳優となった伊藤だが、『東京ラブストーリー』が、初めての王道の恋愛物語への出演となった。 カンチには同世代の男性として感情移入もしやすかったというが、恋愛物語にはつきものの、激しい感情の変化を演じ分けることが、今回の大きなチャレンジになったという。

次の

伊藤健太郎x石橋静河「今、役者としてできること」(Forbes JAPAN)

石橋静河 タバコ

まさに時代に合ったラブストーリーだなと強く感じて。 「その当時まだ生まれていない僕も知っているぐらい有名な作品で。 改めて見ると、トレンディ感があふれているというか。 衣装も織田裕二さんたちが着ていたスーツが大きくて。 僕、あんなファッションも好きなのでカッコイイなと思いました。 今回、僕が着ていたスーツはシュッとしているので、そこは全然違うなと感じました(笑。 田舎から出てきたカンチ(完治)が、リカ(石橋静河)に振り回されてしまうのも仕方ないなという感じで。 おそらくカンチにとってリカは東京そのものなんですよね。 だからこそ彼女に惹かれたんでしょうし。 ただ本読みをさせてもらったときは、こんなにフラフラするような男っているのかな?と思っていたんです。 でも、演じてみるとカンチのことが少しずつ分かってきて。 「最初の本読みのときからリカをすごく丁寧に演じていらっしゃって。 僕からするとリカは、本当は存在していなかったんじゃないかなと思うぐらい不思議な女性なんです。 映画『タイタニック』でレオナルド・ディカプリオが演じたジャックみたいというか。 それぐらい掴みどころがなくて不思議な女性をとても上手に演じていらっしゃいましたね」.

次の

石橋静河はポカリやファンケルのcmに出てた!ユニクロは姉と共演も!

石橋静河 タバコ

東京・お台場にあるフジテレビの大きな収録スタジオで、マスクをつけたカメラマン、スタイリストやヘアメイクなどの撮影スタッフに囲まれていたのが、俳優の伊藤健太郎と石橋静河だ。 4月29日、「FOD」と「Amazon Prime Video」から配信がスタートするドラマ『東京ラブストーリー』に出演するふたりは、Forbes JAPANが30歳未満30人の次世代を担うイノベーターを選出する「」の受賞者でもある。 多くの人が終わりの見えない不安を抱える今、この状況を二人は役者としてどう乗り越えていくべきと考えているのか。 そして、誰もが人と距離を取ることを余儀なくされている今だからこそ、人と深く関わることの大切さを実感させてくれる『東京ラブストーリー』の、時を経て増した作品としての魅力とは。 「あの『カンチ』を自分がやるのかと。 オリジナル作品のファンの方も多いからこそ、プレッシャーがなかったと言えば嘘になりますね」 カンチこと、永尾完治役として声がかかった時のことを、伊藤はこう振り返った。 バブル崩壊後の1991年にフジテレビで放送された『東京ラブストーリー』は、最高視聴率32. 3%を記録。 月曜日の夜は、多くの若い女性がこのドラマを自宅で観ていたために、繁華街から人影が消えたという逸話も残っている。 伊藤も石橋も生まれる前に日本中を熱狂させた伝説的なドラマが、現代版として蘇る。 見所は、時代が変わったことに伴うビジュアルの変化と、カンチとリカの変わらない人間性や、ふたりを中心とした恋愛模様だろう。 前作の放送から約30年。 現代版のカンチはタバコを吸わず、肩幅の広いスーツは細身のスーツに変わった。 そして、リカのように仕事を謳歌し、自分から男性にアプローチをするような積極的な女性はもう珍しい存在ではなくなったのかもしれない。 カンチを演じた収録時期のことを、伊藤はこう振り返った。 でも、カンチって現代の男性として描かれてもなんの違和感もないんです。 ちょっと不器用だけど、素直ないい奴。 リカのような都会的な女性を、最初は怖いと感じてしまうようなところなど、共感できる点は多くありました」 2014年の役者デビューから、18年に放送されたドラマ『今日から俺は!! 』など、多くの作品への出演を経て、幅広い年代から支持を集める俳優となった伊藤だが、『東京ラブストーリー』が、初めての王道の恋愛物語への出演となった。 カンチには同世代の男性として感情移入もしやすかったというが、恋愛物語にはつきものの、激しい感情の変化を演じ分けることが、今回の大きなチャレンジになったという。 一方で石橋は、赤名リカに共感できる点が多いからこそ、理解に苦しんだシーンも多かったと語った。 リカと同じく、石橋も東京都出身。 15歳から海外のバレエスクールへ留学していた経験もあり、元バックパッカーだったリカと同じく国際感覚も持ち合わせる。 そして、自身もリカと同じく「感情の起伏は大きい方」だという。 でも本当は人一倍悩んでいるし、心から伝えたいと思っていることに限って上手に言葉にすることができないタイプ。 カンチと一緒にいたいのに、笑顔で『またね』なんて言ってしまうシーンには、『どうして素直にならないの!』ともどかしく思っていました(笑)」 二人が収録を終えたのは、昨年9月末のこと。 4月29日の放映開始のタイミングで、これほど世界が変化してしまうとは、誰も想像をしていなかった。 今、伊藤と石橋は役者として、改めて自身の仕事の重みを感じているという。 仕事を切り離しても大の映画ファンだという伊藤は、こう胸の内を語った。 「誰もが以前のように外出することができなくなりましたよね。 僕も、家にいる間がとても長くなりました。 こんな時に救われるのが、大好きな映画を観ている時間なんです。 窮屈な毎日を過ごしている方々に、役者として、ワクワクできる時間を提供できる側でもあると思うと、自分の仕事の大切さを改めて感じます」 現代版では、多くの情報が溢れているからこそ、カンチとリカは互いの知らなくてもいいことまで知ってしまうこともあったという石橋も、同じ思いを抱いている。 「情報にすぐに手が届くことは便利である一方、この情報の多さに、私も含めて多くの人が振り回されているように感じています。 特に今は、暗いニュースに飲み込まれてしまいそうになりますよね。 そんな時に必要とされているのが、何かに没頭できる時間ではないでしょうか」 映画やドラマを観ている時や、本を読んでいる時、時間の経過を忘れてしまうことがある。 そんな体験を、役者として多くの人に届けたいのだという。 「カンチとリカはこれからどうなるんだろう、って観ている人を夢中にさせたい。 人を引き込む力のある作品を観ている時って、周りで起きていることを忘れてしまいますよね。 そんな、何かに没頭できる時間を1日に少しでも持つことがきたら、心も穏やかになるのではと思います。 そして、なかなか人に会えない時だからこそ、このドラマが、誰かと真剣に向かい合うことの難しさや楽しさを考え直すきっかけにもなると思うんです。 2014年に役者デビュー。 出演作に『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』、NHK連続テレビ小説『スカーレット』など。 バレエ留学を経て初主演作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で数々の映画賞新人賞を受賞、ドラマや映画、舞台作品で活躍中。 昨年ふたりが選出された、次世代を担う30歳未満の30人にスポットライトを当てるアワード「」を今年も開催。 現在特設サイト上では、受賞候補者を公募でも受付中。

次の