三井アウトレット 木更津 マップ。 三井アウトレットパーク 木更津 (MITSUI OUTLET PARK KISARAZU)

「三井アウトレットパーク 木更津」第3期グランドオープン(2018年10月26日)

三井アウトレット 木更津 マップ

三井不動産株式会社(所在:東京都中央区 代表取締役社長 菰田正信)は、第3期増床計画を推進しておりました「」(所在:千葉県木更津市 運営:三井不動産商業マネジメント株式会社)を10月26日 金 にグランドオープンいたします。 さらに、ホスピタリティの高い新サービスの提供や、美しい自然を感じられるガーデンテラス、ラウンジ、カフェなどレストスペースの拡充によって、お客さまにより快適にお過ごしいただける施設として滞在機能の強化を図ります。 アウトレット日本初出店17店舗 全308店舗の個性あふれる充実のラインナップへ• 回遊性の向上とレストスペースの拡充でさらに快適なデイトリップリゾートへ進化• 1 アウトレット日本初出店17店舗 全308店舗の個性あふれる充実のラインナップへ 今回、全73店舗の新規出店と、30店舗の移転リニューアルを合わせて、施設全体で計308店舗とな り、店舗数日本一のアウトレットモールへと進化いたします。 アウトレット日本初出店17店舗を迎え、ここでしか体験できないアウトレットショッピングをお楽 しみいただけます。 また、ラグジュアリーブランドはもちろん、日々の暮らしを豊かに彩るライフス タイルショップも充実させ、上質で希少価値の高いブランドラインナップをご提案いたします。 第3期増床エリア 新規店舗 2. 第3期増床エリア 移転リニューアル店舗 3. 既存エリア 新規店舗・移転リニューアル店舗• 「日本初」はアウトレット物販店舗として日本初出店、 「関東初」はアウトレット物販店舗として関東初出店、 「期間限定」は期間限定の出店です。 出店ブランドの一部を抜粋して掲載しております。 詳細はをご参照ください。 一部、10月26日以外の日程でオープンする店舗もございます。 2 回遊性の向上とレストスペースの拡充でさらに快適なデイトリップリゾートへ進化 当施設は、2012年4月の第1期グランドオープンより、都内や羽田空港、千葉県、神奈川県などからのアクセスが良好なリゾートアウトレットとして、「BOSO CITY RESORT」をコンセプトにリゾー ト感・開放感を感じていただける空間づくり・施設運営を行ってまいりました。 今回の第3期増床計画では、お客さまにより快適にお過ごしいただけるよう、施設の滞在機能の強 化に向けた新たな環境づくりに注力いたしました。 エントランス部分の「ウェルカムホール」、美 しい自然に囲まれた「ガーデンテラス」、各種サービスの拠点「サービスラウンジ」などにカフェ やレストスペースを充実させることで、お客さまに快適な滞在時間を提供いたします。 さらに、第3期グランドオープンにより第1期・第2期エリアを含めた施設全体のサーキットモール が完成し、回遊性が向上することで、様々な表情で彩られた施設内でのお買い物と街歩きの楽しさ がより一層際立ちます。 快適なリゾートショッピングの玄関口「ウェルカムホール」 第3期増床エリア北側エントランスには広々とした「ウェルカムホール」を設け、お客さまをお 迎えします。 ショッピングの合間にくつろぎのひとときを創出する「ガーデンテラス」 第3期増床エリアには、滞在時間の伸長・来館頻度の向上を促す新たな仕掛けとして、緑あふれる「ガー デンテラス」を新設いたします。 巨大なアウトレット施設の一角に、色鮮やかな花や実をつける植物や珍しい樹木を取り込み、四季折々の自然を感じられる憩いのオアシスを配置いたします。 ガーデンテラスにはカフェ、レストランが充実 ガーデンテラスに面した区画には、アウトレット施設初出店を含むこだわりの飲食店が出店。 駒沢公園や 日比谷で人気のお野菜カフェ「Mr. FARMER」や、インテリアショップ「ACTUS」が運営する北欧テイストカフェ 「SOHOLM CAFE」、京都老舗茶問屋直営の和スイーツを味わえる「茶匠 清水一芳園」、千葉のこだわり素 材で作る工房付きバウムクーヘンショップ「見波亭」、ロサンゼルスに本店を構えるチョコレートショップ「COMPARTES」 など、緑に囲まれてゆったりとお食事やお茶、お買い物をお楽しみいただけます。 店舗とのコラボレーション企画や新規イベント・ワークショップを開催 ガーデンテラス内には、隣接店舗とのコラボレーション企画としてACTUSのテラス家具が配置されるなど、洗練された空間でショッピングの合間にくつろぎのひとときを提供いたします。 加えて、ガーデンテラス内では、「emmi」、「Bianchi」、「STAUB」などの店舗とコラボレーションしたイベン トや、ガーデンテラスの設計に関わった有限会社温室代表のガーデンプランナー塚田有一氏による自然や植物に関するワークショップの開催を予定しており、ショッピング以外の楽しさも体感いただけます。 ラグジュアリーな空間で各種サービスを提供する「サービスラウンジ」 第3期増床エリアには、「インフォメーションカウンター」・大人もこどももゆっくりお過ごしいただける「ブックライブラリー」・大型ロッカーなど各種サービス機能を集約した「サービスラウンジ」を新設。 ブックライブラリーの運営にあたっては、「青山ブックセンター」と運営提携し、豊かで楽しい時間をお過ごしいただけるよう、厳選した書籍・雑誌をご覧いただけます。 ショッピングの合間の気分転換や、ショッピングの参考にもご活用いただけます。 また、キッズ用スペースには、こどもが楽しめる図鑑や絵本も導入予定です。 第3期増床エリア デザインパートナーのご紹介 第3期増床エリアの計画にあたっては、滞在機能の強化に向けた環境づくりを、各分野のエキスパートデザイナーと連携することで実現しました。 ランドスケープデザイナー 施設環境デザイナー ガーデンプランナー 株式会社スタジオゲンクマガイ 代表 熊谷 玄 ノンスケール株式会社 代表取締役社長 栗山茂(左) シニアアーキテクト 大石敬太(右) 有限会社温室 代表 塚田有一 2009年3月、株式会社スタジオゲンクマガイ設立。 広場や公園を中心にあらゆる「人のいる風景」のデザインに携わる。 当施設の屋外空間デザインに は第1期より参画。 その他、参画プロジェクトに「日清カップヌードルミュージアム」、「三井ガーデンホテル大阪プレミア」などがある。 *写真提供 Takamitsu Yamawaki - 427FOTO 大型商業施設、駅、集合住宅、ホテル、 オフィスなど建築設計からインテリア まで、幅広い用途のプロジェクトのデ ザイン全般に携わる。 当施設の施設 環境デザインには第1期より参画。 その他、「三井アウトレットパーク 台湾 林口」、「KLIA SEPANG」をはじめとし た、中国・台湾・マレーシア等、海外プ ロジェクトの実績も多数。 ガーデンプランナー、フラワーアーティ ストとして、ランドスケープから花活け、 オフィスのgreeningなど空間編集を手 がけ、赤坂氷川神社の花活け教室「はなのみち」他講師を務める。 自社オフィスで様々な講師を招き、イ ベント「TERRAIN VAGUE(都市の空 地)」を定期的に開催。 *写真提供 ナカサアンドパートナーズ 3 多様なお客さまのニーズに応えるホスピタリティあふれる新サービスの提供• 「サービスラウンジ」のスタッフがお客さまのお車をお預かりし、お帰りの際は車寄せまでお届けしますので駐車場を探したり荷物を運ぶ手間がなく快適なお買い物が楽しめます。 手荷物預かり所を設置し、快適なショッピングをサポート ショッピングバッグだけでなく、キャリーケースにも対応した無料の手荷物預かり所を既存エリ アおよびサービスラウンジ内に新設。 お客さまに快適なショッピング体験を提供し、満足度の向上を図ります。 子育て世代に優しいサービスや機能が充実• フードコートにはキッズスペースの他、使いやすい「こあがり席」を設置。 貸し出しベビーカーを68台から98台に増設。 こどもが楽しめる「サービスラウンジ」内のキッズ用「ブックライブラリー」や、屋外キッズパーク、レストラン内のキッズメニューや授乳室、こどもトイレなど子育て世代に優しいサービスを完備。 Trim株式会社が開発した、授乳・離乳食・オムツ替えなどを安心して行える完全個室型の授乳室「mamaro」をアウトレット施設で初めて導入します。 ICTの活用により、スマートフォンで空室状況を確認できる授乳室・オムツ替え検索アプリと連携します。 海外からのお客様へのおもてなしサービスを拡充 英語、中国語の2ヶ国語に対応したツーリストインフォメーションセンター、プレイヤールーム、大型ロッカーの設置とフリーWi-Fiの拡充を行います。 また、外国人観光客向けのサービスの拡充 も予定しております。 社会的な課題やニーズに合わせたサービス、取り組み 第3期グランドオープンのポイントとしてご紹介したサービスの他にも、ES(従業員満足)向上 や、環境との共生、地域への貢献などの社会的な課題やニーズに合わせた様々なサービスや取り 組みを行います。 ベストサービスの提供に向け、従業員の休憩スペースを増設 第3期増床エリアの従業員休憩スペースには、空間演出に環境 デザイナーのアドバイスを取り入れたほか、Wi-Fi設備や充電用 コンセントも設置し、ES(従業員満足)向上を図ります。 また、 今回の開発に併せて既存エリアの休憩スペースもリニューアル いたしました。 環境共生型アウトレットモールへの進化 太陽光発電設備において、これまでの発電容量1,100kWに加え て500kWを増設。 合計発電容量1,600kWの太陽光発電設備となり、 再生可能エネルギーの普及に貢献いたします。 房総エリアの観光拠点として地域の活性化に貢献 2012年4月の当施設開業後、増床によって規模拡大してきた約6年の間に、周辺地域には様々な 企業が進出し、また新たな開発が多く行われ、房総エリアの観光拠点として賑わいが創出されま した。 当施設は、今後も房総レジャーの要所として地域や周辺施設と連携を図り、相乗効果を発 揮することで、地域の活性化に貢献してまいります。

次の

【2019年福袋】元旦の三井アウトレットパーク木更津へのアクセス方法&混雑状況を紹介

三井アウトレット 木更津 マップ

グループの()であり、日本初出店やが多く出店している。 概要 [ ] 当初は仮称として「三井アウトレットパーク 木更津金田」(みついアウトレットパーク きさらづかねだ) とされていたが、のプレスリリースによると、正式な店舗名は、仮称の「金田」を外して「三井アウトレットパーク 木更津」と決定した。 に着工し、2012年にグランドオープンした。 周辺にはのがあり、また、も至近に位置している。 、などからの路線バスのほか、からも高速バスが乗り入れている。 また、からも30分弱という立地である事から、への観光客に加えて、外国人観光客も視野に入れている。 個人でも家族でも立ち寄れる「 リゾートアウトレット」とも称されている。 第1期開業時には175店舗がオープン。 第2期開業となるに248店舗へ拡大され、アウトレットモールの店舗数は首都圏最多規模となる。 さらに、第3期開業となるには308店舗に拡大 、店舗数日本一の大規模アウトレットとなった。 同施設のコンセプトの一つとして「環境共生型アウトレットモール」を挙げており、併設している設備は、第2期開業に合わせて、これまでの発電容量である660 に440 kWを加えた1,110 kWに、さらに第3期開業に合わせて500 kWを増設した1,600 kWとなった。 国内商業施設に備える太陽光発電設備としては、最大規模となる。 交通 [ ] 自動車 [ ]• ・方面から:「」から5分• ・方面から:「IC」から5分• 大型有(無料) 公共交通機関 [ ]• 「」下車、バス約10分(「三井アウトレットパーク 木更津」下車)• JR東日本「」下車、バス約20分(「キサラピア」下車すぐ)• JR東日本「」から45分(「三井アウトレットパーク 木更津」下車)• JR東日本「」から高速バス42分(「三井アウトレットパーク 木更津」下車)• ほか「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「」「 」などからも高速バスが運行している。 空港 [ ]• より自動車で約1時間• 、などの高速バスも運行• より自動車で約20分• 、小湊鐡道バスの高速バスも運行 ギャラリー [ ]• www. fashion-press. net. 2019年2月21日閲覧。 ニュースリリース. 三井不動産 2011年6月14日. 2011年7月5日閲覧。 ニュースリリース. 三井不動産 2012年1月24日. 2012年1月26日閲覧。 マイライフニュース. ヒューマン・データ・ラボラトリ 2014年5月1日. 2014年5月3日閲覧。 三井不動産株式会社 2018年5月30日. 2018年10月27日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

【ホームメイト・リサーチ】木更津市の観光マップ・レジャーマップ

三井アウトレット 木更津 マップ

東京湾アクアラインの海ほたるPA 海ほたるP. 東京・川崎方面からは、東京湾アクアラインのアクアブリッジ終点にある木更津金田インターを降りてすぐ(約1キロ)。 千葉方面からは、東京湾アクアライン連絡道を利用して袖ケ浦インターから約4. 5キロという好立地にあります。 敷地面積は6万5200坪。 全171店舗のうち21店舗がアウトレット初出店のブランド(開業時)で、今後は増床も予定されているとか。 とにかく広いつくりで、駐車場の収容台数も9000台(オープン期)で無料と、他モールに差をつけます。 まずはマップを手にGO! 駐車場近くの各ゲートが起点に 「由」の字型のつくりで、中央に2階テラスもあるフードコート棟が これまでのMOP(三井アウトレットパーク)のイメージを一新させたのが、平屋建て(一層式)の街並みをイメージさせた、わかりやすいつくりです。 看板を掲げるショップ群も、ゆるやかにゾーンニングされており、利用しやすいのが特徴。 それぞれの店舗は広々としていて間口も広め。 子供連れ、ペット連れも安心してお買い物ができるよう、細かい配慮がなされています。 まずは無料配布のマップ(フロアガイド)を入手して、起点となる場所と、お目当てのショップの位置を確認してから廻るようにするとよいでしょう。 最初に重要なのは、入場ゲートの場所です。 駐車場の収容台数は約4300台、敷地外も含めると9000台もの駐車スペースが確保されているだけに、公共交通機関の利用者以外は「どこに車を停めたか」でも巡る順序が異なります。 巡りやすい1階建て「由」の字づくり 東西南北にゲートが 敷地内のショップの並びは、「由」の字に似ています。 北側、先端の突出した部分にフードコートが位置しており、そこまでのアプローチにレストランやニューアライバルのショップが軒を連ねていて、もっとも賑やかな場所です。

次の