レオナ。 レオナ・ガーシュタイン

【Krush】レオナ・ペタス、武尊と同門の大岩龍矢を迎えV2戦「KOすれば武尊選手も黙っていないでしょう」

レオナ

ゲーム内での性能やアニメやゲームなどでの活躍から高い人気を誇るも、期間限定でしか入手することができない上に、ガチャの中でも高レアリティに設定されており、非常に入手困難なキャラクターである。 そのため、マーリンが入手可能なピックアップガチャが開催されると、ツイッター上のファンの間ではお祭り騒ぎのごとく話題となり、プレイヤーたちは必死に課金をしてガチャを回すのが恒例行事と化している。 そんなマーリンのピックアップガチャ開催が8日に告知された。 現在は「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」による、給付対象者1人につき10万円を配る特別定額給付金事業が実施されており、ようやく給付金が届き始めたタイミングである。 そのため、ファンからは、 「給付金回収に来たマーリンは草」 「やーいやーいお前のマーリン給付金」 と、悲喜こもごもの声が上がった。 ピックアップは6月14日、21日、28日の3日間のみ開催される。 「給付金10万、マーリンで溶かすかレオナで溶かすか」 また、「マーリン」告知と同日、ディズニーが協力しアニプレックスが制作したスマートフォン向け人気ゲーム「ツイステッドワンダーランド」(以下ツイステ)もガチャの告知を行った。 これを受けて、どちらもプレイしているとみられるユーザーからは、 「給付金産マーリンだけじゃなくて給付金産レオナにもなってしまうなこれは」 「給付金10万、マーリンで溶かすかレオナで溶かすか」 といった悩む声も。 ツイステは2020年3月にリリースされた新作ゲーム。 事前登録者数は150万人を超え、現在はアップルストアのトップ無料ゲーム4位に入るなど、まさに盛り上がっている最中のゲーム。 ツイステ公式アカウントが、10日からの期間限定ガチャに人気キャラ「SSR レオナ[ガラ・クチュール]」などを登場させると告知すると、4万件以上リツイートされるなど大きな反響があった。 また、給付金がらみでは競走馬「アーモンドアイ」も話題となった。 アーモンドアイは、7日に行われた安田記念(G1)に、史上最多となるG1「8冠」をかけて出馬。 単勝オッズ1. 3倍という圧倒的1番人気に推されたものの、2着に敗れた。 ツイッター上では、「アーモンドアイ」に給付金を賭けたとする人々から悲鳴が上がり、「給付金を農林水産省(競馬を所管する省庁であり、安田記念に正賞を提供している)に即返納することになるとは」といった書き込みが相次いだ。

次の

レオナ(ダイの大冒険)とは (レオナとは) [単語記事]

レオナ

7月21日(火)に開催する『Krush. 115』の対戦カードが発表。 Krushスーパー・ライト級王者レオナ・ペタス(28=THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)が大岩龍矢(28=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を相手に2度目の防衛戦に挑む。 武尊に最も近い存在として注目される逸材だ。 K-1にはランキングは無いが、もしあれば、武尊が王者、レオナが同級1位と言ったところか。 しかし、レオナの願い叶わずなかなか武尊戦が成立しない。 大岩は昨年の大阪大会で皇治と激戦を展開、3度目の王座挑戦に臨む 大岩は武尊と同様にハードパンチを売りとするファイター。 2019年8月のK-1大阪大会では地元の英雄・皇治とメインイベントで激突し、敗れはしたものの、皇治を大いに苦しめた。 Krush王座は過去2度挑戦し敗北。 大岩はレオナと初対決。 今回のタイトル戦について「(レオナ選手は)今スーパー・フェザー級で一番勢いがあって強い選手だと思います。 リーチも長くて、一発もあって、まとめる力もある。 強敵だと思います。 (武尊選手からは何かアドバイスをもらっていますか?)いつももらいます。 でも自分との戦いだと思っています。 ただ一番最初のタイトルマッチのときに武尊に言われたこと。 『一緒にベルト巻いて写真撮ろう!! これを実現させます」と意気込んでいる。

次の

【グラブル】『浴衣レオナ』の評価/性能検証まとめ【グランブルーファンタジー】

レオナ

概要 DQ10黎明期に起きたあるユーザーの叫びから始まったメンテ延長事件。 本来卑猥な言葉を名前につけられなくなっているドラクエだが、「レオナ」というユーザー名とシステムとして発生する「に」の繋がりが卑猥なものだと認識されてしまったらしく、名前が伏字処理されてしまっていた。 恐らく低年齢のユーザーを守るために伏字対象をシステムログの言葉の繋がりまで広げすぎていたからだろう。 しかし伏字が過剰すぎるため守るどころか卑猥な言葉を洗い出しているも同然であり、逆効果にしかなっていないのが皮肉。 (コナミの某有名恋愛ゲームのオンライン版のチャット機能でも厳しすぎる伏字規制により同様の事態が巻き起こってたりする) このシステムウィンドウで伏字になるという現象を改善するべくメンテナンスを入れたのだが、一回目のメンテで改善されないばかりか、ログインできるようになったとしても緊急メンテがすぐに勃発。 当時の2chではあまりにログインが困難なこの状況を「レオナメンテ」と呼んでいた。 この悲痛な叫びと呪いの様な長時間のメンテはアフィブログやネットニュースでも拡散され、DQ10内外でも随一の知名度を持つようになったレオナさん。 本人に落ち度が無くてもこうした形で目立ってしまうと叩かれるのが現代社会の恐ろしさであり、愚かで悲しい風潮である。 心ない者から「どうでもいい理由で」「長時間メンテによる"お預け"を引き起こした元凶」とか「周囲に強烈な迷惑をかけた害悪プレイヤー」と見なされた彼(彼女)は方々から「テメーが余計な事言うからだ!!! 」と言わんばかりに叩かれまくり、最終的にはキャラデリ(つまり完全引退)してしまった。 なお、この時のメンテでは放置LV上げ対応など他の修正もあり、決して伏字処理修正の為だけだけに行われたわけではない。 ましてやメンテナンスが長引いてしまったり、新たな不具合が見つかったために緊急メンテが発動したりといった事はプレイヤーには不可抗力だし、オンラインゲームには付き物。 というかたとえ延長でもその日のうちに済む程度ならマシな方で、星ドラなどメンテが長引いて 一日中かかったこともあるし、ドラクエ系列ではないにせよ、 一ヶ月半以上もメンテの続いた前代未聞の記録を打ち立てた作品さえ出てきたという。 無論、事情は違うにしても、上には上があるということだ。 まあ完全買い切りのゲームなどと違ってサーバーにログインしなければ遊べない以上、「早くメンテが終わらないかな~」というのはプレイヤーとして当然の気持ちだろう。 しかも頻発するメンテで「次はいつ発動するんだ……」などと思いながらプレイしていては楽しめるものも楽しめないというものだ。 だがスタッフだってそれは同じ。 メンテなどという作業はさっさと終わらせたいし、誰もこれほどメンテが長引き、頻発してしまうことなど予想し得なかったのだ。 そもそもレオナさんはあくまで改善要望を意見として出しただけ。 意見陳述はプレイヤーの正当な権利であり、不正や迷惑行為をしたわけでもなければ開き直って悪態をつくなどしたわけでもない善良なプレイヤーを寄って集って貶していい理由はどこにもない。 この一件は、「ゆとりのない心」がいかに危険かを訴えた出来事とも言えるだろう。 何の罪も落ち度も無い人が誤解や偏見、言いがかりによって周囲から批難され、居場所を失う様はDQ7のに通ずるものがある。 レブレサックの方は開き直った村長が「よそ者は徹底的に疑って追い出せ」的な指示を出したことで病的なまでの疑心暗鬼に陥ってしまっていたが、気に入らない・自分達にとって害悪だからと徹底的にやり込める(追い出す)などという愚行は二度とあってはならないのだ。

次の