五反田 もつ。 【公式】五反田銭場精肉店|五反田での溶岩焼肉専門店

五反田の居酒屋15選|美味しくてコスパ抜群のお店【実食レポ】

五反田 もつ

どの料理を頼んでもビールやハイボールとの相性抜群です。 また 宴会コースは2時間飲み放題付きのコースが2,500円〜揃います。 同店には最大80名まで利用できるお座敷の大宴会場もあるので、少人数の利用だけでなく、社宴会などの大人数のシーンでも重宝しそうです。 営業時間 :【月~木】 11:30~14:30(L. 14:00) 【金】11:30~14:30(L. 14:00) 【土・日・祝日】14:00~23:30(L. 昭和の雰囲気ただよう赤い看板が目印。 なんでも、他店で飲んだら一杯1,500円はするようなお酒でもこのお店だと300円もしないくらいで飲めるそう。 これは酒好きとしては…「行ってみるしかない!」ということでいざ入店。 このお店では、入店時に入場料として1600円を支払い、料理やドリンクを都度支払いするシステム。 ドリンクメニューはハイボール90円、生ビールは180円と原価のお値段で提供されていました。 まず注文したのが、マッカラン・ボウモアと並ぶ3大スコッチの1つ 「バランタイン17年 280円」をストレートでいただきました。 樽の香りをほのかに感じ、バニラのような甘みも感じる上品な味わい。 他店だと一杯1,500円はするといわれるほどのウイスキーブランド。 店内は薄暗く、お酒の味をより引き立たせてくれるような妖艶な雰囲気。 原価での提供なので、お得にリッチなお酒をいただくことができます。 でも、入場料に1,600円も払ってるんだからモト取れないでしょ?と思ったそこのあなた! 筆者もまったく同じことを疑問に思ったので、店員さんに直撃!今回注文したもの、他店ではどのくらいの値段で提供されているのか計算してもらいました。 結果は以下のとおり。 他店では7,000円は下らないだろう金額ですが、支払ったのは 5,160円。 じつに 1,840円もお得に飲食できる計算。 は02:30 【日・祝日】17:00~23:00 L. 学生さんからおひとり様まで常に多くの人でにぎわう人気店。 先ほど紹介した「かね将」の斜め向かいにあります。 毎日芝浦から直送される新鮮なモツ料理が人気のお店。 もつ焼きは1本90円〜。 職人さんの手によって1本1本丁寧に仕込まれています。 みょうがバラ巻きはジューシーなバラ肉の旨味にシャキシャキ食感と爽やかさが+プラス。 上タンは、肉厚でジューシー。 噛みしめるごとに肉の旨味が広がります。 いずれも、お酒との相性が良いのは言うまでもありません。 こちらは、お店イチオシの 「もつ煮シチュー490円」。 高級レストランで出てくるようなワインの香りが立つデミグラスソースのシチューに、トロトロに煮込まれた豚もつと牛スジがゴロゴロ入っています。 これもお酒と合うんだなぁ〜。 いただいたお酒はこちらの「 キンミヤ焼酎ホッピーセット 490円」。 クセがなくスッキリまろやかな味のキンミヤをホッピーで割っていただきます。 大衆居酒屋的なのにモダンな雰囲気の店内。 取材日では仕事帰りのサラリーマンや20〜30代の男女など幅広い客層だった印象。 料理もうまくて雰囲気も良い。 丸ごと絞ったり、摩り下ろした果汁たっぷりの入ったサワーはとってもフレッシュ!!! 食堂・立呑み共に席数に限りがありますが、立呑みとだかではチャージ料が発生しません。 お酒を飲んでもっとゆっくり食事をしたいという場合は、そのまま食堂とだかへの移動もOK。 缶やビール系のドリンクは奥にある冷蔵庫に。 焼酎はグラス売りもしているみたい。 また、おつまみにはポテトチップスをはじめとするスナック菓子、コンビーフやさんまといった缶詰類なども。 好きなお酒とおつまみを選んだら、お店のおばちゃんに支払いを済ませ立呑みスタートです!(料金は都度精算) 今回注文したのは ・男梅サワー ・角ハイボール(濃いめ) ・柿ピー ・やきとりの缶詰 合わせてたったの 720円。 お金を支払うとグラスが用意され、おつまみはお皿に取り分けてもらえます。 グラスに注いで乾杯で〜す!料金が安いってことはもちろんなのですが、、、 普通の居酒屋では決して味わうことのできない、この落ち着いた雰囲気がたまらないんですよね〜。 どのくらいリラックスできるかというと… じゃ〜〜〜ん!!カメラを向けているにも関わらず、決めポーズなしで、レンズをじっと見つめている女優ポンちゃんのこの表情。 座ることはできませんが、お仕事終わりに1本飲みたいなぁという人や0次会にもおすすめ。 筆者は五反田に行く機会があれば必ずもう1度訪れたくなるお店でした〜。 特に 「ねぎま 480円」は ホンモノの味。 7種の天然塩のみで味付けした鶏の旨味を味わう上質な一本です。 あまりに人気だから注文できるのは、1人1本まで! 出典: 焼鳥屋さんとしては少々シャレこんでる 「温泉玉子ジュレがけ 350円」なんてメニューも存在します。 ウッディモダンな店内で至極の焼鳥をはじめとする、洗礼されたメニューを堪能してください。 こちらのお店ではビールとの相性ぴったりの北海道は小樽のソウルフードを提供しているお店。 タルタルソースやポン酢、粉醤油などを使って自分好みに味わえ、鶏好きにはたまらないメニューです。 出典: 木をたくさん使ったインテリアの同店は、大人が普段使いするのにピッタリ! この投稿をInstagramで見る — 2018年 3月月11日午前5時03分PDT 黒王全開盛り(地鶏の刺身盛り)1,980円 新鮮だからできる地鶏のお刺身。 もも・むね・砂肝・ささみ・レバー・手羽の6種類。 地鶏ならではの歯応え、弾力、旨味をダイレクトに味わえる一品。 出典: ほぼ全てのお客さんが注文するという 本気の炭火焼き 760円。 炭火の網の上で焼かれた鶏肉は肉厚でプリプリジューシー!柚子胡椒でピリッと爽やかなアクセントを付けると、お酒もグビグビ進んでしまいます。 来店した人は、また行きたくなる老舗の居酒屋さん。 チェーン店には出せないお店の魅力があるお店です。 地酒と魚介が豊富なお店です。 出典: 食べログ3. 5を超えるほどの人気を博す同店は、いつも仕事終わりのお客さんで大にぎわい。 出典: 提供される魚は店主が八丈島や新島沖などで釣ってきたもの。 そのためいつも新鮮プリプリな魚が食べられます! 「お刺身盛り合わせ(1人前) 1,500円(税抜)」は注文必須です! 出典: こちらも名物 「アンコウ鍋(1人前) 3,900円(税抜)」。 アンコウ鍋がこの価格で楽しめるところはなかなかありませんよね!肝が良く入って絶品ですよ。 こちらのお店では上質なお肉を使った料理を提供しているワインバルです。 View this post on Instagram — 2018年 9月月16日午前7時08分PDT 「 フォアグラと大根のステーキ690円」 フォアグラが大胆に大根の上に乗っかているお店の人気メニュー。 なんといってもこのお値段でフォアグラを食べれるなんて、ちょっとお得過ぎません? お得なのは料理だけではありません!お店のワインセラーにある30種類以上のワインボトルはどれも2,000円!しかも自由に選んでテーブルに持ってきてOKという楽しいシステムなのも魅力です。 魚介の安さと美味しさが魅力のお店。 14種もの魚と珍味が一度に楽しめると人気!見た目の華やかさも魅力です。 出典: こちらは隠れた人気商品 「青海苔豆腐 780円(税抜)」。 アオサの飴がこれでもかとかかった一品です。 結構大きいけどまろやかな美味しさが癖になってペロリと食べられます。 0 25:30) 【土】17:00〜26:00(L. O 25:30) 【日・祝】17:00〜23:00(L. 料理のほとんどが燻製メニューという燻製好きにはたまらないお店。 中には熟成期間が数ヶ月、燻製に10時間以上かけているこだわりの一品も。 木目調で統一された椅子やテーブル。 アンティークな内装の店内。 ムーディーにライトアップされていて、とってもオシャレ!デートや食事した後のもう1件ってときにもオススメのお店です。

次の

昼と夜の顔をもつドン・キホーテ、品川区初出店の五反田東口店レポート(BCN)

五反田 もつ

五反田銭場精肉店 ~和牛専門店~ 黒毛和牛A5メス牛を1頭買いし、新鮮な和牛を溶岩焼肉にて提供いたします。 O14:30) ディナー 17:00~23:30(L. お持ち帰り30分前までにご連絡ください。 牛の中でも2~3割しか取れない「メス」牛を 1頭買いしているからこそ叶う 高級焼肉専門店。 極上の肉を溶岩でふっくら焼き上げ お召し上がりいただけます。 【田町に新店OPEN】 姉妹店【焼肉ZENIBA】が渋谷に引き続き 田町にOPENしました! 100%の和牛ハンバーグや ステーキなど厳選した黒毛和牛を ご堪能いただけます。 メス牛にこだわったキメ細やかな 肉質をご堪能ください。 和牛を用いたメニューを多数、 ご用意しております。 新鮮だからこそ味わえる生肉メニュー 牛ハツ刺し、炙りユッケもございます。 新着情報•

次の

【公式サイト】もつ焼きばん|中目黒、五反田、三軒茶屋にある居酒屋

五反田 もつ

どの料理を頼んでもビールやハイボールとの相性抜群です。 また 宴会コースは2時間飲み放題付きのコースが2,500円〜揃います。 同店には最大80名まで利用できるお座敷の大宴会場もあるので、少人数の利用だけでなく、社宴会などの大人数のシーンでも重宝しそうです。 営業時間 :【月~木】 11:30~14:30(L. 14:00) 【金】11:30~14:30(L. 14:00) 【土・日・祝日】14:00~23:30(L. 昭和の雰囲気ただよう赤い看板が目印。 なんでも、他店で飲んだら一杯1,500円はするようなお酒でもこのお店だと300円もしないくらいで飲めるそう。 これは酒好きとしては…「行ってみるしかない!」ということでいざ入店。 このお店では、入店時に入場料として1600円を支払い、料理やドリンクを都度支払いするシステム。 ドリンクメニューはハイボール90円、生ビールは180円と原価のお値段で提供されていました。 まず注文したのが、マッカラン・ボウモアと並ぶ3大スコッチの1つ 「バランタイン17年 280円」をストレートでいただきました。 樽の香りをほのかに感じ、バニラのような甘みも感じる上品な味わい。 他店だと一杯1,500円はするといわれるほどのウイスキーブランド。 店内は薄暗く、お酒の味をより引き立たせてくれるような妖艶な雰囲気。 原価での提供なので、お得にリッチなお酒をいただくことができます。 でも、入場料に1,600円も払ってるんだからモト取れないでしょ?と思ったそこのあなた! 筆者もまったく同じことを疑問に思ったので、店員さんに直撃!今回注文したもの、他店ではどのくらいの値段で提供されているのか計算してもらいました。 結果は以下のとおり。 他店では7,000円は下らないだろう金額ですが、支払ったのは 5,160円。 じつに 1,840円もお得に飲食できる計算。 は02:30 【日・祝日】17:00~23:00 L. 学生さんからおひとり様まで常に多くの人でにぎわう人気店。 先ほど紹介した「かね将」の斜め向かいにあります。 毎日芝浦から直送される新鮮なモツ料理が人気のお店。 もつ焼きは1本90円〜。 職人さんの手によって1本1本丁寧に仕込まれています。 みょうがバラ巻きはジューシーなバラ肉の旨味にシャキシャキ食感と爽やかさが+プラス。 上タンは、肉厚でジューシー。 噛みしめるごとに肉の旨味が広がります。 いずれも、お酒との相性が良いのは言うまでもありません。 こちらは、お店イチオシの 「もつ煮シチュー490円」。 高級レストランで出てくるようなワインの香りが立つデミグラスソースのシチューに、トロトロに煮込まれた豚もつと牛スジがゴロゴロ入っています。 これもお酒と合うんだなぁ〜。 いただいたお酒はこちらの「 キンミヤ焼酎ホッピーセット 490円」。 クセがなくスッキリまろやかな味のキンミヤをホッピーで割っていただきます。 大衆居酒屋的なのにモダンな雰囲気の店内。 取材日では仕事帰りのサラリーマンや20〜30代の男女など幅広い客層だった印象。 料理もうまくて雰囲気も良い。 丸ごと絞ったり、摩り下ろした果汁たっぷりの入ったサワーはとってもフレッシュ!!! 食堂・立呑み共に席数に限りがありますが、立呑みとだかではチャージ料が発生しません。 お酒を飲んでもっとゆっくり食事をしたいという場合は、そのまま食堂とだかへの移動もOK。 缶やビール系のドリンクは奥にある冷蔵庫に。 焼酎はグラス売りもしているみたい。 また、おつまみにはポテトチップスをはじめとするスナック菓子、コンビーフやさんまといった缶詰類なども。 好きなお酒とおつまみを選んだら、お店のおばちゃんに支払いを済ませ立呑みスタートです!(料金は都度精算) 今回注文したのは ・男梅サワー ・角ハイボール(濃いめ) ・柿ピー ・やきとりの缶詰 合わせてたったの 720円。 お金を支払うとグラスが用意され、おつまみはお皿に取り分けてもらえます。 グラスに注いで乾杯で〜す!料金が安いってことはもちろんなのですが、、、 普通の居酒屋では決して味わうことのできない、この落ち着いた雰囲気がたまらないんですよね〜。 どのくらいリラックスできるかというと… じゃ〜〜〜ん!!カメラを向けているにも関わらず、決めポーズなしで、レンズをじっと見つめている女優ポンちゃんのこの表情。 座ることはできませんが、お仕事終わりに1本飲みたいなぁという人や0次会にもおすすめ。 筆者は五反田に行く機会があれば必ずもう1度訪れたくなるお店でした〜。 特に 「ねぎま 480円」は ホンモノの味。 7種の天然塩のみで味付けした鶏の旨味を味わう上質な一本です。 あまりに人気だから注文できるのは、1人1本まで! 出典: 焼鳥屋さんとしては少々シャレこんでる 「温泉玉子ジュレがけ 350円」なんてメニューも存在します。 ウッディモダンな店内で至極の焼鳥をはじめとする、洗礼されたメニューを堪能してください。 こちらのお店ではビールとの相性ぴったりの北海道は小樽のソウルフードを提供しているお店。 タルタルソースやポン酢、粉醤油などを使って自分好みに味わえ、鶏好きにはたまらないメニューです。 出典: 木をたくさん使ったインテリアの同店は、大人が普段使いするのにピッタリ! この投稿をInstagramで見る — 2018年 3月月11日午前5時03分PDT 黒王全開盛り(地鶏の刺身盛り)1,980円 新鮮だからできる地鶏のお刺身。 もも・むね・砂肝・ささみ・レバー・手羽の6種類。 地鶏ならではの歯応え、弾力、旨味をダイレクトに味わえる一品。 出典: ほぼ全てのお客さんが注文するという 本気の炭火焼き 760円。 炭火の網の上で焼かれた鶏肉は肉厚でプリプリジューシー!柚子胡椒でピリッと爽やかなアクセントを付けると、お酒もグビグビ進んでしまいます。 来店した人は、また行きたくなる老舗の居酒屋さん。 チェーン店には出せないお店の魅力があるお店です。 地酒と魚介が豊富なお店です。 出典: 食べログ3. 5を超えるほどの人気を博す同店は、いつも仕事終わりのお客さんで大にぎわい。 出典: 提供される魚は店主が八丈島や新島沖などで釣ってきたもの。 そのためいつも新鮮プリプリな魚が食べられます! 「お刺身盛り合わせ(1人前) 1,500円(税抜)」は注文必須です! 出典: こちらも名物 「アンコウ鍋(1人前) 3,900円(税抜)」。 アンコウ鍋がこの価格で楽しめるところはなかなかありませんよね!肝が良く入って絶品ですよ。 こちらのお店では上質なお肉を使った料理を提供しているワインバルです。 View this post on Instagram — 2018年 9月月16日午前7時08分PDT 「 フォアグラと大根のステーキ690円」 フォアグラが大胆に大根の上に乗っかているお店の人気メニュー。 なんといってもこのお値段でフォアグラを食べれるなんて、ちょっとお得過ぎません? お得なのは料理だけではありません!お店のワインセラーにある30種類以上のワインボトルはどれも2,000円!しかも自由に選んでテーブルに持ってきてOKという楽しいシステムなのも魅力です。 魚介の安さと美味しさが魅力のお店。 14種もの魚と珍味が一度に楽しめると人気!見た目の華やかさも魅力です。 出典: こちらは隠れた人気商品 「青海苔豆腐 780円(税抜)」。 アオサの飴がこれでもかとかかった一品です。 結構大きいけどまろやかな美味しさが癖になってペロリと食べられます。 0 25:30) 【土】17:00〜26:00(L. O 25:30) 【日・祝】17:00〜23:00(L. 料理のほとんどが燻製メニューという燻製好きにはたまらないお店。 中には熟成期間が数ヶ月、燻製に10時間以上かけているこだわりの一品も。 木目調で統一された椅子やテーブル。 アンティークな内装の店内。 ムーディーにライトアップされていて、とってもオシャレ!デートや食事した後のもう1件ってときにもオススメのお店です。

次の