レター パック サイズ。 レターパックライトが3cm以上は送れない?厚さがギリギリにオーバーしてそうな時の対処法

レターパックプラスの厚さ・サイズをチェック!折り方次第で送料を抑えられる?

レター パック サイズ

レターパックの規格サイズ レターパックで発送できる荷物の大きさは、「レターパックライト」と「レターパックプラス」で違いがあります。 8cm 厚さ3cm以内 重さ4kg以内。 8cm 厚さ制限なし 重さ4kg以内。 大きな違いは、厚さとなります。 プラスの方は、封筒の封をきちんとできれば厚さの制限はありません。 レターパックの料金 レターパックの料金は、 「レターパックライト:370円」と「レターパックプラス:520円」となります。 封筒代込みで全国一律料金となります。 支払い方法は、現金となりますが一部の郵便局でキャッシュレス対応しています。 封筒は、郵便局窓口または、ローソンで購入できます。 関連記事: レターパックを出す場所 レターパックを出せる場所については、郵便局窓口または、郵便ポストになります。 最寄りの郵便局窓口で荷物を局員の方に渡して「お願いします」と言えば受け付けてくれます。 レターパックライトの場合は、専用定規で厚さの確認をされることがあります。 郵便ポストの場合は、ポストの口に合うサイズであれば投函できます。 レターパックを出す前に必ず追跡番号のシールを剥がして下さい。 後日、その番号をに入力すると配達状況が確認できます。 レターパックで利用できるオプション レターパックに追加できるオプションはありません。

次の

レターパックのサイズ!厚さオーバーで返送の場合や最大の箱の作り方

レター パック サイズ

まずはレターパックの宛名を印刷する上で、基本的な知識を知っておきましょう。 レターパックは日本郵便が運営するサービスのひとつです。 レターパックには2種類あり「レターパックプラス」と「レターパックライト」があります。 どちらも既定の紙封筒があり、既に宛名を書くための枠が印刷されています。 レターパックの宛名書きはその枠の中に納まるように書かなければなりません。 記入欄の枠からはみ出さなければ印刷可能 レターパックの宛名にはすでに綺麗な枠が印刷されているので、宛名書きを印刷にすることはできないのではと思われるかもしれませんが、1点だけルールを守ればレターパックの宛名書きを印刷することは可能です。 印字された枠、これに収まるサイズなら印刷した宛名を貼り付けても使用できます。 もちろんレターパック自体に印刷されている必要事項を全て記載するのは前提です。 レターパックの宛名は自分と相手の住所・名前・電話番号と品名を記載する ではまずは自分でワードやエクセルなどを使って、簡単にレターパックの宛先を作ってみましょう。 宛名に必要なのは相手の住所(郵便番号含む)、相手の名前、相手の電話番号。 自分の住所(郵便番号含む)、自分の名前、自分の電話番号。 最後に品名です。 当然ですが、必要事項はしっかりと記載するようにしましょう。 レターパックの印字はお届け先、ご依頼主、品名の三つに区切られています。 印刷の場合もこれらを分けて作る必要があります。 宛名の枠幅を考えて印刷しよう レターパックは消印を押すスペースなどが決まっているため、自分で印刷した宛名を貼るときは枠内に納めなければなりません。 枠線の上限ですが「レターパックプラス」「レターパックライト」ともに宛名枠のお届け先が横12. 9cm、ご依頼主が横12. 3cm。 品名が横15. 0cmとなっています。 これより小さ目に宛名を印刷すれば、十分貼り付けが可能です。 宛名をデータで取りこんで文字入れできるテンプレートもある 先ほど書いた枠線の大きさを踏まえて自分で宛名印刷するのも良いですが、ネット上にはもっと簡単に宛名を作ることができるサービスも提供されています。 まず白紙のレターパックの宛名をデータで取りこんで自分で文字入れできるテンプレートが有志によって配付されています。 日本郵便の公式サービスの印刷も視野に入れよう 日本郵便が提供する公式サービスも存在します。 その名も「ゆうパックプリントR」です。 こちらを使用すればビジネスで使う顧客リストなどを取りこんで利用することができるので、大量のラベル作成も簡単にできます。 レターパック用のテンプレートはサービス内容に含まれていませんが、先述したように宛名はそもそも枠内に収まれば印刷でも可能なので、普通郵便などのテンプレートを利用すればOKです。 ただし使用するためには郵便局への申請が必要です。 レターパックの宛名はサイズに注意すれば印刷できるのでテンプレートや公式サービスを利用するのがコツ レターパックの宛名を印刷で済ませるコツについて紹介しました。 今までお話してきたようにレターパックの宛名は、枠内に収まっていれば意外に柔軟な対応をしてもらえます。 自分で宛名ラベルを印刷しても良いですし、公式サービスやネット上で有志のサービスを利用してもいいでしょう。 レターパックの宛名印刷に関する知識があれば、ビジネスでもプライベートでも時間や手間を短縮できます。 ぜひ知識を付けて、レターパックを便利に使いこなしてみてくださいね。

次の

レターパックとは?サイズや料金を解説【用語集】

レター パック サイズ

まずはレターパックの宛名を印刷する上で、基本的な知識を知っておきましょう。 レターパックは日本郵便が運営するサービスのひとつです。 レターパックには2種類あり「レターパックプラス」と「レターパックライト」があります。 どちらも既定の紙封筒があり、既に宛名を書くための枠が印刷されています。 レターパックの宛名書きはその枠の中に納まるように書かなければなりません。 記入欄の枠からはみ出さなければ印刷可能 レターパックの宛名にはすでに綺麗な枠が印刷されているので、宛名書きを印刷にすることはできないのではと思われるかもしれませんが、1点だけルールを守ればレターパックの宛名書きを印刷することは可能です。 印字された枠、これに収まるサイズなら印刷した宛名を貼り付けても使用できます。 もちろんレターパック自体に印刷されている必要事項を全て記載するのは前提です。 レターパックの宛名は自分と相手の住所・名前・電話番号と品名を記載する ではまずは自分でワードやエクセルなどを使って、簡単にレターパックの宛先を作ってみましょう。 宛名に必要なのは相手の住所(郵便番号含む)、相手の名前、相手の電話番号。 自分の住所(郵便番号含む)、自分の名前、自分の電話番号。 最後に品名です。 当然ですが、必要事項はしっかりと記載するようにしましょう。 レターパックの印字はお届け先、ご依頼主、品名の三つに区切られています。 印刷の場合もこれらを分けて作る必要があります。 宛名の枠幅を考えて印刷しよう レターパックは消印を押すスペースなどが決まっているため、自分で印刷した宛名を貼るときは枠内に納めなければなりません。 枠線の上限ですが「レターパックプラス」「レターパックライト」ともに宛名枠のお届け先が横12. 9cm、ご依頼主が横12. 3cm。 品名が横15. 0cmとなっています。 これより小さ目に宛名を印刷すれば、十分貼り付けが可能です。 宛名をデータで取りこんで文字入れできるテンプレートもある 先ほど書いた枠線の大きさを踏まえて自分で宛名印刷するのも良いですが、ネット上にはもっと簡単に宛名を作ることができるサービスも提供されています。 まず白紙のレターパックの宛名をデータで取りこんで自分で文字入れできるテンプレートが有志によって配付されています。 日本郵便の公式サービスの印刷も視野に入れよう 日本郵便が提供する公式サービスも存在します。 その名も「ゆうパックプリントR」です。 こちらを使用すればビジネスで使う顧客リストなどを取りこんで利用することができるので、大量のラベル作成も簡単にできます。 レターパック用のテンプレートはサービス内容に含まれていませんが、先述したように宛名はそもそも枠内に収まれば印刷でも可能なので、普通郵便などのテンプレートを利用すればOKです。 ただし使用するためには郵便局への申請が必要です。 レターパックの宛名はサイズに注意すれば印刷できるのでテンプレートや公式サービスを利用するのがコツ レターパックの宛名を印刷で済ませるコツについて紹介しました。 今までお話してきたようにレターパックの宛名は、枠内に収まっていれば意外に柔軟な対応をしてもらえます。 自分で宛名ラベルを印刷しても良いですし、公式サービスやネット上で有志のサービスを利用してもいいでしょう。 レターパックの宛名印刷に関する知識があれば、ビジネスでもプライベートでも時間や手間を短縮できます。 ぜひ知識を付けて、レターパックを便利に使いこなしてみてくださいね。

次の