うま か ドッグフード。 【口コミ評判で人気!】ドッグフードおすすめランキング5選|評価が高い犬の餌を徹底比較!

ドッグフード 安心・安全・無添加おすすめランキング2019

うま か ドッグフード

【辛口比較】全部調べて分かった本当におすすめドッグフードのすべて 「本当に安全で栄養のあるドッグフードを愛犬にあげたい」 「無添加なのにコスパがいいドッグフードが知りたい」 このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。 現在、国内で販売されているドッグフードは100種類以上もあり、その中には犬に与えてはいけないようなものも含まれています。 しかし、高品質なドッグフード選びというのは種類が多いからこそ難しく、テレビCMでやっていたから安いからといって成分をろくに見ずに選んでしまいがちです。 そこで今回は、100種類以上比較してわかった本当におすすめできるドッグフードを一挙に紹介していきます。 あなたの愛犬に必要なドッグフードをぜひ見つけてみてください。 ドッグフードの評価基準 環境省が出している「」を熟読し、質(成分や原材料)、安全性、嗜好性(犬の食いつき)、価格などを見て、ドッグフードを30点満点とし、「Sランク」「Aランク」「Bランク」「Cランク」に振り分けました。 【Sランク】獣医師から見ても問題がなく特におすすめできる ここに、該当するドッグフードであれば「安全性」「栄養面」において間違いないので、一番おすすめできるドッグフードのグループといえるでしょう。 気になる点があるとすれば、 安全で栄養満点であるからこそ、価格は決して安くはないということです。 しかし、これは人間にも同様にいえることで、高品質なものを手に入れるなら相応の価値がします。 品質のいいドッグフードを与えたいのであれば、10グラムあたりだいたい20〜30円前後かかるものが価格の目安と言えるでしょう。 その中で、愛犬の食いつきや運動量など、必要な栄養素を考えてぴったりのドッグフードを選ぶようにしてください。 【Aランク】安全性の疑われる添加物や物質が少ないフード ここに該当するドッグフードも品質が高く、おすすめできるものといえます。 全く添加物が入っていないというわけではありませんが、犬にとって必須ではなくとも健康上問題のない成分が入っているドッグフードが含まれるグループです。 徹底的に、「安全面」や「栄養面」を気にするということでなければ、このグループのドッグフードも視野に入れておいていいでしょう。 【Bランク】安全性の疑われる添加物や物質が使われてるドッグフード 犬にとって悪影響を与える可能性のある「添加物」や「物質」を含有させているドッグフードがこのグループになります。 正直なところ、このグループのドッグフードはおすすめできません。 一見、価格帯が手頃なので目をうばわれがちですが、安い原料や長期保存ができるような添加物が含まれているので、「安全性」や「栄養面」をメインにしたドッグフード選びをするのであれば除外するようにしましょう。 【Cランク】絶対与えるべきではない このグループに使われている原材料は粗悪なものばかりで添加物も多量に含まれているため、絶対に与えてはいけないドッグフードばかりです。 ドッグフードには人間の食べ物のような明確で厳しい規定がないため、与え続けると悪影響のあるものも平気で販売されてしまっています。 平成19年3月 米国において、有害物質(メラミン)が混入したペットフードが原因となって、多数の犬及び猫が死亡。 6月には、メラミンが混入したペットフードが、我が国(日本)で輸入販売されていたことが判明しました。 大量に作られて長期保存ができるので価格帯も異常に低いですが、ゴミ同然の餌を愛犬に与えていると考えていいでしょう。 ドッグフード辛口評価のチェック項目 当サイトでおすすめのドッグフードを紹介していく前に、どのような評価基準によってグループを決めたのかを解説していきます。 メインとなるチェック項目は、以下の4つです。 質(成分や原材料) 有害な「添加物」や「物質」が含まれていないか、原材料や栄養素は厳選されているか。 また、原材料の一番最初のしゅ原料(第一原料)と呼ばれるものに不透明な物が入っていないかもチェックしています。 嗜好性(食いつき) ドッグフードを選ぶ際に、食いつきが、良いかどうかはとても大事なポイントですよね。 しかし、この食いつきの良いフードでも添加物やオイルコーティングで食いつきを上げている場合は注意が必要です。 今のドッグフードを触ってみて、何かベタベタしたさわり心地や、独特のニオイを出していませんか? また、原材料の部分に動物性油脂と書かれていませんか? オイルコーティングドッグフードについて オイルコーティングは、人工的な香料で風味を付けたオイルでコーティングすることで食いつきをアップさせる効果があります。 しかし、一方でこのオイルコーティングのせいで、涙やけや皮ふトラブル、アレルギーなどのリスクを高めてしまうことがあります。 また、オイルコーティングを使用しているフードは、原材料が粗悪な物であることが多いのです。 そのままの原材料で製造した物だと、犬は全く食べてくれないので、オイルコーティングをしてから、犬に食べさせるようにしているのです。 ですから、「ただ食いつきが良いから」という理由でドッグフードを選ぶと、病気のリスクが高くなってしまいます。 価格帯 100グラムあたりの価格 100グラムあたりの価格を算出。 経済的に愛犬に与えられる金額かどうか。 ただし、格安すぎるドッグフードの場合、粗悪な原材料を使っている場合があるので、質(成分や原材料)と価格は強く結びついているともいえます。 プラスとなる評価 安全性においては、無添加でヒューマングレードの素材を使用しているのかという点は高評価対象としています。 人間が食べられるぐらいの安全性という証拠なので、目安として覚えておくと高品質なドッグフードを選ぶ際に絞りやすくなります。 当サイトおすすめのドッグフードランキング 日本で販売されているドッグフードをや、公式サイトから購入して徹底比較した結果のドッグフードランキング2020です。 このこのごはんドッグフード このこのごはんドッグフードは、小型犬が食べやすい7〜8ミリの小粒サイズで、「におい」「毛並み」「涙やけ」といった悩みをサポートするべく、安全で栄養価の高いヒューマングレードなドッグフードとなっています。 メインとなるお肉は九州産の鶏肉ですが、北海道産の鹿肉や静岡県産のマグロも含まれており、「高タンパク」「低脂質」「低カロリー」と申し分のない原材料です。 添加物は「合成ミネラル」や「合成ビタミン」のみで、小麦が含まれないグルテンフリーとなっているため、愛犬のアレルギーに関しても安心できるでしょう。 また、お肉や添加物以外にも「青パパイヤ」「さつまいも」「乳酸菌」など、犬にとって必須の栄養素をこれでもかというほどに詰め込んでいるので、お水とこのこのごはんがあれば他に餌を与える必要がありません。 このこのごはんの袋を開けるとかつおぶしの香りがいっぱいに広がるのは、ノンオイルコーティングで仕上げている証拠です。 このかつおぶしの香りは犬にとっても食欲をそそるので、口コミでも「愛犬の食いつきがよく毛並みや涙やけが改善された」という意見も多く見かけます。 価格は1kgで3,500円なので10グラムあたり約35円とドッグフードにしては少し高めの価格帯ですが、品質から考えるとコスパはかなりいいでしょう。 愛犬に与えるのは「国産で安全な栄養豊富のドッグフードだ」と決めているのであれば、このこのごはんドッグフードがおすすめです。 このこのごはんを3分チェック レガリエドッグフード 獣医師と共同開発されたレガリエドッグフードは、室内犬で10kg以下の小型犬にターゲットを合わせて作られたヒューマングレードのドッグフードです。 原材料は全ての産地を公開しており、「鶏肉」「牛肉」「旬の魚」をメインに乳酸菌やオリゴ糖といった愛犬の健康サポートには十分すぎるぐらいの栄養バランスと言えるでしょう。 素材本来の栄養素と美味しさ、風味を損ねないように低温加熱製法を取り入れているところからもこだわりを感じます。 原材料も厳選したものを使用しているからこそ無添加でグレインフリーを徹底し、安心安全なドッグフードを愛犬に与えることができる、これがレガリエの最大の魅力です。 価格は1. レガリエを今すぐチェック ブッチ 本来のお肉に限りなく近づけた水分70%含有のウェットフードがブッチドッグフードです。 ニュージーランド産のチキンをベースとしており、犬が肉食に近い雑食性ということから、ブッチのような、なま肉の香りや食感はたまらないものなのでしょう。 「食いつきもよく、ペロリと食べてくれる」といった口コミを多く見かけました。 ブッチドッグフードには「ブラック」「ホワイト」「ブルー」の3種類があり、それぞれで特徴が違うので簡単に説明をしていきましょう。 ブラックレーベル 「ビーフ」「チキン」「ラム」をメインに肉含有率80%のフード。 ブッチの中で一番人気はこのブラックレーベルです。 ホワイトレーベル チキンが80%と新鮮な野菜や海草で構成された、赤身肉が苦手な犬におすすめできる高タンパクフード。 ブルーレーベル チキンに加えて魚 ムロアジ も配合されているため、DHAやEPA(イーピーエー)が気になる年齢高めの愛犬にオススメのフード。 3種類どれも無添加で、「検疫体制」「環境規制」が世界一厳しいとされているニュージーランドで作られているため、ヒューマングレード品質で安全性も信頼できます。 価格は3種類全て800グラムで1,430円なので10グラムあたり約17円です。 トライアルセットでお得に購入することもできるので、「愛犬がなま肉をよく食べる」あるいは「ドライフードだと食いつきが悪い」というのであれば、ブッチドッグフードを検討してみてもいいでしょう。 ブッチを今すぐチェック モグワン チキンとサーモンを50%以上含有させた「肉」「魚」「野菜」どれをとってもヒューマングレードの高品質なドッグフードがモグワンです。 無添加でグレインフリーのシンプルな原材料で、トッピングとも合わせやすいというメリットも公式サイトで紹介されています。 香りもオイルコーティングをしていないため、チキンとサーモンの香りが愛犬の食欲をそそり、口コミからも「ドライフードとは思えない食いつき」という意見がありました。 モグワンは1. 8キロで3,960円なので、10グラムあたり約19円と品質に見合わないリーズナブルな価格帯で提供しています。 「安全」「栄養」に加えて、コスパも重視したいという飼い主さんにとっておすすめできるドッグフードといえます。 モグワンを今すぐチェック FINEPETS極 ファインペッツ極(きわみ)は消化吸収率87%と肉類配合率90%という驚異の高さを誇るドッグフードです。 アレルギーになりにくいようアヒル肉とニシンを使用しているため、チキンや牛肉をアレルゲンに持っている犬でも安心して与えることができます。 無添加で低温加熱製法を採用しているため、素材本来の香りが愛犬の食欲をそそります。 ただし注意点があり、FINEPETS極はカロリーが高いということです。 100グラムで422キロカロリーもあるので、給餌量に関しては注意しておかなくてはいけません。 オールステージ対応していますが、運動量が活発な犬におすすめできるドッグフードといえるでしょう。 5キロで5,278円なので、10グラムあたり約35円となっています。 FINEPETS極を今すぐチェック アランズナチュラルドッグフード ヒューマングレードの厳選素材を使用し、アレルギーの少ないラム肉をメインにしているのがアランズナチュラルドッグフードです。 シンプルに作られているドッグフードが、犬にとって理想的な栄養バランスになるということを体現しているかのように含まれている原材料はこのようになっています。 少しハーブのような香りがしますが、犬にとっては関係なく食べてくれる口コミがみうけられました。 2キロで3,960円なので10グラムあたり約19円と、コスパは非常に優秀です。 余計なものは与えず経済的にも嬉しいドッグフードを探している人にはアランズナチュラルドッグフードがぴったりでしょう。 アランズナチュラルドッグフードを今すぐチェック UMAKA トリゼンフーズの自社銘柄鶏である「九州産華味鳥」を贅沢に使用したヒューマングレードを越えた品質を謳うドッグフードがUMAKA 美味華 です。 うまかはメインの華味鳥以外にも厳選された高品質素材を使用し、無添加・グルテンフリー・ノンオイルコーティングで愛犬の健康をサポートしてくれます。 出汁のような香りが愛犬の食欲をそそるため、給餌の切り替えも楽だったという口コミも見受けられました。 5キロ4,980円なので、10グラムあたり約33円です。 価格は気にしないからとにかく安全で栄養のあるドッグフードが欲しいということであれば、うまかを検討するといいでしょう。 UMAKAを今すぐチェック オリジン 肉類が85%も含有されている高タンパクなドッグフードがオリジンです。 チキンやターキーをはじめ、様々な「肉」「魚類」を取り入れているので、カロリーも394kclaと若干高めになっています。 しかし、犬はもともと肉食だったことを考えると、オリジンのようなドッグフードこそ愛犬に合っているのかもしれません。 ヒューマングレード品質でお肉の香りが強いので、口コミを調べてみると食いつきも好評です。 2kgで6,000円なので10グラムあたり約30円となっています。 オリジンはファインペッツ同様に運動量が多い愛犬を飼っている人におすすめしたいドッグフードです。 オリジンを今すぐチェック アカナ カナダ産であるアカナは原産の食材を使ったヒューマングレード品質のドッグフードです。 含有されていることがおすすめできないミール系の原材料も、ヒューマングレードの品質ということなので信頼できるものと判断しました。 約75%の肉が含まれており、その半数がなま肉あるいは新鮮な肉を使用しているため、非常に栄養価が期待できるドッグフードです。 食いつきに関しては好みが分かれるようで、「よく食べてくれる」「全然食べてくれない」といった口コミが6:4ぐらいに感じられました。 2kgで5,000円なので、10グラムあたり約25円です。 国産ということにこだわりがなければアカナはおすすめできるドッグフードです。 ちなみに、ドッグパートナーによるとアカナはカナダで支持されているドッグフード第3位です。 【Aランク】安全性の疑われる添加物や物質が少ないドッグフード 栄養や添加物に関して愛犬に悪影響を与える可能性が限りなく低い成分が含まれているドッグフードを紹介していきます。 ランキングにあるドッグフードの中から選ぶのもおすすめではありますが、以下に紹介するものも高品質であることには変わりないので、愛犬の好みによって検討してみるといいでしょう。 馬肉自然づくり ドッグフードの中ではめずらしく新鮮な馬肉をメインにして作られたのが馬肉自然づくりです。 ヒューマングレードの素材を使用した無添加のドッグフードなので、安全面でも信頼して愛犬に与えることができます。 馬肉自然づくりをメインとして与えるのもいいですが、フードに飽きさせないためのローテーションの1つとして活用するという人もいるようです。 1kgで3,000円なので、10グラムあたり約30円となっています。 アーテミスを今すぐチェック ドッグスタンス 祖先であるオオカミが最も食していたとされる鹿肉をメインにしたドッグフードがドッグスタンスです。 栄養素も失わないように低温加熱調理をしているのも、愛犬の健康を考える上で嬉しいこだわりといえるでしょう。 鹿肉をメインにしているため、犬が食欲をそそるような香りに加えて「無添加・」「グルテンフリー」と栄養面だけではなく安全面においても信頼できるドッグフードとなっています。 ただし、800グラムが3,520円なので10グラムあたり約44円とコスパがいいとは断言できない価格帯です。 アレルギー体質の愛犬やドライフードを飽きさせないためのローテーションの1つとしてドッグスタンスを活用するといいかもしれません。 散歩が大好きでとにかく動き回る• そろそろシニア犬に入るから年齢に合ったドッグフードを選んであげたい• 病気持ちの愛犬でも食べやすいドッグフードを探している といったように、あなたの愛犬に適切なドッグフードを探してあげることで、より健康面でのサポートをすることができるでしょう。 ここでは、愛犬の状況や年齢などによっておすすめできるドッグフードを紹介していきます。 中型大型犬向けのおすすめドッグフード「ネルソンズドッグフード」 原材料の50%がお肉というイギリスで人気のドッグフードがネルソンズです。 粒が大きくて食べ応えがあるため、主に中型犬や大型犬に人があります。 穀物を一切配合しないグレインフリーでありながら、無添加なのでアレルギーや安全面においても安心して愛犬に与えることができるでしょう。 「食いつきもいい」という口コミを多くみかけますが、やはり「粒が大きいため小型の犬は食べにくそう」、あるいは「食べてくれない」といった意見もありました。 5kgで7,800円となっているので10グラムあたり約15円です。 中型犬や大型犬は小粒のドッグフードだと丸呑みしてしまうので、しっかりと消化できるのか、あるいは詰まってしまわないか不安になりますよね。 ネルソンズドッグフードは「中型犬」「大型犬」専用のフードなので、そのような心配はいりません。 愛犬に与えるドッグフードの消化や詰まりに不安を持っているのであれば、ネルソンズドッグフードを試してみるといいでしょう。 ピッコロを2分でチェック 「ファインペッツ極」運動量が多い愛犬におすすめ 活発に活動する愛犬であれば、それだけ必要なカロリーも多くなります。 運動量が多いのであれば100グラムで422kcalもあるファインペッツ極がおすすめです。 カロリーが高いのが気になる人もいるかもしれませんが、ファインペッツ極は消化吸収効率も高いので、与えすぎにだけ注意しておけば問題ありません。 「ヒューマングレード」「無添加」「栄養」が豊富と愛犬にとって必要な要素は揃っているので、愛犬の元気をサポートするためにファインペッツ極を与えてみてはいかがでしょうか。 病気持ちの愛犬におすすめ「みらいのドッグフード」 栄養価の高い食材に漢方やサプリといった特定の成分を含有させているみらいのドッグフードは、病気を持った愛犬におすすめです。 10グラムあたり約50円になるのでメインとして与える分には経済的に余裕がなければいけませんが、使用している食材はかなり高品質なので信頼ができるドッグフードとなっています。 みらいのドッグフードの中でも病気や気になる部位によって推奨されているものが違うので、間違わないようにだけ注意しましょう。 種類は「 みらいのドッグフード薬膳」と「 みらいのドッグフード食事療法」の2つです。 食いつきが悪い愛犬におすすめのトッピング用フード 夏バテや体調不良、あるいは好みに合わないといった様々な理由で、愛犬がドッグフードをうまく食べてくれないことがあります。 そのときにはムリに食べさせるよりも嗜好性の高いドッグフードを与えてあげることで食いつきが増す場合もあるので、おすすめをいくつか紹介していきます。 ブッチ ランキングでも登場したブッチドッグフードの食いつきの良さは王道といっても過言ではありません。 やはり愛犬がブッチを好む理由としては生肉と変わらない香りや「味、」「食感」だからでしょう。 ブッチをスライスしてそのまま与えるだけでもいいですが、いつもあげているドライフードに混ぜてあげるだけのもいいです。 ブッチは水分も多量に含んでいるので、愛犬がお水をあまり飲んでくれないときにもおすすめできます。 ベニソンの食いつき度が高い理由 【Bランク】安全性の疑われる添加物や物質が使われてるドッグフード 農林水産省が「」のお願いをしているのにも関わらず、原材料の表記があいまいなため、「具体的にどこのどのような部分が含まれているかわからない」あるいは「かさ増しやコストを抑えるために安い原料を使っている」というドッグフードもあります。 しかし、いい部分だけを宣伝することによって、デメリットがわからないようにされていることも多いので、ついつい購入してしまうという人も少なくありません。 正直、このグループのドッグフード一覧から購入することは避けておくべきです。 特に4Dミートや犬のことを考えていないような悪質な添加物が含有されている恐れがあります。 ほとんどの市販のドッグフードには、犬にとって不要または有害とみなされる材料が含まれている。 ・肉骨粉 ・畜産副産物 ・穀物 傾向として、廉価品ほど肉の含有量が少なくなり、畜産副産物や穀物ベースの増量剤が多く含まれる。 一部の高級品を除けば、犬にとっては不要で、アレルギー、各種成人病、虫歯の原因となるトウモロコシや小麦が肉よりも多く含有されている(原材料表のトップに表記される)。 このような材料を使用しながらも、あたかも健康的で新鮮な自然食品が含まれているかのように消費者を誤解させる包装デザインが大変多く、批判の対象になっている。 メインの肉類はラムミールと、いわゆる4Dミートに属する原材料です。 ビタミンやミネラル、オメガ3脂肪酸が配合されていて無添加なので、その部分を宣伝すれば聞こえはいいでしょう。 しかし、犬のメインの栄養素となる肉類が最低ランクなので、価格と品質のバランスが優れているとは決していえません。 肉類がしっかりと信頼できるものかどうかという部分も大切なのです。 ドッグフードの添加物についてもっと知りたいという人は次の記事が参考になるはずです。 大量に生産して長期保存ができるため、価格帯はかなりリーズナブルなのが特徴です。 何度もお伝えするように 大切なのは安全性と栄養面に優れたドッグフードを与えてあげることなので、絶対にこのグループのドッグフードは与えないようにしてあげてください。 まずおかしいのが、一番多く含有されている原料が穀類ということです。 犬は雑食性ではありますが、元々は肉類をメインにしているオオカミが祖先なので、穀類を大量に摂取すると消化不良を起こしてしまう可能性があります。 トウモロコシや小麦粉といったものも含まれており、場合によってはアレルギーを起こしてしまう可能性もあるでしょう。 また、重要な肉類はミールやパウダーのつくものばかりで全て4Dミートです。 しまいには犬にとってなんら必要のない着色料、つまり添加物を使用しているため、最悪「ガン」や「喘息」「アレルギー」を引き起こして健康に支障が出てしまう可能性もあるでしょう。 3キロで710円なので、10グラムあたり3円と価格においては正直安すぎます。 しかし、これで安いドッグフードには理由があるということがわかってもらえたのではないでしょうか。 そもそも人間が腐った肉を食べ続けたらどうなるか、わかりきったことですよね。 これは4Dミートが含まれているドッグフードを与えているのと同じ意味を持っています。 また、に掲載されているペットフード安全法をみてみると、人間が口にするものには使用を禁止されている添加物が許可されているのがわかるはずです。 腎臓病やガンなど重い病気にかかりやすくなる• アレルギーを起こしてしまう• 毛並みや涙やけが多くなる• 下痢や便秘を起こしやすくなってしまう といったように、愛犬の健康を害してしまうようになるので、ゴミ同然のドッグフードは例え安価だからといっても手は出さないようにしましょう。 危険なドッグフードの裏事情をもっと知りたいという人は次の記事が参考になるはずです。 そこで次にドッグフードに関わる質問の中で多く寄せられたものを回答してみましたので参考にしてみてください。 プレミアムドッグフードって何? プレミアムドッグフードとは、愛犬が健康的な生活を送るために必要な栄養を含んだ餌のことを指します。 ヒューマングレードや無添加、犬にとって必須なビタミンやミネラルを含んでいる高品質ドッグフード達のことです。 ヒューマングレードって何?という人は次の記事が参考になるはずです 愛犬の健康を考えたら手作りドッグフードが良い? 手作りドッグフードは食感や香り、含まれる栄養価も多いので、手間ではなければ手作りドッグフードはおすすめです。 犬によって必要な栄養素や好み、食べさせてはいけないものもあるので、作る前はしっかりと知識を身につけてから調理するようにしてください。 犬に与える水は水道水で大丈夫? 基本的には犬に水道水を与えても問題ありません。 ただし、水質が硬水の場合は尿路結石を患っている犬にとって負担をかけてしまうので、軟水のミネラルウォーターを与えてあげる必要があります。 詳しくは「」の記事を御覧ください 犬種別ドッグフードは意味あるの? 食べやすさや誤飲を防ぐために粒サイズが違うという点では意味はあるでしょう。 しかし、犬に必須な栄養素には違いがないので、本来であれば犬種別にドッグフードを変える必要はありません。 なお愛犬に適したドッグフードの粒のサイズについては以下の記事で解説しています。 犬に生肉は与えても良い 犬にとって本来の食事は生肉がメインなので、栄養素や水分量も吸収することができる点においても優れているのでおすすめです。 ただし、生だからこそ鮮度や品質が重要で、肉だけでは総合的な栄養の補給は難しいということを理解して与えるようにしてあげてください。 詳しくは「」の記事をご覧ください。 ドッグフードは国産・外国産どっちが良い? 品質のいいドッグフードであれば国産・外国産どちらを与えても問題ありません。 ドッグフードを食べない!どうすれば良い? 愛犬のために高品質なドッグフードを用意して、いざ与えるとなったときに思ったように食べてくれないこともよくあることです。 では、ドッグフードを食べてもらうためにはどのような対策をすればいいのでしょうか。 従来のドッグフードから徐々に切り替えていく ドッグフードをいきなり新しいものに変えてしまうと、犬が警戒して食べてくれないことがあります。 理想なのは様子をみながら10日ほどかけてゆっくりと新しいドッグフードに切り替えていくことです。 日にち 従来の餌 新しい餌 1日目 90% 10% 2日目 80% 20% 3日目 70% 30% 4日目 60% 40% 5日目 50% 50% 6日目 40% 60% 7日目 30% 70% 8日目 20% 80% 9日目 10% 90% 10日目 0% 100% こうすることで新しいドッグフードの匂いにも警戒しなくなり、従来のものと同様に食べてくれるようになるでしょう。 切り替える量はあくまで目安なので、愛犬の様子をみながら量の調節をしてみてください。 トッピングやウェットタイプのドッグフードを与えてみる 人間の食べるものやおやつを与えすぎてしまうと、普段のドッグフードを嫌がってしまうこともあります。 栄養不足にならないようにするためには、ドッグフードの上にトッピングを追加する、あるいはウェットタイプのドッグフードを与えるなどの工夫をしてあげましょう。 特にウェットタイプのドッグフードは食感も犬の大好きな肉本来に近いので、食いつきもよくなるはずです。 「食いつきが悪い愛犬におすすめのフード 可能であれば内部リンク 」で紹介したドッグフードであれば栄養面もクリアできるので参考にしてみてください。 違うドッグフードを与えてみる ドッグフードを食べてくれない理由の1つに、そもそもそのフードが愛犬の好みではないという可能性も考えられます。 いくら安全で栄養バランスも整っているドッグフードだとしても、愛犬が食べたくない香りや味であれば口にすることはありません。 この場合は従来のドッグフードや違うドッグフードを与えて様子をみるようにしましょう。 食べないときは思い切ってドッグフードをさげる 特に体調が悪いわけでもなく、理由も見当たらない場合、愛犬のわがままや気まぐれによってドッグフードを食べないということもあります。 これは、おやつや人間の食べ物を与えすぎると起こりやすいので、気をつけなくてはいけません。 愛犬の栄養バランスを考えると高品質なドッグフードを与えるのが一番なので、しつけの一環として思い切ってドッグフードを下げてみてください。 ドッグフードを食べないと餌をもらえないという意識になれば、自然と食いつきも戻ってくるので、おねだりをされても飼い主が負けずに我慢するということも覚えておきましょう。 体調不良・歯が痛そうではないかを確認 体調が優れない、あるいは歯が痛くて思ったように食べられない場合も原因としてあげられます。 ドッグフードを与えても食べない場合は、まず愛犬の様子をみて違うところがないか確認してみましょう。 口臭がきつい、鼻水、くしゃみが多い、だるそうにしているなどのサインもあるので、普段の行動についても観察するようにしてください。 体調不良や歯の痛みでドッグフードを食べてくれないのであれば、獣医さんに診てもらうか相談をしてみるのが一番です。 愛犬の健康を考えるなら安価なドッグフードは与えないでください 安価なドッグフードは愛犬の身体に悪影響を与える可能性があるということを理解してもらえたでしょうか。 そう考えると、本当に与えるべきなのは無添加で安全性に信頼ができ、栄養バランスの整ったドッグフードです。 今回紹介したランキングでどれがいいか迷っているのであれば「このこのごはん」「ブッチ」「レガリエ」を検討してみるといいでしょう。 愛犬の健康をサポートできるのはあなたが選ぶドッグフードだということを意識して、高品質で安心して与えられるものを選ぶようにしてください。

次の

UMAKA

うま か ドッグフード

ドッグフードに潜む危険性を正しく理解しましょう 結論からお伝えすると、安全なドッグフードは国産の一部にしか存在しません。 外国産のドッグフードばかりが良質とされている矛盾 インターネットで「ドッグフード 安全」と検索してみました。 どのサイトも不自然なくらい外国産のドッグフードが紹介されています。 最もらしい理由をつけて、ランキング上位はどのサイトも外国産ドッグフード。 しかも銘柄まで同じ。 外国産のドッグフードを日本へ輸入するわけですから、当然海を渡るわけですね。 輸入船のコンテナの温度は50度にもなるそうです。 あんな油まみれのドッグフードがビタミンCやEだけで酸化を防げるとは到底思えないわけです。 ドッグフードの法律は安全を担保するどころか、そもそも穴だらけの法律 皆さんご存知でしょうか。 ドッグフードに関連する法律や資格が、何ら安全を保証するものではない事を。 良質なドッグフードを規格化しているAAFCO(米国飼料検査官協会)までもが、全く信用できないものだからです。 詳細に綴るとかなり長くなるので、要約すると、法律は愛犬ではなく企業を守るスタンスです。 そして、ペットフードや栄養についての資格はテキストに目を通せば簡単な試験で取得出来ます。 しかもそれを熟知した所で、本サイトで安全とおすすめしているドッグフードには辿り着けません。 最も疑問を抱くのが、AAFCO(米国飼料検査官協会)の示す規格。 その基準値は栄養過多であり、本当ならとても1kg1000円前後なんかで販売できるわけがありません。 しかし、ドッグフードの製造で基準にできるまともな規格が他にないんですよね。 だから各社共にAAFCOの規格を参考にするしかないわけです。 国内のペットビジネス市場は約1兆5000億円ほどと言われています。 多数の大手企業が参入し、利益を追求しています。 大量に安く製造する必要がある為、素材と製法にコストと手間をかけられません。 他社のドッグフードと差別化する為、「安全・無添加・栄養満点」を謳う必要がありますね。 ではどうするのでしょうか。 製造してから必要栄養素を添加していくわけです。 つまり素材由来ではなく、人工的に帳尻合わせされた栄養価という事です。 まあ、難しい話はこの位にしておきましょう。 ドッグフードにおける、本当のヒューマングレードとは? 何故、私がここまで強気で述べられるのか。 何を持って安全なドッグフードと定義しているのか。 何故それを断言できるのか。 答えは簡単なんです。 私が安全だとおすすめしているドッグフードは、私が食べても美味しいからです。 そして、何より愛犬の食欲、毛並み、ウンチ、どれを取っても健康そのものだからです。 このページを読み終わる頃には、私がここまで断言する理由をご理解いただけているはずです。 本ページだけでも結構ですので、お付き合いいただけますと幸いです。 お次は先に述べた安全なドッグフードに辿り着く為の五箇条について見ていきましょう。 あなたはそのドッグフードを自分で食べられますか? この質問の理由はそのままです。 ドッグフードを自分で食べられるかどうかです。 もし犬が食べるものを人が食べられないでしょ!って思った方は、おそらくですが、まだ良質なドッグフードに出会った事がないのだと思います。 実際に粗悪なドッグフードは臭くてとても食べる気にはなれないからです。 思った事ありませんか? 「この子はこんなのが美味しいのかな?」 ネットなどで「犬にはこれがたまらない香りなんです。 」って書いてるのを目にした事がありませんか? そんなわけありません。 本当に好物なら白米ごはんに味噌汁をぶっかけてドッグフードと並べて見てください。 間違いなくドッグフードをスルーしますから。 臭いにはそれなりの理由があります。 臭いドッグフードは大抵が畜肉副産物をミンチにして丸めたものに、脂を吹き付けてオイルコーティングしています。 その脂が酸化しているから臭いんです。 愛犬は可愛い家族です。 自分が食べれもしないものを与えてはいけないのです。 そのドッグフードを嗅いで美味しそうな匂いがしますか? 先にお伝えした「あなたはそのドッグフードを食べられますか?」の項目でも触れましたが、やはり粗悪なドッグフードは臭いです。 そして臭いドッグフードは食べても雑味が激しく、とても食べられたものではありません。 私自身いろんなドッグフードを試食してきましたが、やはり味が全然違います。 そして、良質なドッグフードは食べると美味しいです。 犬の健康を考えるとどうしても味付け的に薄味にはなります。 それでもしっかり素材の風味が生かされていて人間の味覚にも美味しいドッグフードに仕上がっています。 匂いを嗅いで「臭い」。 この時点で愛犬に与えるべきドッグフードではない事が判ります。 そのドッグフードを触っていて手はベタベタしかせんか? 粗悪なドッグフードはすぐに分かります。 手で数粒握っていじってみて下さい。 手がベタベタしてくるはずです。 最近の安いドッグフードはパウダーを沢山入れているものもありますから、表面だけでは分かりにくかもしれません。 ただ、グレインフリー(穀物不使用)を売りにしているフードなんかは、すぐに手がベタベタになります。 先に述べたオイルコーティングが原因です。 また、オイルコーディングしたドッグフードは水分量が多くなりますので、腐りやすくなります。 そうなると、大量の酸化防止剤が添加されているのはいうまでもありません。 私は愛犬に「ノンオイルコーティング」のドッグフードしか絶対に与えません。 ドッグフードの原材料欄には知っているものだけ載ってますか? お次は原材料についてです。 簡単にお伝えすると、原材料欄の記載を読んで「これってなに?」と思うものが書いていないかどうかです。 つまり、素材名を読んでそれが何か想像がつかないものが入っていないかどうかです。 例えば以下のような表示を見て、それが何か説明できますか?• ソルビン酸カリウム• BHA• 没食子酸プロピル• ビートパルプ 他にも「チキンミール」なんて書かれているものもありますね。 良質なドッグフードには「鶏肉」と書かれています。 同じチキンのようですが、全くの別物です。 〇〇ミールというのは、素材をそのままごちゃ混ぜにしてミンチにしたものです。 素材が持つ、毛や爪や内臓なども含めごちゃ混ぜ。 私は絶対食べたくありません。 だから愛犬に与える事など出来ません。 そのドッグフードは国産(日本産)のものですか? これはとても簡単です。 今のドッグフードが外国産か国産かです。 何もドッグフードは国産が一律外国産を勝ると言っているわけではありません。 日本国産のドッグフードにも考えられないドッグフードが数多く存在します。 ただ、 私が知る限り良質なドッグフードは全て国産ドッグフードです。 そして、その中には誰もが知る大手メーカーは含まれていません。 答えは簡単です。 良質なドッグフードはコストがかかるからです。 良質なドッグフードは大量生産が難しく、原価が上がります。 原価が上がると、販売価格が上がります。 販売価格があがると、価格競争に負け売れにくくなります。 結果的に各社が販売合戦になる為、どんどん原価削減の方向に進むわけです。 これを 本気で問題視して本物のドッグフードを作り続けているのは、日本の小さな企業です。 そんなドッグフードづくりをされる会社さんが増える事を私は心より願っています。 実際に利益が出にくい為、消えて言った会社も知っていますからね。 また、外国産という事は日本へ船で運ばれてくる間、腐らないように対策する必要がありますよね。 その添加物の必然性が怖いのです。 わざわざ海の向こうで作られているものに頼る必要はありませんから。 確かにペット先進国のヨーロッパなどと比べると日本では動物愛護の観点で遅れをとっている点もあります。 それは国民性ではなく、法整備の観点です。 つまり、この問題とドッグフードの質はイコールではないという事です。 外国産ドッグフードを売る為のセールストークにすぎません。 シニア犬におすすめの安全ドッグフード 馬肉の名産地「熊本県」で 馬刺し専門店を営む利他フーズさんがリリースしているドッグフードです。 何故馬肉? 皆さん、動物園の肉食獣には馬肉をあげるのが一般的って知っていますか? 馬肉は高タンパクにして、低脂質なので、運動量が不足する動物園の動物や、室内飼いの小型犬には非常に適したタンパク源なわけです。 その中でも、馬肉専門店が使用している形の良くない肉、端っこの肉などを主原料にしています。 よくヒューマングレード(人間が口にするレベル)を謳っているドッグフードがありますが、これぞ本当のヒューマングレードではないでしょうか。 非常に魅力的なドッグフードだと思います。 この「高タンパク低脂質」が特にシニア犬にはとってもありがたいお肉なんですね。 私的にはチキン風味のドッグフードの方が味に広がりがあって美味しいですが、こちらもカツオの風味がして食べやすいドッグフードでした。 グレインフリー(穀物不使用)が良い方へおすすめの安全ドッグフード ナチュロルは安全な国産ドッグフードの中で唯一グレインフリー(穀物不使用)ドッグフードです。 もちろん穀物不使用という事は肉の含有量が多くなる為、少々高価なドッグフードではあります。 ただし、現時点グレインフリー(穀物不使用)に限定して安全なドッグフードという場合はこのナチュロル以外に選択肢はありません。 素材も牛肉、鶏肉、馬肉、魚肉と贅沢な構成になっています。 当然私も試食しましたが、グレインフリーでここまでクリアな風味は初体験です。 最も高タンパク質なドッグフードですから、育ち盛りの愛犬にはおすすめです。 特に現在外国産のグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを与えていて切り替えを考えている方には絶対的におすすめです。 安全なドッグフード選びを邪魔する3つの誤解を修正しよう! ドッグフードの選び方については、先にお伝えした5箇条。 とても簡単でしたよね。 しかしながら、この情報を発信しても、安全なドッグフードの辿り着けない方がいらっしゃいます。 何故でしょうか。 犬は飼っているが愛犬家ではないという事でしょうか。 そんなわけありません。 誰しもが愛犬の為、少しでも良質で安全なドッグフードをあげたいと考えるはずです。 そこ答えは意外な所にありました。 それは、 誤った情報が既に常識化されている為、今更疑おうとする人は少ないわけです。 つまり、五箇条を聞いても、しっくりこなかった方は、これまでの間違った常識を修正する必要があると私は考えています。 「いやいや、ドッグフードが危険?そんなわけないでしょう。 」 「もうドッグフードなんで何年も前から出回っているし、今は技術進歩で大量生産しコストが下がっているのでしょう。 」 そう思うなら私がおすすめしているドッグフードを食べて見て下さい! これが私の回答ですが、上記のような飼い主さんには正しいメッセージが正しく届きません。 でも、犬が弱ってからでは遅いんです。 身体の小さい愛犬たちへの影響度合いはとても大きいものです。 この不条理な現実を私は実体験を持って痛感する事になりました。 これは私たち人間の食事情でも同じ事が言えますが、添加物だらけの加工食にあふれています。 人間ですら、健康の知識をシェアしてあげると逆に「あの人はおかしい」、「宗教みたい」なんて平気で言われますからね。 私はいつも疑問に思います。 自分の子供にも同じ事を言うのかなと。 きっと違うはずです。 誰しも我が子には良質なものを食べさせてあげたいと思うはずです。 私たち愛犬かにとって犬は立派な家族です。 ぜひあなた自身が食べて納得できる、そんな本物のドッグフードを与えてあげて下さい。 誤解その1 | ドッグフードの質が上がったから犬たちが長生きになったわけではない 一昔前と比較し、犬の寿命が延びているのは事実です。 そして、犬の寿命はドッグフードの加工技術が進化して良質になったからだと誤解している方が結構いらっしゃいます。 「今のドッグフードは安全で栄養もタップリ!」 そう思っても仕方ありません。 それほどに現代の食品業界における製造技術は進歩していると思います。 また、ペットショップの店員さんや獣医さんですら、好ましくない添加物が入ったドッグフードを推奨されているケースは少なくありません。 ましてや「総合栄養食」なんて売り方されたら、そう勘違いしても仕方ありませんよね。 しかし、 犬の寿命が延びたのは、ドッグフードの進化ではなく、予防ワクチンのおかげだと私は考えています。 ただ、同時期にドッグフードも普及した為、ドッグフードのおかげで「犬が長生きになった」という解釈が広まったのだと思います。 いつもお世話になっている獣医さんが仰っていました。 「最近は犬のかかる病気が人間化してきているんです。 」 一昔前は、犬の命を奪う病気といえばフィラリアなど、蚊を介して犬に感染し発症に至るケースが多かったようですが、これに対するワクチンが普及した事で犬の寿命は延びたと言われています。 それが今では犬まで生活習慣病になるわけですからね。 正に愛犬たちは今、私たち人間と同じ課題にぶつかっているんです。 私も愛犬が体調を崩し、色々調べていた時、とある著書に書いてあった 「自分が食べられないものを、どうして愛犬に与えられるのか?」という言葉にハッとさせられました。 我々飼い主はこれらの事実を冷静に受け止め、考える必要があると私は思っています。 何故ならば、この思い込みこそが最大の落とし穴なんです。 好き好んで愛犬に害のあるドッグフードを与えたいなんて考える飼い主はいないですからね。 メーカーの販売戦力により、この間違った常識が定着した為、ドッグフードが臭かろうが不味かろうが、今更疑おうとはしないわけですね。 「だって人間の食べ物ではないんから」となるわけです。 皆さんは本記事に記載した5箇条で見極めていただければ二度と自分で食べられもしないドッグフードを愛犬に与える事はないでしょう。 誤解その2 | 手作りフードの落とし穴を理解しよう 確かに、私も愛犬にとって手作りフードが最良だと思います。 ただ、手作りフードには注意が必要です。 それは 飼い主側が栄養学を理解し、犬の必要栄養素を担保した献立にしないといけないという事です。 特に高カロリーな割にタンパク質不足なんて状況は容易に想像できます。 これは人それぞれのライフスタイルが密接に関係している内容です。 忙しい現代人にとって、ドッグフードは欠かせないでしょう。 本来ドッグフードは「愛犬の健康」をテーマに誕生したわけではなく、「飼い主の利便性」をテーマに誕生したわけです。 要するにメリットとデメリットを理解した上で選択する事が重要なんです。 ドッグフードのメリットは言うまでもなく、「簡単、手軽」という点でしょう。 そして、ある程度保存がきいて、犬の必要栄養素が守られます。 ドッグフードを奨める獣医さんが多い理由はここにあります。 手作りフードは理想ではあるものの、必要な栄養素をバランスよく保つ事が難しいからです。 私は幼少の頃より犬と生活を共にしていました。 しかし、昔は残飯を与えていました。 つまり、我々の食べたものと同じもの。 残り物です。 それはがっつきも良かったです。 ただ、犬は塩分を汗で排泄する事が出来ませんから、必要塩分量を超えてしまうわけです。 ですから、毎日手作りとなると「我々とは別メニュー」となるわけです。 何より、日々ワンコの栄養バランスを補うだけの素材を用いた料理を提供出来るでしょうか?そんな計算されたメニューを日々欠かさず作るとなると大変です。 日中ワンコがお留守番しているようなライフスタイルでは、ドッグフードを0にする事は出来ないでしょう。 次にデメリットについて考えてみましょう。 近所で市販されているドッグフードで説明するなら、やはり「添加物」を避けて通れない事が最大のデメリットと言う説明になります。 もちろん、酸化防止に何を使用しているかは大きな差ですが、ドッグフードの場合これは避けて通れない、といったところでしょうか。 実際に私もそう思ってきましたから。 ただ、私がお伝えした5箇条をクリアした安全なドッグフードなら話は別です。 愛犬も食事が楽しみになりますし、健康にも良いです。 そうなるとデメリットがなくなります。 あえて手作りフードと比較するならば、愛犬の食べる楽しみが低下するといった事でしょうか。 いずれにしても、その様な良質なドッグフードであれば、原材料からもそれなりの価格になるはずですよね。 少なくとも1kg1000円を切るようなドッグフードではない事は容易に見当がつきます。 誤解その3 | ドッグフードは外国産の方が良質だと言う思い込み これは先にも述べた ネットの誤った情報によるところの影響が大きいのだと思います。 よくネットに溢れている情報で原産国にフォーカスした内容を目にします。 日本のドッグフードより、外国のドッグフードの方が優良であると。 だからこそプレミアムドッグフードはほとんど外国産であると。 これは半分正解で半分は間違いです。 少し背景をお話させていただきます。 結論からお伝えすると、法律の整備という点では日本は遅れています。 ただ、ドッグフードの質とイコールではないので、ここをごちゃ混ぜに話してはいけないという事です。 何故なら、その法律自体がそもそも頼りないものなのですから。 であるならば、わざわざ海を越えて入手する必要はありません。 船で運ばれる最中、ドッグフードを積んだコンテナは50度にもなるそうです。 肉の塊に油を吹き付けたものが、そうした環境下で腐らない為には防腐剤を添加しないかければいけませんね。 ただ、表示義務がないとなると、その法律はドッグフードの安全性を担保していると言えますでしょうか。 海を越えずとも国内でつくったものを国内で入手する方が理にかなっていると思いませんか。 では、その法律とはどんなものなのでしょうか。 つまり、先に問題が起こり、再発防止の為早くから動き出した外国は、動物愛護の観点では先進国であるという説です。 確かに一理あります。 ただし、鵜呑みにするのはいけません。 繰り返しになりますが、この法律は完全ではないからです。 具体歴を例を一つ挙げましょう。 まずは以下をご覧ください。 「原産国」の定義は、「最後に加工した国」である。 いかがでしょうか。 こうすると利益優先の大手企業はどのような施策に出るのでしょうか。 他国の原材料を用いて日本でパックに詰めれば「日本製」と表示出来るわけです。 つまり、「国産」というだけで無条件に安心してはいけないという事です。 私自身がそうでしたが、誰もが知る日本の食品メーカーが「国産」で出しているのだから安全だ!そう考えて疑わなかったです。 これも仕方のない事象だと考えています。 何故なら、現在のドッグフード業界は専門メーカーではなく、大手食品企業が多数参入しているからです。 だって我々人間が頻繁に購入している食品メーカーの販売しているドッグフードを見たら安心してしまいますよね。 ただ、考えてみると理解できる事もあります。 良質な原材料を使用したものであれば、それなりの価格になるはずです。 それは 少なくとも1kg1000円を切るようなドッグフードではない事は容易に見当がつきます。 「ミートエキス」、「ミートミール」などと聞くと、さも栄養があって、ワンコが喜ぶ顔が想像されるのではないでしょうか。 しかし、実態としてレンダリングといって「人間の口に入るものとして価値を失ったもの」を粉砕しごちゃ混ぜにしたものです。 肉を食べるのとは大きなギャップがあります。 例えば鶏肉を食べる時に、クチバシから血液、糞尿、腫瘍に至るまでをごちゃ混ぜにして食べたりしないはずです。 この点には十分注意して選ばれる事を強く推奨します。 ですから、「国産」という1点だけで安全なドッグフードと断定するのは危険です。 ただ、これも断言出来ます。 本当に安心安全なドッグフードが存在するのも「日本国産ドッグフード」であるのも事実です。 これは断言出来ます。 絶対に惑わされないで下さい!! やはり真剣にドッグフード業界の問題を直視し、採算度外視で愛犬の為の良質なドッグフードを製造されているメーカーが日本に存在します。 ただ、国産ドッグフードはピンとキリのギャップが激しいんです。 ですから、良質なドッグフードは近所のスーパーや薬局には置いていません! これは一度そういった本物のドッグフードに触れれば言葉は必要なく理解できます。 それほどにその違いは大きいのです。 良質なドッグフードが一頭でも多くのワンちゃんの口に届きますように。 最後までお読み下さり、ありがとうございます。

次の

UMAKA

うま か ドッグフード

【辛口比較】全部調べて分かった本当におすすめドッグフードのすべて 「本当に安全で栄養のあるドッグフードを愛犬にあげたい」 「無添加なのにコスパがいいドッグフードが知りたい」 このような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。 現在、国内で販売されているドッグフードは100種類以上もあり、その中には犬に与えてはいけないようなものも含まれています。 しかし、高品質なドッグフード選びというのは種類が多いからこそ難しく、テレビCMでやっていたから安いからといって成分をろくに見ずに選んでしまいがちです。 そこで今回は、100種類以上比較してわかった本当におすすめできるドッグフードを一挙に紹介していきます。 あなたの愛犬に必要なドッグフードをぜひ見つけてみてください。 ドッグフードの評価基準 環境省が出している「」を熟読し、質(成分や原材料)、安全性、嗜好性(犬の食いつき)、価格などを見て、ドッグフードを30点満点とし、「Sランク」「Aランク」「Bランク」「Cランク」に振り分けました。 【Sランク】獣医師から見ても問題がなく特におすすめできる ここに、該当するドッグフードであれば「安全性」「栄養面」において間違いないので、一番おすすめできるドッグフードのグループといえるでしょう。 気になる点があるとすれば、 安全で栄養満点であるからこそ、価格は決して安くはないということです。 しかし、これは人間にも同様にいえることで、高品質なものを手に入れるなら相応の価値がします。 品質のいいドッグフードを与えたいのであれば、10グラムあたりだいたい20〜30円前後かかるものが価格の目安と言えるでしょう。 その中で、愛犬の食いつきや運動量など、必要な栄養素を考えてぴったりのドッグフードを選ぶようにしてください。 【Aランク】安全性の疑われる添加物や物質が少ないフード ここに該当するドッグフードも品質が高く、おすすめできるものといえます。 全く添加物が入っていないというわけではありませんが、犬にとって必須ではなくとも健康上問題のない成分が入っているドッグフードが含まれるグループです。 徹底的に、「安全面」や「栄養面」を気にするということでなければ、このグループのドッグフードも視野に入れておいていいでしょう。 【Bランク】安全性の疑われる添加物や物質が使われてるドッグフード 犬にとって悪影響を与える可能性のある「添加物」や「物質」を含有させているドッグフードがこのグループになります。 正直なところ、このグループのドッグフードはおすすめできません。 一見、価格帯が手頃なので目をうばわれがちですが、安い原料や長期保存ができるような添加物が含まれているので、「安全性」や「栄養面」をメインにしたドッグフード選びをするのであれば除外するようにしましょう。 【Cランク】絶対与えるべきではない このグループに使われている原材料は粗悪なものばかりで添加物も多量に含まれているため、絶対に与えてはいけないドッグフードばかりです。 ドッグフードには人間の食べ物のような明確で厳しい規定がないため、与え続けると悪影響のあるものも平気で販売されてしまっています。 平成19年3月 米国において、有害物質(メラミン)が混入したペットフードが原因となって、多数の犬及び猫が死亡。 6月には、メラミンが混入したペットフードが、我が国(日本)で輸入販売されていたことが判明しました。 大量に作られて長期保存ができるので価格帯も異常に低いですが、ゴミ同然の餌を愛犬に与えていると考えていいでしょう。 ドッグフード辛口評価のチェック項目 当サイトでおすすめのドッグフードを紹介していく前に、どのような評価基準によってグループを決めたのかを解説していきます。 メインとなるチェック項目は、以下の4つです。 質(成分や原材料) 有害な「添加物」や「物質」が含まれていないか、原材料や栄養素は厳選されているか。 また、原材料の一番最初のしゅ原料(第一原料)と呼ばれるものに不透明な物が入っていないかもチェックしています。 嗜好性(食いつき) ドッグフードを選ぶ際に、食いつきが、良いかどうかはとても大事なポイントですよね。 しかし、この食いつきの良いフードでも添加物やオイルコーティングで食いつきを上げている場合は注意が必要です。 今のドッグフードを触ってみて、何かベタベタしたさわり心地や、独特のニオイを出していませんか? また、原材料の部分に動物性油脂と書かれていませんか? オイルコーティングドッグフードについて オイルコーティングは、人工的な香料で風味を付けたオイルでコーティングすることで食いつきをアップさせる効果があります。 しかし、一方でこのオイルコーティングのせいで、涙やけや皮ふトラブル、アレルギーなどのリスクを高めてしまうことがあります。 また、オイルコーティングを使用しているフードは、原材料が粗悪な物であることが多いのです。 そのままの原材料で製造した物だと、犬は全く食べてくれないので、オイルコーティングをしてから、犬に食べさせるようにしているのです。 ですから、「ただ食いつきが良いから」という理由でドッグフードを選ぶと、病気のリスクが高くなってしまいます。 価格帯 100グラムあたりの価格 100グラムあたりの価格を算出。 経済的に愛犬に与えられる金額かどうか。 ただし、格安すぎるドッグフードの場合、粗悪な原材料を使っている場合があるので、質(成分や原材料)と価格は強く結びついているともいえます。 プラスとなる評価 安全性においては、無添加でヒューマングレードの素材を使用しているのかという点は高評価対象としています。 人間が食べられるぐらいの安全性という証拠なので、目安として覚えておくと高品質なドッグフードを選ぶ際に絞りやすくなります。 当サイトおすすめのドッグフードランキング 日本で販売されているドッグフードをや、公式サイトから購入して徹底比較した結果のドッグフードランキング2020です。 このこのごはんドッグフード このこのごはんドッグフードは、小型犬が食べやすい7〜8ミリの小粒サイズで、「におい」「毛並み」「涙やけ」といった悩みをサポートするべく、安全で栄養価の高いヒューマングレードなドッグフードとなっています。 メインとなるお肉は九州産の鶏肉ですが、北海道産の鹿肉や静岡県産のマグロも含まれており、「高タンパク」「低脂質」「低カロリー」と申し分のない原材料です。 添加物は「合成ミネラル」や「合成ビタミン」のみで、小麦が含まれないグルテンフリーとなっているため、愛犬のアレルギーに関しても安心できるでしょう。 また、お肉や添加物以外にも「青パパイヤ」「さつまいも」「乳酸菌」など、犬にとって必須の栄養素をこれでもかというほどに詰め込んでいるので、お水とこのこのごはんがあれば他に餌を与える必要がありません。 このこのごはんの袋を開けるとかつおぶしの香りがいっぱいに広がるのは、ノンオイルコーティングで仕上げている証拠です。 このかつおぶしの香りは犬にとっても食欲をそそるので、口コミでも「愛犬の食いつきがよく毛並みや涙やけが改善された」という意見も多く見かけます。 価格は1kgで3,500円なので10グラムあたり約35円とドッグフードにしては少し高めの価格帯ですが、品質から考えるとコスパはかなりいいでしょう。 愛犬に与えるのは「国産で安全な栄養豊富のドッグフードだ」と決めているのであれば、このこのごはんドッグフードがおすすめです。 このこのごはんを3分チェック レガリエドッグフード 獣医師と共同開発されたレガリエドッグフードは、室内犬で10kg以下の小型犬にターゲットを合わせて作られたヒューマングレードのドッグフードです。 原材料は全ての産地を公開しており、「鶏肉」「牛肉」「旬の魚」をメインに乳酸菌やオリゴ糖といった愛犬の健康サポートには十分すぎるぐらいの栄養バランスと言えるでしょう。 素材本来の栄養素と美味しさ、風味を損ねないように低温加熱製法を取り入れているところからもこだわりを感じます。 原材料も厳選したものを使用しているからこそ無添加でグレインフリーを徹底し、安心安全なドッグフードを愛犬に与えることができる、これがレガリエの最大の魅力です。 価格は1. レガリエを今すぐチェック ブッチ 本来のお肉に限りなく近づけた水分70%含有のウェットフードがブッチドッグフードです。 ニュージーランド産のチキンをベースとしており、犬が肉食に近い雑食性ということから、ブッチのような、なま肉の香りや食感はたまらないものなのでしょう。 「食いつきもよく、ペロリと食べてくれる」といった口コミを多く見かけました。 ブッチドッグフードには「ブラック」「ホワイト」「ブルー」の3種類があり、それぞれで特徴が違うので簡単に説明をしていきましょう。 ブラックレーベル 「ビーフ」「チキン」「ラム」をメインに肉含有率80%のフード。 ブッチの中で一番人気はこのブラックレーベルです。 ホワイトレーベル チキンが80%と新鮮な野菜や海草で構成された、赤身肉が苦手な犬におすすめできる高タンパクフード。 ブルーレーベル チキンに加えて魚 ムロアジ も配合されているため、DHAやEPA(イーピーエー)が気になる年齢高めの愛犬にオススメのフード。 3種類どれも無添加で、「検疫体制」「環境規制」が世界一厳しいとされているニュージーランドで作られているため、ヒューマングレード品質で安全性も信頼できます。 価格は3種類全て800グラムで1,430円なので10グラムあたり約17円です。 トライアルセットでお得に購入することもできるので、「愛犬がなま肉をよく食べる」あるいは「ドライフードだと食いつきが悪い」というのであれば、ブッチドッグフードを検討してみてもいいでしょう。 ブッチを今すぐチェック モグワン チキンとサーモンを50%以上含有させた「肉」「魚」「野菜」どれをとってもヒューマングレードの高品質なドッグフードがモグワンです。 無添加でグレインフリーのシンプルな原材料で、トッピングとも合わせやすいというメリットも公式サイトで紹介されています。 香りもオイルコーティングをしていないため、チキンとサーモンの香りが愛犬の食欲をそそり、口コミからも「ドライフードとは思えない食いつき」という意見がありました。 モグワンは1. 8キロで3,960円なので、10グラムあたり約19円と品質に見合わないリーズナブルな価格帯で提供しています。 「安全」「栄養」に加えて、コスパも重視したいという飼い主さんにとっておすすめできるドッグフードといえます。 モグワンを今すぐチェック FINEPETS極 ファインペッツ極(きわみ)は消化吸収率87%と肉類配合率90%という驚異の高さを誇るドッグフードです。 アレルギーになりにくいようアヒル肉とニシンを使用しているため、チキンや牛肉をアレルゲンに持っている犬でも安心して与えることができます。 無添加で低温加熱製法を採用しているため、素材本来の香りが愛犬の食欲をそそります。 ただし注意点があり、FINEPETS極はカロリーが高いということです。 100グラムで422キロカロリーもあるので、給餌量に関しては注意しておかなくてはいけません。 オールステージ対応していますが、運動量が活発な犬におすすめできるドッグフードといえるでしょう。 5キロで5,278円なので、10グラムあたり約35円となっています。 FINEPETS極を今すぐチェック アランズナチュラルドッグフード ヒューマングレードの厳選素材を使用し、アレルギーの少ないラム肉をメインにしているのがアランズナチュラルドッグフードです。 シンプルに作られているドッグフードが、犬にとって理想的な栄養バランスになるということを体現しているかのように含まれている原材料はこのようになっています。 少しハーブのような香りがしますが、犬にとっては関係なく食べてくれる口コミがみうけられました。 2キロで3,960円なので10グラムあたり約19円と、コスパは非常に優秀です。 余計なものは与えず経済的にも嬉しいドッグフードを探している人にはアランズナチュラルドッグフードがぴったりでしょう。 アランズナチュラルドッグフードを今すぐチェック UMAKA トリゼンフーズの自社銘柄鶏である「九州産華味鳥」を贅沢に使用したヒューマングレードを越えた品質を謳うドッグフードがUMAKA 美味華 です。 うまかはメインの華味鳥以外にも厳選された高品質素材を使用し、無添加・グルテンフリー・ノンオイルコーティングで愛犬の健康をサポートしてくれます。 出汁のような香りが愛犬の食欲をそそるため、給餌の切り替えも楽だったという口コミも見受けられました。 5キロ4,980円なので、10グラムあたり約33円です。 価格は気にしないからとにかく安全で栄養のあるドッグフードが欲しいということであれば、うまかを検討するといいでしょう。 UMAKAを今すぐチェック オリジン 肉類が85%も含有されている高タンパクなドッグフードがオリジンです。 チキンやターキーをはじめ、様々な「肉」「魚類」を取り入れているので、カロリーも394kclaと若干高めになっています。 しかし、犬はもともと肉食だったことを考えると、オリジンのようなドッグフードこそ愛犬に合っているのかもしれません。 ヒューマングレード品質でお肉の香りが強いので、口コミを調べてみると食いつきも好評です。 2kgで6,000円なので10グラムあたり約30円となっています。 オリジンはファインペッツ同様に運動量が多い愛犬を飼っている人におすすめしたいドッグフードです。 オリジンを今すぐチェック アカナ カナダ産であるアカナは原産の食材を使ったヒューマングレード品質のドッグフードです。 含有されていることがおすすめできないミール系の原材料も、ヒューマングレードの品質ということなので信頼できるものと判断しました。 約75%の肉が含まれており、その半数がなま肉あるいは新鮮な肉を使用しているため、非常に栄養価が期待できるドッグフードです。 食いつきに関しては好みが分かれるようで、「よく食べてくれる」「全然食べてくれない」といった口コミが6:4ぐらいに感じられました。 2kgで5,000円なので、10グラムあたり約25円です。 国産ということにこだわりがなければアカナはおすすめできるドッグフードです。 ちなみに、ドッグパートナーによるとアカナはカナダで支持されているドッグフード第3位です。 【Aランク】安全性の疑われる添加物や物質が少ないドッグフード 栄養や添加物に関して愛犬に悪影響を与える可能性が限りなく低い成分が含まれているドッグフードを紹介していきます。 ランキングにあるドッグフードの中から選ぶのもおすすめではありますが、以下に紹介するものも高品質であることには変わりないので、愛犬の好みによって検討してみるといいでしょう。 馬肉自然づくり ドッグフードの中ではめずらしく新鮮な馬肉をメインにして作られたのが馬肉自然づくりです。 ヒューマングレードの素材を使用した無添加のドッグフードなので、安全面でも信頼して愛犬に与えることができます。 馬肉自然づくりをメインとして与えるのもいいですが、フードに飽きさせないためのローテーションの1つとして活用するという人もいるようです。 1kgで3,000円なので、10グラムあたり約30円となっています。 アーテミスを今すぐチェック ドッグスタンス 祖先であるオオカミが最も食していたとされる鹿肉をメインにしたドッグフードがドッグスタンスです。 栄養素も失わないように低温加熱調理をしているのも、愛犬の健康を考える上で嬉しいこだわりといえるでしょう。 鹿肉をメインにしているため、犬が食欲をそそるような香りに加えて「無添加・」「グルテンフリー」と栄養面だけではなく安全面においても信頼できるドッグフードとなっています。 ただし、800グラムが3,520円なので10グラムあたり約44円とコスパがいいとは断言できない価格帯です。 アレルギー体質の愛犬やドライフードを飽きさせないためのローテーションの1つとしてドッグスタンスを活用するといいかもしれません。 散歩が大好きでとにかく動き回る• そろそろシニア犬に入るから年齢に合ったドッグフードを選んであげたい• 病気持ちの愛犬でも食べやすいドッグフードを探している といったように、あなたの愛犬に適切なドッグフードを探してあげることで、より健康面でのサポートをすることができるでしょう。 ここでは、愛犬の状況や年齢などによっておすすめできるドッグフードを紹介していきます。 中型大型犬向けのおすすめドッグフード「ネルソンズドッグフード」 原材料の50%がお肉というイギリスで人気のドッグフードがネルソンズです。 粒が大きくて食べ応えがあるため、主に中型犬や大型犬に人があります。 穀物を一切配合しないグレインフリーでありながら、無添加なのでアレルギーや安全面においても安心して愛犬に与えることができるでしょう。 「食いつきもいい」という口コミを多くみかけますが、やはり「粒が大きいため小型の犬は食べにくそう」、あるいは「食べてくれない」といった意見もありました。 5kgで7,800円となっているので10グラムあたり約15円です。 中型犬や大型犬は小粒のドッグフードだと丸呑みしてしまうので、しっかりと消化できるのか、あるいは詰まってしまわないか不安になりますよね。 ネルソンズドッグフードは「中型犬」「大型犬」専用のフードなので、そのような心配はいりません。 愛犬に与えるドッグフードの消化や詰まりに不安を持っているのであれば、ネルソンズドッグフードを試してみるといいでしょう。 ピッコロを2分でチェック 「ファインペッツ極」運動量が多い愛犬におすすめ 活発に活動する愛犬であれば、それだけ必要なカロリーも多くなります。 運動量が多いのであれば100グラムで422kcalもあるファインペッツ極がおすすめです。 カロリーが高いのが気になる人もいるかもしれませんが、ファインペッツ極は消化吸収効率も高いので、与えすぎにだけ注意しておけば問題ありません。 「ヒューマングレード」「無添加」「栄養」が豊富と愛犬にとって必要な要素は揃っているので、愛犬の元気をサポートするためにファインペッツ極を与えてみてはいかがでしょうか。 病気持ちの愛犬におすすめ「みらいのドッグフード」 栄養価の高い食材に漢方やサプリといった特定の成分を含有させているみらいのドッグフードは、病気を持った愛犬におすすめです。 10グラムあたり約50円になるのでメインとして与える分には経済的に余裕がなければいけませんが、使用している食材はかなり高品質なので信頼ができるドッグフードとなっています。 みらいのドッグフードの中でも病気や気になる部位によって推奨されているものが違うので、間違わないようにだけ注意しましょう。 種類は「 みらいのドッグフード薬膳」と「 みらいのドッグフード食事療法」の2つです。 食いつきが悪い愛犬におすすめのトッピング用フード 夏バテや体調不良、あるいは好みに合わないといった様々な理由で、愛犬がドッグフードをうまく食べてくれないことがあります。 そのときにはムリに食べさせるよりも嗜好性の高いドッグフードを与えてあげることで食いつきが増す場合もあるので、おすすめをいくつか紹介していきます。 ブッチ ランキングでも登場したブッチドッグフードの食いつきの良さは王道といっても過言ではありません。 やはり愛犬がブッチを好む理由としては生肉と変わらない香りや「味、」「食感」だからでしょう。 ブッチをスライスしてそのまま与えるだけでもいいですが、いつもあげているドライフードに混ぜてあげるだけのもいいです。 ブッチは水分も多量に含んでいるので、愛犬がお水をあまり飲んでくれないときにもおすすめできます。 ベニソンの食いつき度が高い理由 【Bランク】安全性の疑われる添加物や物質が使われてるドッグフード 農林水産省が「」のお願いをしているのにも関わらず、原材料の表記があいまいなため、「具体的にどこのどのような部分が含まれているかわからない」あるいは「かさ増しやコストを抑えるために安い原料を使っている」というドッグフードもあります。 しかし、いい部分だけを宣伝することによって、デメリットがわからないようにされていることも多いので、ついつい購入してしまうという人も少なくありません。 正直、このグループのドッグフード一覧から購入することは避けておくべきです。 特に4Dミートや犬のことを考えていないような悪質な添加物が含有されている恐れがあります。 ほとんどの市販のドッグフードには、犬にとって不要または有害とみなされる材料が含まれている。 ・肉骨粉 ・畜産副産物 ・穀物 傾向として、廉価品ほど肉の含有量が少なくなり、畜産副産物や穀物ベースの増量剤が多く含まれる。 一部の高級品を除けば、犬にとっては不要で、アレルギー、各種成人病、虫歯の原因となるトウモロコシや小麦が肉よりも多く含有されている(原材料表のトップに表記される)。 このような材料を使用しながらも、あたかも健康的で新鮮な自然食品が含まれているかのように消費者を誤解させる包装デザインが大変多く、批判の対象になっている。 メインの肉類はラムミールと、いわゆる4Dミートに属する原材料です。 ビタミンやミネラル、オメガ3脂肪酸が配合されていて無添加なので、その部分を宣伝すれば聞こえはいいでしょう。 しかし、犬のメインの栄養素となる肉類が最低ランクなので、価格と品質のバランスが優れているとは決していえません。 肉類がしっかりと信頼できるものかどうかという部分も大切なのです。 ドッグフードの添加物についてもっと知りたいという人は次の記事が参考になるはずです。 大量に生産して長期保存ができるため、価格帯はかなりリーズナブルなのが特徴です。 何度もお伝えするように 大切なのは安全性と栄養面に優れたドッグフードを与えてあげることなので、絶対にこのグループのドッグフードは与えないようにしてあげてください。 まずおかしいのが、一番多く含有されている原料が穀類ということです。 犬は雑食性ではありますが、元々は肉類をメインにしているオオカミが祖先なので、穀類を大量に摂取すると消化不良を起こしてしまう可能性があります。 トウモロコシや小麦粉といったものも含まれており、場合によってはアレルギーを起こしてしまう可能性もあるでしょう。 また、重要な肉類はミールやパウダーのつくものばかりで全て4Dミートです。 しまいには犬にとってなんら必要のない着色料、つまり添加物を使用しているため、最悪「ガン」や「喘息」「アレルギー」を引き起こして健康に支障が出てしまう可能性もあるでしょう。 3キロで710円なので、10グラムあたり3円と価格においては正直安すぎます。 しかし、これで安いドッグフードには理由があるということがわかってもらえたのではないでしょうか。 そもそも人間が腐った肉を食べ続けたらどうなるか、わかりきったことですよね。 これは4Dミートが含まれているドッグフードを与えているのと同じ意味を持っています。 また、に掲載されているペットフード安全法をみてみると、人間が口にするものには使用を禁止されている添加物が許可されているのがわかるはずです。 腎臓病やガンなど重い病気にかかりやすくなる• アレルギーを起こしてしまう• 毛並みや涙やけが多くなる• 下痢や便秘を起こしやすくなってしまう といったように、愛犬の健康を害してしまうようになるので、ゴミ同然のドッグフードは例え安価だからといっても手は出さないようにしましょう。 危険なドッグフードの裏事情をもっと知りたいという人は次の記事が参考になるはずです。 そこで次にドッグフードに関わる質問の中で多く寄せられたものを回答してみましたので参考にしてみてください。 プレミアムドッグフードって何? プレミアムドッグフードとは、愛犬が健康的な生活を送るために必要な栄養を含んだ餌のことを指します。 ヒューマングレードや無添加、犬にとって必須なビタミンやミネラルを含んでいる高品質ドッグフード達のことです。 ヒューマングレードって何?という人は次の記事が参考になるはずです 愛犬の健康を考えたら手作りドッグフードが良い? 手作りドッグフードは食感や香り、含まれる栄養価も多いので、手間ではなければ手作りドッグフードはおすすめです。 犬によって必要な栄養素や好み、食べさせてはいけないものもあるので、作る前はしっかりと知識を身につけてから調理するようにしてください。 犬に与える水は水道水で大丈夫? 基本的には犬に水道水を与えても問題ありません。 ただし、水質が硬水の場合は尿路結石を患っている犬にとって負担をかけてしまうので、軟水のミネラルウォーターを与えてあげる必要があります。 詳しくは「」の記事を御覧ください 犬種別ドッグフードは意味あるの? 食べやすさや誤飲を防ぐために粒サイズが違うという点では意味はあるでしょう。 しかし、犬に必須な栄養素には違いがないので、本来であれば犬種別にドッグフードを変える必要はありません。 なお愛犬に適したドッグフードの粒のサイズについては以下の記事で解説しています。 犬に生肉は与えても良い 犬にとって本来の食事は生肉がメインなので、栄養素や水分量も吸収することができる点においても優れているのでおすすめです。 ただし、生だからこそ鮮度や品質が重要で、肉だけでは総合的な栄養の補給は難しいということを理解して与えるようにしてあげてください。 詳しくは「」の記事をご覧ください。 ドッグフードは国産・外国産どっちが良い? 品質のいいドッグフードであれば国産・外国産どちらを与えても問題ありません。 ドッグフードを食べない!どうすれば良い? 愛犬のために高品質なドッグフードを用意して、いざ与えるとなったときに思ったように食べてくれないこともよくあることです。 では、ドッグフードを食べてもらうためにはどのような対策をすればいいのでしょうか。 従来のドッグフードから徐々に切り替えていく ドッグフードをいきなり新しいものに変えてしまうと、犬が警戒して食べてくれないことがあります。 理想なのは様子をみながら10日ほどかけてゆっくりと新しいドッグフードに切り替えていくことです。 日にち 従来の餌 新しい餌 1日目 90% 10% 2日目 80% 20% 3日目 70% 30% 4日目 60% 40% 5日目 50% 50% 6日目 40% 60% 7日目 30% 70% 8日目 20% 80% 9日目 10% 90% 10日目 0% 100% こうすることで新しいドッグフードの匂いにも警戒しなくなり、従来のものと同様に食べてくれるようになるでしょう。 切り替える量はあくまで目安なので、愛犬の様子をみながら量の調節をしてみてください。 トッピングやウェットタイプのドッグフードを与えてみる 人間の食べるものやおやつを与えすぎてしまうと、普段のドッグフードを嫌がってしまうこともあります。 栄養不足にならないようにするためには、ドッグフードの上にトッピングを追加する、あるいはウェットタイプのドッグフードを与えるなどの工夫をしてあげましょう。 特にウェットタイプのドッグフードは食感も犬の大好きな肉本来に近いので、食いつきもよくなるはずです。 「食いつきが悪い愛犬におすすめのフード 可能であれば内部リンク 」で紹介したドッグフードであれば栄養面もクリアできるので参考にしてみてください。 違うドッグフードを与えてみる ドッグフードを食べてくれない理由の1つに、そもそもそのフードが愛犬の好みではないという可能性も考えられます。 いくら安全で栄養バランスも整っているドッグフードだとしても、愛犬が食べたくない香りや味であれば口にすることはありません。 この場合は従来のドッグフードや違うドッグフードを与えて様子をみるようにしましょう。 食べないときは思い切ってドッグフードをさげる 特に体調が悪いわけでもなく、理由も見当たらない場合、愛犬のわがままや気まぐれによってドッグフードを食べないということもあります。 これは、おやつや人間の食べ物を与えすぎると起こりやすいので、気をつけなくてはいけません。 愛犬の栄養バランスを考えると高品質なドッグフードを与えるのが一番なので、しつけの一環として思い切ってドッグフードを下げてみてください。 ドッグフードを食べないと餌をもらえないという意識になれば、自然と食いつきも戻ってくるので、おねだりをされても飼い主が負けずに我慢するということも覚えておきましょう。 体調不良・歯が痛そうではないかを確認 体調が優れない、あるいは歯が痛くて思ったように食べられない場合も原因としてあげられます。 ドッグフードを与えても食べない場合は、まず愛犬の様子をみて違うところがないか確認してみましょう。 口臭がきつい、鼻水、くしゃみが多い、だるそうにしているなどのサインもあるので、普段の行動についても観察するようにしてください。 体調不良や歯の痛みでドッグフードを食べてくれないのであれば、獣医さんに診てもらうか相談をしてみるのが一番です。 愛犬の健康を考えるなら安価なドッグフードは与えないでください 安価なドッグフードは愛犬の身体に悪影響を与える可能性があるということを理解してもらえたでしょうか。 そう考えると、本当に与えるべきなのは無添加で安全性に信頼ができ、栄養バランスの整ったドッグフードです。 今回紹介したランキングでどれがいいか迷っているのであれば「このこのごはん」「ブッチ」「レガリエ」を検討してみるといいでしょう。 愛犬の健康をサポートできるのはあなたが選ぶドッグフードだということを意識して、高品質で安心して与えられるものを選ぶようにしてください。

次の