クライテリア 意味。 設計クライテリアとは?1分でわかる意味、耐震設計、構造設計との関係

criteriaの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク

クライテリア 意味

建築物は、地震の規模を中地震と大地震に分けて設計します。 1981年の建築基準法改正で規定され、「新耐震設計法」と呼ばれています。 1.長期【常時・積雪時】 日常的に作用する荷重・外力である長期荷重に対して、建築物の構造耐力上主要な部分に 使用上の支障が生じないことを目的とする。 長期許容応力度を超えないことを確かめる。 2.短期【積雪時・暴風時・中地震時(建物が存在する間に数度遭遇する、震度5弱程度の地震) 】 稀に発生する荷重・外力である短期荷重に対して、構造耐力上主要な部分に 損傷が生じないことを目的とする。 (部材を弾性状態に保つ。 短期許容応力度を超えないことを確かめる。 ) 3.終局時【大地震時( 建物が存在する間に1度遭遇するかもしれない震度6強程度の地震 】 極稀に発生する大地震時に、建物が倒壊・崩壊しないように設計する。 (部材の塑性化を許容する。 ) 法規上なくなった言葉ですが、黄色本では、 上記1と2を「許容応力度計算」と呼んでいます。 (参考) 黄色本p.

次の

criteriaの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク

クライテリア 意味

クライテリアは、判断基準を意味します。 設計をするとき、「何が最も優先度が高いのか」基準を持つ必要があります。 例えば、コストが最優先なのに、高品質な材料を使っては、設計クライテリアである経済性を満足しません。 今回は設計クライテリアの意味、耐震設計、構造設計、設計基準値との関係について説明します。 設計クライテリアとは? 設計クライテリアとは、設計するときの判断基準です。 基準値と考えてもよいでしょう。 建築物の設計では、色々な要望があがります。 例えば、経済性を良くしたいが、高品質な建材を使いたい場合、どうすべきでしょうか。 判断基準が無ければ、決めることができません。 設計クライテリアは、必ず満足すべき判断基準です。 仮に経済性が設計クライテリアであれば、グレードを落としてでもコストのかからない建材を使います。 常に判断が迫られる設計では、設計クライテリアを理解することが大切です。 また熟練の設計者になると、独自のクライテリア(判断基準)を持っています。 「設計者のこだわり」とも言えますね。 設計クライテリアと耐震設計、構造設計の関係 耐震設計や構造設計でも設計クライテリアの考え方は大切です。 構造設計や耐震設計では、設計クライテリア(基準値)は、建築基準法や各規準書が明確に示しています。 例えば、 部材の検定比は1. 00以下にすること は、構造部材に関する基本的なクライテリアです。 構造部材の安全性は、色々な側面から検証します。 例えば、下記のクライテリアがあります。 曲げ応力度 せん断応力度 たわみ 上記の全てを満足する必要があります。 曲げ応力度やせん断応力度は、所定の許容応力度以下になることを確認します。 スパンの長い梁の場合、応力度がOKの部材でも、たわみNGになる可能性があるのです。 構造設計には、色々な判断基準があります。 丸暗記はできません。 仕事の中で身に付け、設計を始める前に、設計クライテリアを確認しましょう。 構造設計の場合、設計クライテリアは鉄筋コンクリート造、鉄骨造の違いで変わります。 まとめ 今回は設計クライテリアについて説明しました。 意味が理解頂けたと思います。 設計クライテリアは、設計時の判断基準です。 設計で迷うとき、どちらかを判断する決め手となります。 構造設計や耐震設計では、色々なクライテリアがあります。 規準書や建築基準法をよく読みましょう。 下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

次の

不動産投資の指標 クライテリア(投資基準)とストレスチェック « SMART PROPERTY

クライテリア 意味

クライテリアは、判断基準を意味します。 設計をするとき、「何が最も優先度が高いのか」基準を持つ必要があります。 例えば、コストが最優先なのに、高品質な材料を使っては、設計クライテリアである経済性を満足しません。 今回は設計クライテリアの意味、耐震設計、構造設計、設計基準値との関係について説明します。 設計クライテリアとは? 設計クライテリアとは、設計するときの判断基準です。 基準値と考えてもよいでしょう。 建築物の設計では、色々な要望があがります。 例えば、経済性を良くしたいが、高品質な建材を使いたい場合、どうすべきでしょうか。 判断基準が無ければ、決めることができません。 設計クライテリアは、必ず満足すべき判断基準です。 仮に経済性が設計クライテリアであれば、グレードを落としてでもコストのかからない建材を使います。 常に判断が迫られる設計では、設計クライテリアを理解することが大切です。 また熟練の設計者になると、独自のクライテリア(判断基準)を持っています。 「設計者のこだわり」とも言えますね。 設計クライテリアと耐震設計、構造設計の関係 耐震設計や構造設計でも設計クライテリアの考え方は大切です。 構造設計や耐震設計では、設計クライテリア(基準値)は、建築基準法や各規準書が明確に示しています。 例えば、 部材の検定比は1. 00以下にすること は、構造部材に関する基本的なクライテリアです。 構造部材の安全性は、色々な側面から検証します。 例えば、下記のクライテリアがあります。 曲げ応力度 せん断応力度 たわみ 上記の全てを満足する必要があります。 曲げ応力度やせん断応力度は、所定の許容応力度以下になることを確認します。 スパンの長い梁の場合、応力度がOKの部材でも、たわみNGになる可能性があるのです。 構造設計には、色々な判断基準があります。 丸暗記はできません。 仕事の中で身に付け、設計を始める前に、設計クライテリアを確認しましょう。 構造設計の場合、設計クライテリアは鉄筋コンクリート造、鉄骨造の違いで変わります。 まとめ 今回は設計クライテリアについて説明しました。 意味が理解頂けたと思います。 設計クライテリアは、設計時の判断基準です。 設計で迷うとき、どちらかを判断する決め手となります。 構造設計や耐震設計では、色々なクライテリアがあります。 規準書や建築基準法をよく読みましょう。 下記の記事も併せて参考にしてくださいね。

次の