フランチャイズ 仕事 ハウスクリーニング。 【独立】ハウスクリーニング受注価格の実態とは?独立・開業の前に確かめたいこと

ベアーズ~~

フランチャイズ 仕事 ハウスクリーニング

Contents• 失敗しないフランチャイズ経営なら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• お客さんから依頼をもらうのが難しい• ハウスクリーニングは作業単価が安い• 営業や宣伝も自分でやらなければならない お客さんから依頼をもらうのが難しい ハウスクリーニングは、お客さんから依頼を受けることで、初めて仕事が発生します。 逆に言えば、お客さんから依頼が来なければ一円のお金にもなりません。 ハウスクリーニングで開業したての人にとって、お客さんから依頼をもらうのはかなり大変です。 なぜならお客さんからしたら、そのハウスクリーニングの業者が信頼できるかどうか分からないからです。 信頼がなければ、お客さんも大切な家に人を上げて部屋の中を掃除してもらおうとは思えません。 こうして依頼を獲得できず、稼げないまま廃業してしまう人もたくさんいるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスクリーニングは作業単価が安い お客さんからの依頼が少なくても、作業単価が高ければ、それなりに稼ぐことはできるでしょう。 ハウスクリーニングの作業単価は、せいぜい1~2万円程度 作業単価が安いハウスクリーニングでは、とにかく件数をこなさなければ稼げません。 しかし先ほども説明したとおり、ハウスクリーニングはお客さんから依頼をもらうのが難しいため稼げないという人が多いのです。 営業や宣伝も自分でやらなければならない ハウスクリーニングで依頼を獲得するためには、営業やポスティングなどの宣伝活動が必要です。 営業や宣伝活動をしなければ存在すら知ってもらえないため、依頼が来ることはありません。 個人で開業した場合、営業や宣伝活動を全て一人ですることになります。 また営業や宣伝活動のやり方を、教えてくれる人もいません。 結局営業や宣伝活動がうまく行かないために依頼を獲得できず、稼げないという人が多いのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 儲からないと言われているハウスクリーニングで稼ぐ方法 ここまで説明してきたとおり、ハウスクリーニングで稼ぐのは、かなり難しいと言えます。 しかしだからと言って、諦める必要はありません。 何故ならハウスクリーニングには、稼ぐための方法もあるからです。 その方法とは、フランチャイズに加盟することです。 ハウスクリーニング業界には、フランチャイズ展開しているサービスがたくさんあります。 多くの フランチャイズ本部では加盟者の約9割が清掃業の未経験者ですが、それでも高い収益を上げているオーナーが続出しています。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 フランチャイズに加盟すれば儲けられる3つの理由 フランチャイズに加盟した人たちは、未経験なのにも関わらず、何故高い収益を上げられるのでしょうか? ここでは、フランチャイズに加盟すれば儲けられる3つの理由について説明していきます。 お客さんから依頼がもらいやすい• 最初のうちはお客さんの紹介をしてもらえる• 営業や宣伝活動のサポートをしてもらえる お客さんから依頼がもらいやすい フランチャイズに 加盟する最大のメリットは、本部の看板を使って開業できるという点です。 例えば「おそうじ本舗」のフランチャイズに加盟すれば、おそうじ本舗の名前を使って開業できます。 先ほども説明したとおり、信頼がなければ、お客さんから依頼をもらうのは困難です。 その 点、おそうじ本舗のような有名なフランチャイズ本部の名前を使えば、それだけでお客さんから信頼してもらえるため、依頼も受けやすくなるのです。 最初のうちはお客さんの紹介をしてもらえる ハウスクリーニングで開業してから一番大変なのは、始めたばかりの頃です。 なぜなら開業したての頃は、お客さんを一から開拓しなければならないからです。 その点、フランチャイズに加盟すれば、その心配はありません。 多くのフランチャイズ本部では開業間もない加盟店オーナーに対して、お客さんの紹介をしてくれます。 そのため、開業したてでも全く稼げないということにはなりません。 本部から紹介してもらったお客さんにリピートしてもらったり並行して営業や宣伝活動したりすることで、ゆくゆくは安定して依頼を受け続けることも可能になります。 営業や宣伝活動のサポートをしてもらえる 先ほども説明したとおり、個人で開業した場合は営業も宣伝活動も全て自分でやらなければなりません。 一方フランチャイズに加盟した場合、本部のスタッフが営業や宣伝活動のサポートをしてくれます。 例えば営業の際には、本部のスタッフが同行してくれたり悪い点を指摘したりしてくれるのです。 これなら営業をしたことがない人でも、スキルが身につくため安心です。 さらにフランチャイズ本部では、テレビCMを流すなどしてチェーン全体の知名度を上げる活動をしています。 チェーン全体の知名度が上がれば、加盟店オーナーも依頼を受けやすくなります。 このように、 フランチャイズに加盟すれば本部の宣伝活動の恩恵にも預かれるのです。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟店オーナーの収支モデル ここまでフランチャイズに加盟すればハウスクリーニングでも稼げる理由について説明してきました。 しかしなかには、本当にフランチャイズに加盟すれば稼げるのかと不安な人もいるかもしれません。 もちろんフランチャイズに加盟したからといって全員が稼げるわけではありません。 しかし努力や工夫次第では未経験からでも稼げることは確かです。 それを証明するためにも、ここでは未経験でハウスクリーニングのフランチャイズに加盟し高い収益を上げているオーナーの収支モデルを紹介していきましょう。 おそうじ本舗で開業1年目(店舗なし)の男性• 売上…880,710円• 経費…303,235円• 収益…577,475円 こちらはおそうじ本舗に加盟して開業一年目の男性の月の収支です。 こちらのオーナーは店舗を持たず一人で営業しているため、家賃や人件費などの固定費がかからず経費は30万円程度となっています。 売上が88万円あるため、経費を引いて月収は58万円ほどです。 おそうじ本舗で開業3年目(店舗あり)の男性• 売上2,075,051円• 経費1,073,982円• 収益1,001,069円 こちらはおそうじ本舗で開業3年目のオーナーの月の収支です。 こちらのオーナーは店舗を構えており人も雇っているため、経費が100万円と高くなっています。 しかしそのぶん売上額も高いため、月の収益は100万を超えています。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸 まとめ ハウスクリーニングは、以下3つの理由から儲からない業種だと言われています。 依頼をもらうのが難しい• 作業単価が安い• 営業や宣伝活動も一人でやらなければならない しかし有名なフランチャイズに加盟すれば、それだけでお客さんからの依頼が見込めます。 さらにお客さん紹介や営業・宣伝活動のサポートもしてもらえるため、安定して依頼を受け続けることも可能です。 そうなれば、儲からないと言われているハウスクリーニングで稼ぐこともできます。 ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟するなら、 業界トップの知名度を誇り本部からのサポートも手厚い「おそうじ本舗」がおすすめです。 ハウスクリーニングで稼ぎたいという方はまずは資料請求してみてはどうでしょうか。 🌸🌸🌸 関連記事: 🌸🌸🌸.

次の

ハウスクリーニングで独立・開業できるフランチャイズ募集一覧|日本最大級!『フランチャイズ比較ネット』

フランチャイズ 仕事 ハウスクリーニング

ただ、資格を持つことで知識の豊富さも違い、 お客様の信頼度は格段にアップします。 お客様から「あなたに掃除を依頼したいの!」と選んでいただけることは、ハウスクリーニングを仕事にする上で非常に重要です。 また、開業するにあたっての注意点なども調べておきたいところです。 共働きで子育ても忙しい夫婦や、高齢の方にとって ハウスクリーニング業者はとても心強い存在です。 家がキレイになると、住んでいる人の心も明るく、笑顔溢れる毎日が過ごせます。 ハウスクリーニングというのは、そんなお手伝いができる素敵なお仕事です。 今回は、 ハウスクリーニングの資格や、ハウスクリーニングの仕事内容について紹介します。 開業手続きをすれば、 個人で開業することが可能です。 しかし、ハウスクリーニングの資格がないとお客さんからの信頼を得ることが難しく、仕事をするのに不利となります。 ハウスクリーニングを仕事する上で、 持っていると便利な資格について紹介します。 【ハウスクリーニングの資格】ハウスクリーニング技能士の国家資格 全国ハウスクリーニング協会が主催している「国家試験」です。 マークシートの学科試験と、 7つの実技試験に合格すると、 ハウスクリーニング技能士としての資格が得られます。 受験資格は 3年以上の 実務経験が必要となるので注意しましょう。 【ハウスクリーニングの資格】整理、収納、清掃コーディネーターの認定資格 日本ハウスクリーニング協会が認定している資格で、 3級~1級まであります。 部屋の正しい片付け方や、上手な収納方法などの整理整頓に関する知識や、掃除用具の適切な選び方と使い方、洗剤の基礎などを習得すると得られる資格です。 また、整理、収納、清掃コーディネーターの指導ができる コーディネーター指導員の資格もあります。 認定校でカリキュラムを終了または、試験合格基準に達すると取得できます。 【ハウスクリーニングの資格】消臭クリーンアドバイザーの認定資格 整理、収納、清掃コーディネーターと同じく、 日本ハウスクリーニング協会が認定している資格です。 消臭に関する知識を学ぶと、学んだ証として認定されます。 資格取得の条件には、 ハウスクリーニング士2級の資格が必要です。 【ハウスクリーニングの資格】資格がなくても主婦でも働ける?• 「子育てや家事など、主婦業と両立して働きたい!」 「フルタイムでバリバリ働きたい!」など希望のスタイルがありますよね? 自分にあった働き方を見つけるために、 どんな働き方があるのか紹介します。 【ハウスクリーニングの資格】フランチャイズに加入してハウスクリーニングする! 全国的にも有名な「おそうじ本舗」などのフランチャイズに加盟するメリットは、未経験でも一からハウスクリーニングのやり方を学べ、開業するにあたってもサポートを受けられるところです。 有名なフランチャイズの板をかかげられるため、 仕事を取りやすいのが最大のメリットです。 ただ、フランチャイズの デメリットは開業資金が高いところです。 開業するにあたり 200万円以上の資金が必要となるので、資金を十分に準備する必要があります。 【ハウスクリーニングの資格】ハウスクリーニングの清掃会社に就職する! ハウスクリーニングをしている清掃会社に就職するメリットは、 毎月給料をもらいながら技術を身につけられるところです。 正社員ではなくても、パートで仕事させてくれる会社もあります。 子育てや家事と両立したい人にとっても有難いですね。 デメリットは不安定なため、 脱サラすると軌道に乗るまでは給料が下がることです。 将来開業するために給料をもらいながら技術を身に着けるのも一つの方法ですが、退職後に自分で営業をして、仕事を取ってくるハードルが高くなりやすいです。 【ハウスクリーニングの資格】個人で開業している方に弟子入りする! 開業している方に弟子入りするメリットは、 プロの技術を間近でじっくりと学べることです。 また、弟子入りすることで掃除道具など、 必要なものを最小限におさえられます。 ただ、 この方法でお仕事をするのは難しいのが現状といえます。 お弟子さんをとる方も少なく、もし弟子入りさせてもらえた場合でも、どのあたりで独り立ちさせてもらえるのか、 営業しなくてもいいのかなど将来的なプランを考える必要があります。 【ハウスクリーニングの資格】ハウスクリーニングの仕事内容 ハウスクリーニングの資格や、働き方がわかったところで具体的な内容も確認しておきましょう。 その名のとおり、家のお掃除がお仕事なのですが、 「退去した後のマンションやアパートの清掃」と「在宅ハウスクリーニング」の 2種類があります。 退去した後のハウスクリーニングでは、ワンルームから4LDKまでのマンションや、一軒家の引っ越し後の清掃をします。 在宅ハウスクリーニングでは、在宅中の家のエアコンやレンジフード、浴室などパーツごとの場所を掃除します。 掃除する場所は主に以下のとおりです。 キッチンの周りのクリーニング• 洗濯置き場のクリーニング• 洗面所のクリーニング• 浴室 カビ取り、お風呂の蓋、排水溝、換気扇など のクリーニング• トイレのクリーニング• 窓の掃除 サッシの汚れ、網戸のほこりなど のクリーニング• 押し入れ、照明のクリーニング• 玄関周りのクリーニング• ベランダなどのクリーニング 外せるパーツは全て外して、ほこりや汚れを取り除きます。 使用する洗剤も、ハウスクリーニング業者ならではのものが多く、 お客様が自分では取り切れなかった汚れを取っていきます。 あるご夫婦は、3歳の子供がいてお仕事をしながらの引っ越しの際、キッチンとベランダの網戸などのクリーニングを依頼しました。 網戸を外して丸洗いしてもらえて非常に助かったと言っていました。 キッチンの掃除では、どんな洗剤を使って拭き上げていくかなど、丁寧に説明してくれて安心できたそうです。 大きな物を外したり運んだりするので、男性と女性のスタッフが 2名で 来て作業をしてくれたとのことで喜ばれていました。 女性でも、男性でも性別問わずに働けるのもハウスクリーニングの仕事のいいところですね。 【ハウスクリーニング資格】国家試験のハウスクリーニング技能士 資格を取得するならどれがいいの?という悩みもでてきますよね? どんな仕事においてもいえることですが、資格は取った後が重要です。 いかに知識と経験を積んでいくかで、 その資格が活かせるかどうかという話になってきます。 もっているだけでは、「その道のプロ」として仕事を成立させるのは難しいといえます。 だからこそ、本気でハウスクリーニングの資格をとって仕事にしたい!と思っている方には、 国家資格であるハウスクリーニング技能士の取得がオススメです。 受験資格として 3年以上の実務経験が必要となるので、 清掃会社などに入社して実務経験を得てから受験することになります。 3年以上の経験を積んでの受験ですから、自分にその仕事が向いているか見極める時間もありますし、自分次第で1つでも多くの知識を得て受験に挑めます。 では、ハウスクリーニング技能士の試験内容を確認しましょう。 【国家試験】ハウスクリーニング技能士の学科試験について知ろう!• 学科試験: 50問 60分• 合否基準: 加点法 60%以上• 受験手数料: 8,900円 【国家試験】ハウスクリーニング技能士の実技試験について知ろう!• 7課題 ダイニングチェアクリーニング、レンジフード洗浄、五徳の汚れ落とし、ステンレスの油汚れ落とし、磁器タイルの汚れ落とし、ビニルクロスの汚れ落とし、フローリング床のキズ補修• 合否基準: 減点法 60%以上• 受験手数料: 29,900円 書面申請または電子申請にて、受験の申し込みをします。 以前に学科試験のみ合格した方、または全国ハウスクリーニング協会が認めた職業訓練の修了試験に合格した方は 学科試験が免除されます。 また、以前に実技試験のみ合格した方やハウスクリーニング技能士の指定試験機関技能検定委員の職を 2年以上 勤めた方は実技試験免除となります。 【ハウスクリーニングの資格】開業する前に4つの注意点• ハウスクリーニングの資格以外に必要なのは「開業届」の提出です! 開業届は、開業してから 1ヵ月以内に 税務署に提出する必要がある書類です。 もしも開業届を出し忘れて、 1ヵ月を 過ぎてから提出しても特に罰則はありません。 しかし、 確定申告時に青色申告を使えないなどのデメリットがあるため、開業届はできるだけ 1カ月以内に提出しましょう。 ハウスクリーニングの資格以外に必要なのは「青色申告承認申請書」の提出 開業届と一緒に提出する 青色申告承認申請書は、提出することで特別控除などが受けられます。 ハウスクリーニングの資格以外に必要なのは「事業開始等申告書」の提出 都道府県の役場や、税務署に提出する地方税関連の書類です。 提出期限は都道府県によって異なるため各自で確認してくださいね。 開業届と同時期に提出する書類なので、 忘れずに提出してくださいね。 ハウスクリーニングの資格以外に必要なのは「請負業者賠償責任保険」の加入 ハウスクリーニングを開業するときに 請負業者賠償責任保険に入ることをオススメします。 お客様の自宅を清掃中に、 家具や美術品などを壊してしまうと多額の賠償金を請求される場合もあります。 その時に困らないように、この保険に入っておくと安心です。 ハウスクリーニングは資格がなくても仕事はできる! 今回は、 ハウスクリーニングの資格や、ハウスクリーニングの仕事内容について紹介しました。 資格がなくても掃除を仕事にできますが、 確かな知識や、経験があり、お客様の信頼度を得るためには必要な資格といえます。 ハウスクリーニングを依頼する側としても、これだけの勉強をしてハウスクリーニングでお客様の役に立ちたいと 頑張っている方に掃除をお願いしたいですよね? 家事や、子育て、仕事が忙しく自分で掃除する時間がなかったり、掃除がストレスでしかない方にとっては、 ハウスクリーニング業者の存在はとても有難いものです。 ホームページや業者の比較サイトなどを利用して資格や実績をよくみたり、実際に問い合わせをして、信頼できる会社に掃除を依頼しましょう。 を探す時は、を使えば予約前に不安な事を無料で業者に質問ができ、もちろん作業予約することが可能です。 まずは、ご自身にあった安心な店舗を探してみてください。 ハウスクリーニングをプロに依頼するなら ハウスクリーニングを専門家に相談しようと思っても、各社から資料請求する必要があったり、見積をもらって料金比較したりと、面倒ですよね…。 すまいのほっとラインなら、簡単にの業者を探すことができます。

次の

株式会社ベアーズ ハウスクリーニング加盟店 で独立・開業・起業

フランチャイズ 仕事 ハウスクリーニング

2020年に東京オリンピックを控え、ハウスクリーニングの需要が増しています。 市場調査サービスを行う「 富士経済ネットワークス」によりますと、ハウスクリーニングの市場規模は2020年予想で「1,820億円」に成長すると見込まれています。 市場規模の拡大と共に 「 ハウスクリーニングで独立や開業をしたい」 「 ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟しようかな」 とお考えの方もいらっしゃると思います。 しかし、ハウスクリーニングやガラス再生研磨技術で10年以上の実績のある弊社から致しますと、安易にハウスクリーニングのフランチャイズに加盟することはおすすめできません。 ここでは、ハウスクリーニング業界に身を置く弊社だからこそ知る「 フランチャイズ経営の実態」や「 独立・開業で失敗する理由」をお届け致します。 ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟を否定しているのではなく、安易に参入し1年もたたず廃業に追い込まれた同業者を見てきたからこそ、ここで記事にしております。 ぜひ、ハウスクリーニングのフランチャイズ加盟をお考えの方は、ご覧になってください。 記事をご覧になってから加盟を検討しても全く遅くはありません。 なぜハウスクリーニングのフランチャイズ独立開業で失敗するのか!経営実態 ここでは、なぜハウスクリーニングの独立・開業で失敗をするのかその理由をご紹介させて頂きます。 この仕組みは大変素晴らしく、今後独立にあたって必要な技術や基礎知識を習得できるため、独立・開業に向けて自信がつく重要なステップでもあります。 ただ、その代わりフランチャイズ加盟店は、本部に対して「 初期費用」を支払う必要があります。 費用は、フランチャイズサービスを提供している会社によっても違いはあるものの統計を参考にすると以下が目安となります。 < フランチャイズ加盟初期費用> 項目 金額 th 加盟金 200,000~900,000円 保証金 200,000~300,000円 研修費 440,000円 器材費 1,550,000円 開業支援金 50,000円(開業後の支援代金) システム使用料 150,000円(財務管理システム等) 合計額 2,590,000~3,390,000円 いかがでしょうか? 未経験から、ハウスクリーニングのフランチャイズで独立・開業を目指す方は意外と知らない方も多いのですが、 最低でも200万円以上の高額な初期費用がかかります。 開業支援金や、機材費など本部が加盟店をバックアップするための金額です。 さらに営業活動をするために必要なパンフレットやチラシなども本部が指定したものでなくてはならず、こちらの費用も高額なことが多いです。 「 高額な初期費用に加えてロイヤリティも発生するの?」 と驚かれる方が多いのですが、フランチャイズ本部の知名度やステータスをお借りして開業をするため、加盟店は本部に対して「お礼金」を支払わなくてはいけないのです。 ただでさえ、開業・独立当初は利益率が低い状況であるのに、毎月の高額な出費は加盟店から見ると相当な負担となります。 と言いますのも、ハウスクリーニング 本部はフランチャイズ加盟店に対して、交通費や駐車場代までは負担してくれません。 ハウスクリーニングは、繁忙期と閑散期との差が激しく1日8時間作業もざらですし、次の入居を控えている空室クリーニングの場合には、作業が終了するまで帰れないこともあります。 そのような場合、都市部ですと駐車代金や交通費も高額になってしまいます。 地方と違い、都市部は交通費や駐車代もかかりますから、どのエリアで独立・開業を目指すのかも重要に。 その理由は、管理会社の名前で物件を管理している分、 営業車両に大きなフランチャイズ店のロゴがあることを嫌うからです。 管理会社からすると下請けの社名は控えてもらいたい事情があるため、このような車両で営業をするフランチャイズ加盟店は仕事を受注しにくい構造に。 おそらくハウスクリーニング業界ならではという事情ではないでしょうか。 このような場合に、頼みの綱となるのがエンドユーザーからのご依頼ですよね。 ハウスクリーニングの繁忙期は、概ね「 2月・3月・4月」と「 年末」が稼ぎやすい時期と言われており、エンドユーザーからのご依頼も舞い込みます。 この時期は、確かにそこそこ忙しいのですが、実は1年を通してみると繁忙期と閑散期との差が大きく何百万円の初期費用が無駄になってしまうことも。 さらに、繁忙期であってもエンドユーザーからのご依頼額は、「 ワンルーム空室クリーニング」を例にすると、 28,000〜30,000円前後。 なかなか良い金額のように感じるかもしれませんが、3LDKのサッシなどをクリーニングするだけでも、7時間なんてざらにあります。 また、キッチンや換気扇、五徳のひどい油汚れの場合には、10〜13時間もかかる方も普通にいらっしゃいます。 これではいくら繁忙期でも、 1日1件回るのが関の山。 入居日が間近だと帰れないこともあるため、フランチャイズ加盟前と加盟後ではイメージのギャップから辞めてしまう方が多いのです。 もちろんフランチャイズ加盟店全てが、このような状況ではありませんが、いわゆるハマり現場に当たると、1件の単価が上がらずに疲労困憊となってしまいます。 「ハウスクリーニングだから需要もあるし大丈夫でしょ」 と考えている人ほど、挫折しやすいのがお分かり頂けたかと思います。 ハウスクリーニングのフランチャイズ経営で失敗しないためのポイント ここでは、ハウスクリーニングやガラス再生研磨業界にて10年以上の実績のある弊社がフランチャイズ経営で失敗しないためのポイントをいくつかご紹介させて頂きます。 初期費用の安いフランチャイズを選定する ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟して、独立・開業を目指す場合には、初期費用についてなるべく低く抑える必要があります。 フランチャイズを運営する会社によっても、初期費用に開きがありますので、一度資料請求をしてみるなど、サービス内容の違いについても確認しておきましょう。 中には、初期費用がお安く済む反面、営業に使用する車両は購入が必要など、サービス内容が全く異なりますので注意してください。 ロイヤリティを慎重に検討する ハウスクリーニングのフランチャイズに加盟して、利益も確保できていないのにロイヤリティを支払わなくてはいけないのは大変な負担になります。 この ロイヤリティにつきましても各会社によって全く異なる金額設定のため、慎重に検討しましょう。 フランチャイズのサポート内容は充実かどうか フランチャイズに加盟する会社によって、加盟店のバックアップ体制も異なります。 開業後定期的に技術力を高める研修を設ける会社もあれば、本部から顧客紹介保証がついている会社もあります。 単純に開業費用だけで考えず、その後の加盟店への支援体制についても資料請求やお問い合わせ等で、慎重に決定してみてください。 【失敗しないために】独立・開業で不安なことは実績10年の弊社にご相談ください! ここまでハウスクリーニングのフランチャイズ独立・開業で失敗してしまう理由や、どうしたら失敗せずに済むのかそのポイントについてまとめましたが、いかがでしょうか? ハウスクリーニングのフランチャイズは、業界としてもニーズがあり、挑戦する方が増えております。 しかし、 高すぎる初期費用や毎月支払うロイヤリティ、さらにはハウスクリーニングならではという顧客単価など、さまざまな問題があります。 ぜひ、これから独立・開業をお考えの方は、これらの事実を知って頂き、じっくりと検討してから行動されることをおすすめします。 また、弊社ではハウスクリーニングやガラス再生研磨業界にて、10年以上の実績があり、ハウスクリーニング業界事情にも精通しております。 ぜひ、ハウスクリーニングのフランチャイズで後悔する前に、一度弊社にご相談ください。 「 安易にフランチャイズに加盟したことで、後悔して欲しくありません。 」 弊社では、フランチャイズ経営は一切しておりませんが、無料で独立・開業のお悩み相談を行っております。 業界事情を知ってからでも、フランチャイズへの加盟は全く遅くはありませんので、一度弊社へお電話またはお問い合わせフォームからご相談ください。 弊社が なぜハウスクリーニングではなく、「 ガラス再生研磨業界」に身を置くのかその辺りの事情も踏まえてご紹介させて頂きます。 関連記事一覧.

次の