イタチ 被害。 イタチが家の中に巣を作る?生態を知って農作物被害を防ぐには?

イタチ対策 豆知識 イタチの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店

イタチ 被害

イタチの生態 イタチは日本古来種で、ネコ目イタチ科の小動物で、 沖縄を除く全国に生息しています。 そのうち西日本にはニホンイタチとチョウセンイタチの2種のみで、都市部に生息しているのは主にチョウセンイタチです。 大きさ(体重)はチョウセンイタチで、 オスがメスの約2倍の重さ、 ニホンイタチは3倍以上の重さといわれています。 現在、 害獣として非常に問題となっているイタチの大半はチョウセンイタチと呼ばれる外来種です。 元々日本には生息していませんでしたが、毛皮養殖やハブ、野ネズミ退治のため人為的に持ち込まれました。 家の天井裏や倉庫の屋根部分に住みつくため、落とした糞が堆積して臭気や衛生面が問題となっています。 体長 オス:約28~39cm メス:約25~31cm 尾長 オス:約16~21cm メス:約13~16cm 体重 オス:約650~820g メス:約360~430g 体色 やや褐色がかった山吹色で、額中央部から鼻にかけて濃褐色の斑紋がある イタチの特徴 イタチは 胴長短足で熱を発散しやすい体形をしています。 肉食性の強い雑食で、主にネズミ類や鳥類、魚、エビ、柿やリンゴなどの果実、昆虫などを食べます。 単独生活が基本で、育児もメスが単独で行います。 基本的に交尾は 年に1回、1~7頭出産します。 寿命は3年程度といわれています。 イタチは主に夜行性ですが、空腹になれば昼間でも活動します。 イタチが一度、屋内に侵入すると自然に出て行くことは少なく、外で捕まえた動物などを持ち込んだり、天井裏に住み着いていたネズミなどを食べるため、死臭が立ち込めたり、 ハエが大量に発生したりすることがあります。 また、 臭腺から悪臭を発するため、他の動物被害に比べはるかに家が臭くなります。 イタチの主な特徴• イタチは日本古来種で、沖縄を除く全国に生息• 口元は白色でその上部から目の周りにかけては黒色• 非常に凶暴である• 都市部へのチョウセンイタチの進出が増えている• 3cm程の隙間を抜けることが出来る• 床下や天井裏に住みつき、繁殖することがしばしばある イタチの被害 イタチは家屋の 天井裏に侵入することが多く、営巣・活動します。 夜行性ですので、寝静まる頃から活発に動き出し、 睡眠の妨げになります。 イタチが動き回ることで、 天井が歪む等の被害も発生しています。 また、騒音を起こすだけでなく 糞尿も問題となります。 イタチは臭腺をもち、排泄の際マーキングをするので、他の動物とは違う独特の臭いがします。 身の危険を感じると黄色い液を分泌し、 悪臭を放ちます。 一定の場所にまとまって排泄しますので臭いや染みのもとになります。 また、排便・排尿は様々な 感染症や食中毒の原因となります。 イタチは ダニやノミを寄生しており、家屋に飛び散り人を襲います。 女性や小さなお子様は特に刺されやすく、肉体的・精神的被害は甚大です。 また、 アトピーやぜんそく等を引き起こすアレルゲンになります。 イタチによる主な被害• 天井を走る音などの騒音• 排泄物による衛生的被害• ダニやノミなどの発生• 侵入被害• 異臭被害• 家畜を食害する• 生ゴミを漁り散らかす.

次の

イタチの足音・フン尿被害を止めたい!自分でできる対策方法を紹介

イタチ 被害

イタチの被害は西日本に集中する傾向 私たちが日常イタチと呼んでいる動物には、実は2つの種類があります。 1つがニホンイタチと呼ばれる日本の在来種で、もう1つはチョウセンイタチという外来種です。 どちらもイタチと名付けられているように外見や習性はとても良く似ており、一般の方がイタチを見たとしてもどちらなのか見分けはほとんどつきません。 ただ、数ではチョウセンイタチの方が圧倒的に多いため、私たちがイタチと呼んでいるのはチョウセンイタチのことだと考えて良いでしょう。 なお、体つきはチョウセンイタチの方がニホンイタチよりも一回り大きいのが特徴です。 とても愛らしい姿をしているのですが、その性格はとても獰猛です。 肉食性が強いので自然界ではネズミやモグラといった小動物を捕食し、時には魚など水の中の生き物を捕食することもあります。 こうした動物をうまく捕まえる技術を持っていることからもお分かりのように、イタチはとても俊敏で高い運動能力を持っています。 肉食性が強いとは言え、基本的には雑食なので畑の野菜や果物を食べることもあります。 この食性が農家の方々の大切な田畑を荒らし、農作物被害につながります。 多岐にわたるイタチの弊害 農作物を荒らされるという被害以外にも、イタチは人間にさまざまな害を及ぼします。 多いのは家の中に侵入して食べ物を荒らされたり、ごみとして捨てている生ごみなどを荒らすなどの食害ですが、それ以外にも「家の中に巣を作られる」という被害が多く発生しています。 イタチには、家の中でも最も安全な場所として天井裏や床下に巣を作る習性があります。 とても俊敏で小さな穴でもすり抜けることができる動物だけに人間の目が届かないところで繁殖し、そこで糞尿をまき散らすことで悪臭や家そのものへのダメージも懸念されます。 また、肉食性が強く獰猛であることから、家の中に入り込んでペットを襲うというケースも報告されています。 イタチの生態から分かる「嫌いなもの」 イタチによる農作物をはじめとするさまざまな被害を防ぐためには、イタチが嫌うもの、恐れるものを生態上知っておくのが有効です。 イタチはとても嗅覚の鋭い動物なので、強い臭いを嫌います。 イタチの忌避剤として売られているものの多くは強い臭いを発するものが多く、こうした忌避剤の多くは嗅覚が鋭すぎるだけに耐えられないという効果を狙っています。 また、イタチは非常に警戒心が強く、夜行性です。 そのため光を恐れる習性があり、強い光を当てられるとイタチは「見つかってしまった!」と認識してパニックになります。 センサーによってイタチが接近したら自動的に強い光を発する撃退グッズもあるので、こうしたものを使うと効果的です。 また、こうしたものがなくてもクリスマスツリーのイルミネーション飾りをつけて不規則に光ることで威嚇をしたり、光が当たるところにCDをぶら下げて乱反射させるようにすると、これも威嚇効果があります。 捕獲や忌避、威嚇のポイントはイタチの通り道 いっそのことイタチを駆除してしまいたいという場合は、罠を使用して捕獲することができます。 ただしイタチは狩猟獣ではないので勝手に捕獲、処分することはできません。 あくまでも捕獲して他の場所に逃がすという処置までです。 イタチを捕獲または忌避、威嚇するには、それらの「場所」にこだわる必要があります。 イタチは安全に通ることができる通り道を作るため、その通り道を糞尿や足跡などから探し当て、そこに捕獲罠や忌避グッズ、威嚇グッズなどを設置します。 するとイタチは「安全であるはずの通り道が安全ではない」と判断するため、そこに近づかなくなります。 罠で捕獲した場合は害獣そのものを捕獲したので遠ざける効果とは無関係ですが、イタチが1匹いるということは繁殖をして他にもイタチがいる可能性があるため、捕獲によって他のイタチにそこが危険な場所であると知らせるのも効果的です。 なお、自治体によってはイタチ被害で困っている人のために捕獲器を貸し出しているところもあります。 以下は大阪府東大阪市の例ですが、興味がある方はお住まいの自治体ホームページで調べてみてください。 【参考】 大阪府東大阪市「農作物被害への有害鳥獣対策」• 関連する記事• 2020. 29 モグラ対策に重要な「モグラの生態」は前編をご覧ください。 目次 1. モグラの生態を活かした対策法3選1. 2017. 14 鳥類による農作物被害は「空からやって来る」点にその特異性があります。 空から飛来しては農作物を荒らし、また空に戻っていくため捕獲することも監視... 2017. 24 目次 1. 電気柵で知らないうちに加害者に…2. 電気柵に関する法律上の扱いは?3. 電気柵を設置するときと設置した後の注意点4. まとめ... 2017. 20 野生動物による農作物への被害額は、平成27年度では総額176億円6490万円にも達しました。 動物ごとの被害額と被害農地の面積は以下のようにな... 2017. 17 キョンという動物を知っている人は、一部地域や業種を除くと少ないかもしれません。 見た目は小さな鹿といった動物で、元々日本にはいない種類でした。...

次の

イタチの生態について!イタチの食べ物についてご紹介|生活110番ニュース

イタチ 被害

イタチは比較的大型な哺乳類であり、動物性の餌を好んで食べる傾向があります。 ネズミやハト、カエルや小さなカニといった小動物は、イタチの好物です。 イタチは小動物を捕食するため、ペットや家畜がイタチに食べられてしまう被害が起こることがあります。 また、イタチは雑食性で果物や木の実も食べるので、畑の作物や果樹、干している柿などが被害にあってしまうこともあるようです。 イタチが農作物や貯蔵食糧を食い荒らすネズミなどの害獣を狩ってくれるため、益獣としての側面もあります。 しかし、イタチ自体も作物を食害することがあり、さらに排泄物には悪臭や病原体の媒介といった害もあります。 家に住み着いたイタチをそのまま放ってはおけません。 住み着いてしまったイタチを駆除する方法としては、イタチの嫌がる環境を作って追い出すことが挙げられます。 イタチは嗅覚が鋭いため、刺激臭を放つ忌避剤 きひざい や木酢液、漂白剤やクレゾール石鹸などを設置しておくのが有効です。 また、イタチが寄り付かないように餌となるネズミや害鳥を駆除しておくことも重要になります。 忌避剤やくん煙剤はイタチだけでなくほかの害獣駆除にも効果が期待できるので、イタチも含めた総合的な害獣駆除を試してみましょう。 イタチの主な食べ物は? イタチの主な食べ物ですが、イタチは動物性の餌を好んで食べる傾向があります。 大切なペットや家畜が襲われてしまう可能性もありますので、十分注意するようにしてください。 【げっ歯類】ネズミなど イタチが主に捕まえて食べているのが、ネズミです。 ネズミを追いかけてきたイタチが民家に侵入してしまうこともあります。 【鳥類】ハトやスズメやニワトリなど 飼っているニワトリなどが被害に遭ってしまうこともあります。 【甲穀類】サワガニやザリガニなど 【両生類】カエルなど イタチはその他、魚類を食べたりもします。 果物や木の実も好物なので、庭や畑に植えてある植物や木の実、干してある柿が被害に遭ってしまうことがあります。 イタチは畑を荒らす小動物を食べることも イタチは食べ物を探して畑にやって来ますが、先に別の動物や虫が畑を荒らしていることがあります。 イタチは動物性の食べ物を好むため、果物や木の実を食べるよりも先に、畑を荒らしていた小動物も食べることがあります。 ネズミや虫などといった生き物による農業被害も深刻なので、ネズミや虫たちに頭を悩まされていた人たちにとっては、イタチは害虫・害獣駆除をしてくれる益獣であるかもしれません。 イタチ以外の生き物の被害に遭われていた方は、今後の被害を防ぐためにも、イタチ対策を行わない方向で考えている方もいるかもしれません。 イタチにより、害虫・害獣駆除ができれば良いのですが、イタチによる新たな被害が出てしまうことは避けたい事態ですので、イタチによる新たな被害を出さないために対策を取ることが必要です。 放っておけないイタチの被害 イタチによる被害は多数報告されております。 イタチによる経済被害や健康被害はとても深刻な問題となっています。 排せつ物 排せつ物により悪臭が発生し、その臭いが別の動物を寄せ付けることもあります。 屋内で排せつ物をされれば天井や壁のシミの原因を作り、感染症や食中毒の原因となります。 騒音 天井裏に住み着いてしまうと、天井裏を走り回り騒音を発生させます。 特に夜活動するため、騒音により眠りを妨げられてしまいます。 繁殖 イタチが住宅内に住みついてしまうと繁殖してしまいます。 数が多くなってしまうと、被害も拡大し、対処することが余計大変になります。 食害 イタチの好む食べ物は、動物性の食べ物や果物などになるため、家畜やペット、果物が食害される被害が発生します。 イタチによって生ごみなどを荒らしてしまうこともあります。 破損 断熱材を破って住宅内に巣を作ってしまうので、断熱材が破損します。 寄生虫 イタチの体に寄生するダニやノミなどが原因となり、喘息などの呼吸器障害やアレルギーが引き起こされることもあります。 イタチは人に感染する病原菌を持っています。 鼠咬症(そこうしょう)というスピリムル菌(らせん菌の1つ)を持ったネズミに噛まれて発症する感染症もありますが、イタチも感染源となることがあり、もし感染したら、発熱、頭痛、患部の腫れが出ます。 また、狂犬病を持っている可能性もあります。 狂犬病は1957年以降国内での発生はありませんが、イタチはワクチン接種をしていないため、注意が必要です。 イタチはネズミや鳥を好んで食べます。 屋根裏にネズミが住んでいたり、軒下などに鳥の巣があれば撤去するようにしてください。 イタチはそれらを食べ物とするからです。 【小動物用の忌避剤】 屋外で使用してください。 何度か設置してください。 【木酢液】 屋外で使用してください。 何度か設置してください。 【クレゾール石けん液】 屋外で使用してください。 何度か設置してください。 【害虫用の燻煙剤】 屋内で使用してください。 何度か設置してください。 【漂白剤】 屋内で使用してください。 臭いが弱いので、頻繁に設置するようにしてください。 イタチの侵入口がわかっていれば、侵入口から遠い場所に設置するようにしてください。 強い光を当てる 暗い天井裏や夜の闇の中で突然強い光を当てると、イタチは見つかったと思って逃げます。 専用の忌避装置もありますが、イルミネーションなど強い光が点滅するものでの代用も可能です。 イタチの侵入口をふさぐ イタチが住宅内にいないことを確認したら、イタチの侵入口をふさいでください。 5cmほどの穴であれば侵入してしまいますし、一度侵入されてしまうとまた侵入されてしまうので、イタチが家に侵入できないように徹底してください。 完全にふさぐことも大切ですが、侵入口に目の細かい金属製のネットや網を設置することも効果的です。 煙を出す 害虫駆除用の煙や蚊取り線香の煙でイタチがいなくなったという報告が実際にたくさんあります。 簡単にできる方法ですので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。 まとめ イタチの好む食べ物は色々あるため、ペットや家畜を襲われる・畑や庭を荒らされる、といった被害に遭う可能性があります。 被害に遭う前に、イタチの好む環境を作らないでイタチを寄せ付けないことが大切です。 現在イタチによる被害があるけれど、自分で対応するよりも業者に頼みたい方、自分では手に負えなくなってしまった方は、屋根裏害獣の駆除を行っている業者に依頼することをおすすめします。 屋根裏害獣の駆除を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金については、「」の「」をご覧ください。

次の