当日は何卒よろしくお願いいたします。 【文例集】コピーして使える結婚式招待状の付箋メッセージ | アンシェウェディングの結婚式準備ガイド

メールの最後はどう締める?「よろしくお願いします」以外でマンネリ打破

当日は何卒よろしくお願いいたします

「ご足労おかけしますが」の意味は「わざわざ足をお運びいただき申し訳ありませんが」 「ご足労おかけしますが」は、「 わざわざ足をお運びいただき申し訳ありませんが」というような意味合いで使用される言葉です。 「ご足労おかけしますが」は、「ご足労」という言葉と「かける」という言葉が使用されています。 「ご足労」の意味は、「 相手にわざわざ足を運んでもらう」という意味のある言葉です。 「おかけします」は、「 時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味しています。 「ご足労」に使用されている「労」には「 ねぎらう」という意味があるので、「 労力や時間を割いてもらうことへの申し訳無さ」を表現した言葉になります。 つまり、「わざわざ足を運んでいただき申し訳ありませんが」というような意味合いになります。 主に、すでに足を運んでもらうことが決定している場面で足を運んでもらう前に使うに「 面倒をおかけして申し訳ありませんが」というニュアンスで使われる表現です。 「ご足労おかけしますが」の使い方と例文 「ご足労おかけしますが」は足を運んでもらうときに使う 「ご足労おかけしますが」は、 足を運んでもらうときに使用する感謝の言葉です。 「足労(そくろう)」は、「 足を疲れさせること・足を運ばせること 」という意味がある言葉で 「足を運んでもらう時」つまり、「来てもらう」というような場面で使用します。 相手に足を運んでもらうことが決定しているような場面で「わざわざ足を運んでいただきもうしわけありませんが〜」という意味で「ご足労おかけしますが〜」と使用されます。 例えば、「ご足労おかけしますが、よろしくお願いいたします」というような使い方です。 「ご足労おかけしますが」は目上の相手にも使う 「ご足労おかけしますが」は敬意を示した表現であるため 目上の相手にも使用することができます。 目上の相手にお願いをしたりする場面で、「お忙しいところ〜」というような言葉の前に添えて使用する クッション言葉で「ご足労おかけしますが」と使用することができます。 足を運ぶという行為以外の目上の人が行う行為に対して使用することもありますので頭に入れておくといいでしょう。 しかし、目上の人に対してであっても、取引先で同席している社内の上司に「ご足労をおかえしますが」と使用することはできません。 社外の人も前で社内の人を敬うような言い回しを使用することは誤用なので注意しましょう。 例えば、自分が担当する商談に上司に一緒に来てもらうといった場合に、社内やメールで「ご足労おかけしますがよろしくお願いいたします」というように伝えることはできますが、取引先相手のいるすの場で自分の上司に対して「ご足労おかけしますが」と使用するができないということです。 「ご足労おかけしますが」の言い回しと例文 「ご足労おかけしますが」の後は「よろしくお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」の後は、「よろしくお願いいたします」を使用することがほとんどです。 「ご足労おかけしますが」は、 相手に来てもらう前に使用する言い回しなので、後のは「よろしくお願いします」というように続け、「 足を運んでいただき申し訳ありませんがよろしくお願いします」という気持ちを伝えます。 相手が来てくれるということが決定たタイミングで「よろしくお願いします」と伝えるのに使用し、 結婚式などでも、遠方から来られる人に対して使用することができますので覚えておきましょう。 ご足労をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします」 「当日は、弊社のエントランスにてお待ちしておしります、ご足労をおかけしますがよろしくお願いいたします」 「この度は私達の結婚式にご出席いただけるということで誠にありがとうございます。 お忙しい中ご足労をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」より丁寧な「ご足労おかけし恐縮ですが」 「ご足労おかけしますが」より丁寧な言い回しは、 「ご足労おかけし恐縮ですが」となります。 「恐縮」は「 相手の厚意を受け入れて恐れ入る」という意味なので、感謝やお礼を伝える場合に使用することで、「 相手の好意をありがたく思っている」という意味合いを強めます。 また、「恐縮ですが.... 」と依頼することによって、「迷惑をおかけしますが... 」などと謙遜した気持ちを表すことができ、 「申し訳なく思う」という相手への配慮も示すことができます。 例文 「何度もご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」 「ご足労おかけし恐縮ですが、3日は弊社3階にあります会議室までお越しいただきますようよろしくお願いいたします」 「ご足労おかけし恐縮ですが、今月中までご来店いただくようお願い申し上げます」 より丁寧な「ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」 さらに、より丁寧な言い回しは「ご足労おかけし恐縮ですが、「 何卒よろしくお願い申し上げます」となります。 「恐縮」については上述の「ご足労をおかけし恐縮ですが」を参考にしてください。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の 「何卒」は、「どうぞ」をより固く表現した言い回しとなります。 「 期待する」というニュアンスが含まれていて、 相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となり、依頼の強調表現になります。 「何卒よろしくお願い申し上げます」の「よろしく」は 希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 従って、「ご足労おかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いもうしあげます」はかなり丁寧な労いの言葉であり、さらに丁寧によろしくお願いしますという気持ちを伝えられる言い回しであることがわかります。 例文 「何度もご足労をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労おかけし恐縮ですが、直接受付までお越しくださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労おかけし恐縮ですが、今月中までご来店いただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます」 「ご足労いただき」の使い方 「ご足労いただき」は主に足を運んでもらった後に使う 「ご足労いただき」は、主に 足を運んでもらった後に使用する言葉です。 「いただき〜」という言葉は「〜をしてもらう」という意味のある言葉で、 何かをしてもらった後に「〜をしていただき」と使用することが基本です。 例えば、「〜をしていただきありがとうございます」というような使い方です。 よって、「ご足労おかけしますが〜」は、「足を運んでもらう前」に使用する言葉であり「ご足労いただき」は「足を運んでもらった後」に使用する言葉であることを頭に入れておきましょう。 「ご足労いただき」は目上の相手にも使う 「ご足労いただき」は 目上に相手にも使用できる言葉です。 「いただく」という言葉は、 「〜してもらう」という言葉の謙譲語なので、目上の人に対して敬意を示すことができる表現です。 よって、「ご足労いただき」を目上の相手に使用しても問題はないといくことになります。 ただし、「ご足労おかけしますが」と同様に、 社外の人が居合わせている場合に同じ社内の人間を「ご足労いただき」という言葉をかけるのは不適切ですので注意が必要です。 「ご足労いただき」は感謝の気持ちを表す 「ご足労いただき」は、 「感謝の気持ちを表す言葉」です。 「ご足労いただき」の「〜いただき」は、何かをしてもらった後に使用することが基本であるということを先程も説明しましたが、何かをしてもらった後には、してもらったことに対するお礼の気持ちを述べるのが自然な流れだと思います。 つまり、「ご足労いただき」は 「足を運んでもらったことに対する感謝の気持ち」が込められている言葉だということです。 「ご足労いただき」の言い回しと例文 「ご足労いただき」の後は「ありがとうございます」が基本 「ご足労いただき」の後は「ありがとうございます」が基本です。 「ご足労いただき」の 「〜いただき」は、何かをしてもらった後に使用することが基本であり、お礼の言葉が辞込められているということを前述しました。 「ご足労おかけしますが」は、足を運んでもらう前に「足を運んでいただき申し訳ありません」といったように「申し訳ないという」という気持ちが込められていますが、「ご足労いただき」は その逆で、足を運んでもらった後の「感謝の気持ち」が表現されています。 従って、「ご足労いただき申し訳ありません」というような使い方をするよりも「ありがとうございます」というようなお礼の気持ち使用すことが基本となります。 例文 「本日は、我が社にご足労いただき誠にありがとうございます」 「先般はお忙しい中、ご足労いただきましてありがとうございました」 「ご足労いただきありがとうございます。 ただいま担当の者が参りますので少々お待ち下さいませ」 「本日は遠路からわざわざご足労いただき誠に感謝申し上げます」 結婚式などでも使う「お足元の悪い中、ご足労いただきありがとうございます」 結婚式などでも使う「 お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」という言い回しを紹介します。 「お足元」というのは、「足がついている地面」を意味しています。 「お足元が悪い」というのは「地面がぬかるんでいる」といような 「歩きにくい」という状況を言い表しています。 つまり、来てもらった日に雨が降っていたというような 悪天候な日に足を運んでいただいた場合に「お足元に悪い中、ご足労いただきありがとうございます」というような良い回しを使用します。 例文 「本日はお足元に悪い中、私達二人のためにご足労いただきありがとうございます」 「お足者と悪い中ご足労いおただき誠にありがとうございました。 どうぞ気をつけてお帰りくださいませ」 「先日はお足元が悪い中ご足労いただきましてありがとうございました」 「ご足労いただき恐縮ですが、〜」と来る前に使うこともある 「おご足労いただき恐縮ですが、〜」は、来る前に使うこともある言い回しです。 「恐縮」という言葉は先程も説明したように「相手の厚意を受け入れて恐れ入る」という意味があり「申し訳ない」という気持ちが込められている表現となります。 この場合は、「いただき」を使用している言葉ではありますが、 「わざわざ足を運んでもらうことになり大変申し訳ないのですが〜」というように、相手が来る前に使用することもありますので覚えておきましょう。 「ご足労いただきますようお願いいたします」は、 相手に来てもらわなければならないときに使用する言い回しです。 「いただきますようお願いします」は、「〜してもらうようお願いします」というように、丁寧で柔らかいニュアンスのお願いの仕方になります。 さらに、「ご足労賜りますようお願い申し上げますという言い回しをすると、よりかしこまった表現となり、取引先相手やお客様に出向いてもらうような場面にふさわしいです。 「大変恐縮ですが」や、「お忙しいところ申し訳ありませんが」というような、クッション言葉を前につけると印象が良くなります。 例文 「お忙しいところ大変恐縮ですが、ご足労いただきますようお願いいたします」 「実物を見ていただければと思いますので、恐縮ですがご足労お願い申し上げます」 「申し訳ありませんが、事務所までご足労賜りますようお願いいたします」 「ご足労おかけしますが」の英語 Thank you for coming all the way to visit us. 「ご足労おかけしますが」のようにクッション言葉的に使う英語表現はありませんが、来てくれたことに対する感謝をいう表現はもちろん存在します。 「Thank you for coming all the way to visit us. 」などと言えばよいでしょう。 「all the way」で「はるばる」という意味で、相手がわざわざ来てくれている、というニュアンスを出すことができます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

「何卒よろしくお願いいたします」の意味や使い方、返信、「申し上げます」との違い

当日は何卒よろしくお願いいたします

敬語は大人として一番初めに身につけておくべきマナーです。 ビジネスでは、目上の方と接する機会も増えるため、特に敬語の使い方には気をつけなければいけません。 「よろしくお願いいたします」という言葉は、メールの文末に締めの言葉としてよく使う言葉ですが、とにかく「よろしくお願いいたします」とつけておけば間違いないだろうと簡単に考えてしまっていませんか? 正しい使い方を知っていないと、いざと言うときに相手に失礼な対応となってしまうかもしれません。 いつも使う、何気ない言葉だからこそしっかりと使い方を知る必要があるのではないでしょうか。 例えば、「よろしくお願いします」や「よろしくお願い申し上げます」との使い分けは正しくできていますか?目上の方にメールを送る際、漢字を使っていませんか? 漢字とひらがなの表記などほんのちょっとしたことですが、相手によっては不快に感じさせてしまう場合もあるのです! そこで今回は、 『目上の方に対しての「よろしくお願いいたします」の使い方と漢字・ひらがなの違い』と、 『「よろしくお願いします」や「よろしくお願い申し上げます」との使い分け』について解説します! 今後もお付き合いのあるかもしれない取引先の方に対して、不快な思いをさせてしまわないように是非マスターしておきましょう!就活中の方は超・必見です! Topics• 目上に対しての敬語よろしくお願いいたしますの使い方!漢字は? どんなメールの文章の最後にも必ずと言っていいほど付けられている締めの言葉、「よろしくお願いいたします」は、主にメールでの連絡や先方のやり取りの基本中の基本です。 特にメールや電話でのやり取りは、相手の顔を見ながら対応できるものではないので、言葉遣いには十分に注意しておくようにしましょう。 メールの最後の文章がよくないと、メール全体の印象を悪くしてしまいます。 ビジネスマナーのセミナーなどを開催している講師の中には、 「メールを送るときは、送る相手がとてつもなく偉い相手だと思って文章を考えるように」と指導している方もいらっしゃるそうです。 「メール程度で少し大げさなのでは・・・?」と思ってしまいますが、そのくらいメールでの言葉遣いには気をつけるべきと考えている方は多いのです。 「よろしくお願いいたします」の使い方と他の結びの言葉の例文 普段の会話と同じく、メールでも挨拶で始まって挨拶で終わるというのが基本です。 「よろしくお願いいたします」は、普段の会話での「では、失礼します」というイメージでメールの最後につけて構いません。 基本の使い方 「よろしくお願いいたします」「何卒よろしくお願いいたします」• 一旦やり取りが落ち着くとき 「今後ともよろしくお願いいたします」• 今後もやり取りが続くとき 「引き続きよろしくお願いいたします」• 先方から「よろしくお願いします」と言われたとき 「こちらこそ、よろしくお願いいたします」• 検討、返信してほしいとき 「お手数ですが、ご検討ください」「ご回答いただければ助かります」 「それでは、ご返信をお待ちしております」• 確認やお礼など一言で済むとき 「まずはお礼まで」「取り急ぎ、ご報告まで」 「よろしくお願いいたします」漢字は間違い? 「よろしくお願いいたします」はひらがなで書かれていることが多いですが、漢字で「宜しくお願い致します」と書くのは間違っているのでしょうか。 答えは、使わないほうが無難、です。 「宜」という字は、常用漢字にありますが、「ギ」という読みがあるだけで「よろしく」と読みはなく、挨拶としての意味もありません。 「宜」の意味は「程よく」というような意味のため、意味が似ていたことから「宜しくお願いいたします」と漢字にして使われるようになりましたが、厳密に言うと正しくありません。 「致」という字は常用漢字には「いたす」という読みはありますが、「(心・思いを)届ける、届かせる」という意味となり、「よろしくお願い致します」と使うのには意味がつながりません。 「お願いいたします」という敬語は「お願いする」+「です・ます(丁寧語)」という形の補助動詞となります。 【スポンサードリンク】 「よろしくお願いします」や「よろしくお願い申し上げます」との使い分け 「よろしくお願いいたします」と同じ意味の言葉で、「よろしくお願いします」や「よろしくお願い申し上げます」など、言い方はたくさんありますが、どのように使い分けをすればよいでしょうか。 まず、読んでいてもお分かりかと思いますが、「よろしくお願いします」は他の二つの言葉と比べて丁寧さが少し控えめです。 「お願いする」+丁寧語「です・ます」の作りになっており、シンプルな印象になりますね。 社内の方やよく知っている相手に対して使うとよいでしょう。 先輩にアドバイスを求めるときなど、比較的関係性の近い相手に対しては使ってもかまいませんん。 関係性が近い方に対しては丁寧な言葉遣いをしすぎると、相手に距離を感じさせてしまうことがあるので注意してください。 「よろしくお願い申し上げます」という言葉には、「申す(「言う」の謙譲語)」+「上げる(補助動詞)」+丁寧語「です・ます」の作りとなっており、「よろしくお願いいたします」よりもさらにへりくだった表現となっています。 間違った表現ではありませんが、普段遣うには少し丁寧すぎるので、「よろしくお願いいたします」を使うほうがいいでしょう。 相手に対してお詫びをしたいときや、重大なお願いをしたいときに遣うのにはいいかもしれませんね。 基本の基本である「よろしくお願いいたします」、メールを送る相手や状況によって使い分けてみてくださいね!.

次の

「何卒よろしくお願い申し上げます」の類語・使い方・例文

当日は何卒よろしくお願いいたします

何卒はなにとぞ、と読みます。 相手に強く願う気持ちを表す言葉で、「どうぞ」「どうか」と同じ意味です。 「どうぞよろしくお願いいたします」という文と意味は同じなのです。 時代劇や大河ドラマでは、「なにとぞ!」と偉い人に懇願しているシーンがよくありますが、現在では単体ではあまり使われません。 次に、よろしくお願いいたします、についてです。 よろしくというのは、何かを頼むときに添える言葉です。 「よろしく御指導下さい」などとも使えます。 いたします、ここでは「する」の丁寧語として使われています。 「何卒よろしくお願いいたします」の全体の意味合いは挨拶の言葉 何卒よろしくお願いいたします、は「よろしくお願いします」を丁寧に厳かにした表現です。 「よろしくお願いします」は、相手によくしてもらいたいという気持ちを示す挨拶言葉です。 普段意味を考えずに使っている人も多いようですが、相手によくしてもらいたいということを表現するに適切な内容の末尾であるかどうか、時に意識することも必要です。 使いやすい挨拶言葉なので、ビジネスにおいては珍しいシチュエーションでない限り使っておかしいことは少ないのですが、意味を知って使うか知らずに使うかで、あなたの表現方法に何らかの影響を与えます。 「何卒よろしくお願いいたします」の使用例 具体的なシチュエーションをみていきましょう。 会社の重要な取引先相手とのメールで、しかも普段やりとりしている担当者の上司に当たる方へメールをするときに末尾に持ってくるにはぴったりの表現です。 「ご多忙の折お時間を頂戴できますことに、深く感謝申し上げます。 明日のお打合せにつきまして、何卒よろしくお願いいたします。 」 このように、~については良き取り計らいをお願いしたい、という表現にも使えます。 口語表現においても使用できますが、社内で使用するには丁寧すぎる印象を与えてしまうでしょう。 「何卒よろしくお願いいたします」の言葉がマニュアル敬語にならないようにする 便利な表現であるだけに、多用をしてしまうと口先だけの挨拶などという印象を与える恐れもあります。 直接言葉で発するときには心を込めて言うことはもちろん、前置きの言葉、枕詞 まくらことば をつけることをおすすめします。 「ご多忙のところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします」 このようにすることで、通り一遍な表現を使っているのではなく、自分でその場に適切な言葉を考えて発している、気持ちが入っている言葉と捉えてもらいやすいのです。 似た言葉の「何卒よろしくお願いいたします」を使う注意点 似た表現として、 「何卒よろしくお願い申し上げます」 「どうぞよろしくお願いします」 があります。 違いを説明できない人も多いのですが、いざ言葉を使用するときに細かい部分が理解できていないと自信を持って使うことができません。 しっかりと相違点を把握しておきましょう。 意味合いはどれも同じですが、「どうぞよろしくお願いします」は丁寧語の1つではありますが、自分がへりくだったり相手を持ち上げる意味合いはありません。 つまり、尊敬語でも謙譲語でもないのです。 同等の立場でのやりとりや、目上の人から目下の人に対する、カジュアルな挨拶言葉なのです。 目上の人に使用する人もいますが、好ましくはありません。 「いたします」と「申し上げます」の言葉の違い 「何卒よろしくお願いいたします」の「いたす」が「する」の丁寧語であるのに対して、「申し上げます」は「言う」の謙譲語です。 つまり、「何卒よろしくお願いいたします」も「よろしくお願いします」と同様に謙譲語でも尊敬語でもないのです。 より丁寧な表現ではあるので、ビジネスにおいても使われます。 「何卒」という言葉自体に敬語の意味合いはないのですが、「どうぞ」よりもかしこまった印象を相手に与えることが多いので、「何卒よろしくお願いします」の使用は不自然なのです。 「何卒よろしくお願いいたします」の言葉の意味を知り敬語の奥深さを表現する 相手によくしてもらいたい、ということを表す挨拶表現として便利な「何卒よろしくお願いいたします」ですが、あまりによく使われるので時にマニュアル敬語として嫌悪感を持たれることもあります。 そうした印象を避けるために効果的なのが、状況に応じた前置きです。 「ふつつかものではありますが、なにとぞ・・・」と口語で伝える言葉を文章にするときは漢字ではなく平仮名にすると柔らかい印象にもなります。 「何卒よろしくお願いいたします」はよく使い、使われる表現であるだけに、1つ1つの単語の意味も理解することでより豊かな表現力につながるでしょう。

次の