からみざかりあらすじ。 カラミざかり6話(2巻)のネタバレ感想

カラミざかり|2巻後編ネタバレ感想!智乃と里帆が不良に〇される!?

からみざかりあらすじ

そんな貴史が見ていたネットにクラスメイトの里帆に似たAV女優が出ていたと言ってきた。 想いを寄せる里帆の事を言われた高成は完全否定する。 しかも、見た事がないはずの胸や腰周りも似ていると言う貴史に高成はムッとした。 里帆に似たAV女優の裸に夢中になっていると智乃が貴史の後ろからスマホを取り上げてきた。 「これ 里帆に似てるって〜」 AV女優に似ていると言われた里帆は複雑な表情だ。 学校でAV女優の裸を見ているのはスケベなだけだと高成まで巻き添えをくらってしまう。 飯田に…エロい奴って思われたかな… 学校が終わり、自宅に帰った高成はベッドの上にいた。 そして、まだ終わっていないAV動画から流れてきた男優の声に耳を傾ける。 貴史は早速学校で高成に報告した。 使ってみた貴史はヤバいくらい気持ちが良かったので高成にも貸してやると言ってきた。 2人で話しをしているやってきたのは智乃。 「またエロ話し? 」 「また新山かよ! 」 ちょうど男女4人でいるところへ来た先生は貴史と智乃にプリントを運ぶ用事を頼んできた。 残された高成と里帆。 里帆に片想い中の高成は何とか言葉を発するが会話が続かず気まずい。 「山岸くんは夏休みどこか行くの? 」 そんな中、突然里帆の方から話しかけられた高成は驚いて返答に困った。 「えっ? お…俺? 」 夏休みは何をやるなど会話が弾みかけていたが貴史と智乃が戻ってきて会話は中断してしまう。 そして男女合同の水泳の授業が始まった。 当然のように男子達は女子達のスク水姿に目が釘付けだ。 スク水の上から膨らむ胸の大きさを見比べる。 「飯田…やっぱAV女優と似てるべ? 」 「し…しらねーよ! 」 思った事を言葉に出すタイプの貴史に比べ、高成は恥ずかしがり屋で正直に言葉に出せない。 そこへ追いかけて来た智乃。 「さっき言ってたヤツ見せてよ」 「は? 見せれるわけがないと言っても、智乃は見たいと言ってきかない。 「じゃ…言うよ! 」 智乃は貴史を脅してきた。 「…お前がオカズになって…しごいてくれんならな…」 冗談で言った貴史の言う通り智乃はオカズになるというのだ。 智乃は自らスカートをめくり上げてパンツを見せた。 貴史はローションを取り出して付け方を教えてやる。 気持ち良くなってきた貴史は智乃の胸を触りたくなってくる。 「む…むね触っていい? 」 そのまま頷いた智乃の胸を揉み始めると興奮してきてボタンを外した。 ブラジャーの中に手を入れて乳首を摘む。 「へへ、きれーにしてやったぞ」 その姿に興奮した貴史は智乃をベッドの上に押し倒した。 「すげーエロい」 「い…挿れていい? 」 智乃は静かに頷いた。 そして行為が進むにつれ貴史と智乃の息は荒くなり感じている声が響き渡るようになっていった。 そんな2人の姿をただ黙って見て聞いているだけの高成と里帆の股間もムズムズと興奮し始めていた。 すると貴史は後ろに立っている高成と里帆に目を向け急に立ち上がった。 「お…お前らも来いって! 」 高成と里帆の手首を掴んだ貴史は、無理やり2人をベッドの上に引き入れた。 「お…なにすん…」 高成は貴史に文句を言おうとすると、すでに貴史は里帆の首筋にキスをしていたのだ。 唖然としている高成の首を引き寄せてきた智乃にはキスをされてしまう。 これが…キス…新山と… 里帆の事が気なる高成は智乃とキスしながら目を向けた。 貴史は制服の上から里帆の胸を揉み舌を絡ませている。 見つめていたら高成と智乃は狭いベッドから落ちてしまった。 高成は智乃の質問など耳に入ってこない。 貴史と里帆のことが気になって仕方ないからだ。 貴史の言葉を聞いた智乃は面白くない。 「あたしのが気持ち良くないってのー!? 「あ…イっく! 「いっぱい出たね」 そしてそこへ… 「貴史〜友達来てるのー? 」 「やべっ母ちゃんだ! 」 帰宅した貴史の母親の声が聞こえてきた。 制服に着替えた高成、智乃と里帆の3人は貴史の母親に挨拶をし家を後にする。 「なんか…変な感じ…」 「……」 「じゃ…俺ここで」 途中、智乃と里帆と別れた高成は里帆の後ろ姿をしばらく見続けていた。

次の

カラミざかり完全全話ネタバレ最終話まで

からみざかりあらすじ

そんな貴史が見ていたネットにクラスメイトの里帆に似たAV女優が出ていたと言ってきた。 想いを寄せる里帆の事を言われた高成は完全否定する。 しかも、見た事がないはずの胸や腰周りも似ていると言う貴史に高成はムッとした。 里帆に似たAV女優の裸に夢中になっていると智乃が貴史の後ろからスマホを取り上げてきた。 「これ 里帆に似てるって〜」 AV女優に似ていると言われた里帆は複雑な表情だ。 学校でAV女優の裸を見ているのはスケベなだけだと高成まで巻き添えをくらってしまう。 飯田に…エロい奴って思われたかな… 学校が終わり、自宅に帰った高成はベッドの上にいた。 そして、まだ終わっていないAV動画から流れてきた男優の声に耳を傾ける。 貴史は早速学校で高成に報告した。 使ってみた貴史はヤバいくらい気持ちが良かったので高成にも貸してやると言ってきた。 2人で話しをしているやってきたのは智乃。 「またエロ話し? 」 「また新山かよ! 」 ちょうど男女4人でいるところへ来た先生は貴史と智乃にプリントを運ぶ用事を頼んできた。 残された高成と里帆。 里帆に片想い中の高成は何とか言葉を発するが会話が続かず気まずい。 「山岸くんは夏休みどこか行くの? 」 そんな中、突然里帆の方から話しかけられた高成は驚いて返答に困った。 「えっ? お…俺? 」 夏休みは何をやるなど会話が弾みかけていたが貴史と智乃が戻ってきて会話は中断してしまう。 そして男女合同の水泳の授業が始まった。 当然のように男子達は女子達のスク水姿に目が釘付けだ。 スク水の上から膨らむ胸の大きさを見比べる。 「飯田…やっぱAV女優と似てるべ? 」 「し…しらねーよ! 」 思った事を言葉に出すタイプの貴史に比べ、高成は恥ずかしがり屋で正直に言葉に出せない。 そこへ追いかけて来た智乃。 「さっき言ってたヤツ見せてよ」 「は? 見せれるわけがないと言っても、智乃は見たいと言ってきかない。 「じゃ…言うよ! 」 智乃は貴史を脅してきた。 「…お前がオカズになって…しごいてくれんならな…」 冗談で言った貴史の言う通り智乃はオカズになるというのだ。 智乃は自らスカートをめくり上げてパンツを見せた。 貴史はローションを取り出して付け方を教えてやる。 気持ち良くなってきた貴史は智乃の胸を触りたくなってくる。 「む…むね触っていい? 」 そのまま頷いた智乃の胸を揉み始めると興奮してきてボタンを外した。 ブラジャーの中に手を入れて乳首を摘む。 「へへ、きれーにしてやったぞ」 その姿に興奮した貴史は智乃をベッドの上に押し倒した。 「すげーエロい」 「い…挿れていい? 」 智乃は静かに頷いた。 そして行為が進むにつれ貴史と智乃の息は荒くなり感じている声が響き渡るようになっていった。 そんな2人の姿をただ黙って見て聞いているだけの高成と里帆の股間もムズムズと興奮し始めていた。 すると貴史は後ろに立っている高成と里帆に目を向け急に立ち上がった。 「お…お前らも来いって! 」 高成と里帆の手首を掴んだ貴史は、無理やり2人をベッドの上に引き入れた。 「お…なにすん…」 高成は貴史に文句を言おうとすると、すでに貴史は里帆の首筋にキスをしていたのだ。 唖然としている高成の首を引き寄せてきた智乃にはキスをされてしまう。 これが…キス…新山と… 里帆の事が気なる高成は智乃とキスしながら目を向けた。 貴史は制服の上から里帆の胸を揉み舌を絡ませている。 見つめていたら高成と智乃は狭いベッドから落ちてしまった。 高成は智乃の質問など耳に入ってこない。 貴史と里帆のことが気になって仕方ないからだ。 貴史の言葉を聞いた智乃は面白くない。 「あたしのが気持ち良くないってのー!? 「あ…イっく! 「いっぱい出たね」 そしてそこへ… 「貴史〜友達来てるのー? 」 「やべっ母ちゃんだ! 」 帰宅した貴史の母親の声が聞こえてきた。 制服に着替えた高成、智乃と里帆の3人は貴史の母親に挨拶をし家を後にする。 「なんか…変な感じ…」 「……」 「じゃ…俺ここで」 途中、智乃と里帆と別れた高成は里帆の後ろ姿をしばらく見続けていた。

次の

カラミざかり(からみざかり)(桂あいり)ネタバレあらすじ感想5話

からみざかりあらすじ

もくじ• 2人で買い物にでかけていたトモノとリホは、街中でクラスメイトのアンナに出会う。 Wデートで4人で遊びに行く予定が、友達にドタキャンされて困っていた。 デート先が心霊スポットと聞いて、最初は嫌がったトモノ。 しかし、 アンナの彼氏が連れてきた 友人(藤野 和紀)にときめいたトモノは、リホの意見も聞かずに一緒に行くことに決める。 藤野の車で向かった先は、日没後の廃村だった。 アンナと彼氏はイチャつきながら2人でどんどん先へ進んでいく。 その後ろを、藤野とトモノ、リホがのろのろと歩いていく・・・ (ガサガサ・・・) 「きゃぁぁぁー!!!!」 野生動物なのか、突然物音がして藤野に抱き着くトモノ・・・ トモノの頭を優しくなで、背中をさする藤野。 「3人で手をつないで行かない?」 トモノと藤野とリホは、手をつないで暗闇を歩き始めた。 見つからないように触り始める手・・・ 目的の廃墟まで歩き進める3人。 度々物音に怖がるトモノに、 藤野はボディータッチをし始める。 リホと会話をしながらも、藤野はトモノを触り出す。 トモノの様子がおかしなことに気付いたリホ。 肩に回した藤野の手は、 トモノの乳首をつまんでいた・・・ 廃墟につくと、藤野はトモノを外に置いたままリホを家の中に連れ込んだ。 胸を揉み、パンツの上から触り出す藤野。 アンナの彼氏が大学生の設定なので、藤野もきっと大学生だと思うんだけど・・・ まず肉食っぽさを出してないビジュアルがいいよねw トモノも 藤野の見た目にまずキュンってしたのがよく分かる! (タカシには一切キュン!しなかった私w)•

次の