着信 拒否 され る と どうなる。 着信拒否でもSMSは届くのか?〜電話の拒否とショートメールの拒否は違う?〜|MASAMEDIA

着信拒否でもSMSは届くのか?〜電話の拒否とショートメールの拒否は違う?〜|MASAMEDIA

着信 拒否 され る と どうなる

「着信拒否」とは まずは 「着信拒否」について改めてどういった内容なのかを確認しておきましょう。 「着信拒否」というのは、 特定の環境や電話番号を指定することでその対象から自分への電話を拒否することができる機能・サービスのことです。 主に 迷惑電話やストーカーなどの悪質な行為への対策として利用されています。 電話機やスマホ自体にそういった機能が付いている場合もありますが、最近は電話会社側で 着信拒否サービスを用意していることが多いようです。 「着信拒否」されたらどうなる? 基本的には 迷惑行為への対策として使われるこの 「着信拒否」ですが、人間関係のトラブルなどへの対処法としてこの機能が使用されるケースもよくあるみたいです。 恋人同士のケンカや、上司とのもめ事など、 もう連絡してこないで欲しい…という意味で使われるんでしょうが、拒否された側としては状況もわからず、連絡も取れないため困りものですよね。 と言うことで、 もし「着信拒否」されていた場合に実際どうなるかについて確認しておきましょう。 端末設定などによる着信拒否 使用しているスマホがiPhoneの場合、iPhone内の設定によって相手の番号を 「着信拒否」することができます。 その場合、基本的には メッセージや着信音は鳴らず、話中の時と同じ「プープープー」という音が流れるのが特徴です。 メリットとしては 相手にバレにくいという点や無料で使用できる点でしょうか。 ただ、Androidスマホの場合、 機種によってはそういった機能が搭載されていない可能性も高いので、他のサービスを利用するほかありません。 電話会社のサービスによる着信拒否 電話会社のサービスによる「着信拒否」の場合は、拒否されている側の電話に 各サービスごとに決まったメッセージが流されます。 ただ、こちらの場合は基本的に 利用するために料金がかかってしまう上に、 相手にバレてしまう可能性が高いというリスクがあります。 直接的に 「拒否しています」と伝えるわけではありませんが、ある程度メッセージの種類などを調べることで 拒否されているのかどうか判断できてしまうため覚悟の上で利用する必要があります。 電話会社各社の着信拒否サービスの詳細については以下の記事で詳しくまとめています。 ただ、 iPhoneの端末機能による「着信拒否」の場合には、以下のように 色々な状況で同じ応答が返ってくるため注意が必要です。

次の

LINEで着信拒否の設定はできる?されるとどうなる?

着信 拒否 され る と どうなる

LINEには通常の無料通話とは違う通話サービスとして「LINE Out」というものがあります。 LINE Outは スマホにも固定電話にも電話番号を使って電話をかける機能なので、この設定方法では相手の友達を着信拒否にすることはできません。 また、LINE OutにはLINE Out Freeという無料通話機能もありますが、同様に着信拒否にすることができません。 LINE OutはIP電話番号を使って相手の電話に直接電話をするので、通常のLINEの無料通話とは少し違います。 LINE Outを使えばこちらはLINEを通して電話をかけますが、電話がかかってきた相手はたとえLINEユーザーで無くても電話を受けることができます。 では、LINE Outからの着信は着信拒否できないのかというとそうではありません。 LINE Outからの着信は基本的に普通の電話扱いなので、 固定電話でもスマホでも電話端末自体の着信拒否設定を「オン」にしていれば着信拒否することができます。 そのため、LINE Outで電話をかけて相手に着信拒否されたら普通の着信拒否のように「この電話はおつなぎできません。 」などの音声が流れて通話することができません。 LINE OutとLINEの無料通話は基本的に違う通話サービスなので、個別に着信拒否設定を間違えないようにしましょう。 ちなみにLINE Out Freeという無料通話はコールクレジットが無くても誰でも使うことができます。 音質はこちらのほうがいいので気になる方は一度試してみるといいでしょう。 LINEでブロックされているかどうかを確認する代表的な方法として「LINEスタンプ」を活用するものがあります。 LINEスタンプはトークメッセージで使える便利な機能ですが、一体LINEスタンプをどのように使うのでしょうか? それは LINEスタンプをプレゼントしてみるという方法です。 LINEで相手にブロックされていた場合、その相手とトークメッセージや通話ができないだけではなく、LINEスタンプをプレゼントすることもできなくなります。 そのため、LINE上でのブロックは完全に相手をシャットアウトしてしまいます。 LINEスタンプをプレゼントすることで、その完全シャットアウト機能を確認するというわけです。 LINEスタンプをプレゼントするにはスタンプショップから適当にスタンプを選び、「プレゼントする」と書かれた項目をタップします。

次の

【着信拒否】WhatsAppでブロックされてる?確実な確認方法!

着信 拒否 され る と どうなる

もくじ• 着信拒否の方法によって着信拒否された側に流れるアナウンスが異なる Androidスマホで着信拒否を行うには、• Androidスマホの機能を使って、自分自身で着信拒否を行う。 各携帯電話会社のサービスを利用して着信拒否を行う。 以上の二つの方法があります。 Androidスマホで着信拒否を行う方法については、こちらの記事をどうぞ。 当然ながら、二つの方法ごとに着信拒否された側へ流れるアナウンスが異なります。 (さらには、各携帯会社のサービスも会社ごとに着信拒否された側へ流れるアナウンスが異なります) 着信拒否のやり方によって、着信拒否された側に流れるアナウンスが違ってくる点には、注意してください。 着信拒否の方法によってどんなアナウンスが流れるのか? Androidスマホの機能を使って着信拒否した場合 Androidスマホの機能を使って着信拒否した場合、特にアナウンスなどは流れずに自動的に切断されるようになっています。 特定のアナウンスが流れるわけではないので、着信拒否された側からすると「なぜ、電話が自動的に切れてしまうのだろうか?」と困惑する人が多そうです。 しかし、Androidスマホの機能を使って着信拒否する方法はシンプルかつ無料なので、着信拒否する際に多くの人が採用するやり方です。 過去に着信拒否された経験のある人ならば、「これは着信拒否されているな」とすぐにわかる可能性が高いです。 特にしつこく電話でセールスを行っている業者などは、すぐに察知するでしょう。 逆に、着信拒否された経験のない一般の人だと、なかなか着信拒否されていることがわかりづらくなっています。 もちろん、何度も電話した挙句、いつまでたっても電話がつながらないと、「もしかして着信拒否されているのだろうか?」と察知される可能性があります。 NTTドコモの「迷惑電話ストップサービス」を利用して着信拒否した場合 NTTドコモでは、NTTドコモと契約しているユーザー向けに、「」という着信拒否のサービスを提供しています。 「」を利用して着信拒否した場合、「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」とアナウンスが流れるようになっています。 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」と、比較的ハッキリとアナウンスされるため、着信拒否された側は、「これは着信拒否されているな」とすぐにわかる可能性が高いです。 ソフトバンクの「ナンバーブロック」を利用して着信拒否した場合 ソフトバンクでは、ソフトバンクと契約しているユーザー向けに、「」という着信拒否のサービスを提供しています。 「」を利用して着信拒否した場合、• こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 この電話はお受けできません。 この電話はお繋ぎすることができません。 この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 This is SoftBank. 以上の9種類の中から選択したアナウンスを流すことができるようになっています。 「電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません」など、着信拒否されているのがわかりづらいアナウンスや「This is SoftBank. 」など、英語がわからない人には何を言っているのか理解できないアナウンスが用意されています。 着信拒否する相手に合わせて流れるアナウンスを選択すれば、着信拒否されたのかどうかをわかりづらくすることができそうです。 もちろん、Androidスマホの機能を使って着信拒否した場合と同様に、何度電話しても同じアナウンスが流れると「もしかして着信拒否されているのだろうか?」と察知される可能性があります。 auの「迷惑電話撃退サービス」を利用して着信拒否した場合 auでは、auと契約しているユーザー向けに、「」という着信拒否のサービスを提供しています。 「」を利用して着信拒否した場合は、「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません」とアナウンスが流れるようになっています。 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません」と、比較的ハッキリとアナウンスされるため、着信拒否された側は、「これは着信拒否されているな」とすぐにわかる可能性が高いです。 着信拒否をすれば、どうやっても相手にバレる可能性が高い Androidスマホの機能を使って着信拒否する方法や各携帯電話会社のサービスを利用して着信拒否する方法で、それぞれどんなアナウンスが流れるのかについて挙げてきましたが、結論から言うと、どうやっても相手に着信拒否していることがバレる可能性が高いです。 Androidスマホの機能を使って着信拒否する方法やソフトバンクのサービスを利用して着信拒否する方法などは、着信拒否されていることがわかりづらくなっています。 しかし、これらの方法で着信拒否してみても、何度電話しても繋がらないと、たとえ勘が鈍い相手であっても「もしかして着信拒否されているのだろうか?」と察知される可能性が高いです。 まとめ この記事では、Androidスマホを利用しているユーザー向けに、着信拒否をするとどうなるのか?相手にバレるのか?などについて詳しく解説してみました。 着信拒否を行うと、着信拒否を行った方法ごとに異なるアナウンスが流れるようになっています。 中には着信拒否を行っているのかわかりづらいアナウンスもありますが、何度電話してもつながらない場合は、さすがに着信拒否されていることを察知される可能性が高いです。 着信拒否については、着信拒否をしていることが相手側にバレる可能性が高いことを認識してから行うべきです。 関連記事•

次の