カレイ 煮付け 下ごしらえ。 【みんなが作ってる】 カレイ 下処理のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

カレイの正しい冷凍保存方法:保存可能期間は?

カレイ 煮付け 下ごしらえ

Sponsored Link ガッテン カレイの煮付け(煮魚)の材料• 魚の切り身 2切れ(約200g)• 水 150ml• 酒 50g• 砂糖 20g• しょうゆ 20g ガッテン カレイの煮付け(煮魚)の作り方• 煮魚の下準備 バットに塩をたっぷりとふりカレイの切り身(お好みの切り身魚)を乗せます。 切り身の上から塩をふり10分置きます。 (魚から余分な水と魚の臭みが出て美味しくなります。 10分後、バットにお湯を注ぎ入れ、塩を洗い流します。 煮魚を作る。• 魚の皮に包丁で切れ目を入れる。 (中骨にあたるくらいの深さまで切り込みを入れる。 魚の切り身がぴったり収まるくらいの小さめの鍋に切込みを入れた魚を入れ、水 150ml、酒 50g、砂糖 20g、しょうゆ 20gを入れ落とし蓋をして強火にかけて、煮込みます。 沸騰して泡立っても強火のまま3分半加熱する。 (吹きこぼれそうな場合は少し火力を弱めますが泡が消えない程度にする。 3分半後、魚の切り身を取りだし器に盛り付ける。 鍋に残った煮汁を好みの濃さに煮詰め、魚の上からかけて完成。 ガッテンより。 強火3分半で出来る煮魚の作り方 — テレビ番組ブログ yonta24blog まとめ 煮魚は長時間じっくり煮込んで味が染みると思いがちですが何時間煮込んでも味が染みるわけではないそうです。 落としフタをして強火でしっかりと煮汁を対流させることで短時間で美味しい煮魚が作れるとのこと! 目からうろこというか強火で煮込んでいいのか?って納得です。 是非参考に美味しい「煮魚」を作ってみてください。

次の

煮込んじゃダメ。「カレイの煮付け」は4つのポイントで失敗なし【魚屋三代目】

カレイ 煮付け 下ごしらえ

こんにちは、鮮魚魚武の三代目、料理家の魚屋三代目です。 難しいと思われがちな魚料理の基本「魚の煮付け」。 でも、 煮付けって、一番簡単な魚料理だと思います。 ぶっちゃけ、焼き魚よりも作りやすい! 以前は「銀ダラの煮付け」を紹介しましたが、 今回は、フライパンで「カレイの煮付け」を作ります。 フライパンだと魚をターナーなどですくいやすく、簡単に盛り付けしやすいですよ。 カレイの切り身 2切れ• 白髪ねぎ、針しょうが お好みで (A)• しょうゆ、みりん 各大さじ3• 砂糖 大さじ2• 酒(日本酒) 大さじ1• 水 50ml 作り方 1. カレイの切り身の皮目に、十字の切り目を入れます。 (飾り包丁を入れる、ともいいます) 冷凍物や少し鮮度が落ちたカレイは、熱湯にくぐらせるか、塩を軽く振ってから熱湯をかけて臭みを和らげます。 (今回は鮮度の良いカレイだったので、軽く水洗いするだけで使いました) このカレイには白子が入っていましたので、一緒に煮てしまいましょう。 ちなみに、メスの真子(卵)も美味しいです。 フライパンに煮汁の材料になる(A)を入れ、 一煮立ちさせましょう。 (今回は26cmのフライパンを使っています) 3. 次にカレイの切り身を入れ、 アルミホイル(吹きこぼれないよう、中心に少し切れ目を入れています)の落とし蓋をのせ、 さらにフライパンの蓋をして、中火~中弱火(吹きこぼれないよう、火加減を調節してください)で6~7分煮ていきます。 煮汁が気になる方はたまに蓋を開け、煮汁の量をチェックしてみてください。 強火で煮ない限り、煮詰まることはないと思います。 煮初めて3分ほど経ったら、5cmくらいに切った長ねぎを加え、また蓋をします。 煮上がる1分前になったら落とし蓋、フライパンの蓋を取り、 切り身に煮汁をかけながら仕上げ、照りを出します。 カレイを器に盛り付けたら、煮汁は好みの濃さまで煮詰め、 盛り付けたカレイに煮汁をかけ、一緒に煮た長ねぎを添えます。 お好みで白髪ねぎ、針しょうがをのせてください。 食べる前にもう一度温め、カレイに味をふくませて 我が家の煮付けはこってりタイプ、これは私の母の味でもあります。 そんなこってり美味しい煮付けを作るポイントを整理すると、• 水はあくまで煮る時間の調節用と考え、たっぷり入れる必要なし• 中火で落とし蓋をすれば、煮汁が対流を起こして切り身を覆うように煮ることができ、ひっくり返す必要なし• 煮る時間は7分前後(小さな切り身で6分、大きくても8分くらい)• 味の濃さは、煮汁を好みの味まで煮詰めるか、お湯で薄めて調整 の4つ。 これを守れば失敗しませんよ。 煮汁をご飯に回しかけて、 ふっくら煮えたカレイの身を、 のっけちゃいます。 ああ、幸せ……。 白子もトロンと美味しく煮えて、これはお酒が欲しくなります。 なお、今回使ったかれいはマコガレイ。 このマコガレイやマガレイは一般的なカレイの種類で、どこのスーパーにも並んでいるものです。 鮮度の良し悪しは、切り身の切り口を見てください。 身が透き通っているものは鮮度バッチリ。 時間が経つにつれて白っぽく、そして鮮度が落ちると身の色がくすんでボケたような色になり、臭いも出てきますよ。 その時は、熱湯にくぐらせてから使ってください。

次の

カレイのカンタン下処理方法|魚調理法の基本

カレイ 煮付け 下ごしらえ

まず、鰈に熱湯を回しかけてください。 鱗や血合いなどの汚れがありますから、丁寧に水で洗いながら除去しましょう。 お湯を回しかけ、霜降りをすることによって、魚の生臭さをとり、おまけに鱗等の不要なものまで除去できます。 これが下処理です。 どの魚にも共通します。 そして煮方ですが、これには様々なやり方があります。 一応、一例として以下に紹介させていただきます。 用意するのは生姜のスライス 皮は剥いても剥かなくてもかまいません それから酒、濃口醤油、味醂、砂糖です。 簡単なレシピですが・・・ 酒、醤油、味醂、水を同量で鍋にかけます。 さらにスライスした生姜を入れ、砂糖を適量 お好みで 入れます。 甘くしすぎないように注意してください。 そして、すべての調味料が入った鍋を火にかけます。 沸いてきたところで先程の下処理をした鰈を鍋に入れます。 この、沸いてきたところで・・というのがポイントです。 ぬるいまま鰈を入れてしまうと、アクが廻り生臭くなります。 このままよく煮ます。 浮いてくるアクは丁寧に取り除きましょう。 しばらく強火でかけ、アクが出なくなったところで弱火にします。 そしてコトコト煮ますと、照り艶が出てきますのでそうしたら完成です。 前述しましたが、このやり方は簡単なやり方です。 煮魚は奥が深いので、色々試してみてください。

次の