人権 作文 lgbt。 LGBTと人権 : アムネスティ日本 AMNESTY

人権作文の中学生向け例文!パクリはバレる?5枚でのまとめ方は?

人権 作文 lgbt

20人に1人の割合でいるとされるが、学校生活では悩みを抱えて孤立し、いじめや不登校につながることも多い。 そんな中、子どもたちへ肯定的なメッセージを発信し、人権感覚を養うきっかけにしようと、LGBTに関する学習を授業に取り入れる動きが広がっている。 11月下旬、福岡県中間市の中間小学校。 6年生の教室では「自分らしく生きること」をテーマに道徳の公開授業が行われた。 題材は、性同一性障害(GID)当事者である椎太信さん(42)の体験談だ。 女性に生まれ、幼いころから心と体の違和感に苦しんできた。 前回の授業で講師を務め、つらかったことや「椎太は椎太やけん、そのままでいいっちゃない」という友人の言葉で自分らしく生きようと前向きになれた経験を語った。 この日は、椎太さんの苦悩や心境の変化について考えた。 最後の「自分らしく生きるために大切な心は?」という教師の問いかけには、児童から「苦手なことと得意なことがある、ありのままの自分を受け入れる」「人はそれぞれ違うと理解する」「周りに惑わされない」などの意見が出た。 中間小は、2011年度から文部科学省の人権教育研究校の指定を受けている。 GIDの学習を通じて多様な性への理解を深めるとともに、想像力や共感的に理解する力、コミュニケーション能力を育成する狙いがあるという。 担当の高橋啓之主幹教諭は「以前よりも自分を肯定的に捉え、他人との関わりも心地よく感じられる児童が増えた。 教職員も多様な性について深く考えるきっかけになった」と話す。 教育関係者らでつくる熊本県性教育研究会(今坂洋志会長)も8月、LGBT教育をテーマに熊本市で夏期研修会を開いた。 参加者は小学校の部と中学校の部に分かれ、LGBT当事者の「学生時代にどんな経験をしたか」「どういう指導があったらよかったか」といった体験談を参考に、具体的な授業の指導案について議論した。 今坂会長は「LGBTに関して誤解や偏見を持っている人も多い。 まずは教員の勉強会などで理解を深め、子どもたちに教えるための土壌をつくっていかなければならない」と語る。 宝塚大学看護学部の日高庸晴准教授(社会疫学)は「先生たちの半数以上がLGBTについて教える必要があると考えているが、実際に授業で取り上げているのは1割」と指摘する。 日高准教授は、厚生労働省のエイズ対策研究事業でLGBTに関する教員の意識調査を2011年から13年に実施。 協力が得られた6自治体の教員約6千人が回答し、GIDについて「教育現場で教える必要がある」は73%、同性愛も63%に上った。 一方、実際に授業で取り上げた教員は14%だった。 取り上げなかった理由は「機会がなかった」(42%)「LGBTをよく知らない」(26%)「教科書にない」(19%)「教えにくい」(19%)などだった。 日高准教授は「LGBTの子はいじめに遭ったり、自殺を考えたりするケースも少なくない。 学齢期の早い段階で自己肯定感を持てるような情報提供が必要だ。 教員の理解を深めるため、自治体レベルで取り組みを進めていくべきだ」と話している。

次の

「人権作文,参考」に関するQ&A

人権 作文 lgbt

どうもこんにちは、MENS GAMAZINEの管理人です。 作業効率を上げるには『疲労回復』が肝だなと、ようやく気づいてきた今日このごろ。 さて今回は、人権作文における 「パクリ」に着眼して書いていこうと思います。 当ブログでは過去、何記事か、夏休みの宿題だったりする 「人権作文の書き方」について私なりに解説してきました。 まず本人の「やる気」と「行動力」がなければ、どんなに良いアドバイスをしたところで結果を変えることは出来ないことでしょう。 自分の能力を過小評価しているのか、諦め癖が体に染み込んでいるのか、挑戦すらしない層です。 中学・高校時代の 私です笑。 私が学生だった頃に「人権作文」などを提出した記憶が無いので、昔は無かったのか、バッくれてたのかは分かりませんが、いずれにせよ、そんなもの まともにやってられるかと思っていたことでしょう。 だからあなたの気持ちはよおく分かる。 学生時代の私は読書も嫌いだし、文章を書いたことも無いので、こんな宿題大嫌いでした。 上のツイート連中と全く一緒です。 だから発想を変えて、 どうやったらバレずにパクれるのか?について考えることにした。 Contents• 人権作文のパクリがバレる理由 まず最初にどうしてバレるのか?について考えていこう。 そこをはっきりさせることで、対策が浮かんでくるだろう。 私が見つけたコピーチェックツールでは、 チェックしたい文章を200文字以上入力することで、web上にある文章をコピーしてないかを判定することができました。 実際に、とある人権作文を適当にコピーして、チェックした結果がコレだ。 実際に私がパクったのは、滋賀県大会入賞作品のものでした。 このようにWEB上にある文章を丸々コピーした時点で、チェックツールを使えば、ほとんどバレると思った方が良い。 当たり前だった父親の小言も、今はもう聞くことは出来ない。 とか書いてみたって、なんだこいつ?なんか嘘っぽいぞ?とバレてしまうわけだ。 人権作文のパクリ バレないこともある Twitterなどのネットの反応をいくつも調査していくと、バレたという人もいれば、 バレなかったという人も存在する。 つまり、これは運である。 先生も人間でありロボットでは無いので、いちいちコピーチェックすんのめんどくせえなぁと思う時もあるでしょう。 なんか、こいつが書いた文章じゃない気もするけど、咎めて反論でもされたらめんどくせえし、 まぁいっかと、考える先生もいるはずだ。 一方で、律儀に毎回コピーチェックをし、作文の内容にもきちんと目を通し、最低限これが本人が書いたものか判断した上で、内容に目を通すような 真面目な先生もいるだろう。 だから繰り返しになるが、バレるかバレないかは 運であり、普通にコピペをして提出するという行為は、運任せということになる。 私は現役の学生ではないので、よく分からないが、コピーがバレることのリスクはどの程度あるのだろうか? 少し調べたところ分かってきたのは、 「内申点」に響くというものである。 これは進学を目指している学生にとって、大きなデメリットにならないか? 最近、動画を見ている桐崎栄二というyoutuberの妹が、高校に合格して涙を流していた。 私は高校生の頃はイギリスにおり、帰国して「編入」という形で高校に入ったので、高校に合格するって、人によっては泣く程嬉しいことなんだと、動画を見て改て知った。 仮にあなたが桐崎の妹のように、進学に対して真剣に考えているのなら、コピペで済ます行為はリスクがでかいので避けた方が良いだろう。 てかむしろ、真剣に取り組んだ方が良い。 内申点は、提出物や授業態度などの平常点と、定期テストの点数の合計で出されるという話なので、「提出物」に該当する人権作文も、その内容次第で内申点に加算されることだろう。 一時の面倒臭いという感情に行動を任せて、受験という大きな結果まで狂わせる必要はない。 そこは歯を食いしばって頑張ろう! 進学なんて関係ない とにかくバレない方法を教えやがれ 進学なんて別に考えてない。 とにかくバレない方法を教えろよ!な、あなた。 お待たせしました。 ここからが本番です。 てか私の感覚だと、そんなに面倒臭いなら、提出せずにばっくれちまえ・・・って感じだが、説教を喰らうのも煩わしいのだろうね。 兄妹でも良い友人でも良い。 ネット上だけの繋がりがある誰かでも良い。 その人物も、人権作文を書かなければならない立場の人間だったら、2人分 違う内容の物 書いてもらい、一つをお金で買い取り、それを自分のものとして提出する。 金額については、 双方で納得のいく額を話し合い交渉すれば良い。 こうすれば、コピペチェックには引っかからない。 オリジナルの作文を、譲り受けただけなのだから。 そして、なるべく、あまりに立派な作文を書いてしまうような人物に頼むのはNGにしておこう。 それから、最低限信頼できる人物に頼もう。 後になって、「こいつ、金で人権作文を済ませたです」と裏事情をバラすような卑劣な人間は選ばないこと。 これは「リライト」という技術になるのだが、何も考えずにやってしまうと意外と面倒臭いので注意が必要です。 コピーする文章に書かれてあるエピソードを自分が体験した話に置き換え、辻褄を合わせる・・・などと言ったやり方では、特に大変なので間違ってもやらないこと。 そんなやり方をしちゃうと、頭も使うし、時間も掛かるし、結局ゼロから自分の話を書いてしまった方が楽だった・・・なんて言うオチが待っているはずだ。 そんなリライトを器用にこなせるようなら、そもそも普通に書いてもそれなりの作文が作れるから、自信を持って普通にやれ。 ここまでをまとめる。 しかし、やりかたを間違うとかえって大変で、楽をしたいはずなのに逆行してしまう。 だから、以下のルールに従う。 私はエブリデーの部活動のせいか、スリーピースリーピーで行きたくない日もありましたけれども、アダルトたちは、超元気でシリアス。 参加者が40ピーポーをオーバーするデイズもあり、大盛り上がりもいいところだった。 特に隣のチャージが必要な老人施設の方々が参加している姿を見て、マザーはとても深いエモーションを出していた。 というのも、ラストイヤーにいきなり住宅街に建設されたこの施設。 ミーは「どんな人物たちがカムインして来るのだろう」と思ってた。 けれども、三階建てのスクエアビルディングは、とてもハイクラスでどことなく近づいたら怖い感じがしていた。 実際にコピペチェックして見た。 この素晴らしき。 「オリジナル文章の可能性が高いです」という評価を。 私はこれをルー大柴方式と名付けることにした。 最後に 賢明なあなたなら、気づいたことだろうが、私が書いたリライト文では、多分先生に怒られます笑。 要はああいう感じで変化させるといいよ、という話で、あれはちょっとやり過ぎです。 場合によっては、日本語を英語に置き換えることもアリだと、認識してくれればそれで良い。 日本語内で言い回しを変えるだけの方が、自然な作文になることは言うまでもない。

次の

LGBTと人権 : アムネスティ日本 AMNESTY

人権 作文 lgbt

すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的又は社会的関係において差別されない。 と規定されています。 こう書かれると、ちょっと取っつきにくいですね。 すべての人間が、それぞれの幸せを追求する権利、人間が人間らしく生きる権利で生まれながら誰もが持っているものです。 誰もが幸せになるために生まれてきています。 その、目的を追求する権利と言ったらよいでしょうか。 人権というと難しいように聞こえるかもしれませんが、自分の命を大切に、日々幸せに生きる権利なのです。 少しは身近に感じることができたでしょうか? こんな状態は幸せかな? たとえば、中学生のあなたは、学校に行きたくありません。 それは、クラスのボス女子になにかと嫌がらせを受けるからです。 教科書を隠されたり、根も葉もないうわさを流されたり、教室は針のむしろ……。 どうでしょう、こんな毎日。 幸せでしょうか? 答えは簡単。 幸せじゃありません。 この状態は、著しく人権を侵害されているわけです。 人権なんて、子どもには関係ないと思いましたか? 身近なところにあるいじめ。 軽い気持ちで加担してしまった経験のある子も、また反対に、いじめを受けた経験がある子もかなり多いと思います。 いじめも、人権作文のテーマのひとつです。 ほかにはこんなテーマも いじめの他にも、身近なところにもテーマがあります。 女性、高齢者、職業など。 中学生でしたら、女性の人権あたりがわかりやすいでしょうか。 女の子なんだから……という理由でやりたいことを制限された経験がある子もいるかもしれません。 ひと昔前に比べたら、女子に対する制限もずいぶん減ってきたとは思いますが。 どうしてもイメージがわかない場合は それでもピンとこない場合もあるでしょう。 そんなときは、つぎの3つを基準にしてみてください。 自由 この3つが奪われた状態が、人権が侵された状態です。 例をあげると、家庭で虐待されている子は、家にいるあいだこの3点が奪われた状態ですね。 こんな場合も人権が侵されているといえます。 いままでの体験をさかのぼってみよう 人権について、なにをテーマに書こうかは、自分の体験によるところが大きいです。 体験していないことや身近な人からも聞いたことがないような話題では、どうしてもイメージがわきません。 ですから、書く前には、体験をもとにじっくりと考えてみる必要がありますね。 今まで経験してきたことをさかのぼってみることをお勧めします。 テーマが決まったら構成を練ろう 書きたいこと、主張したいことが決まったら、構成を練ってみましょう。 まず、書き方の流れを説明します。 状況説明• 生き方の主題• 方法その1• 方法その2• たとえばこのような感じです。 「私の学校は、表面上は平和だ。 たぶん周りからは、よい学校だと思われているだろう。 でも、それはあくまで表面上のこと。 一歩中に入ると、陰湿ないじめが日々行われている。 本当のところは、きっと、先生も知らない。 親も知らない。 当事者である私たちしか知らない世界だ。 とくに、女子のいじめはかなり根深い問題があると思う。 」 学校に提出したら問題ありでしょうかね?(笑) でも、先生にウケがよいものを書く必要はさらさらないと私は思います。 いい子ちゃん的な作文を書くことを暗に強制する学校なら、その学校の体質そのものが人権を侵していると書きたいくらいです! まあ、余計な話はこのあたりにして、そうです、状況説明とはこのように、テーマとして書こうとしている話題について、前フリとして用意するのです。 唐突に話を切り出されるよりも、心構えをしてから話を聴く方がスムーズに理解できますものね。 そのための状況説明だと考えてください。 生き方の主題 状況説明ができたら、つぎは、主題を明確にします。 生き方の主題としていますが、これは、「〇〇〇〇生き方をしたい」ということです。 「私は、いじめに迎合しない強い心を持った生き方をしたい。 」 これが生き方の主題です。 方法その1 その2 生き方の主題で提示したカッコいい生き方、この生き方をするための方法を考えるのが次のミッションです。 その方法のひとつめとしては、流されない強い心を持つことだ。 以前の私は、いじめに気付いたときに、次なるターゲットにされることが怖くて、反論できなかった。 自分では中立の立場にいたつもりだったが、実はそうではなかった。 無言でいることは、加担することと一緒なのだ。 仮にクラス中に無視されたところで、私は私と思える強い心があれば、なにも恐れることはないだろう。 ふたつめの方法としては、学校だけがすべてにならないよう自分の居場所を複数持つことだ。 中学生のいじめがなくならないのは、学校がすべてになってしまうからだと思う。 母がよく言うのだが、大人になるとひとつの場所に縛られることがなくなってくるから、自由になるし、他の人も自分のことに一生懸命になるから人のことなんてどうでもよくなるのだそうだ。 ひとりでいても、別にだれも笑わない。 そんな母の持論は「つるむ女はモテない」だ。 私もいろいろなところに自分が心地よくいられる場所を作っていきたいと思う。 自分ひとりでも、いつも寛いでいられる人でありたい。 こんなふうに、方法と、それに関連した自分の体験や、家族など身近な人から聞いた話などを添えて、説得力を出しましょう。 いよいよまとめの段落 最後のまとめの段落は、つぎのような流れになります。 反対意見への理解をなぜ入れるのでしょうか。 目の前に反対の立場に立つ人がいると想像してみてください。 その人たちに対し、真向から反対を唱えたら、当然険悪なムードになりますよね。 相いれない意見であっても、険悪ムードを避けるコツがあるんです。 それは、反対の意見を認め寄り添うこと。 「そうだね、あなたの言い分もわかるよ」 と、理解を示してあげることなのです。 これを、「反対意見への理解」といいます。 いじめはなくならないよ。 いじめがあるのは仕方ないよ。 そういう人もいます。 その人たちに、 「うんうんそうだね、たしかにそういう一面もあるよね。 」 と理解を示してみるのですね。 そのあとで、もう一度、自分の生き方の主題を繰り返します。 反対意見への理解と生き方の主題のあいだは、スムーズにつながるように適宜言葉を補ってみましょう。 このようなイメージです。 いじめはなくならないという人も多い。 確かにそのとおりかもしれない。 しかし、いじめにあっている人も、また、いじめている側の人も、不幸なのだ。 いじめている側は、つぎは自分かもしれないと日々恐れているのだから。 だからこそ、私は、いじめには幸せはないと思う。 自分の人権を大切にするのと同様に、友だちの人権も、大切にしたい。 みながそう考えることができたらどんなによいだろうと思う。 小さな抵抗かもしれない。 でも、私は、いじめに迎合しない強い心を持った生き方をしたい。 参考例 私の学校は、表面上は平和だ。 たぶん周りからは、よい学校だと思われているだろう。 でも、それはあくまで表面上のこと。 一歩中に入ると、陰湿ないじめが日々行われている。 本当のところは、きっと、先生も知らない。 親も知らない。 当事者である私たちしか知らない世界だ。 とくに、女子のいじめはかなり根深い問題があると思う。 そんな毎日を暮らしている私たち中学生の人権は、あってないようなものだ。 だから、私は、いじめに迎合しない強い心を持った生き方をしたい。 その方法のひとつめとしては、流されない強い心を持つことだ。 以前の私は、いじめに気付いたときに、次なるターゲットにされることが怖くて、反論できなかった。 自分では中立の立場にいたつもりだったが、実はそうではなかった。 無言でいることは、加担することと一緒なのだ。 仮にクラス中に無視されたところで、私は私と思える強い心があれば、なにも恐れることはないだろう。 ふたつめの方法としては、学校だけがすべてにならないよう自分の居場所を複数持つことだ。 中学生のいじめがなくならないのは、学校がすべてになってしまうからだと思う。 母がよく言うのだが、大人になるとひとつの場所に縛られることがなくなってくるから、自由になるし、他の人も自分のことに一生懸命になるから人のことなんてどうでもよくなるのだそうだ。 ひとりでいても、別にだれも笑わない。 反対に母の持論は「つるむ女はモテない」だ。 私もいろいろなところに自分が心地よくいられる場所を作っていきたいと思う。 自分ひとりでも、いつも寛いでいられる人でありたい。 いじめはなくならないという人も多い。 確かにそのとおりかもしれない。 しかし、いじめにあっている人も、また、いじめている側の人も、不幸なのだ。 いじめている側は、つぎは自分かもしれないと日々恐れているのだから。 だからこそ、私は、いじめには幸せはないと思う。 自分の人権を大切にするのと同様に、友だちの人権も、大切にしたい。 みながそう考えることができたらどんなによいだろうと思う。 小さな抵抗かもしれない。 でも、私は、いじめに迎合しない強い心を持った生き方をしたい。 是非の主題の書き方でも こちらでお伝えした意見文の書き方を使う方法もあります。 是非の主題といって、よいか悪いかの二択で主張を展開していく方法です。 状況説明• 是非の主題(いじめはよいかわるいか)• 理由その1• 理由その2• 選んだテーマと主張の中身によっては、この書き方がぴったりの場合もあります。 まずはテーマを決めて、いずれかの書き方で構成を考えてみてくださいね。

次の