ロジャー フェデラー。 ロジャー・フェデラー フォアハンド

ロジャー・フェデラー選手の使用するラケット

ロジャー フェデラー

ロゴの所有権が元のスポンサーであるナイキにあったため、フェデラー本人がその権利を所有することができなかった。 しかし、フェデラーは常に前向き。 ウェブメディアEssentially Sportsが伝えた。 現在世界ランキング4位のフェデラーは、2018年の「ウィンブルドン」からユニクロと契約している。 同大会の記者会見で、フェデラーは「RFロゴは、今はナイキのものになっているが、将来的には僕のところに来る。 それが遠い未来ではなく近い将来であることを願っているよ。 権利を移すプロセスで、ナイキが協力的であってくれることを期待している」と話した。 デザインしたのはフェデラーの妻ミルカさんだった。 「これは僕にとってとても大切なもので、ファンの皆さんにとっても同じだ。 問題は手続きだけなんだ。 必ずいつかは僕のところに来る。 あれは僕のイニシャルだ、僕のものなんだ。 確かなことは、彼らがそれを永遠に持っていることはできないということだ」と彼は付け加えた。 ユニクロに契約先を変えた後も、ナイキはフェデラーのシューズのスポンサーを継続してきた。 ユニクロは、テニスシューズを製造していないからだ。

次の

ロジャー・フェデラー フォアハンド

ロジャー フェデラー

テニスシーズンの到来です。 ランディーです。 それはイースタンフォアハンドグリップ。 普通トップスピンはより厚いにぎりであるセミウエスタンや ウエスタンがプロの間では使われていますね。 他のトッププロ選手の多くは円を描くような大きいループ運動をしたり 自分よりかなり後方からラケットをスイングしています。 このコーチが言っているテーブルトップポジションというのは 自分の0度である自分の真横から45度後方の腰あたりにテーブルがあるとして、 そのテーブルの上にラケットを置く(地面と平行)ことです。 そこから腰をひねってボールを打ちに行く過程で肘は曲がらず 真っ直ぐになっていき、インパクト時は腕は完全に伸びきり 体から右側に離れたところで行われています。 これら4つのポイントを繋ぎ合わせて、無駄のない滑らかな 動きながら、ボールにスピードと回転を与えることが できるとのことです。 フェデラートップスピンの結論 素人には無理! ガーン一言で終わっちゃいました。 だってそうでしょう。 なんとかトップスピンをかけようと 厚い握りで頑張ってきたことが全く無駄になってしまうんですから。 これまで築き上げた来たものが音をだして崩れようと・・・ 良く良く考えたらランディー、何も築いてませんでしたわ。 思いっきりネットに引っかけるというプレーは数えられないほど 積み重ねてきましたけれど・・・ 今からちょっと壁打ちしてこようと思います。 長くテニスを続けていくためには体力が下がっても 運動が激しくならずに最小の動きで敵をやっつける方法を身につけねば なりません。 そこはフェデラーが参考になります。 おじいちゃんおばあちゃんの先輩テニスプーヤーを拝見していると 実に動きに無駄がありません。 コントロールも素晴らしいので定位置にいるままラリーを続けられ ていて、その省エネぶりには舌を巻きます。 おじいちゃんといえば、1995年まで長寿のギネス記録を 保持していた泉重千代さんですが、 記録更新の度に若い女性レポーターが鹿児島の重千代さん宅にやってくるのでした。 そして毎回重千代さんは仙人の手つきで 超さりげなくレポーターのボディーを触ってきて レポーターの方も怒れなかったそうです。 あーいうじじいにランディーはなりたいです! テニスに無関係で酷い終わり方をしたことを謝罪します。 すみませんでした。 でもまたやってしまうと思います。 その分も今謝っておきます。 ごめんなさい。 追記 祝!ロジャーフェデラー2017全豪テニス優勝! 左ひざの怪我から16位までランクが落ちての今回の全豪オープンでしたが 見事ナダルを破って優勝されました。 おめでとうございます。 35歳との年齢をものともせずの優勝は素晴らしいです。 あと何年我々にその雄姿を見せてくれるでしょうか。 これからも 楽しみであります。 決勝前のフェデラーのインタビュー 「勝つことが重要なのではなく健康でいることが私にとって重要なのです。 」 いやーこれは使えます。 今度のテニスのとき皆にこういうことにしましょう。 冗談はさておき、今会場で気持ちのよいプレーを自由にできていることへの 喜びと感謝に満ちているようです。 勝利への執念がそこまでなかったことが スムーズなプレーにも影響したものと思われます。 フェデラーの英語はかっこいいですね。 フェデラーファン必見のフルカラー人物伝 「私は伝説になりたい!」冷静でいつでもクールな印象のフェデラーですが その芯に燃え盛る闘志がいつもあったのですね。 彼の子供時代から両親、コーチ、奥様、お子さんとの接し方、ラケットや 球種の回転量までかなりマニアックにフェデラーを掘り下げています。 フェデラーファンであれば一冊持っておいても損は全くありません。 ロジャー・フェデラーのガラスの豪邸拝見 建設中から完成まで見ることができる貴重な動画。 この豪邸はスイスにあります。 デッキに置かれたフォファーや テーブルが雨に濡れないのか心配になってしまう貧乏性の ランディーですが、家政婦さん達が天候をみて出し入れするので しょうね。 ネクタイピンの使用目的のメインは3つ ハウディー!ランディーだ。 決める時はネクタイピンをつける。 7,392ビュー• ランディーです。 いつもありがとうございます。 空を見てごらん。 自分の悩みなんてちっぽけだとわかるから。 6,111ビュー• 両刃カミソリを道具として使いこなす愉しみ~おすすめ両刃節約生活 一生続く毎朝の儀式、髭剃りを楽しんでいま... 5,257ビュー• 猫が大好きで仕方がないランディーですが、実家の庭が近所の飼い猫の糞で荒らされ母が困っています。 4,853ビュー• メンズジャケット着こなし術。 色合わせを実際に画像で学んで脳に焼きつける はじめまして、ランディーです。 4,009ビュー• 秋篠宮家の眞子様が海の王子様と婚約なさったということで私も少しは皇室についての教養をつけようと思い、重... 3,150ビュー• トイレウォッチャーのランディーです。 いつも訪問ありがとうございます。 文明開化という言葉を福沢諭吉が... 2,787ビュー• イタリア人男性に学ぶファッションコーディネート術 注目の色使い ボンジョルノ!ランディーです。 2,256ビュー• 私は両刃カミソリの使い手ですが、この余裕のない社会において できるだけ無駄を排除し、生活にゆとりを持たせるこ... 2,044ビュー• ようこそこんにちは。 ランディーです。 上のインドの男性みたいに豪快に生えていれば 極限まで伸ばして... 1,614ビュー.

次の

ロジャー・フェデラーの関連情報

ロジャー フェデラー

ロジャー・フェデラー(スイス)はキャリアを通して数多の伝説を作っている。 その中でも忘れられないのは、フェデラーが新たな歴史が生まれるのを阻止した試合だ。 ノヴァック・ジョコビッチ(セルビア)は2011年、シーズンが始まって以降41連勝と、近年のどの選手より優れたスタートを切っていた。 1984年にジョン・マッケンロー(アメリカ)がシーズンスタート以降42連勝した記録を保持しているが、その記録に並ぶまであと1勝という時に直面したのが全仏オープンの準決勝、フェデラーとの試合だった。 大きな自信とともに全仏オープン初優勝を狙うジョコビッチは、この年すでにフェデラーとナダルに合計7回勝利していた。 しかし、フェデラーは恐れていなかったという。 ATPによると、フェデラーは「こういった試合は過去何度も経験していて慣れている。 ノヴァックにはすごく大きななプレッシャーもかかっているしね」と話していた。 その言葉の通り、この試合で上回っていたのはフェデラーのほうだった。 7-6 5 , 6-3, 3-6, 7-6 5 のスコアで圧倒し、決勝進出を決めた。 序盤から質の高いプレイが繰り広げられたが、アップダウンは少ない試合だった。 ファーストサーブが入った時のポイント獲得率は、ジョコビッチの60%に対し、フェデラーは77%と高く、サーブで常に主導権を握っていた。 また、フェデラーはロングラリーの際も忍耐強さを見せ、ジョコビッチの鉄壁のディフェンスに怯むことなくポイントを奪った。 atptour.

次の