ラグラージ。 ラグラージの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ラグラージの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ラグラージ

Lv27 恐るべしハイドロ地震ラグラージ SL、HL、MLどのリーグPVPにも標記ラグラージって出現しませんか?水等倍キャラを対峙させても、次々と繰り出されるハイドロでゴリゴリ削られ、まさかのタイミングで地震… そんなラグラージに負けず、悪戦苦闘している方々に質問です。 初手苦手タイプゴリ推しキャラからのラグラージというパターンの場合どう対処しますか? 例 現在のHLの私のPT苦手タイプは悪です。 勿論それなりの対策は考えて想定していますが、つじ切り連発ハッサムからのラグラージは最悪のパターンです。 更につじ切りがブーストした場合には勝ち目なしです…泣 以上、長文となり申し訳ありませんが、是非アドバイス願います。 m こんにちは。 ラグラージ確かに強いですね。 シーズン1はいなかったのですが、ホウエンイベントによる乱獲とすごいスペ技の使用で、一気にエース格になり、今HLで猛威を奮ってます。 同じようにシーズン2から使用し始めた方も多いのではないのでしょうか。 シーズン1は、ギラティナやはがねポケモンに刺さる技がないためスタメン落ちでしたが、現環境は、フェアリー(ギラティナ対策ポケモン)、草(ラグラージ対策ポケモン)タイプが多いように見受けられるので、毒技も効果を発揮してます。 ゲージ技が溜まっているなら、草技で瞬殺。 溜まっていないもしくはシールドを貼られたら、通常技でゴリ押しし、ゲージを溜めて、次のポケモンに即ゲージ技を放つ。 ラグラージは強いので、草ポケモンといえども、かなりHPは削られますが、ラグラージの次に出てくるポケモンにゲージを溜められるのも嫌なので、大技放ってすぐに瀕死になった方が好都合です。 ラグラージが出てきて、こちらから先に草ポケモンに変えた場合、相手もラグラージを引っ込めるだけなので、いかにラグラージに草ポケモンをぶつけるか。 交代のタイミングがポイントかと思います。 初手不利な相手が来たら、勝率が下がるには仕方がないとして、なんとか2体で相手のシールドを剥がし、こちらのエース級のポケモンにかけるってところでしょうか。 マッド、カノンほどではありませんが、ムチ、プラントも技の出が早く、威力も大きいので、相性の悪い相手でも、ごり押しでなんとかなることが多いです。 ブランドないなら使わない方がいいかもです。 はがね、悪、水を効果今ひとつで受けられ、ニョロボンが繰り出す爆裂パンチは強力です。 しかも、地震よりも出が早い。 草ポケモンを出しても、技の出がさらに早い冷凍パンチがあり、さらに厄介。 自分もシーズン1の時に試しましたが、冷凍パンチ持ちでも、ギラティナアナザーに敵わなかったので、スタメン落ち。 ただ、タチフサグマの普及など、今後の環境次第では、レギュラー復活させるかもしれません。 34 そこまでラグラージが強いのなら、大半の方がパーティーに入れると思うのですが、私含めそこまで沢山パーティーに入っている印象はないので、『山下さんがホント凄い』のではなく、miyavi さんと周りの方々が下手なんだと思います。 ご自身で語彙力不足だとおっしゃっていますが、語彙力ではなく、現状を正しく表現するための文章力が不足しています。 『等倍の水をあててもダメ』としか書いていなかったので、どうして草を当てないんだろう?と思い、回答しました。 今後はご自身がされた対策をしっかりと明記された上で質問するようにしてください。 ここまでやり取りをしたので、最後に出来るアドバイスとしては、ラグラージを倒す動画を探してはいかがでしょうか。 特に難しいことでもないので動画が存在するかは不明ですが、周りの方々も苦手で、文章を読んでも適応できないのであれば、動画を見て勉強するしかないと思います。 Lv12 SLでは私もラグラージ使いです。 ただしマリルリに勝ち、草に大逆転する可能性を残すため技2はカノン&ヘドロで運用してます。 できればメイン担当で対処したいですが、出す順番上そうもいかないときもあるのでサブが担当する場合はシールド惜しげもなく使って倒す感じです。 そういうポケモンです、ラグラージは。 ただそこまで採用率が高いくないので対策ポケモンを2匹いれるには至らないのが悩ましいところですねえ、、.

次の

【ポケモンGO】ラグラージのおすすめ技と評価|ゲームエイト

ラグラージ

印リザードン。 リザードンで王者の印を投げたかった。 基本的に印投げつけるとフリーフォールで妨害をしながら隣のメガラグラージを動かす役割。 追い風による素早さ操作を担いつつトリル始動要員を3ターンもの間封じることが出来るのがgood。 硬い・速い・火力高いの三拍子揃ったポケモンでどう考えても強い。 強さと使用率の差がどう考えてもおかしい新メガ。 無難に強かったせいで特に言うことがないな…。 ニョロトノ入りだとニョロトノが邪魔で地震をし辛そうだったので浮いている手動雨展開を狙ったがたぶん正解だったと思う。 あと相手のリザードンのソラビが怖くないのも良い。 偶然にもこうしてリザードンとラグラージ、そしてゲンガーというメガシンカ出来るポケモンを3体並べる形になったのでメガリザ偽装orメガゲン偽装みたいな空気を出すことが出来る。 あれ…? 普通のカポエラー。 猫だましで追い風補佐したりフェイントでワイガ割ったり。 やや薄いニンフィアへのまともな打点持ち。 ポイントアップを間違えてはたきおとすに使ってしまったので28回も叩き落とすことが出来る。 あと1匹 ここまでで5枠 この時点で浮いているポケモンが2体、指粉などはなくニンフィアへの打点に不安が残る。 さらに相手のモロバレルに手も足も出ない状態であり、対バレル、対叩き、対ニンフ、ここらへんの問題を1匹でなんとか解決しなくてはならない。 最初はトゲキッスを入れていたのだが電気耐性があまりにないため変更する必要が出てきた、さあどうするか。 テラキオンよりも素で速くショックで一撃なので叩き耐性も多少つく。 もちろんバレルに打点が持てて、浮いてるし電気耐性がある。 フリーフォールで持ち上げた相手に雨雷をぶち込む動きも出来るが別にそういう動きはしなかった。 余談だが、上で上げたマスキッパは耐久が非常に脆いので味方の地震を食らう前提でもモジャンボの方が硬いようだ。 なんなんだこの食虫植物は 戦績的な レートで使ってみた分にはとりあえず1700は安定していた。 リザードンがやや非力なのとラティの枠があまりしっくりこなかったのでそこを改善しないと1800以上は大変そう。 どうでもいいが初戦でアメリカ人にいきなり負けてものすごく落ち込んだ。 めでたい。 この構築がなかったらタコエッテを貸すところだったので危なかった。 自分は予選落ちだった。 リザードン自体はメガしなくても最低限の性能を持っているのでこうした形で使うのもありかもしれないと分かったことと、手動雨ラグがなかなか強いとわかったのが収穫だった。 次のリザードンはメガシンカさせます。

次の

【ポケモンGO】ラグラージのハイパーリーグおすすめ技と対策ポケモン:高威力&高回転攻撃が魅力!|ポケらく

ラグラージ

1 たいあたり ノーマル 物理 35 95 35 通常攻撃。 1 なきごえ ノーマル 変化 - 100 40 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 1 みずでっぽう みず 特殊 40 100 25 通常攻撃。 10 みずでっぽう みず 特殊 40 100 25 通常攻撃。 15 がまん ノーマル 物理 - - 10 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 20 みやぶる ノーマル 変化 - - 40 使用後、相手の回避率に関係なく攻撃が当たる。 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの『わざ』が当たるようになる。 46 まもる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制でき、そのターンの間、相手の『わざ』を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 52 じしん じめん 物理 100 100 10 相手がわざ『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 61 がむしゃら ノーマル 物理 - 100 5 相手の残り『HP』から自分の残り『HP』を引いた分のダメージを与える。 69 アームハンマー かくとう 物理 100 90 10 攻撃後、自分の『すばやさ』ランクが1段階下がる。 01 きあいパンチ かくとう 物理 150 100 20 必ず後攻になり、攻撃するまでに『わざ』を受けると失敗してしまう。 05 ほえる ノーマル 変化 - 100 20 必ず後攻になる。 野生のポケモンとの戦闘を終了する。 トレーナー戦の場合はポケモンを強制的に交換させる。 06 どくどく どく 変化 - 85 10 相手を『もうどく』状態にする。 07 あられ こおり 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『あられ』にする。 10 めざめるパワー ノーマル 特殊 - 100 15 自分の個体値によって『タイプ』と威力が変わる。 15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 17 まもる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制でき、そのターンの間、相手の『わざ』を受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 あまごい みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 やつあたり ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最高102。 26 じしん じめん 物理 100 100 10 相手がわざ『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 27 おんがえし ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最高102。 28 あなをほる じめん 物理 80 100 10 1ターン目に地中に潜り、2ターン目に攻撃する。 地中にいる間はほとんどの『わざ』を受けない。 31 かわらわり かくとう 物理 75 100 15 相手のわざ『リフレクター』の効果を受けず、相手のわざ『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 かげぶんしん ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 42 からげんき ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 44 ねむる エスパー 変化 - - 10 『HP』と状態異常を全て回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 メロメロ ノーマル 変化 - 100 15 相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時は失敗する。 56 なげつける あく 物理 - 100 10 自分の持っている『どうぐ』によって効果が変化する。 投げつけた『どうぐ』はなくなる。 58 こらえる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制できる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けても『HP』が1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 71 ストーンエッジ いわ 物理 100 80 5 急所に当たりやすい。 72 ゆきなだれ こおり 物理 60 100 10 そのターンに相手の『わざ』のダメージを受けると威力が2倍になる。 必ず後攻になる。 76 ステルスロック いわ 変化 - - 20 使用後、相手はポケモンを交換する度に、出てきたポケモンはダメージを受ける。 『タイプ』相性の影響を受ける。 78 ゆうわく ノーマル 変化 - 100 20 相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時は失敗する。 82 ねごと ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている『わざ』のうち1つをランダムで使う。 『PP』が減少するのはこの『わざ』のみ。 83 しぜんのめぐみ ノーマル 物理 - 100 15 持っている『きのみ』によって『タイプ』と威力が変わる。 『きのみ』はなくなる。 87 いばる ノーマル 変化 - 90 15 相手を『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 分身は状態異常にならない。 03 なみのり みず 特殊 95 100 15 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 04 かいりき ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 05 うずしお HS みず 特殊 15 70 15 2〜5ターンの間ダメージを与え、その間相手は逃げられない。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 水中にいる間はほとんどの『わざ』を受けない。 事前にわざ『まるくなる』を使っているとダメージが2倍になる。 H S けたぐり かくとう 物理 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた『わざ』のみ有効になる。 必ず後攻になる。 ただし『わざ』の『PP』は5になる。 交換すると元に戻る。 分身は状態異常にならない。 E ころがる いわ 物理 30 90 20 外れるまで5ターン連続で攻撃し、攻撃が当たる度にダメージが倍増する。 事前にわざ『まるくなる』を使っているとダメージが2倍になる。 E いびき ノーマル 特殊 40 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 E こらえる ノーマル 変化 - - 10 必ず先制できる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けても『HP』が1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 E いばる ノーマル 変化 - 90 15 相手を『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 E ねごと ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている『わざ』のうち1つをランダムで使う。 『PP』が減少するのはこの『わざ』のみ。 E まるくなる ノーマル 変化 - - 40 自分の『ぼうぎょ』ランクを1段階上げる。

次の