君たち は どう 生きる か 要約。 「君たちはどう生きるか」の要約|インスタ書店|note

君たちはどう生きるか-原作は漫画と違うぞ 貧困が主要なテーマの一つ

君たち は どう 生きる か 要約

「君たちはどう生きるか」という本が話題になっています、なんか名著らしいですね!そしてジブリのタイトルも「君たちはどう生きるか」発表されています。 宮﨑駿の新作とどのように絡んでいくのか気になります。 そんな本をとりあえず3行に要約しました。 となります。 主たる内容をまとめるとこの3つになるのではないかと思います。 内容的には俯瞰的視点・思考力・決断力を持ち過ちを認められる大人になってくださいということなどが書いてあります。 系統的には道徳の本や自己啓発本に近いのではないでしょうか。 「ちげーよ!そんな浅くねーよ」 って言いた方いると思います。 許してください。 岩波文庫の方を2回読んだので許してください。 かなり真剣には読んでいます。 別に軽蔑されていいので許してください。 下にあらすじも書きましたので参考にしてください。 ちなみにジブリの新作の君たちはどう生きるかはファンタジーらしいので内容的にはまったく本と関係ない可能性があります。 本のあらすじなどはマンガを読むとわかりやすいと思うのでおすすめです。 まだ続くので「君たちはどう生きるか」の内容が3行でわかった人はここでそっと閉じて違うサイトを見るも良しです。 もし少し内容を話のネタ程度に吟味したい方はマンガがすぐ読み終わるのでおすすめです。 君たちはどう生きるかのあらすじ 東京のお金持ちの家に生まれ、父を2年前に亡くしたた体格の小さなコペルくんと呼ばれる少年。 成績優秀だけどいたずらっ子で級長になれない。 そんな若者が社会のこと、貧困問題や働くということは何かを考え疑問を持つようになる。 そしてあるときは友人との人間関係に悩み葛藤する。 というストーリーが展開されていきます。 若者が悩みもがき苦しんでいる。 そして大人は助言をして導いていくという物語です。 個人的な感想・批評 ここからは私的な感想・批評になります。 素晴らしい人間とは何かということをけっこう書いています。 この本は基本的には美しい理想を掲げます。 そして上手いこと理想的な形で終わります。 しかし現実はそんな理想通りには行きません。 机上の空論です。 ぶっちゃけ好き嫌いがある内容だと思います。 私は嫌いですw この本を読んで大人の考える理想的な大人になって欲しいんでしょう。 でも理想的な大人がいないことに気がついて葛藤する思春期は避けられないし何処かで現実を受け止めた大人になると思います。 基本的には綺麗事です。 こころが汚れた大人が読むと斜に構えて批判したくなるような本かもしれませんね。 ここまで批判的に書いていますがそんな理想ですが別に悪くはないと思います。 理想もなくしてしまったらある意味終わりな気もしますしね。 どこまで理想と現実と向き合えるか次第です。 この本を評価している人は理想的な人間になることが難しい現実を甘受した上で理想論を楽しめる大人なのだと思います。 そんな大人にはおすすめです!私はどうやら卑屈な大人になってしまったようです。 なんというか池上彰を見ているような気分になります。 池上彰っぽいので好きなら面白いと思いますが保証はしません。 小説として読むのはちと厳しいですね。 結構ご都合主義で進んでいきます。 そもそも文学作品として構想されていなかったようです。 著者の吉野源三郎さんという方が小説家というわけではないので仕方がないと言えば仕方がないのかもしれません。 娯楽的な読み物として読もうと思うわずに読み切る必要があります。 内容はわりと普遍的なことを書いているので今でも通用すると思います。 しかし古いですね。 とは言ってもこういう本を読んで「違うのでは?」「古い」「くだらない」考えるだけでも、著者の主張である自分で考えるという所につながっていると思います。 哲学を否定することがすでに哲学をしている的なノリです。 やっぱ批判的思考というのは結構重要です。 そのまま本の内容を真に受けるほうが著者の主張的には望まないことだと私は思います。 こういう本があまり好きでない私のようなひねくれ者もいますが内容は悪くないですよ。 サラッと読んでみてもいいと思います。 マンガを読んで満足した人はとりあえず文庫の最後のところをを読むといい 「君たちはどう生きるかをめぐる回想」というところが文庫によくありがちな立派な書評になっています。 ぶっちゃけまして私が真面目に書評を書くよりも100倍は素晴らしいことを書いています。 なのでそこを読んでみるのはお勧めしたいです。 「なるほど」と思うところはありますね。 何となく日々興味のあることを書いている一貫性のない雑記ブログです。 医療従事者なのでちょっとだけ健康のことや病気のことを書くことが多いかもです。 アーカイブ• 18 カテゴリー• 最近の投稿•

次の

君たちはどう生きるか-原作は漫画と違うぞ 貧困が主要なテーマの一つ

君たち は どう 生きる か 要約

あらすじ・要約 主人公は中一の少年・コペル君。 友だちとの約束を守れなかったり後悔にくれたり。 でも、彼は「生きること」に真剣に向き合います。 後ろ向きではなく前向きに生きる。 君たちは人としてどうあるべきなのか。 君たちにとって何が大切なのか。 君たちは、犯した間違いから何を学んで生きていくのか。 君たちは、この世界をどうとらえるのか。 著者の文章はわかりやすく、そばにいて語りかけてくれるような、心にしみわたる感じがします。 戦前に書かれたにも関わらず、今なお、色あせない良書であり、中高生にこそ読んでほしい一冊。 読書感想文 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』は思春期の人にこそ響く本だと聞いて読みましたが、その時期を逃した方が読んでも、じゅうぶんに有意義な本だと思います。 本書には、「雪の日の出来事」や「石段の思い出」など、いくつかの印象的なエピソードがありますが、コペル君やお母さんのように、私たちにとっても(どうしてあんなことをしてしまったんだろう)とか(なんであのとき、もっとうまくできなかったのだろう)とか、思い返すたび後悔をせずにはいられないことはいくらでもあります。 私たちは、過去にも未来にも生きられません。 「いま」を生きなければなりません。 時には、はじめてのことで、「どうふるまえばいいのか」がわからずに、不適切な行動をしてしまうこともあります。 コペル君が友人との約束を破ってしまったときのように。 人生における理想は「どうふるまえばいいかわからないときに最善の選択をすることができる」ですが、それを実践することはなかなか難しい。 だから、次善の策として、私たちは正しくない(と思われるような)行動をしてしまったときは、物事をしっかり「後悔」し、先人が苦い肝をなめつづけた故事のように、決して忘れることなく次回に活かす行動をとるべきだと私は思います。 私たちが生きる世界は物質的には一つですが、私たちがこの世界を「どうとらえるか」は生きる人間の数だけあります。 たったひとつの真実を見抜いたとしても、それに対する各人の捉え方によって、世界は変わります。 4つ入りのヤングドーナッツの袋に2つのヤングドーナッツが入っていたとして、それを「まだ2つもある」と考えるか「もう2つしかない」と考えるかは人によって違います。 見方、考え方、さらにはそれらを総合した「生き方」の違う人が寄り集まって「世界」というものはかたちづくられています。 そんな成り立ちの世界ですから、「中心」はどこにも存在しません。 地球は23. 4度傾いた地軸を中心に回っていますが、世界の中心は誰でもありません。 『君たちはどう生きるか』を読んで得る最も大切な気づきのうちのひとつが、「世界は自分を中心には回っていない」です。 子どもは独りでは、なかなかこのことに気づくことができません。 なぜなら、気づいたときに起こる「では、自分はなぜ生きているのか」という問いに向き合うための勇気をもつことができないからです。 本書は「世界は自分を中心には回っていない」事実を私たちの眼前にまっすぐに突きつけてきます。 厳しい本であるといえばそれまでですが、でも、『君たちはどう生きるか』は私たちがひるまないよう、側に寄り添ってくれる優しさを持ち合わせてくれています。 読めばわかります。 世界は自分を、君たちを、私たちを中心には回っていないけれど、それでも自分にできる「最もよいこと」を積み重ねていく。 それが生きるということである。 世界の中心になる野望がうごめいていた国でよくこんな文章が書けたな、と感心するばかりです。 (1233字,原稿用紙3枚と7行) 名言 <正しい理性の声に従って行動するだけの力が、もし僕たちにないのだったら、何で 悔恨の苦しみなんか味わうことがあろう> <世間には、悪い人ではないが、弱いばかりに、自分にも他人にも余計な不幸を招いている人が決して少なくない。 人類の進歩と結びつかない英雄的精神も空しいが、 英雄的な気魄を欠いた善良さも、同じように空しいことが多いのだ。 君も、いまに、きっと思いあたることがあるだろう> <過ちをつらく感じるということの中に、 人間の立派さもあるんだ> <お母さんは、あの石段のことでは、損をしていないと思うの。 後悔はしたけれど、 生きてゆく上で肝心なことを一つおぼえたんですもの> <僕たちは自分で自分を決定する力を持っている。 だから、誤りを犯すこともある。 しかし、 誤りから立ち直ることもできる> <世間には、他人の目に立派に見えるように、見えるようにとふるまっている人がずいぶんある。 そういう人は、自分が人の目にどううつるかということとをいちばん気にするようになって、本当の自分、 ありのままの自分がどんなものかということを、つい、おるすにしてしまうものだ> <苦しみを感じているのは君が正しい道に進もうとしているから。 自分を責めてしまうのは正しい生き方を強く求めているから。 人間ってもののあるべき姿を信じているから> <自分が本当に感じたことや真実心を動かされたことから出発してその意味を考えていくことが肝心だ。 常に自分の体験から出発して 正直に考えて行け> <何か心を打たれたことがあったら、それをよく思い返してみて、 その意味を考えるようにしたまえ> <人間としてこの世に生きていることがどれだけ意味のあることなのか、君が本当に人間らしく生きてみて、その間に しっくりと感じ取らなければならない> <正しい道義に従って行動する能力を備えたものでなければ、自分の過ちを思って、 つらい涙を流しはしない> <悲しいことや辛いこと、苦しいことに出会うおかげで本来の人間がどういうものであるかを 知る> 梨木香歩『僕は、そして僕たちはどう生きるか』.

次の

君たちはどう生きるかの要約とあらすじについて!ネタバレが気になる!感想と考察もチェック!

君たち は どう 生きる か 要約

本作では、主人公であるコペル君が叔父さんからのノートを通じて、いろいろなことを教わっていきます。 彼が興味を持ったとき、悩んだとき、嬉しいときなどさまざまな場面で、叔父さんは彼に伝えたいこと、伝えるべきことをノートに書き留めていくのです。 その内容が、とても考えさせられるもので、コペル君をとおして読者自身にも多くのものを投げかけてきます。 人間が人間同志、お互いに、行為をつくし、 それを喜びとしているほど美しいことは、ほかにありはしない。 (『君たちはどう生きるか』より引用) コペル君が、人間はどこかでみんな繋がっているという「人間分子」の関係を発見したと報告した時に、叔父さんがノートに書き記した言葉。 コペル君の発見を喜び、人間の素晴らしいところは、繋がり、支え合いながら生きていることだと伝えようとしています。 人間の本当の値打ちは、いうまでもなく、 その人の着物や住居や食物にあるわけじゃあない。 (『君たちはどう生きるか』より引用) コペル君が、貧乏である浦川君の家を訪ねたときに、叔父さんがノートにメモをしたこと。 たとえ貧乏であったとしても、高潔な心と立派な見識を持っているのであれば、尊敬に値する偉い人だと伝えたかったのです。 魅力2:『君たちはどう生きるか』油揚げ事件!いじめ問題を考察 コペル君のクラスには、よくいじめられている浦川君という子がいました。 彼らのクラスは医者や弁護士など、いわゆるお金持ちの家の子が多いのですが、浦川君の家は豆腐屋。 家族でなんとか切り盛りしているような家であったため、周りより貧乏であると、クラスのみんなは感じていました。 そんな彼のお弁当は、毎日、油揚げ。 そのためクラスのいじめっ子である山口君たちのグループは、彼のことを、影で「あぶらあげ」と呼んでいたのです。 あるとき、それを許せない北見君が、山口君に殴りかかります。 その際、いじめられている側の浦川君は、なぜか山口君をかばったのです。 そして彼を許してやってほしい、と北見君に頼み込みます。 そんな彼の姿を見たコペル君は、胸を打たれました。 浦川君の言動から本当の優しや心の強さを知り、たとえ不利な状況になったとしても何かが会った時に自分自身の気持ちを決してごまかしてはいけないと学んだのです。 コペル君は自宅にある日、粉ミルクを見て、それがどんな風に出来上がって、今この場にあるのかという過程を想像しました。 牛がいて、それの世話をする人がいて、乳をしぼる人がいて、工場に運んで、工場で加工して、トラックで運んで……1つの商品には多くの工程があり、その1つひとつに多くの人が関わっています。 彼がなぜこんな想像をしたのかというと、叔父さんからアイザック・ニュートンの話を聞いたからです。 彼は、林檎が木から落ちたのを見て、万有引力を発見した人物。 その話をヒントに、世の中の経済の当たり前の仕組みに気づくことができました。 最初は単なる思い付きでも、突き詰めていったら偉大な発見である場合もある。 ニュートンの話でこう気付いたコペル君は、粉ミルクについて考えを巡らせ、上で書いたような事実に行き着いたのです。 人間は分子のようにいろいろなところで結びつき、この世の中は回っています。 そのことに気づいた彼は、また一歩成長することができました。 魅力4:『君たちはどう生きるか』雪の日の出来事!弱気な自分を変える決意 北見君と喧嘩になった山口君は、上級生である兄に、このことを言いつけてしまいます。 そのためコペル君たちは、上級生から睨まれることになってしまいました。 そんなある時、上級生に捕まった彼らは、北見君を先頭に勇気を持って立ち向かうことに。 彼らは一致団結を約束していました。 しかし、そんななか、コペル君だけが裏切ってしまったのです。 彼は力のある上級生を目の前にして、どうしても勇気が出ませんでした。 そして彼の友達は、上級生にボコボコにされてしまったのです。 このことで、彼は自分のことを攻め続けます。 そしてずっと家に閉じこもり、つらい現実から逃げてしまったのです。 その結果、珍しく叔父さんから叱責を受けるのでした。 彼はこの出来事をとおして、とても大事なことを学びます。 それは、自分の気持ちを隠したままにしたら、後悔が残るということ。 そして彼のお母さんは、そのことについて実体験を踏まえて彼に話すのです。 それは、あるおばあさんが大きな荷物を担いで、石段を登っていたときのこと。 心の中では荷物を持ってあげようと思っていたものの、なかなか行動に移すことができず、遂に手伝ってあげることができなかったのです。 お母さんはこのことを、とても後悔したのでした。 叔父さんとお母さんの話を聞いた、コペル君が出した決断とは……。 魅力5:漫画もおすすめ!ベストセラー作品 漫画版では、「水仙の芽とガンダーラの仏像」という項目が省略されています。 この話は、インドのガンダーラ地方の仏像は、インド人が作ったのではなくてギリシャ人が作成していると、叔父さんがコペル君に伝える内容です。 そして、それは日本にも同じように流れてきており、奈良の大仏も歴史をたどっていけば、ギリシャ人にたどり着くと話しています。 歴史は繋がっており、同時に文明も繋がっている。 そのことを知ったコペル君は胸をときめかせ、美しい歴史と文化に感動したという内容です。 この話が収録されていない漫画も、十分に作者が伝えたいことを感じることができます。 でも、できればこちらも、そして小説版も読んでほしいところです。 ただ、漫画版は小説版と違い、叔父さんもコペル君とともに成長していくような姿が描かれているのが見所でもあります。 変わっていくコペルくんを見て、いろいろと考える叔父さんの姿に、読んでいて思わず共感してしまう部分もあるのではないでしょうか。 魅力6:『君たちはどう生きるか』は名言も魅力的!ランキングベスト5を紹介 本作には、素晴らしい名言が数多く登場します。 ここでは、そのなかで心に残るベスト5をご紹介させていただきます。 第5位 人間て、叔父さん、ほんとに分子だね (『君たちはどういきるか』より引用) コペル君が口にした言葉です。 叔父さんはこの言葉に感動し、ノートに残しました。 人間は本当に分子のように、皆が結びつきあい、世の中を形成しているということに、コペル君は気づいたのです。 (『君たちはどういきるか』より引用) 油揚げ事件を報告した際に、叔父さんがノートに書き記した名言です。 彼はコペル君に、自分の頭できちんと物事を考えてほしいと説いています。 そして、それを魂で知ることにより、立派な人間へと近づいていくと説いています。 第3位 本当に人類の役に立ち、 万人から尊敬されるだけの発見というものは、 どんなものか、ということだ。 (『君たちはどういきるか』より引用) コペル君が人間の生産関係に気づいたときに、叔父さんがノートに書き記した名言。 いったい万人から尊敬される発見とは、どんなものなのでしょうか。 それは苦労をして突き詰めたうえで、さらに苦労をして、人類の発展に貢献するようなもの、と叔父さんは説明しています。 第2位 尊敬せずにはいられない美しい心根や、 やさしい気持ちのあることを知ったのは、 君にとって、本当によい経験だった。 (『君たちはどういきるか』より引用) 貧乏によっていじめられていた浦川君の家を訪れ、友達になったコペル君。 そんな彼に対して、叔父さんが書き記した名言です。 人の価値はお金ではなく、心であるとコペル君に説明しています。 第1位 実行力といい、活動力といい、すばらしい精力といっても、 それはいったいなんなんだろう。 それは、人間が何かあることを成し遂げていく力ではないか。 (『君たちはどういきるか』より引用) ナポレオンに崇拝したコペル君に対して、叔父さんがノートに書き記した名言。 ナポレオンがなぜすごいのかを、具体例を持って説明したうえで、目的を果たすまでの行動力を賞賛しています。 『君たちはどう生きるか』結末をネタバレ解説!テーマを考察 コペル君がどう生きるかは彼の自由であり、そこにはいろいろな選択肢があります。 しかし、そこでどんな選択をするのであっても、人間にとって決して忘れてはならない部分があると、本作をとおして感じることができるでしょう。 「君たちはどう生きているのか」と問われた時、私たちはなんと答えるのでしょうか。 普段滅多に考えないそのようなことに思いを巡らせてくれるのが、本作なのです。 叔父さんやお母さんの話を受けて、コペル君はつらい現実から逃げず、友達に謝ることを決めます。 そんな彼に、叔父さんはここまで書き連ねたノートを渡すのでした。 そのノートの内容とは、どんなものだったのでしょう。 そしてコペル君は、友達にしっかりと謝り、仲直りすることができるたのでしょうか。 この物語の結末が気になる方は、ぜひ本編をお確かめください。

次の