パチスロまとめ まどマギ2。 まどマギ2│高設定示唆・設定差まとめ【最新版】 │ スロットガーデン【攻略・天井狙い・期待値・解析】

まどマギ2 評価まとめ!感想、口コミは?

パチスロまとめ まどマギ2

0 98. 0 99. 8 101. 3 104. 7 107. 3 111. 5 ART直撃確率 ART直撃確率 設定 当選率 実質出現率 1 0. ボーナスとARTの同時当選はなし 直撃当選時の前兆ゲーム数は レア役を引いてから 最大6ゲームです。 単独紫七との混同に注意 ボーナス終了時のセリフと画面 ボーナス終了時に液晶タッチで 設定示唆のセリフを聞くことができます。 「みんなには内緒だよ」は、 設定5以上確定。

次の

まどマギ2 フリーズ確率 恩恵 解析

パチスロまとめ まどマギ2

この記事に書かれている内容は…• まずは、高評価の内容を見ていきましょう! ・映像が綺麗。 ・ 普通に、マギカクエストとかで3桁上乗せしてるよね。 ・マギカクエストがほんと楽しい、設定不問で事故らせられる。 ・バランスが良い、割と設定に素直、いつ打っても楽しい。 ・低投資で挑めて案外勝てる。 ・前作と比べれば一撃性はかなり劣るが、新基準はもうレア役の引き次第だから、設定関係なく挑めるのはいい。 ・新基準台そこそこ挑んでるが、この台が一番打っていて楽しく、そして勝率が高いので評価。 ・ かなり甘い機種だと思う。 ・「数万程度の勝ちでもめちゃ嬉しい!」という人なら、 今ある機種の中では、上位に入る勝ちやすさだと思う。 ・ 1、2年後には中心機種になってそう。 コアなファンが多いこともあり、映像の美しさを評価する声は多いようですね。 また、ART中の特化ゾーン(マギカクエストなど)での大量上乗せをした方は、まどマギ2の面白さを体感しているので、高評価につながっているようです。 ・すべてが噛み合わないとなかなか勝ちにくい。 ・ボーナスばっか引けても、ARTとマギクエひけないと、持ちメダルは減っていく。 ・CZのさやかの絶望感。 ・ 中段チェリーが確率の割に恩恵がしょぼすぎる。 ・ マギカラッシュ入って総獲得枚数32枚、当たらねーくせにartもクソバカにしてんだろ。 ・強チェで1回発展もちろん当たらず、それから天井まで何も発展なし、設定の問題じゃなくて台の問題。 ・全部全く演出ない当たる気ない台、前作の方が圧倒的に客付いてて笑える。 ・重いボーナス、出ないART、赤までいってもさやか・マミだと4割くらいしか当たらないクソCZ。 ・コイン持ちもクソ、重すぎる強小役、バジリスク3のほうが100倍勝ち目あるほどのクソ台。 ・打つだけ時間と金の無駄! かなり、手厳しい意見が散見されました。 「せっかく入ったARTで、獲得枚数が50枚もいかない」というのは、悲惨ですね…。 前作との比較で、かなり期待を裏切られた方も多いようです。 皮肉にも、前作がいかに優秀台だったのか、思い知らされますね。 「10点満点で5点」、 「5点満点で1. 9点」など、現時点での点数自体は、概ね低いように思われます。 まどマギ2はクソ台? まどマギ2の評価をまとめると、低評価が多く、中には、 「クソ台大賞」というありがたくない評価も散見されました。 しかし、導入直後は低評価だった機種でも、その後評価を覆し、長く稼働している機種もありますよね(バジリスク絆など)! まどマギ2も、朝一の恩恵や、低設定域のスペックの甘さなど、評価を覆すだけの要素を兼ね備えていますので、今後のみなさんの評価・感想に期待したいですね!.

次の

スロット まどマギ2 (まど2)

パチスロまとめ まどマギ2

勝率は80%。 最高枚数は5819枚で、最低枚数は-2000枚でした。 平均差枚数は、1978枚。 ようやくART機ぽいグラフだな、と思えるようなグラフになりました。 正直設定456であまり差を感じられないですw 設定4の素直な感想は、 「安定感は少し欠けるけど、出る時は十分に出る!」 運の発散が好調な台を掴みたいですね。 また、ある程度確率を収束させるには3万Gほど必要な感じですね。 もし、この結果に 「納得がいかない!もっと良い時が多い!」 という方は、是非ご自身でもアプリを使ってシミュレーションを回してみて下さい。 AメソッドとARTの設定判別の関係 Aメソッドでは設定判別の要素が少ないAタイプ(ノーマル機)、ジャグラーを中心に扱っています。 それは一つ一つの確率を全部計算してさらに総合的に判断するからです。 当然理論を身に着けてしまえば、得意な機種に絞って、個別の要素を考えていけば普通に全スロットに使える理論です。 詳細は 関連:攻めと守り。 Aタイプの設定判別 ここではAタイプ、ノーマルタイプでの設定判別の話になりますが、基本は同じです。 設定判別には設定差の強い要素である、• ボーナス確率• 子役確率• モード移行や細かな設定差• ホール情況 等を複数見ることが大切です。 そしてカウントした複数の要素で判別します。 ですが、ホールの実践中にこんな面倒なことをいちいちやっていられません。 ARTタイプだと要素がもっと多くなり、大変過ぎます。 そんな問題に、カウントもしながら複数の条件を自動で設定判別が出来る、Aメソッド製の設定判別アプリを使って下さい。 ただ、ここまではみんな当たり前のようにやっていると思います。 こういったツール類はいわば「盾」です。 打つ前に複数の条件が分かることはないですし、確認できるまでに数千回転は回さないといけません。 自分の座った判断が正しかったのかを確認できる、転ばぬ先の杖となるものです。 打ちながら挙動が思わしくない時に、設定判別ツールを見てヤメるか続行するかを判断出来るのですね。 ですから盾もとても重要です。 が、私達には先に攻撃を仕掛ける武器が必要でもあるのです。 パチンコパチスロは自分の攻撃(台に座ること)が絶対に先になるからです。 Aメソッドでは、武器を開発しています。 あらかじめそれらの複数の条件が起こった時を一つずつ計算し、表にまとめ、すぐに使える期待値として表しました。 ホールをざっと見渡して、どの台が高設定なのかを即時に判断し、座ることが出来る武器です。 それがAメソッドです。

次の