中学生 お 小遣い 平均 2019。 中学生・高校生のお小遣い平均はいくら?大学生は?

【子供のお小遣い】小学生・中学生の平均額を比較|何歳から、いくら渡せば良い?

中学生 お 小遣い 平均 2019

中学生のお小遣いの平均金額・相場はいくら? 中学生のお小遣いの平均金額について、「」によると、中学生のひと月のお小遣いの平均金額は「 2,536円」となっています。 中学生のお小遣い金額相場については、株式会社ドゥ・ハウスが中学生113人に実施した「子供のお小遣いに関する調査」によると、中学生のお小遣いの金額は以下のようになっています。 金額 割合 100円未満 0. この結果から、全体の 8割近くを占める1,000~5,000円くらいが中学生のお小遣い相場と言えそうです。 また、お小遣いの金額の決め方は、子供と話し合って決めたという人が55. 家庭内のことなので子供が小さいころのようにママ友同士の会話や周囲の状況などから判断するのではなく、家庭ごとのルールを決めて渡していることが分かります。 中学生のお小遣い事情 株式会社ドゥ・ハウスが実施した「子供のお小遣いに関する調査結果」では、小中学生の子供を持つ親を対象にした、お小遣いに関する興味深いアンケート結果が報告されています。 中学生でお小遣いをあげている親は、全体の68. 7%と約7割の人がお小遣いをあげていることが分かりました。 部活動など、小学生のころとは子供の行動パターンも変化し、お小遣いをあげる家庭が多くなるといえます。 反対にお小遣いをあげていない親は29. 必要なものは親が購入しているというケースです。 部活動や習い事、生活環境などによって、各家庭で最適な方法を見つけているのでしょう。 中学生のお小遣いのあげ方 中学生のお小遣いのあげ方は、月々いくらという定額制と必要なときに渡すという都度制の2種類に分かれます。 定額制は47. 4%となっており、月々いくらという金額を決めて、渡している親が多いことが分かりました。 中には定額制でありながら何か必要なときには都度渡すという家庭も10. どちらのあげ方を選択するのかは、各家庭で話し合う必要がありそうです。 中学生のお小遣いの使い道 中学生になると、子供のお小遣いの使い道も多様化します。 ジュースやお菓子などの飲食代• 友達と出かけるときの交通費• 漫画などの書籍代• ゲームの代金• 友達への誕生日プレゼント などに使われているという結果が出ています。 小学校のころにはあまりなかった友達がらみの使い道が増え、かなりのウェイトを占めるようになっています。

次の

学年別中学生のお小遣いの平均金額・使い道|渡し方のルール

中学生 お 小遣い 平均 2019

中学生のお小遣いの平均 中学生のお小遣いの平均は、2015年度の金融広報中央委員会(中立・公正な立場で、身近な金融の広報活動を行っている団体)の調査によると、1ヶ月当たり 2536円です。 基本的に、学年が上がると、お小遣いの金額も 増額する方針の家庭が多いですよね。 中学生の間は 3年間一定額、と言う考え方もありますが、ここで、中学生のお小遣いの 学年ごとの平均を見てみましょう。 都市部 都市部以外 中学1年 500~1000円 0~500円 中学2年 1000~2000円 500~1000円 中学3年 2000~3000円 1000~2000円 やはり、学年が上がるほど、金額が上っていますね。 中学生のお小遣い額を左右する要因は、 住んでいる地域、 親の年収、 生活状況など、色々あります。 通っている学校が 私立か公立か、も、その要因の1つですね。 私立は 家から遠かったり、帰宅途中に お腹が減ったり、事故などで 急きょ、定期券のない交通機関に乗らなければならなくなったりするので、公立の中学生より 少し多めに渡す家庭が多いです。 中学生のお小遣いの使い道5選 中学生のお小遣いの使い道を見てみましょうね。 飲食代• 交通費• 書籍代• 遊興費• 交際費 中学生になると、 友達付き合いに関する支出が増えるのです。 塾通いや部活動で 家の外で過ごす時間が長くなり、どうしてもお腹が空きますね。 帰り道に ファストフード店や コンビニに立ち寄って、ジュースやちょっとした食べ物を買うことが多くなります。 通学定期、 塾への交通費は親御さんが出されている家庭が多いですが、 お友達とのお出かけの際には、自分のお小遣いで出している中学生が多いです。 中学生は義務教育と言えど、 交通費は大人料金。 勉強のための本、漫画も含め、書籍代がお小遣いの支出に占める割合が高くなるのです。 本も、意外と高いものですよね。 しかし、金額は 小学生の時より高くなります。 好きなキャラクターグッズを買う• ゲームセンターで遊ぶ• ライブやコンサートに行く• 映画を見に行く 趣味に関する活動も、 範囲が広がりますね。 結果、 買い物のお金プラス交通費、と言う形の支出が多くなるんですね。 お付き合いにもお金が必要になって来るのです。 先ほどの、 飲食費、遊興費、交通費も重なってきますが、自分の楽しみだけでなく、 友達との付き合いで、という事が出てきます。 また、 部活動をしていると、部員同士のお楽しみなどの、 活動以外のお付き合いも出てきますよね。 中学生になると、それまでは親や親族からだけだった 誕生日プレゼントも、 友達同士でやり取りする子が出てきます。 お金をよく使うグループか、あまり使わないグループか、我が子がどんなグループに属しているかによって、 金額は変わってきますが、この支出もお小遣いの 大きなウェイトを占めるようになるのです。 中学生のお小遣い稼ぎ方法3選 中学生でも、お小遣い稼ぎする方法があるんです。 お手伝いして臨時のお小遣いをゲット• ネットでお小遣い稼ぎ• ネットオークション、ネットフリマで転売する 親御さんが我が子に気を付けておくべきことが多いですよ。 親に限らす、親戚の用事を手伝った時、少しもらって うれしい経験をした大人の人も多いでしょう。 特に祖父母は 帰省などで出会うだけでで結構 高額の臨時収入をもらえることがあります。 親御さんは、この辺も目を配りましょう。

次の

高校生 お小遣い平均|月に使うお金の使い道 使い方とは?中学生

中学生 お 小遣い 平均 2019

スポンサードリンク 調査対象母集団 当然二人以上世帯のみ のうち子供がいる世帯に対して、その子供に渡しているこづかいの金額を尋ね、平均値を算出した結果が次のグラフ。 例えば小学校入学以前の子供に対してはよくあるケースだが、何か欲しがった時に買い与えるなどして、普段はこづかいを渡していない世帯は平均換算には含まれていない。 高校生では5800円ほど、大学生は こづかいをもらっているとすれば 平均で約2万2000円。 相場観としては「大体こんなところか」「やや中高生が低いような」との感想を抱かせる値ではある この理由は後ほど推測する。 小学校入学以前がいくぶん高いようにも思えるが、これは該当回答数が少ないために統計上のぶれが生じているものと考えられる 該当するのは17世帯。 このこづかい額の平均推移を高校生以下に限り 大学生はケタ違いに大きいためグラフが見難くなるので省略 、1971年以降について見たのが次のグラフ。 小学校入学以前は安定感が低く、1000円前後を大きく行き来し、2016年では2300円近くに跳ね上っているが、これは対象世帯数が少ないのが原因。 詳細値の2016年分を確認すると、小学校入学以前の子供を持つ世帯数は、今調査対象母集団においては17世帯のみとなっていた。 さらに例えば2016年で確認できる範囲では、最高額が3万円、最低額が100円となっており、大きなぶれが生じるのも仕方がない。 消費者物価指数が1980年後半以降、ほとんど変動していないのはで解説した通り。 子供のこづかい額も中学生・高校生向けの金額については、それに大体即している形となる。 一方1980年代後半では中学生・高校生で明らかに大きな減少、小学生でも小規模な減少が見受けられる。 いわゆる「バブル崩壊」が、子供のふところ事情にも少なからぬ影響を与えていたことが確認できる。 高校生については前世紀末から起伏を繰り返しながら、少しずつ減少する動きが見られる。 単に親の懐事情が厳しくなっている、あるいは高校生が使う携帯電話の電話料金を親に 一部 肩代わりしてもらう代わりに、フリーハンドで使えるおこづかいが減らされているのか。 後者と考えた方が道理は通る。 その実情は同じ金融広報中央委員会「知るぽると」で定点観測されている「子どものくらしとお金に関する調査」の結果からも明らかにされている。 ここ数年は上昇基調にあるのは幸いか。 なお世帯年収別で子供のこづかい額が変わるか否かだが、少なくとも今調査に限れば関連性はほとんど見られない。 余談となるが、同資料には2007年以降の仕送り額について、送る側・受ける側双方の平均金額も寄せられている。 「仕送りする側」が送る相手は単身世帯の学生の可能性もあり、それ相応の額が必要になる。 一方、受ける側は二人以上世帯のため「就労世帯だが手取りが少ないので、補助を親世帯から受けている」事例が多分に考えられるため、額面も少なめとなる。 経年変化を見ると、2010年の下落 イレギュラーか、リーマンショックの影響だろう をのぞけば、少しずつ増える傾向が見受けられた。 2012年は双方とも大きく減ったが、2013年以降は再び持ち直し、増加基調を示している。 仕送りを受ける側にしてみれば有りがたい話だが、送る側にはやりくりが大変な状況になりつつあるともいえよう。 ただし2014年をピークに、仕送りする側もされる側も、額面は減少するような動きを見せている。 仕送りをする側のお財布事情が厳しくなってきたのか、受ける側に余裕が出てきたのか。 今件調査からだけでは分からない。 投資歴10年超。 本業の事務所では事務その他を担当。 ウェブの世界には前世紀末から本格的に参入、ゲーム系を中心とした情報サイトの執筆管理運営に携わり、その方面の経歴は10年を超す。 商業誌の歴史系、軍事系、ゲーム系のライターの長期経歴あり。 ゲームと歴史系 架空戦記 では複数冊本名での出版も。 経歴の関係上、軍事、歴史、ゲーム、ゲーム情報誌、アミューズメント系携帯開発などに強い。 現在ネフローゼ症候群で健康診断も兼ねて通院、食事療養中。 、三級ファイナンシャル・プランニング技能士 ・ 先月度人気記事 [1] [2] [3] [4] [5] 過去の記事 月別.

次の