メンタル リープ いつ。 【生後4ヶ月】赤ちゃんの寝つきが悪い、頻繁に起きる理由!いつまで続く?対策は?【メンタルリープ】

【ジーナ式相談室】生後3ヶ月、メンタルリープ期で夜泣きが頻発する

メンタル リープ いつ

メンタルリープってご存じですか? 私もつい最近知ったのですが、この1週間で体験して感動したので調べてまとめてみました。 メンタルリープとは 簡単にいうとめっちゃぐずる時期のことです。 赤ちゃんが生まれてから20か月までの期間に10回のぐずり期があるそうです。 このとき、赤ちゃんは知能を急激に成長させているようです。 赤ちゃん自体、自分の急激な成長にとまどい泣いてしまうようです。 この期間は何をしても機嫌が悪く泣き止んでくれないので、すごくしんどいです。 10回のメンタルリープの時期と計算方法の注意点 計算方法の注意点 週数は誕生日からではなく出産予定日からカウントしてください。 1回目:生後5週頃 物事の感じ方が大きく変わる時期。 五感それぞれの感覚が鋭くなる頃。 2回目:生後8週頃 物事に規則性があることに気づく時期。 自分の手足を認識できるようになってくる頃。 3回目:生後12週頃 動きや変化のあるものを認識する能力がつく時期。 ぎこちなかった動きが少しスムーズになる頃。 4回目:生後19週頃 物事の変化を総合的に感じ取るようになる時期。 5回目:生後26週頃 物事の関係性を理解するようになる時期。 パパママと離れることに恐怖や不安を感じることが増える子どももいるようです。 6回目:生後37週頃 物事を分類する力がつく時期。 五感が豊かに。 言語を理解する能力も飛躍的に伸びる時期です。 7回目:生後46週頃 物事の順序を理解するようになる時期。 積み木を積むためにはどうしたら良いかなど考えられるようになる頃。 8回目:生後55週頃 流れのある動きをひとつの工程としてとらえられる時期。 9回目:生後64週頃 ルールや規則を求めるようになる時期。 自分の決めたルールを守りたがるようになる。 自我が強くなる頃。 10回:生後75週頃 環境に合わせた適応ができるようになる時期。 善悪に対する判断能力も付き始める頃。 子どもの成長には個人差が大きいので参考くらいに見てください。 我が子の場合 普段は眠たくて寝付けないとき以外は、割と機嫌の良い「かまってちゃん」で 一緒に遊んであればいつもニコニコしていました。 外面も良いほうです。 お風呂も泣くことなく、湯船では歩き回ったりして楽しそうに遊びます。 夜も朝まで寝てくれるので助かっていたのですが、 先々週からとにかく機嫌が悪い時間が多くて、お風呂でもギャン泣き、夜泣きも酷くなったんです。 抱っこしても泣き続け、声が枯れ始めてしまうくらいでした。 眠い中、赤ちゃんを抱っこしてスクワットするのはなかなかしんどかったです。 生後3ヶ月くらいまでのしんどさを思い出しました。 どんなにあやしても機嫌が戻らず、ずっと泣いているので、もう私いらないんじゃないかと拗ねそうになる程でした。 1ヶ月前くらいにメンタルリープという言葉をたまたま知って、その時はスルーしたのですが、もしかしてと思って調べなおして計算してみたら、 私の子どもはちょうど7回目のメンタルリープの時期だったんです。 ぐずりは46週頃の前後、計2週間続きました。 そしてその頃からできることが増え始めてビックリしました。 出来るようになったことは、歩くのが更に上手になった、バイバイやパチパチが出来るようになった、音楽に合わせて体でリズムを取るようになった、型にはめられるようになった などなど。 他にも色々急成長したんです。 メンタルリープって本当にあるんだ!って実感する出来事でした。 今回の件はたまたまだったのか、メンタルリープだったのか55週頃どうなるのか観察しようと思います。 ぐずりの原因が分からないのが親にとって1番しんどいですよね。 可愛い赤ちゃんの辛そうな顔を見るとこっちも辛くなります。 赤ちゃんのぐすりが酷いと精神的にも肉体的にも辛いですが、赤ちゃんが頑張って成長している証なんだと思うとサポートしてあげたいという気持ちになりました。 今日から急に機嫌が戻ったので、私の寝不足も解消できそうです 笑.

次の

赤ちゃんのぐずりは成長の証かも ~メンタルリープ~|薬剤師ママリリ|note

メンタル リープ いつ

何をやっても泣き止まない。 病気じゃないのにずっと機嫌が悪い。 一日中泣いているのでクタクタ…。 このような 赤ちゃんのぐずりに悩んでいる ママは、是非お読みください。 この赤ちゃんの 超ぐずり期は、 『 メンタルリープ』と呼ばれ、 赤ちゃんの成長過程で脳が飛躍的に成長する段階に訪れる 『正常なぐずり』であるということをご存知でしょうか ? 欧米ではすでによく知られていて 9割以上の親が知っているのだとか! もし、赤ちゃんの 超ぐずり期を予測でき、備えることができたら… 超ぐずりのわけを知ることができたら安心だと思いませんか? この 『赤ちゃんのメンタルリープを知って育児を乗り越えよう』の記事では、赤ちゃんが 2歳になるまでに迎えるという 10回のぐずり期について詳しくご紹介します。 この記事を読めばきっと 赤ちゃんが泣き止まない 不安から解放されるでしょう。 <スポンサーリンク> 1.『メンタルリープ』は知能の急成長期 赤ちゃんの機嫌が悪く手がつけられない時期がある…と感じたことはありませんか? いつもは比較的扱いやすい 赤ちゃんでも急に 機嫌が悪くなり、なにをしても泣き止まず手がつけられなくなるようなことがあります。 どこか悪いのかな、 病院に連れて行った方がいいのかな…と思うほど酷い。 でも 熱もなくどこも悪くありません。 このように急に 赤ちゃんがめちゃくちゃぐずり出す期間を 『メンタルリープ』と呼びます。 メンタルリープとは、 メンタル mental=『心、知能』とリープ leap=『急な変化、飛躍』という言葉が合わさった言葉で、 赤ちゃんの知能が急激に成長する時期をこのように呼びます。 親からしてみれば、なにをしても泣き止まない困りものの 超ぐずり期に思えるのですが、実はこの メンタルリープの間に、 赤ちゃんたちは 知能を急激に成長させていきます。 この時期に起こる 脳の変化は、 赤ちゃんに 新しい能力をたくさんもたらします。 赤ちゃんは、脳と身体の急激な成長について行けず、気が動転し急に泣いたり、怒ってわめいたり、ママを追いかけてべったり離れなくなったりするのです。 これらの 赤ちゃ んの行動は、メンタルリープ中の オノマトペ 『エンエン・イライラ・ベタベタ』と呼ばれています。 この行動は 赤ちゃんが自分に起こった変化を理解できるまで続きます。 2.メンタルリープは2歳までに10回訪れる メンタルリープが広く知られるようになったのは1992年に、H. ヴァン・デ・リート博士とF・プローイュ博士の育児書 『THE WONDER WEEKS』の中で紹介されてからです。 博士らはこの本の中で、 メンタルリープは、 赤ちゃんの出産予定日から起算して 生後20か月までの期間に 10回訪れると記しています。 知能 の発達段階ごとに生じる変化を理解することによって、難しい発達段階を迎えた 赤ちゃんをサポートできます。 また 赤ちゃんが ぐずりやすくなった理由がわかるので、 ママの心の安定にもつながります。 それでは、 メンタルリープが起こる時期と、その時期に起こる変化についてみてみましょう。 赤ちゃんの週齢は、出産予定日を元に算出してください。 ・第1メンタルリープ 週齢5週:五感への入り口 五感の刺激を認識するようになる。 周りのものに対して 敏感に反応し、何かを見たり聞いたりすることに夢中になります。 そのため、よく笑うようになったり、じーっとこちらを見つめるようになったり音に敏感になったりします。 ・第2メンタルリープ 週齢8週:パターンの世界への入り口 身の回りの物事のパターンや物の構造を認識できるようになります。 自分の手足の形や、動かし方の規則性が分かるようになり、自分の意思で手足を動かすようになります。 手の届くところにあるものを握ったり、足や手をよく動かすようになります。 音を連続で出したりもします。 ・第3メンタルリープ 週齢12週:推移の世界への入り口 光景や音、感触などの移り変わりを感じ取るようになります。 そのため、 興味のあるものを目で追ったり、自分の見たいものがある方向に体を動かすようになります。 人や物が近づいたり離れたりすることもわかるようになります。 ・第4メンタルリープ 週齢19週:出来事の世界への入り口 複雑な一連の変化の様子を『出来事』として認識できるようになります。 大人と同じように今起きている出来事を過去と比較して理解できるようになります。 そのため、反復される自分の名前が分かるようになったり、大人の言葉をまねて 喃語を離すようになります。 『喃語』とは乳児期の赤ちゃんが舌を使わずに発する声。 「あっあっ」とか「えっえっ」など。 ・第5メンタルリープ 週齢26週:関係の世界への入り口 物や人との間に物理的な距離があることが分かり始めます。 親との間の距離にも敏感になるので、 ママと少しでも離れると泣いてしまうことも…。 ママはハイハイで付きまとわれたり、足に絡みつかれて 苦労する時期でしょう。 また、 この頃にはドアが開く音がしたら人が入ってくるなどのように、人や物と音と周りの状況が互いに連動していることを理解し始めます。 ・第6メンタルリープ 週齢37週:分類の世界への入り口 物事がどのカテゴリに属するかを理解するようになります。 食べ物や 動物などの種類を理解し、 名前が分かるようになります。 形も区別できるようになります。 ・第7メンタルリープ 週齢46週:順序の世界への入り口 物事の順序が分かるようになり、これまで壊してばかりいた赤ちゃんが元通りにしようとする動きを見せます。 例えば、積み重ねていた 積み木が倒れたら直そうとします。 物をくっつけたり重ねたりする前に、適切な手順を考えることが増えてきます。 同じ遊びを何回も何回もやることが増え、お付き合いするのにうんざりすることもありますが、順序の組み立ての訓練…脳トレと思ってください! ・第8メンタルリープ 週齢55週:工程の世界への入り口 目的にたどり着くためには様々な工程があることを理解します。 この時期には様々な手順を自分で試してみるために何でも自分でやりたがります。 お着替えや歯磨き、靴を履く…などなど時間がかかるし、自分ではちゃんとできないし…ママはイライラしがちですが根気強く見守ってあげましょう。 ・第9メンタルリープ 週齢64週:原則の世界への入り口 物事にはルールがあることを理解できるようになります。 そのため、その ルールを頑なに適応させようとします。 決まった 手順でやらないと嫌だと駄々をこねたり、決まった 椅子に座らないと嫌だと泣きだしたりします。 駄々をこねて駆け引きができるようになるのもこの時期です。 ・第10メンタルリープ 週齢75週:体系の世界への入り口 第9メンタルリープで理解した物事のルールをさらに俯瞰して見られるようになります。 そのため、状況に応じて ルールを適用できるように成長します。 善悪の判断が芽生え、自分の態度を自分の意思で加減できるようになります。 『自分で決めたい』『自分でやりたい』などの自我を出した行動が増えます。 3.ぐずり期は成長の証 ぐずり期は成長の証とポジティブに捉えて育児を乗り越えよう。 2歳までに 10回と言うと、おおよそ 2ヵ月に1回の頻度で 超ぐずり期がやってくることになります。 メンタルリープの存在を知らなければ、『またグズグズが始まった…』と暗い気持ちになりますが、知っていれば『これは赤ちゃんの成長期なんだ…』『また機嫌が悪い日が続いているけど、成長期に入ったんだ』と心構えができます。 そして、 赤ちゃんが泣き止まなくても理由がわかっているので、 ママも悩まなくなります。 それどころか、泣き止まないと言う悩みを成長の喜びに転換できるようになるのです。 このように、 ぐずり期をポジティブに捉えることで大変だった 子育てがぐっと楽になります。 これこそが メンタルリープの期間とその理由を知る 最大のメリットです。 メンタルリープを知らずに一日中赤ちゃんに泣かれてしまうと、親は途方に暮れてしまい、無力感さえ感じてしまいます。 しかし、 『泣くのは脳の成長期だからだ』と分かっていれば、不安感どころか『すくすく成長しているんだな』と安心感さえ感じられます。 また、どのような 成長段階にあるのかを知ることで、 赤ちゃんの気持ちを理解し手助けをしてあげることだってできます。 頭を悩ませていた 超ぐずり期も メンタルリープを知ることでポジティブにとらえ、 赤ちゃんの成長の手助けのチャンスにさえなるんです。 4.超ぐずり期を予測するアプリも! 赤ちゃんの週齢から予測できる メンタルリープの時期。 とはいえ、自分で算出するのは結構 めんどくさいものです。 赤ちゃんが メンタルリープに入る時期を自動で知らせてくれるものがあったらいいと思いませんか? 『ワンダーウィーク』という携帯アプリでは、赤ちゃんの 出産予定日を入力するだけで メンタルリープに入る時期をカンレンダーに表示してくれます。 そして、新たな メンタルリープを迎えるごとに赤ちゃんの頭の中でどのような変化が起きるのか教えてくれます。 赤ちゃんの発達に合わせたケアやあやし方遊びなども紹介してくれる 育児の味方です。 6と評価も高く、利用者にとってかなり役に立つアプリのようです。 特に、初めて赤ちゃんを育てる ママは、なんでぐずっているか何となくでもわかるので、気持ち的に 安心するようです。 App名: メンタルリープのアプリ:ワンダーウィーク デベロッパ: Domus Technica 5.メンタルリープ まとめ メンタルリープを迎えるたびに赤ちゃんの 脳は飛躍的に成長し、赤ちゃんの目の前の 世界はガラリと変わります。 そうして一歩一歩 大人の世界へ近づいて行くのです。 ですが、その変化があまりにも急激で動揺するために、 メンタルリープに入った赤ちゃんは必ずグズグズしたり、眠れなくなったり、食欲がなくなったり、ママから離れられなくなったりします。 そのため、この時期はパパやママの育児負担は急増! メンタルリープの存在を知らなければ、『このグズグズは一体いつまで続くのだろうか…』、『うちの子はどこかおかしんじゃないか…』と不安に思うことでしょう。 でも メンタルリープの仕組みと理由を知っていれば、赤ちゃんのグズグズ期を『脳の成長期』とポジティブにとらえることができます。 超グズグズ赤ちゃんに悩まされているのはあなた一人ではありません。 すべての赤ちゃんが等しく通る成長の過程が メンタルリープなのです。 メンタルリープを知って、不安で大変でイライラしていた 子育てが前向きで安心なものになることを祈っています。 最後に メンタルリープに関する本(電子書籍)をご紹介しておきます。

次の

メンタルリープを知って育児中の不安を解消【基礎知識と対処法】

メンタル リープ いつ

メンタルリープとは オランダのプローイュ博士が発見した 「赤ちゃんは特定の時期にわけもなくグズる」という研究結果があります。 このグズり期を「 メンタルリープ」と呼ぶのです。 メンタルリープはただのグズり期ではなく、この時期に 赤ちゃんの知能が大きく発達することも明らかになっています。 メンタルリープ=知能の成長期なんだそう。 各時期で発達する知能は異なりますが、 その成長についていけず赤ちゃんは戸惑ったり不安になったり動揺したりするそうです。 それが理由のわからないグズりとなってあらわれるんですね。 メンタルリープの時期 この「時期」というのは、 20ヵ月の間に10回おとずれるといいます。 各時期にはその期間で成長する知能にもとづいた名称もつけられています。 以下がメンタルリープの一覧です。 週数の数え方は出産予定日からの1週間を0週とします。 メンタルリープはグズりなどの行動や現象ではなく、 脳・知能の発達段階を示すものです。 赤ちゃんの脳の成長は受胎したときからおなかの中でも起こっているため、出産予定日をもとに計算するとのこと。 息子は予定日より9日遅く産まれたので、誕生日から計算した実際の週数より早めにメンタルリープに入ることになります。 早産の赤ちゃんは、メンタルリープが遅れてやってくるということになるそうです。 メンタルリープの内容とは? 各リープの詳細はこちらの公式ブログに載っています。 が、情報量が多いので 全部読んで赤ちゃんにどんな変化があるのか要約しました。 メンタルリープ10回分の内容総まとめについては以下の記事をご参考ください。 脳や知能の発達には段階があり、だいたいどのあたりで大きく発達するか、どんなことができるようになるかが決まっている そのころに戸惑いや情緒不安が見られ子供がグズることがある まとめるとそういうことですよね。 なので、 「嘘」「本当」「噂」という言葉で表現するのは少し違うのかもしれません。 「当てはまる」「当てはまらない」が適切なのではないでしょうか。 外国人の博士の研究なので、メンタルとかリープとか、〇〇の世界の入り口とか 日本人になじみのない言葉が並んでいることが「怪しい」「宗教じみている」「スピリチュアル」と思われるところなのかもしれません。 メンタルリープなんて嘘でしょ!と言われるのは 「赤ちゃんがわけもなく泣くのはメンタルリープという不思議な時期がおとずれるから」という メンタルリープのざっくりしすぎな概要だけがひとり歩きして広まっているからかなと思います。 生きた人間に起こることなので、個人差も大きく グズる時期のない子もいれば、全然関係ない時期に泣き止まない子、書いてある通りに成長しない子もいるでしょう。 「一概に言えないこと」がテーマなだけあって、賛否があるのは仕方がないなと思います。 メンタルリープの根拠について メンタルリープには根拠がないという批判をよく目にしますが メンタルリープの科学的根拠がこちらに記載されています。 もともとはチンパンジーの「退行期」をもとに、人間の赤ちゃんの行動を長らく研究して明らかになったもののようですね。 医学的とか科学的とかちょっと難しくて私にはなにも断言できませんが プローイュ博士は40年近く赤ちゃんと母親の関係性を研究して、多くのデータからこのメンタルリープを明らかにしたそうなので 統計学的には信頼できる情報なのではないでしょうか。 息子はメンタルリープに当てはまっていたのか? 息子は現在生後4ヶ月で、計算上は第4のメンタルリープまできています。 各リープに当てはまっていたのか、育児日記を振り返ってみました! 1回目 誕生日から3週間すぎごろ 布が手でつかめるようになった・喃語の種類が激増した・こぶしや指を手だと理解して食べている・細かい動きができるようになった と書いています。 4回目 生後4ヵ月ごろ 生活リズムがパターン化されてきてとても穏やかに過ごしていましたが、ある日突然火がついたように泣くようになりました。 特に夜寝る前のグズりがひどくて、 今までのリープ中とは比べものにならない泣き方をします。 2週間ほどそんな状態が続いて、やっと落ち着きを取り戻しました。 生後3ヵ月ごろに買ったオーボールを最初はうまく使えずに泣いていたのですが この時期を過ぎるとオーボールを掴み口元へもっていくとなめられる、手を振ると音が鳴る・投げられるということがわかってきたようです。 また、今までは目の前で私の手をちらつかせても反応なしでしたが、突然手をキツネの形にして振ると大喜びするようになりました。 こうして順を追って見ていくと、 今のところグズり期はぴったりはまっています! できるようになることや、そのとき起こる変化はやはり個人差があるのか、あてはまったりあてはまらなかったりですが グズり期のあとにできるようになることが増えるという点では毎回あてはまっています。 ツイッターなどではメンタルリープは 「子供のアップデート」と表現されることが多いですが、まさにそのとおりだなと感じますね。 メンタルリープの期間や長さについて 最後に、メンタルリープ最大の謎。 「メンタルリープの期間はいつからいつまでなの?」 「メンタルリープはいつまで続くの?」 ということについて。 各リープごとに継続の期間は異なり、 1週間以内のこともあれば1ヵ月ほど続くこともあるそうです。 ですが正確な期間は公式サイトを見てもどこにも記載がありません。 が、公式アプリでは知ることができます。 公式アプリでは子供の出産予定日を登録すると リープに入る時期、期限の良い時期、悪い時期、がカレンダーで一目でわかります。 そのリープのときに合ったあそびやケアの方法など読み物も充実していますよ。 メンタルリープに真剣に取り組みたい方はアプリをダウンロードしても良いかもしれません。 そうか今はメンタルリープ中だ 今回は長いし激しいな 大型アップデートかな? なんて グズり期を少し気楽に前向きに捉えることができると思うのです。 私はメンタルリープを知ってから、息子のグズりがひどくても 「今はそういう時期だから」とストレスを逃がすことができるようになりました。 たくさん泣かれても動揺せずにいられるようにもなりました。 ただし気を付けなければならないのは、ただのグズりではなく健康に問題があるときのグズりも考えられるということ。 公式ツイッターでも注意喚起がありましたが、なんでもメンタルリープで片付けず 少しでもおかしいと思う場合はすぐに受診することが大切です。 私はこんなものには逃げない!という考え方のお母さんもいらっしゃるでしょうし、子育てに正解なんてありません。 自分の良いと思うことだけ取り入れたらいいんですよね。 私はこれからも、自分の心の安定のためにメンタルリープという考え方を育児に採用していきたいなと思っています。

次の