ホイール バランサー 使い方。 【楽天市場】AP ハンディ ホイールバランサー

ホイールバランサーの使い方を教えてください。ホイールを取り...

ホイール バランサー 使い方

新年初の記事になりますのでこういった中華商品と言うのは如何なものか?とも思いますが・・・あけましておめでとうございます 本年ものんびり記事を書こうと思います。 送料込みで8,500円ほどでした。 ネットで事前にどういった感じの物か?また、精度に関しての情報収集はバッチリです 現物をパッと見る限りはアルミの鋳物をNC旋盤で削って精度出ししてるように見えるんですが、この 廉価版は鋳物をサンダーでおおよそ成形したような雑な仕上げを、塗装で誤魔化してる感じ?ほんとうにありがとうございました。 で、この 廉価版実際使ってみると問題が・・・有ります。 こう見るとアルミ素材をNC機じゃなく、きさげ加工・・・の精度の低い手作業で成形&平面だししてるようです。 (つまりリングのセンターがズレてしまい、その偏りがバランス崩れの原因になってしまう) もう一つ考えられる症状として、以下の要因が有りそう。 この症状が結構頻繁に再現され、何回も測りなおしてもチャランポランな答えしか出ない始末。 なので、このリングの上面を奇麗に平面加工する必要が有りますよ。 この作業は、平面の出た分厚い鉄板にサンドペーパーを張り付けたものの上で気長にズリズリしてみようと思ってます。 ここの平面が出た後、テフロンシート(PTFEシート)を張り付けておくと、滑りも良くなりセンター出しの際にリングがセンターズレするのも防げそう。 以上、 廉価版ポータブルホイールバランサーを買った際の加工要点でした。 まだ抉れた箇所の全てが消えたわけではないんですが、塗装の厚みで表面は均平化されました。 これ以上やると、4本ある鉄素材のガイドシャフトも削ることになり、硬さの違いから面が出ません。 一回この状態でホイールバランス取りの作業をやってみますが、いずれはテフロンシートをこの面に張り付ける予定なので、この部分の映像はこれっきりですよ。 ワークを仕掛けない何も載って無い状態で気泡水平器の校正をとっても、数回測定してまた見てみると気泡がズレてる! ・・・・・・これは、気泡水平器自体の問題だという結論に達しました。 水平器はバネで浮かしているのを3本のねじで緩く固定してあります。 木ネジっぽいネジでした。 これはでは調整しても、ちょっとした衝撃でスポッと抜ける事が有った様子。 作業の度に気泡が定まらないのは、この辺にも問題が有ったようです。 5ピッチのタップでネジ立ててみたら一応ネジ穴には成ったので、適当なネジで気泡水平器周りももう少し信頼性が増す予定です。 あと、バネレートがちょっと強すぎる気がするので、切るかも?かもかも 現状ではタイヤが18kgより軽いと、テーパーから離れちゃって、まったく使い物にならない状態です。

次の

タイヤバランサーの使用方法 特殊工具!

ホイール バランサー 使い方

タイヤバランサーとは タイヤバランサーは、その名の通り、バランスを取るものですが、正確にはタイヤだけではなく、タイヤとホイールを組んだ物のバランスを測定をします。 バランスは機械を使わないと測定ができませんが、個人レベルでするなら、ベアリングなどを使い、軽く動くようにすれば、かなりの所までバランスが取れると思います。 タイヤとホイールのバランスを取らないとハンドルがブレたりします。 ハブベアリングの為にもバランスは取った方がいいと思います。 また、外国メーカーのタイヤはタイヤ単体のバランスが国産メーカー程よくなく、ウエイトを貼る量が多めになります。 ちなみに、調達から設置まで全て自分でしましたので、タイヤチェンジャーと同様に安かったです。 使用方法 まず、ホイールバランサーにホイールを取り付けします。 ねじ式で固定できるようになっています。 オプションで、クイックリリースが付いたタイプもあります。 画像はゲージにてホイールの幅を計測しています。 目盛りは5J(インチ)を指しています。 ホイールバランサーに設定値を入力します。 ホイールのオフセットとホイールの幅(インチ)を入力します。 そして、スタートボタンを押すとホイールが回転して、バランスが測定されます。 左側に13g、右側に7gが表示されています。 バランス完了 左に10g、右に5gのウエイトを取り付けて、再測定しました。 左の画像のように0gが表示されホイールのバランス取りが完了しました。 一般的に5g単位のウエイトを使用しているので、5g以下の場合は0gが表示されるようになっています。 やろうと思えば、ホイールバランサーの設定で1gでも表示する事は可能です。

次の

ホイールバランサーの使い方

ホイール バランサー 使い方

前回を観てもらうと手っ取り早いので細かいポイントは省きますが、大雑把に加工した部分の説明をします。 まず見て判るのが、ホイールの座面が乗るリングの上面にフッ素樹脂製のスライドクッションを貼りました。 あと、気泡水平器の信頼度を増すため、ちょっとした加工を施しました。 箱だしのままだと、13㎜位のタッピングビスで留めて有り、下穴はネジ切りしてない状態です。 あとはホイールが当たるテーパーコーン部分を塗装剥がし&バフ掛けしてみました。 リングからはえてる4本のガイドシャフト?の端には抜け止めでスナップリングが嵌っているんですが、 リング下面からスナップリングまでの寸法はキッチリ合っていました。 が・・・この精度が逆に邪魔をしていました! つまり、正規品から鋳型を作って鋳造している本商品では、組み合わせた全体で微調整してどうにかセンターが出るのに、ある部分だけ正確な寸法で作ってしまっては結果的に歪んだ仕上がりになってしまうって事です。 悲しいなぁ・・・ なので、敢えてスナップリングの所にスペーサーを入れてアンバランスにすると、無事リングがセンターに収まりました。 これね、リングがセンターからズレていても作業自体に影響は無いんですが、ワークを仕掛けない状態で気泡水平器を校正する時に偏ったバランスで校正することになってしまっていた事になります。 タイヤを載せた時は、リングはセンターに有るため、まずその時点で気泡がズレる。 うん、ちゃんと載せたり降ろしたりしてもセンターに気泡が有ります。 リングのセンターずれをそのままでやった時は、バランサーを90度ずつ回して測定すると、気泡が同じ方向につられて定まってませんでした。 一応、正規品程度の精度は出せたものとして、改良加工はこれにて終了と致します。 ただ、依然として問題が残ってますね・・・ ホイールのセンターボスの径が大きいと、20kg強の重さのホイールでも、テーパーコーンにきっちり嵌らず浮いてフワフワしてますよ。 ガイドロッドの4本のバネを切る・もしくは部分的に圧縮するような加工で均等に短くする必要が有るかな? ハッキリ言って買うのはお勧めできませんね。 商品としてあまりにもいい加減な物であることを充分覚悟したうえでなら、って感じです。

次の