法事 計算。 法要日程表自動作成

【みんなの知識 ちょっと便利帳】仏式での法要・年回忌・法事の計算/仏式の節目の計算

法事 計算

1.仏教の年忌法要早見表(計算の仕方と名称) 年忌法要とは、故人の祥月命日に行う法要のうち主な年度に行うものをさします。 [祥月命日とは]…「しょうつきめいにち」と読む。 故人の命日と同じ月・同じ日をさす。 年に一回来る命日のこと。 〈例〉亡くなった日が9月1日であれば毎年9月1日が祥月命日となる。 (ちなみに 月命日とは各月ごとの命日で、「つきめいにち」と読む。 毎月の故人が亡くなった日と同じ日をさす。 一年に12回ある。 〈例〉亡くなった日が9月1日であれば毎月1日が月命日となる。 ) [早見表と計算方法] 一周忌は、死後満一年目の同月同日(祥月命日)。 年忌法要早見表 法要の名称 時期 法要の内容 (いっしゅうき) 満1年目 =死亡した翌年 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 三回忌 (さんかいき) 満2年目 遺族、親族、友人、知人などが参列。 僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食()をします。 七回忌 (ななかいき) 満6年目 遺族、親族で供養するのが一般的です。 一般的に、七回忌の頃から、法要の規模を縮小していきます。 十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 二十七回忌 (じゅうななかいき) 満26年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 省略する場合もあります。 三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目 遺族だけで供養するのが一般的です。 仏教では死者は33年目にはどんな人でも無罪になって極楽浄土に行くと言われています。 「追善法要」例:四十九日などはこちら 宗派別年忌法要 宗派名 年忌法要の特徴 浄土真宗 上記の年忌法要早見表のとおり。 三十三回忌は弔い上げとなります。 地域によっては主な法要以外は省略されます。 真言宗 一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌までは浄土真宗と同じです。 (次の二十三回忌と二十七回忌は行わず)二十五回忌を24年目に行い、三十三回忌で弔い上げとなります。 それ以降は、五十回忌、百回忌、百五十回忌となります。 曹洞宗 同じ曹洞宗であっても、地方によって大きく異なります。 一般的には、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌までは浄土真宗と同じです。 次に、二十三回忌と二十七回忌を行う場合と、この2つの代わりに二十五回忌を行う場合があります(お寺や地域により異なります)。 その後、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌、百回忌となります。 弔い上げ(または弔い納めとも言う)は三十三回忌とするお寺が多いのですが、一部は三十三回忌、三十七回忌を済ませたのち、五十回忌を弔い上げとする寺もあります。 また、弔い上げを済ませた後も五十回忌と百回忌は特別に行われます。 臨済宗 上記の年忌法要早見表のとおり。 地域によっては主な法要以外は省略されます。 なお、二十三回忌と二十七回忌を行う場合と、この2つの代わりに二十五回忌を行う場合があります(お寺や地域により異なります)。 日蓮宗 上記の年忌法要早見表のとおり。 地域によっては主な法要以外は省略されます。 なお、二十三回忌と二十七回忌を行う場合と、この2つの代わりに二十五回忌を行う場合があります(お寺や地域により異なります)。 真宗 上記の年忌法要早見表のとおり。 但し三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌は省略されるケースが大半です。 なお、二十三回忌と二十七回忌を行う場合と、この2つの代わりに二十五回忌を行う場合があります(お寺や地域により異なります)。 法事法要の引出物 ・法事の引き出物に使うのしの水引きは、黒白または双銀の結び切りにします。 ・引出物ののしの表書きは、「粗供養」「志」などとし、水引きは黒白か銀の結び切りを用います。 下段には「佐藤家」「田中家」など喪家の姓を書くのが一般的です。 「佐藤」「田中」などと姓のみをかくこともあります。 ・引出物の品物としては、石鹸や洗剤、タオルなどの実用品や食品等が良く用いられます。 遠方からの方もいらっしゃるので、かさばるものは避けます。 最近はカタログギフトも増えました。 カタログデザインも不祝儀専用のものを揃えている百貨店やギフトショップが増えてきたようです。 予算は@2,000〜5,000円程度が一般的です。 ・法事の後、会食の席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引出物と一緒にお渡しします。 法事に来られずにお供え、お花、お供物、あるいはお供物料を頂いた場合には別に お返しをします。 できればお礼状を添えてお送りするか、お礼状だけを先に出し、早めにお返しを送ります。 日程をずらしても良い? YES. 親族の都合やお寺の予約の都合に合わせて日程をずらしても構いません。 日程をずらす場合は後ろに延期せずに祥月命日よりも前倒しで行い、早めに供養を行います。 ちなみに [祥月命日とは]…故人の命日と同じ月・同じ日をさす。 年に一回来る命日のこと。 亡くなった日が9月1日であれば毎年9月1日が祥月命日となる。 Q. 法要が重なる時…祖父の7回忌と、祖母の一周忌が同じ時期になる。 同じ日に2つの年忌法要を行っても良い? YES. 一般的には「同じ年に2つの法要が重なる場合」には、2つの法要を合わせて行っても良いとされています。 地方によっても、またそれぞれのお寺や宗派によっても考え方が異なります。 2つの法要を合わせて行うかどうか及び日程についてはお寺に相談の上で親族で話し合って決めることになりますが、以下にいくつかの考え方の例をご紹介します。 参考になさって下さい。 なお、お寺に予約をする際には2人分の法要であることを伝え、準備などの指示があれば教えを受けましょう。 [二人の年忌法要が同じ年になる場合] 1.亡くなってからの年数が浅い人の法要を優先して日程を決める。 2.一周忌、三回忌までは故人の祥月命日に行い、他の法要とは分けてきちんと供養をする。 七回忌以降は祥月命日が早く来る人の法要に合わせる。 (3.祥月命日が早く来る人の命日に法要を行う。 ) Q. 年忌法要は毎年するの? 僧侶を招いて営む法要は、主な年忌法要のみです。 それ以外の祥月命日には遺族のみで冥福を祈ります。 また法要に参列をしていただく相手も、一周忌あるいは三回忌を過ぎると次第に親族のみになっていきます。

次の

年忌法要早見表》浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗・真宗

法事 計算

故人の魂が成仏する日である四十九日ですが、その法要の日程の決め方にも注意すべき点があります。 ここでは 四十九日の日程の決め方について解説します。 関東での四十九日の決め方 関東で四十九日法要は、四十九日より前の 土曜・日曜に設定されることが多いです。 四十九日は故人にとって重要な日ですので、その法要の規模は大きくなります。 規模が大きいということは親族など多くの人が集まります。 多くの人が集まるには 平日は都合がつきにくいので、土日に行われることが多いです。 六曜 火葬を友引の日は避けたように、四十九日でも六曜で注意する日はあるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 四十九日の場合は 六曜は気にしなくても良いと言われています。 大勢が集まりやすい土日で、かつ六曜まで気にしていたのでは日程決めが大変になりますので、六曜は気にしなくていいというのは嬉しいですね。 六曜まで気にしなくていいという反面、参列者が多いので日程調整は大変です。 あらかじめいつ頃四十九日法要をやるか計算しておいて、 お葬式の際などに親族の方々に日程を確認しておくと、比較的スムーズに日程を決められるでしょう。 後日にしない 日程の決め方でひとつ注意することがあります。 それは四十九日法要は 四十九日より後には設定しないということです。 四十九日は故人の魂が極楽浄土に行けるかどうかが決定する日です。 それより後に法要をやっても意味がありません。 四十九日が後ろ倒しにならないように十分注意しましょう。 時間帯 日程だけでなく時間帯も好ましいとされていることがあります。 それは 昼の時間帯です。 一般的に四十九日法要は法要が終わった後には参列者と会食を行います。 あまりに遅い時間帯に設定してしまうと会食の時間が取れないため、お昼ごろに法要の時間を設けるのがベストなのです。 関西の四十九日の決め方は? 関西の一部地域によっては四十九日の決め方が少し違うことがあります。 どのような決め方かというと、四十九日当日ではなく、 前日に行うというものです。 この法要はお逮夜(たいや)法要と呼ばれています。 お逮夜法要は日程だけでなく、時間帯もおおよそいつやるのか決まっています。 それは 前日の16時以降に行います。 自分の地域にこのような風習があるかわからない場合は、僧侶の方などに尋ねてみると良いでしょう。 もし、四十九日前日に親族の予定が合わない場合は、絶対にこの風習に合わせなければいけないということもないので、関東と同じように土日に行うと良いでしょう。 宗派による四十九日の考え方の違い 仏教と言えども多くの宗派に別れており、考え方も様々です。 ここではその 宗派による四十九日の考え方の違いについて見ていきたいと思います。 真言宗や曹洞宗などの一般的な四十九日 真言宗などの多くの宗派において四十九日は既にご説明した意味合いを持っています。 それはつまり、 故人が極楽浄土に旅立てるか決まる日で、その日に親族などが集まって冥福を祈るというものです。 したがって、真言宗などの宗派であれば集まった参列者と共に、故人の冥福を深くお祈りし、良き来世に旅立てるようにお祈りをしましょう。 浄土真宗の四十九日の考え方 真言宗などの宗派とは異なり、 浄土真宗の場合は四十九日に対する考え方が違います。 他の宗派が7日毎に裁きの日がやってくるのに対して、浄土真宗では故人が亡くなるとすぐに極楽浄土に行けると考えられています。 そのため、四十九日法要には故人が成仏することを深くお祈りするという意味はありません。 では、浄土真宗における四十九日とはどういう意味があるのでしょうか? 浄土真宗における四十九日は、亡くなってすぐに極楽浄土に行かせてくれる阿弥陀如来の深い慈悲を認識し、 四十九日に集まった人達と念仏を唱えるための場として考えられています。 参列する人達の心意気としては、阿弥陀如来の偉大さに敬意を表すると共に、故人がこのような場を作ってくれたことに感謝をしましょう。 浄土真宗の葬儀にもっと興味のある方はこちらをご覧ください。 そもそも四十九日とは何か? 四十九日とは故人が亡くなってから48日目のこと、あるいはその日に行われる法要のことを言う。 亡くなった日を1日目として数えて、いくつかの忌日法要がある。 一周忌以降は数え年で数える。 四十九日の日程の決め方 関東の場合は、四十九日より前の土曜・日曜に行われ、時間帯は昼時が良い。 大安などの六曜は気にする必要はないが早めに日程を決めるようにする。 関西の場合は地域によって四十九日の前日の16時以降にやることが多い(お逮夜法要)。 宗派による四十九日の考え方の違い 真言宗などの宗教は一般的な四十九日のルールに従えば良い。 浄土真宗は亡くなってすぐに極楽浄土に魂は旅立つとされている。 そのため浄土真宗における四十九日は阿弥陀如来の偉大さと故人が設けてくれた機会に感謝するために行われる。 四十九日は命日を1日目として数えるということが重要なポイントでした。 また四十九日の意味が、故人の魂が成仏できるか決まる重要な日だということもあり、数え間違いなどあってはいけないことを認識いただけたのではないでしょうか? ここでご紹介した内容に沿って、早めに四十九日法要の日程を押さえてしまい、当日は心に余裕を持てるように準備しましょう。 「終活ねっと」では、他にも四十九日に関する記事をたくさん掲載しているので以下の記事をぜひご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

年回忌の計算方法ってどうやるの?数え方を徹底解説します!|終活ねっとのお坊さん

法事 計算

現在では法事と法要はほとんど同じような意味に使われることが多いのですが、もともとは法事の方は仏教の儀式全般をさす言葉でした。 [追善法要]…亡くなってから七日目に行う「初七日」から、四十九日めに行う「四十九日」までの法要を追善法要と言い、四十九日目で忌明けとなります。 四十九日までの間、七日ごとに閻魔大王(えんまだいおう)による裁きが行なわれ、最終的に極楽浄土にいけるかどうかの判決が下されるのが四十九日目だと言われています。 閻魔様に少しでも良い判決をしてもらうために故人が生前に行なった善行に(ぜんこう=よいおこない)、遺族が祈ることによって善を足す、善を追加するという意味で「追善法要(ついぜんほうよう)」と呼ばれます。 また、命日と同じ月の同じ日が毎年一年に一度やってきます。 この日のことを祥月命日と言います。 下記の表を参照下さい。 [浄土真宗の法要]…浄土真宗では、宗派によっては年忌法要の際に「忌」という言葉は使わないとされていますが、一般の人にわかりやすくするために「忌」を使うこともあります。 実際に挨拶状などを作成する場合には、お寺と相談して下さい。 追善法要 法要の名前 時期[日数の数え方] 百箇日までの法要は、亡くなった日を含めて日数を数えます 初七日 (しょなぬか) ・初七日は、本来は亡くなってから7日目に行われるのですが、最近は遺族や知人の日程に配慮し、葬儀当日に、火葬場から戻ってきてから遺骨を迎える儀式(還骨勤行=かんこつごんぎょう)と合わせて行われることが多いようです。 この間、14日目、21日目、28日目、35日目、42日目といった具合に、七日ごとに法要があります。 それぞれ名称がついており、例えば14日めは「二七日忌(ふたなぬか)」21日めは「三七日忌(みなぬか)」となります。 これらの法要はふつう遺族のみで行われます。 四十九日(しじゆうくにち) 49日目。 令和2年に亡くなった場合、一周忌法要は令和3年。 三回忌法要は3年目の令和5年ではなく2年目の令和4年に行います。 ) なお、年忌法要は、命日から年数が経つほど遺族のみで行われるようになります。 命日に親族の都合がつかない場合、直前の土日などを利用して行うのが一般的です。 お布施とは別に、僧侶を自宅にお招きして法要を行う場合にはお車代も別途包まなくてはなりません。 一般的なお布施の金額の目安ですが、もし心配な場合には法要の予約をする際にお寺に料金を確認してください。 自宅その他の会場で法要を行う場合「お車代」の金額はどのくらい? ・車やバイクなど、僧侶自身の運転でおこしいただいた場合、5,000円〜10,000円くらいをお車代として包みます。 送迎タクシーを施主が手配し、タクシー会社へ実費を支払うこともあります。 御膳料の金額はどのくらいを包む?(御膳料の金額の相場は) ・地方によって、また、法要の会場によっても異なりますが御膳料としては5,000円〜20,000円くらいです。 お渡しするケースは様々ですが、会食を用意しても僧侶が出席を辞退した場合や、諸都合で法要のあとに会食をしない場合等に用意します。

次の