ファイアーウォッチ。 ボールウォッチ BALL WATCH

ファイア (ゲーム&ウオッチ)

ファイアーウォッチ

【】のコーナーに の登場です。 1560 Ref. 1560 Ref. 1560 Ref. 1625 1962年製が… インターナショナル・ウォッチ・カンパニー【IWC】インヂュニア 自動巻き SS Ref. 666A Cal. 853 1959年製 ¥798,000 (税込・送料無料) SS Ref. 666A Cal. 853 1959年製 インターナショナル・ウォッチ・カンパニー【IWC】インヂュニア 自動巻き SS Ref. 666A Cal. 853 19… ハミルトン【HAMILTON】アクアデイト600 自動巻 SS Cal. 64 1960年代製 ¥298,000(税込・送料無料) 1960年代製 Cal. 64 ハミルトン【HAMILTON】アクアデイト600 自動巻 SS Cal. 64 1960年代製が入荷いたしました。 … ホイヤー【HEUER】クロノグラフ 手巻き SS Landeron13 1940年代製 ¥478,000(税込・送料無料) 1940年代製 Landeron13 ホイヤー【HEUER】クロノグラフ 手巻き SS Landeron13 1940年代製が入荷いたしました。 285 1940年代製 ¥278,000(税込・送料無料) 1940年代製 Cal. 285 ユニバーサル・ジュネーブ【UNIVERSAL GENEVE】クロノグラフ SS 手巻き Cal. 285 1940年代製….

次の

「ファイア」(任天堂ゲーム&ウォッチ)

ファイアーウォッチ

「ファイア」(任天堂ゲーム&ウォッチ) ファイア FIRE ゲーム&ウォッチ /任天堂 Written by T鈴木 2つのファイア クローンもの(同じLSIを使って、キャラだけ変えて違うゲームのように売り出す)は除いて、電子ゲームがリメイクされる機会なんて殆どないのである。 この任天堂「ファイア」。 多くの人が 大きいサイズのものと、小さいサイズのものを見たことがあるのではないでしょうか? 元々は小サイズ(RC-04)が先に発売されたのですが、翌年にスクリーンがひと回り大きいワイドスクリーンシリー(FR-27 がリメイク発売されました。 しかも単なるLSIの使い回しではなく、新たなキャラパターン、得点システムの変更など、完全新作と言ってもいいような内容で、よほど任天堂も内容に自信があったものと覗えます。 RC-04は'80年7月31日発売。 FR-27は'81年12月4日発売となっています。 被災者を受け止めろ! 被災者を救急車に運べ ゲームは「パラシュート」と同じくキャッチングものです。 あなたは救急隊員となって、火災ビルから次々と飛び降りる被災者を受け止めましょう。 ただ「パラシュート」と決定的に違うのが、キャッチしたあと 被災者が再び宙に跳ね上がってしまうとこです。 再び落下してきた被災者を再度受け止め、救急車まで運ばねばなりません(最後は救急車に激突しているように見えるのですが気のせいでしょう)。 最初のうちは1人ずつ飛び降りてきますが、高得点に達してくると、1人を救急車に運ぶ前に、次々に被災者が飛び降りてきます。 こうなってくると「次に誰を受け止めるか?」という判断が非常に重要になってくるのですが、このパニック感がかなり熱いのです! 大小の違い 「ファイア」のパッケージ ところで、前述したようにこの「ファイア」には大小2つのバージョンがあるのですが、その違いは!? 実はけっこう違うところがあって、具体的には 「大ファイアが人間を1回受け止めて1点入るのに対し、小ファイアは救急車まで運ばなければ1点入らない」 「大ファイアはゲームBでのみ、3階からも人が落ちてくる」 「小ファイアのみ、救助時に救急車のサイレンが点滅する」 「小ファイアはアラーム機能がない」 「大ファイアのみ、200点、500点時にミスオールクリアとなる」 ・・・・などです。 特に決定的に違うのが得点システムの違いで、 救急車まで運んで初めて1点入る小ファイアは、高得点を取るのがなかなか大変です(笑 どちらが好きかは好みや思い入れによると思いますが、筆者としては大ファイアの方がゲーム的に面白いと思いますね。 (3階からも人が落ちてくるゲームBのパニック感はなかなかです) とにかく、ゲームウォッチを代表するような作品であることは間違いないので、ファンなら必ず手に入れておきたい一品でしょう。

次の

時計修理 横浜 腕時計のオーバーホールと販売をおこなう横浜白楽のアンティークウォッチ専門店ファイアー・キッズ

ファイアーウォッチ

内容 [ ] 火災が発生した左側のビルから飛び降りてくる人々をその直下で待ち受け、クッション(担架)でバウンドさせて右で待機している救急車まで運ぶゲーム。 人は右に弾んでいき、救急車に到達するまでに3回バウンドさせなければならず、左右のボタンで救助員を所定の位置に移動させて受け止める。 受け損なうとミスとなり、3回ミスでゲーム終了となる。 シルバーシリーズ版は3回バウンドさせて救急車に搬入した時点で1点が加算されるが、ワイドスクリーン版ではバウンドさせるたびに1点が加算される。 最高得点はいずれも999点。 GAME AとGAME Bの2種類があり、落下してくる人数と落下速度が異なる。 その他、ワイドスクリーン版で追加された要素として、200点または500点に達するとミスが帳消しになる。 またGAME Aでは人々は4階からのみ飛び降りてくるが、GAME Bでは3階からも飛び降りてくる。 シルバーシリーズ版とワイドスクリーン版とでは、建物ならびに救急車のデザインが大きく異なる。 開発途中では画面構成が左右逆になっており(ビルが右側、左向きに人が弾んでいく)、そのまま発売される予定であった。 しかし液晶パターンを反対に作成してしまい、テストプレイしたところ特に問題は無かったので反対のまま発売されたのが現在のファイアになっている。 オリジナルとその他の差異 [ ] 当ゲームは、他ハードでも移植またはおまけの形で販売されているが、若干の変更が見られる。 ゲームボーイ版『』に隠しゲームとして収録されたものは製品版とは左右が逆になっており、右から左へ進む(上述のバージョンの再現)。 大乱闘スマッシュブラザーズ [ ] 2001年発売の『』にて、ビルから飛び降りる人が「 」という名称でプレイヤーキャラクターとして参戦。 また、クッションを持つ救助員も必殺技「ファイア」として登場する。 3人揃ってフィギュア化もされている。 2008年発売の『』でも引き続きMr. 出典 [ ].

次の