レブル 250 新型。 私はこの度、レブル250というバイクに一目惚れし新車購入を考...

ホンダ レブル250に乗り換えました

レブル 250 新型

趣味は将棋です、と堂々と人に言うにはちょっと恥ずかしい棋力。 しかし、そんなことは関係ない! 天童で借りた借りは天童で返したい。 将棋のことばかりのホンダ「レブル250」ツーリング紀行です。 快晴の朝、出発。 レブル250はフルスロットルでなくても絶好調 250cc単気筒のエンジンが一生懸命頑張ってくれているのが伝わってくる。 意外なほど快適に、ハイペースでここまで走れた。 村田ジャンクションが現れ、東北道北上の旅は終える。 ここからは山形道。 将棋にハマってしまったのは、およそ2年前のこと。 藤井聡太四段(当時)の中学生でのプロデビューとその後の連勝、それがきっかけだ。 それまでは小学生の頃に覚えた駒の動かし方を知っているだけだった。 当時、ちょうど30歳。 30の手習いが始まった。 ハマってしまった、という書き方をしたのには理由がある。 あまりにも、のめり込みすぎる。 仕事以外、すべての時間を将棋に使ってしまう。 将棋は悪魔のゲームだ。 そして、僕がハマった理由はもうひとつ。 将棋は「旅」とよく似ていた。 いつもの家から出発し、だんだんと知らない道になり、見たことのない景色が現れる感覚。 それを求めて、よく海外旅行をしていたが、ぱったりとやめてしまった。 盤上では、2手目に知らない世界が現れることもある。 東京から山形県天童市までは、約400km。 9月末、レブル250で2泊3日の将棋武者修行に出かけることにした。 出発当日。 雲ひとつない快晴、気温もちょうどいい。 首都高を抜け、必ず寄らなければならないパーキングエリアで最初の休憩を取る。 東北道の羽生PA。 こんな日ばかりは「はぶ」と読めてしまう。 願掛けの気持ちで立ち寄りたかったのだ。 その後も快調に、クルーザールックの250cc単気筒バイクは僕を北へと運んでいってくれる。 もっと辛いかと思っていたが、小排気量車ながら、余裕がある。 誰よりも早くぶっちぎる! なんて気持ちにさせられないのもいい。 そこそこのスピードで走るクルマをペースカーと決めて、気楽に走っていた。 ただ、数時間走ると脚は疲れてきた。 シート高690mmというスクーター以上の足つきの良さが裏目に出る。 走りながら、脚をぶらぶらさせられない。 ステップから足を少しでも離すと、即地面に接地してしまうのだ。 それでもまあ、直進安定性が高く、高速道路ツーリングは得意なバイクと言えるだろう。 姿勢もゆったりしていて、1~2時間に一度の休憩を取れば、一日中走っていられそうだ。 ちなみにこの色のレブル250を個人的に「フルスロットルで行こうぜ!号」と呼んでいる。 その理由は、声優・西田望見さんのデビュー曲のPVに使われているから。 youtube. ふと、一年半前の記憶がよみがえった。 2018年4月に天童の舞鶴山で開催された「人間将棋」を観に行ったときのことだ。 ちょうど桜は満開。 のんびりとした会場で、さまざまなイベントが行なわれる、楽しいお祭りだった。 僕はプロ棋士の対局を生で見て、手の意味が分からないながらも感動し、その後、天童駅周辺のお土産物屋で将棋グッズを買いあさった。 このとき、将棋歴は約10カ月。 大好きなバイクで、大好きな将棋イベントへ行く。 これ以上に幸せな旅はないと、ウキウキだった。 あの場所を発見するまでは……。 「天童将棋交流室」。 駅ビルの1階にある、将棋資料館に併設された無料の将棋道場である。 せっかくだから本場の人と指してみたい! などと軽く思ったのが甘かった。 地元の大人には成り駒ひとつ作らせてもらえず、小学校低学年の子供たちには猛烈な攻めをくらい、あっという間に負けた。 結果3戦3敗。 4戦目に挑む気力は残っていなかった。 山形道のクネクネした心地よい高速道路はすぐに終わりを告げた。 山形北インターで降り、あとは下道を10km弱ってところだろう。 青看板に「天童」の文字が見えた。 途端に吐き気を催す。 前日まで、この日が楽しみで仕方なかったのに、いざ近づいてくると怖い。 怖くて仕方がない。 また、ボコボコにやられるんじゃないか……。 僕がこれまで触れ合ってきた将棋を指す人は、いい人が多かったと思う。 いまでは、なじみの店となった新宿ゴールデン街にある将棋酒場「一歩」の方々など、みんな下手くそな僕にていねいに教えてくれる。 ただ、世の中には、きびしい人もいる。 完敗となった終局直後、「将棋になってねえ」と言われたこともある。 また、道場などで子供と指し、負けた後の感想戦、これが辛い。 いい年した大人が、小学生に指し終えたばかりの将棋の悪手を教えてもらう。 感想戦の最中、自分が何を指したか忘れてしまっていることもしばしばで、「そっちじゃなくてこう指してたよオジさん」と指摘される。 天童市内に入った。 とりあえず、とても指せるモチベーションではなくなってしまっていたので、腹ごしらえをしておこう。 前回、人間将棋の際は大行列で入れなかった「水車生そば」で、名物の元祖鶏中華をいただく。 う、美味い。 美味すぎる。 あれ? そういえば、これを食べるために天童へ来たんだっけ。 目的を達成したから帰るか、と思いたくなる。 エネルギーを充填したところで、さあ指すか!……とはならない。 とりあえず観光はしておこう。 これがどのくらいのサイズなのかと言うと…… いろいろめぐっているうちに、ホテルにチェックインできそうな時間になった。 バイクと荷物を置いて、よし指すか! ……ともならず、ベッドを見たら「一回寝ておくか」という気持ちが勝ってしまった。 起きたのは16時。 武者修行に来たつもりなのに、「天童将棋交流室」の閉館時間は残り2時間にまで迫っていた。 もうさすがに指すしかない。 ホテルから徒歩1分。 よし、行こう、 もう言い訳が見つからない。 結果をお伝えしたい。 3局指して2勝1敗だった。 初戦を落とし、やはりだめかと思ったものの、初戦と同じ年配の方に辛勝。 そして3局目は地元の小学生になんとか勝った。 もう充分だ。 充分すぎる。 当初、僕の中でこの旅のコンセプトは「将棋漬けの3日間」だった。 昼間は道場、夜はホテルでネット将棋と予定していたが、もういい。 祝杯をひとりであげることにした。 天童は駅前とは別に歩いて15分ほどのところに温泉ホテルが建ち並んでいる。 そこに酒場が軒を連ねていた。 バーっぽい店で、ひとりビールやカクテルを飲んだ。 うわぁ疲れた、長い一日だったぁと思うと同時に、まだまだやっぱり指したりないという気持ちが湧いてきた。 早く帰って明日に備えよう。 帰りがけ、暗闇の中、歩道に描かれた詰め将棋をひとつずつ解いていく。 夜風は冷たく、縦に配列をされた信号機を眺めていると、そういえば、東北に来ていたんだな、と思う。 詰め将棋が鉢植えに踏みつぶされているところもあった。 どんだけ将棋が日常に溶け込んでいるんだ。 まだまだこの町の本領を見ていない、と心に言い聞かす。 昨年訪れたときの棋力は3級くらいだったと思う。 その数カ月後、初めて訪れた道場で、まぐれ勝ちが続き初段の認定証をもらった。 それから、1年以上経過しているが、いまいち自分の棋力が分からないでいる。 三・四段を名乗る方に勝つこともあれば、級位者の方にも平気で負ける。 天童滞在、2日目。 一日中将棋漬け。 朝が来た。 この日はもうバイクには乗らない! ずっと「天童将棋交流室」に入り浸る。 昨日の勝ち越しもあり、やっと本来の目的を果たす心構えができた。 週末だったため、朝10時に開き、18時まで指せるとのこと。 開館と同時に向かった。 夕方、今日はもうおしまいでーす。 と席主の方がみんなに伝える。 とにかく指した。 地元の子供、そのお父さん、年配の方。 さらに僕と同じような旅行者。 どの対局もぎりぎりの勝負ばかりで、脳みそフル回転だった。 結果をお伝えしたい。 2日目は全10戦で、8勝2敗だった。 昨年のトラウマからようやく解放された気持ちだ。 だけど、勝った将棋はどれも負けていてもおかしくない内容だった。 この「天童将棋交流室」での対局は、対局前に相手の方がどれくらいの棋力なのかが分からない。 何となく、空いている人同士で指す。 だから、必ずと言っていいほど、 「にいちゃん強そうだね、東京からわざわざ来たの?」「いやいや、弱いから来たんですよ。 本場の方に習いたくて」とか、 「私、弱いんで教えていただけますか」「いや、僕も弱いんで逆に……」のようなやりとりがある。 そして、指し始めてすぐに気づく。 「ふざけんなよ、普通に強いじゃねーか」と心で思うのだ。 ただ、それが好きだ。 アプリで指す将棋も楽しいけれど、やっぱり駒を手で動かすのがいい。 手付きを見れば、経験値が分かる。 視線を見れば、攻めと受けどちらの手を読んでいるのかが分かる。 そんな人間同士の駆け引きが病みつきになる。 ひとつ嬉しいことがあった。 僕はどの対局も真剣そのもので臨んだ。 マジすぎて相手の方にひかれているかもしれないとも思っていた。 エアコンがんがんで寒いくらいなのに、額だけはじっとりと汗をかいていた。 ある子供のお父さんとの対局のときのことだ。 終盤の手前から一手で勝ち負けが決まりそうな、際どい将棋だった。 終局後、それまで一言も発しなかったのに、「これ見てくださいよ」と若いお父さんは、手のひらを広げた。 汗をびっしょりかいている。 僕もハッと我に返り、額の汗をぬぐった。 「熱い対局でしたね」と言ってくれたことが忘れられない。 3日目、この日は東京に戻らなければならない日、「天童将棋交流室」にお礼だけして帰ろうとすると、昨日指した青年が待っていた。 「今日は勝ちますよ、対策考えてきたんで。 一局だけ指しましょう」 この言葉も嬉しくてたまらなかった。 僕に負けたことを悔しく思ってくれた人がこの町にできた。 一年半の成果として、これ以上のものはない。 その対局もやはりぎりぎりの勝負だった。 「来年春、人間将棋のときにまた天童に来てくださいよ、次は絶対負けませんから」 将棋は旅と似ている。 生きている限り、何度でも旅に出たい。 できれば、より面白い旅へ。 文・写真:西野鉄兵 [ アルバム : 将棋のまち天童の写真を見る はオリジナルサイトでご覧ください ] webオートバイ編集部員西野のツーリング紀行 ホンダ「レブル」に関する情報.

次の

レブル カスタムまとめ

レブル 250 新型

私はこの度、レブル250というバイクに一目惚れし新車購入を考えている初心者ライダーで、早速価格等を計算して出してみました ところが、付けたいと思ったオプション込み エンジンガード、サ ドルバッグが主 で約68万円、諸費用込みで約74万円と、想像していた250ccの価格よりけっこう高めで驚きました… 質問というのは ・250ccの新車の相場はこれくらい? ・レブル250よりおすすめバイクはあるか? ・ぶっちゃけ新車より中古? ・レブル250経験者がいらしたら、是非感想を… 以上四点です ちなみに購入目的としては、街乗りがメインで、ツーリングにも行ってみたいと考えています 初めてのバイク選びなので、失敗したくなくて不安です どうかよろしくお願いします! ・250ccの新車の相場はこれくらい? レブルは決して高いバイクじゃないと思いますよ。 オプションを付けたいだけつければ高くなるのは当然です。 卒直にいって、エンジンガードもサドルバッグもいらないと思います。 こういうバイクはゴチャゴチャ付けないほうがかっこいいと私は思います。 そして、新車を買うなら新車が安い店で買ったほうが良いです。 新車ならどこで買おうが同じです。 通販が必要になる様な店はやめたほうが良いでしょうが、行ける範囲で安い所に買いに行ったほうが良い。 ・レブル250よりおすすめバイクはあるか? 新車で買えるバイクなら別に何を買っても良いと思います。 ただ、性能に拘るならある程度素性を見たほうが良いとは思いますけどね。 レブルは現行の250の中では遅い方ではないと思いますよ。 CBR250Rのエンジンがベースですし、このエンジンは単気筒としては性能は悪くはありません。 ただ、アメリカンなので、ポジションも含めてそんなにスピードを出して乗るようなバイクでもありませんよ。 時速100km程度で流す程度のバイクだと思ったほうが良いでしょう。 ・ぶっちゃけ新車より中古? 新車のほうが良いに決まってますよ。 中古っていうのは金のなくて新車が買えないやつか、中古じゃないと買えないモデルが欲しい人が仕方なく買うというものです。 中古のほうが優れているとすれば価格でしかありえません。 レブルに関してはまだ新しいバイクなので、中古もあまり出回ってないだろうし、そういう中古車って新車を安い店で買うのと同じくらいの価格になるのでオススメはしません。 ホンダドリームでの新車値引きは、車種によっても違うのかもしれませんが、一般的に1割弱くらいのようです。 よって、自賠責や整備料などの諸費用はだいたい6万円前後ですから、オプション無しで、乗り出し価格はちょうど希望小売価格程度(レブルだとABS付59万円、ABSなし54万円)が目安になると思います。 あとはオプションをどうするか?エンジンガードは、3万円弱で取り付け費用入れても3万円ちょい? サドルバッグも1万円前後くらいですよね?この2つだけだと4万円程度。 ABS付きだとしても、10万円くらい合わない気がしますが。 値引き0でしょうか? また他に細々したオプション付けていますでしょうか?もし値引き0ならば、他の店にも行くことをお勧めします。 その上で、総合的に自分が満足しそうな店を選んでください。 ただし、値段が全てではないと思います。 オプションも再考したほうがいいかも。 エンジンガードは、もし不安なら取り付けたほうがいいと思います。 でも、なくても、慎重に取り回すことを心掛けていれば、私は不要だと思います。 サドルバッグは、バイク屋で一緒に買う前に、バイク用品量販店に行ってみた上で、相場をつかんでください。 品揃えも値段も量販店のほうがいいことが多いです。

次の

新型レブル 250 │みやたび ブログ

レブル 250 新型

自動車学校の教習車だということもあって、乗りやすくていいなあと思っていました。 メカには詳しくないので、トラブルの少ないだろう最終型であまり距離を走っていないCB750の中古車を探して購入。 このバイクで、初めて立ちゴケをしてしまいました。 停止した場所が田舎の坂道で、左足を出したら地面がなくて、着いたと思ったら、左に大きく傾いている道だったので、足が着いた時点でもう車体が45度です。 耐えて耐えて、耐えようと思いましたが、片足で270kgの車体を支えることはできず、なるべくバイクに傷がつかないように、ゆっくりとコケました。 (笑) このことから、重いバイクはコケそうになると、もう諦めるしかない。 という経験を積みます。 次に、バッテリー上がりの問題が発生。 自宅でツーリングに行く前にエンジンを掛けて、給油をしに近所のガソスタへ行って、さあ満タンだぞ! いっぱい走るど〜と思って、バイクにまたがり、セルスイッチをON。 うんともすんとも言いません。 え? 壊れた? 家を出る前はエンジン一発で始動したのに??? メカに詳しくない僕は、すぐさま購入したお店へ電話すると、バッテリー上がりだと言われました。 なんだと〜! このバイクを買って、乗らない日が何週間も続くと、CBってバッテリーが上がるらしい。 そういえば、自動車学校で、よくCBの充電をしていたなー。 と思い出す。 話によると、CB750はアイドリングだけでは充電どころか、放電してしまうそうです。 エンジンが2千回転以上でないと充電されないらしい。 マジですか! ってことで、CBは早めに乗り換えた方が良いだろうなーと思い、ヤマハのMT-09がいいなと思っていたのですが、その後、スズキからGSX-S1000Fが発売され、試乗した結果、めちゃくちゃ惚れて乗り換えました。 一度は乗ってみたいリッターバイク GSXはスゲー速い!バッテリー上がりも一度もなくて、車重も軽くて、とっても満足していましたが、1年くらい乗ったらタイヤ交換の時期になって、タイヤ代が5万もかかりました。 よく走るので、凄く気に入っていましたけど、維持費がかかるんですよ。 ある時、金欠になって、どうしても別の支払いがあって、払えないので売ってしまいました。 (涙) ここで、僕のバイク人生は終わったのかと思ったら、2ヶ月後にまた乗れることになりました。 バイクは趣味だがお金が必要 リッターバイクは、一度乗ってみたかったので、次は維持費の安い250ccのバイクに乗ろうと決めていました。 色々なバイクに乗ってみてわかったのがどのバイクも100キロは出るので、僕が好きなのはバイクに乗る事とキャンプツーリングだったようです。 つまりスピード重視より、積載性重視という事です。 CBの時は、遠くに行っても日帰りで、キツかった長距離ですが、キャンプツーリングを始めたら、さらに遠くまで行くことができて、楽しいのですよ。 バイクで行くキャンプはまるで、馬に乗って旅をしているような雰囲気です。 車だと、バイクのような操るという楽しみが削られ、移動だけの手段に思えて仕方ないのです。 キャンプは今後もバイクで続けて行きたいので、荷物がたくさん載せられるバイクという条件で探しました。 スズキのが有力候補でしたが、そっちを選ぶならカワサキのの方がよく走るという口コミを見つけました。 しかし、実際に見に行くと、ヴェルシスは車格が一回り大きい感じがします。 足つき性はツンツン立ちです。 また価格が高いので、諦めました。 がいいのじゃないかと見に行って、試乗させてもらいました。 これが凄くよくて、とっても乗りやすい。 20馬力しかないとは思えないくらい出足は早いのです。 積載性を持たせたツーリングセローならリアキャリアも大きいし、ブロックタイヤだから林道も走れる。 次に、ホンダで探すと、新型のが僕好みでした。 しかし、リアシートは小さいし、荷物を止めるフックもない。 試乗車に乗ってみると、予想よりも走らない。 シートが硬くて、以外にも前傾姿勢が辛そうでした。 そして、最後に残ったのがです。 ホンダのレブル250ABS 太いタイヤに、特徴のあるタンク、 和製アメリカンとしては、レブル250しかありません。 燃費も良いらしいし。 キャリアこそついていませんが、レブルにはオプションパーツが豊富で様々なバッグが取り付けできます。 ボバースタイルなレブル250ですが、オプションパーツを足していけば、理想的なバイクが出来上がります。 足つき性とカスタマイズ 足の短い僕ですら、余裕でべた足です。 背の低い女性にも安心して乗れるバイクです。 立ちゴケの心配など全く無用です。 しかも車体が軽いので、倒れそうになっても片足で踏ん張ることができます。 購入当初は、遅いバイクだなと思っていましたが、慣らし運転を終えて、エンジンを回してみると、意外にもよく走るじゃないですか。 レブルの純正のハンドルだと手が遠いので、 ハリケーンのハンドルに変更しています。 以外にも、自分でも取り付けができました。 風除けの スクリーンを汎用品のものを一部加工して取り付けました。 加工が難しいと思う人は、レブル用のスクリーンがワールドウォークから出ているので、そちらを選択してもいいですね。 キャンプツーリングに行くために絶対必要なのがサドルバッグサポートとグラブバーキャリアです。 これがないと、正直何も積載できません。 ツーリングだけしかしないっていう人は付けなくてもいいですけどね。 僕が付けたのが デイトナのサドルバッグサポート左と右です。 右にはマフラーがあるので、小型のバッグしか付けれませんが、バランスを考えると付けておいた方が見た目がカッコいいです。 リアキャリアも同じ デイトナのグラブバーキャリアを付けました。 理由は同時にサドルバッグサポートも一緒に取り付けができるからです。 他社の物だと付けれない場合がありますからね。 画像で見ると細く見えますが、実物はずっしりと重く、とてもしっかり作られていました。 これだけを付けても十分です。 意外とキャリアの幅が広いので、大きいシートバッグも余裕で載せられます。 前のGSX-S1000Fから移植した増設フックも取り付けました。 タナックスのプレートフックでナンバープレートのネジに取り付けるタイプで、黒いので目立ちません。 キャンプの場合は、結構荷物が増えるので、こうした 隠れアイテムはあると非常に便利です。 その後、サドルバッグも デイトナのヘンリービギンズにしました。 左18Lです。 大きい方がたくさん入りますからね。 僕はキャンプに行くので迷わず、大きいのを選択しました。 右にも ヘンリービギンズの9Lを付けたので結構高い買い物になります。 こればかりは同一メーカーでないとかっこ悪いですからね。 手動の携帯用ポンプも入れてるので、いつパンクしても大丈夫です。 バイクって、パンクしたらアウトでしょ?スペアタイヤなんて付いていないから。 (笑) リアキャリアに GIVIリアボックスで大容量の 43Lの物を付けました。 最初は、小さいシートバッグだけだったのですが、雨だと濡れるし、鍵もかからないので思い切って大きいのを付けました。 これが意外にもよく似合う。 バッグよりも大容量で普段のツーリングに活躍してくれます。 お土産も入るし、ヘルメットも余裕で入ります。 ゴツくなったレブル250です。 (笑) レブル250で行くキャンプツーリング レブル250でのキャンプツーリングです。 リアキャリアにGiViのリアボックスを付けた状態でシートバッグを載せていますが、これはシートの前の方に座らないといけないので、最近は、リアボックスを外してからシートバッグを取り付けています。 シートバッグは完全防水なので、突然の雨でも濡れることがなく大丈夫です。 ただ、途中で中の物を取り出すのは難しいので、小物類はサドルバッグに入れるようにしましょう。 レブル250でキャンプ中 レブル250に付けてるリアボックスを外して、防水バッグを載せた様子.

次の