てい ぼう 日誌 聖地。 放課後ていぼう日誌の聖地をご紹介

「放課後ていぼう日誌」1巻―青空が眩しい!海辺のアウトドア・ライフ

てい ぼう 日誌 聖地

放課後ていぼう日誌 舞台 放課後ていぼう日誌の舞台は、熊本県葦北郡芦北町 あしきたまち です。 九州の熊本県南部の葦北郡にある町です。 作中の訛りは、熊本弁だったんですね。 芦北漁協 主人公の散歩で出てきた芦北漁協です。 佐敷港の近くにある漁協です。 朝市もちゃんとあります。 作中では、初のタコ釣りやサビキ釣り、のべウキなど多々登場する場所です。 写真を見ましたが、本当に綺麗な海岸です。 作中では、高校の近くにあるのですが、この辺に高校は一ヶ所しかありません。 別名で計石港とも言います。 地図では、計石公民館を目印にすると分かり易いです。 第2巻で陽渚ちゃんが夏海ちゃんに色々教えてもらった場所です。 きちんと堤防が作ってあります。 沖の方には、養殖生け簀があります。 第5巻の無人島です。 たこひげ屋の元の釣具屋さんはてんぐや釣具店というお店です。 ・熊本県葦北郡芦北町が舞台になっています。 ・たこひげ屋は実在します。 放課後ていぼう日誌の聖地は、大自然に囲まれた素晴らしい環境です。 こんな環境で釣りが出来るなんて羨ましいです。 TVアニメ版でも、この聖地がモデルとなっています。 ここがモデルなら、自然や風景の描写が原作のように綺麗に描かれるでしょう。 あとは、聖地コラボや町おこしもありそうです。 その時は、遠くても是非一度、足を運んでみようと思います。

次の

「放課後ていぼう日誌」1巻―青空が眩しい!海辺のアウトドア・ライフ

てい ぼう 日誌 聖地

ストーリー [ ] から父親の故郷である九州の 原作では芦方町 海辺に越して来たばかりの 鶴木陽渚。 折りしも高校生になったばかりの彼女は、持ち前の手先の器用さを生かし、手芸部で楽しい高校生活を送ろうと考えていた。 しかしで「ていぼう部」部長の 黒岩と出会ったことで状況が一変。 評判・知名度ともに最低で(父親の高校時代には知られていたようだが)存続が危ぶまれていたこともあって、勢いに流されるままに陽渚は勧誘されてしまう。 生来、生き物が苦手で釣りの経験もない彼女にとって、まさに不本意と言うべき展開であったが、黒岩や部員たちとの活動を経て、次第に釣りの奥深さを実感していくことになる。 物語の舞台は。 登場人物 [ ] 声の項はテレビアニメ版の。 鶴木 陽渚(つるぎ ひな) 声 - 本作の。 高校1年生。 手芸が大好きな内向的な性格の女子。 普段は大人しいが、負けず嫌いで、夏海や悠希に悪態をついたりする。 運動神経は悪く、体力がない。 勉強は得意でなく、学校の成績は中の下。 記憶力はあまり良くない。 生き物全般が苦手で、手や足に触れただけで激しく取り乱し、露出したの内臓やの姿料理を見ただけで失神する。 しかし、手先の器用さは引き摺り込まれた「ていぼう部」でも活かされている。 黒岩 悠希(くろいわ ゆうき) 声 - 「ていぼう部」部長。 高校3年生。 気だるげで飄々とした態度が目立つが、陽渚を強引に勧誘した張本人であり、それなりに遣り手な性格が窺える。 基本的に穏やかな性格であるが、釣った魚の〆を陽渚にさせるなど、厳しい性格も垣間見える。 帆高 夏海(ほだか なつみ) 声 - 陽渚の小学校時代の友達で高校で再会する。 高校1年生。 黒岩を姉の様に慕って「ていぼう部」の部員に収まっている。 体を動かす事が好きで、夏は日に焼けているらしい。 陽渚とは対照的に陽気で順応力が高く、部活に馴染んでいる。 見かけによらず成績は優秀で、中学生の時は常に学年1桁内だった。 テスト前に陽渚に勉強を教えている。 大野 真(おおの まこと) 声 - 「ていぼう部」部員兼生徒会委員。 高校2年生。 眼鏡をかけた口数の少ない大柄な女子で、一見近寄り難い雰囲気を醸し出しているが、大人しく真面目な常識人。 面倒見が良く、陽渚と夏海から慕われている。 家は鮮魚店で、釣りだけでなく調理も得意であるが、実はカナヅチで釣りで膨張式ライフジャケットを着用している。 背と胸が大きいと言われる事を気にしている。 小谷 さやか(こたに さやか) 「ていぼう部」顧問。。 自前の自動車 5人乗りピックアップトラック で部員をサポートする一方で、部員が獲って来た物を肴に大酒を飲んで部員にからむ悪い癖がある。 わな猟専門の猟師もしている。 陽渚の母 声 - 陽渚が「ていぼう部」に入った事を心配したが、今は釣って来る物に期待している。 陽渚の父 声 - 陽渚が持って帰って来る酒の肴を楽しみにしている。 仕事は建築関係。 反響 [ ] 釣り雑誌『』は「のほほんとしたタイトルや女子高生が主人公であることから釣りがメインではないのかと思いきやそうではなく、釣具の描写がリアルで魚もきちんと描かれていながら可愛さもある絶妙な加減で、のほほんとしたていぼう部部員のやりとりの中で釣りや投げ釣り、釣り糸の結び方のような実践的なテクニックもあり、ジグヘッドリグで底を取る感覚などのかなり具体的なことも扱って釣り人からは感心を寄せられる作品で、陽渚の視点による釣り初心者の心情や疑問、上達していく手順が特に興味深く、釣りを長くしていると忘れがちな初心を思い出されてくれる共感できるエピソードが散りばめられている」と評した。 書誌情報 [ ]• 小坂泰之『放課後ていぼう日誌』 秋田書店〈〉、既刊6巻(2020年3月19日現在)• 2017年11月1日発行(2017年10月20日発売 )、• 2018年4月1日発行(2018年3月19日発売 )、• 2018年12月1日発行(2018年11月20日発売 )、• 2019年5月1日発行(2019年4月19日発売 )、• 2019年11月1日発行(2019年10月18日発売 )、• 2020年4月1日発行(2020年3月19日発売 )、 テレビアニメ [ ] 2020年4月よりほかにて放送中。 の影響により、4月21日の第3話をもって放送・配信の延期をしていたが 、2020年7月7日より第1話から第3話までを再放送し、7月28日より第4話以降を順次放送していく予定。 スタッフ [ ]• 原作 - 小坂泰之• 監督 -• シリーズ構成 -• キャラクターデザイン - 熊谷勝弘• 釣具プロップデザイン - 小倉寛之• プロップデザイン - 永田杏子• 美術監督 - 坂下裕太• 美術監修・美術設定 -• 色彩設計 - 真壁源太• 撮影監督 - 桒野貴文• 編集 - 小野寺絵美• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 西辺誠• 音楽制作 -• プロデューサー - 山下愼平、後藤恵士、鎌田肇、伊藤将生、礒谷徳知、、佐藤裕士、谷本千明• 制作プロデューサー - 関根大起• アニメーション制作 -• 製作 - 海野高校ていぼう部 (、秋田書店、動画工房、フライングドッグ、、、レイ、レッグス) 主題歌 [ ] 作曲・編曲はZAI-ON、歌唱はが担当する。 「SEA HORIZON」 オープニングテーマ。 作詞は深川琴美。 「釣りの世界へ」 エンディングテーマ。 作詞は山田裕介。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 初放送日 れぽーと01 ていぼう部 久保茉莉子 熊谷勝弘 2020年 4月7日 れぽーと02 リールとキャスティング 永井真吾• 垣内郁美• 上野卓志• 舘崎大• HAPPY! クランクイン!ビデオ• パーソナリティは鶴木陽渚役のと帆高夏海役の。 出典 [ ] []• パナソニック株式会社 LUMIX CLUB PicMate• 2019年12月28日. 2019年12月28日閲覧。 TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト. 2020年3月6日閲覧。 「4月7日(火)に放送開始! コミック「放課後ていぼう日誌」がTVアニメ化決定」『つり人 2020年5月号』第75巻第5号、つり人社、2020年3月25日、 26-27頁。 秋田書店. 2019年12月28日閲覧。 秋田書店. 2019年12月28日閲覧。 秋田書店. 2019年12月28日閲覧。 秋田書店. 2019年12月28日閲覧。 秋田書店. 2019年12月28日閲覧。 秋田書店. 2020年3月19日閲覧。 2019年10月15日. 2019年10月15日閲覧。 TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト. 2020年6月2日閲覧。 TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト. 2020年4月15日. 2020年4月15日閲覧。 TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト. 2020年6月2日. 2020年6月2日閲覧。 TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト. 2020年3月6日閲覧。 TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト. 2020年5月14日閲覧。 テレビ放送対象地域の出典:• 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 PR TIMES 2019年7月26日. 2020年4月7日閲覧。 TVアニメ「放課後ていぼう日誌」公式サイト. 2020年4月15日閲覧。 2020年3月16日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

放課後ていぼう日誌の聖地をご紹介

てい ぼう 日誌 聖地

地理 [ ]• 河川 -• 湖沼 - 、、• ダム - 、 隣接している自治体 [ ]• :、、• :、、 歴史 [ ] 年表 [ ]• 本節では、例えば「16世紀後半(戦国時代後期)」と「戦国時代末期(16世紀末か17世紀初頭)」という表記が混在するが、それぞれに「16世紀後半」と「戦国時代末期」が出典元での表記で、( )内は添付情報である。 先史時代 [ ]• 初頭(初頭) - ヴュルム氷期()が終焉したことによる全地球規模での気温上昇に伴い、周辺でもが始まる。 北端部ではへの海進が始まり、の湾入が出現、による作用が波及して谷の埋積が進捗し、の形成が始まる。 前期 - 相内露草地区にて、オセドウ遺跡(通称:オセドウ貝塚遺跡)の形成期の始まり/当の的価値は主として縄文時代にあるが、の終焉期までの長きに亘る繁栄を確認できる。 しかしに入って衰退を見せ、消滅している。 約3500年前(縄文時代後期後葉) - 相内地区にて、五月女萢遺跡( そとめやち いせき)の形成期の始まり/10世紀前半(中期)まで栄える。 古代 [ ]• - 内の中島にて、の形成期/この遺跡は、における奈良時代のとなっている。 後半(後期) - の現・相内地区にて、の築城。 中世 [ ]• 初頭(後期前葉) - ( とさみなと)が、・の本拠地として、とのとの間の重要拠点として栄え始め、次第に隆盛に向かう。 換言すれば、の形成期の始まりである。 元年(3年、 換算:、初期) - 大海嘯()でが壊滅的被害を受けて衰退したとの伝承あり。 しかしながら、発掘調査で津波の痕跡は検出されておらず、続く時代の史料との整合性も見られない。 (南北朝時代全期および前後数十年) - 十三湊の拡充と隆盛。 半ば(初頭) - がに敗れて支配地を失い、( えぞがしま。 のこと )へ逃げる。 はこれによって急速に衰微し、和人・蝦夷間の交易拠点としての地位は、( のへじみなと。 に面する湊。 の北の門戸として江戸時代に隆盛。 年間(-間) - 成立時期については定説が無く戦国時代末期(16世紀末か17世紀初頭)などとする説もあるが、日本最古の規集『』が、恐らくはの衆の下で成立する。 同書は「」について記しているが、七湊の一つとして「奥州津軽十三湊」の名でを挙げている。 ただし、実際の十三湊の隆盛期は津軽安東氏の没落と共に終焉を迎えている。 16世紀後半(戦国時代後期) - が再び整備され、復興が図られる。 近世 [ ]• 以降 - ( とさみなと)の異訓として「じゅうさんみなと」が見られるようになる。 全般 - を下ってきたをから鯵ヶ沢湊(現在の域にあった湊)へと運ぶ「十三小廻し」が行われていた。 元年(、江戸時代初期) - の創建。 年間(-間、江戸時代初期) - 第4代藩主・の命により、北津軽の事業が推し進められる/この時期、も灌漑用として数多く築造された。 現・五所川原市域ではやが代表的である。 明治時代 [ ]• (21年) - 原子山元にて、の開局。 (明治22年) - 全国でが施行され、ではとして 五所川原村を始めとする23か村が成立。 (明治31年) - 五所川原村が単独で町制を施行し、 を発足する。 (明治40年) - 金木村 金木 朝日山(のちの金木町朝日山、現・五所川原市金木町朝日山)にて、邸宅の竣工/この邸宅は、の生家であり、現在はとなっている。 (明治42年) - 金木村の津島邸で、源右衛門の六男・修治()が誕生。 大正時代 [ ]• (大正11年)• 某月某日 -?? にて、の建立。 某月某日 - の兄・夫婦が、津島邸に隣接する新居として津島家新座敷を完成させる/この邸宅は、父の建てた津島邸(母屋)を処分した後の新たな津島邸となり、その後の現在は「太宰治疎開の家・旧津島家新座敷」となっている。 昭和時代 [ ]• ( 03年) - 大町に本社を置く、株式会社の設立。 (昭和23年)• - が、ので愛人とを遂げる。 - 発生。 6月某日 - 太宰治の兄・夫婦が、津島邸の母屋の売却を決め、新座敷をわずかに移設して新たな津島邸とする。 (昭和25年) - 津島家(の実家)が、太宰の生家でもある金木町の邸宅を売却する。 (昭和27年) - の発生。 (昭和29年) - 、、、、、、がし、 五所川原市( 第1次五所川原市)を発足する。 (昭和30年)3月某日 - がにされる。 (昭和31年)• - 五所川原市が、(下石川を除く)を。 - 五所川原市が、北津軽郡の梅田と中泉を編入。 1971年竣工の本庁舎(2代目)/現在は旧本庁舎。 (昭和33年)• - 五所川原市が、の小曲を編入。 某月某日 - が、と周辺地域およびと周辺地域を、に指定。 (昭和46年)某月某日 - 新たな本庁舎(2代目)の竣工。 (昭和50年) - がを指定。 現・五所川原市域では旧・域にあるが指定区域に含まれる。 (昭和52年) - 栄町にて、の開館。 (昭和58年) - に指定区域の変更あり。 (昭和60年) - 五所川原市と()がの盟約を締結。 平成時代 [ ]• ( 02年)某月某日 - 日本さくらの会が「」を選定し、五所川原市域からはが選出される。 (平成 08年)• 3月某日 - を十三五月女萢(現在地)へ移設。 某月某日 - 経営の悪化した旅館「」をが買い取り、町営のとして再出発させる計画に着手する。 (平成 09年) - 相内実取にて、の開業。 (平成10年)• - 五所川原市と()がの盟約を締結。 某月某日 - かつての旅館「斜陽館」が、営のに改装され、開館する。 (平成12年) - 磯松山の井にて、の開館。 (平成16年)某月某日 - 大町にて、の開館。 (平成17年)• - 五所川原市、北津軽郡、が合体(新設合併)し、改めて 五所川原市( 第2次五所川原市)を発足する。 - 遺跡が、国のに指定される。 (平成22年) - が「」を選定し、五所川原市域からはとが選出される。 (平成26年)• - の閉院。 - 岩木町にて、の開院。 - 東町に本社を置く、の開局。 (平成30年)• - 布屋町にて、新たな本庁舎(3代目)の竣工 /老朽化・強度・利便性の問題を抱える(昭和46年)竣工の本庁舎に替えて。 - 新たな五所川原市役所本庁舎の開庁。 行政区域の変遷 [ ]• (明治22年) - 全国でが施行され、ではとして 五所川原村を始めとする23か村が成立。 (明治31年) - 五所川原村が単独で町制を施行し、 を発足。 (昭和29年) - 五所川原町、、、、、、がし、 五所川原市( 第1次五所川原市)を発足。 (昭和31年)• - 五所川原市が、(下石川を除く)を。 - 五所川原市が、北津軽郡の梅田と中泉を編入。 (昭和33年) - 五所川原市が、の小曲を編入。 (平成17年) - 五所川原市、北津軽郡、が合体(新設合併)し、改めて 五所川原市( 第2次五所川原市)を発足。 行政 [ ]• 市長:(2018年7月9日就任、1期目) 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任日 退任日 備考 旧・五所川原市長 1 1954年(昭和29年)11月20日 1958年(昭和33年)11月17日 2 1958年(昭和33年)11月18日 1962年(昭和37年)11月17日 3 1962年(昭和37年)11月18日 1966年(昭和41年)11月17日 4 1966年(昭和41年)11月18日 1970年(昭和45年)11月17日 5 1970年(昭和45年)11月18日 1974年(昭和49年)11月17日 6 1974年(昭和45年)11月18日 7 1977年(昭和52年)3月30日 1981年(昭和56年)3月29日 8 1981年(昭和56年)3月30日 9 1983年(昭和58年)2月6日 1987年(昭和62年)2月5日 10 1987年(昭和62年)2月6日 11 佐々木栄造 1989年(平成元年)6月18日 1993年(平成5年)6月17日 12 1993年(平成5年)6月18日 1997年(平成9年)6月17日 13 1997年(平成9年)6月18日 2004年(平成13年)6月17日 14 2004年(平成13年)6月18日 2005年(平成17年)3月27日 五所川原市長 - 成田守 2005年(平成17年)3月28日 2005年(平成17年)4月17日 職務執行者 1 成田守 2005年(平成17年)4月26日 2006年(平成18年)5月27日 途中退職 2 2006年(平成18年)7月9日 2010年(平成22年)7月9日 3 2010年(平成22年)7月9日 2014年(平成26年)7月8日 4 2014年(平成26年)7月9日 2018年(平成30年)7月8日 無投票当選 5 2018年(平成18年)7月9日 市議会 [ ]• 議員定数:26人• 任期:2015年(平成27年)2月16日 - 2019年(平成31年)2月15日 庁舎 [ ]• 金木総合支所• 市浦総合支所• 三好支所(現在廃止)• 長橋支所• 飯詰支所• 七和支所• 梅沢支所• 毘沙門支所 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内 [ ]• (山梨県) 教育・文化・経済等の交流 - (平成10年)• (北海道) (安藤氏とのかかわりという歴史的背景) - (昭和60年) 地域 [ ] 人口 [ ] 平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、5. 55%減の55,181人であり、増減率は県下40市町村中16位。 五所川原保健所 公的医療機関 [ ]• 司法機関 [ ] 裁判所 [ ]• 五所川原支部• 五所川原支部• 検察庁 [ ]• 五所川原支部• 警察機関 [ ]• 消防機関 [ ]• 教育 [ ] 高等学校 [ ] 県立• 学校法人 中学校 [ ] 市立• (2011年・金木中学校へ統合)• (同上)• (2004年・五所川原第一中学校へ統合) 小学校 [ ]• (2004年・三好小学校を統合新設)• (同上)• (2008年・東峰小学校を統合新設)• (同上)• (同上)• (2012年・いずみ小学校を統合新設)• (同上)• (同上)• (同上)• (2015年・金木小学校へ統合)• (同上) 学校教育以外の施設 [ ] 図書館 [ ]• 職業訓練施設 [ ]• 産業 [ ] 工業 [ ] 漆川地区に、青森県が計画し五所川原市が事業主体となって を整備。 2015年現在、団地内では 31施設が稼働している。 また、上記団地以外にも誘致企業の工場や拠点は市内に点在している。 商業 [ ]• - を核としたショッピングセンター• 新宮店• スーパー佐藤長 広田店• スーパー佐藤長 金木店 商業拠点の移り変わりと旧市街の衰退 [ ] 一帯を集約する都市で、一帯の完成までは市内の商業拠点は五所川原駅前周辺にあり、、、といった地元のが連立し、同市の発展に力を尽くしたが、次第に近隣市町村への店舗進出やによる影響で経営が悪化し、丸友は平成初頭に閉店、マルキ飛島はエルムの街()に移転、最後まで残っていた中三も2006年(平成18年)1月に閉店した。 五所川原市は、この現状を踏まえ、旧市街地の(拡張、撤去も並行して行う)を行い、またエルムの街は方式で設立当時から経営し、市全体の衰退を引き止める努力を続けている。 2006年(平成18年)10月にはエルムの街北東にを核店舗としてアクロスプラザ五所川原が完成した。 農業 [ ]• - 漁業 [ ]• - の• 伝統工芸 [ ]• - 金融機関 [ ]• (市内に4箇所)• (市内に3箇所)• 五所川原支店• (市内に2箇所)• 五所川原支店(五所川原支店が管理する有人の金木出張所がある)• 五所川原支店 ・• 五所川原支所 マスメディア [ ]• 五所川原支局• 五所川原支社• 五所川原支局• 報道部五所川原分室(旧:五所川原支局)• () 郵便 [ ] 直営郵便局 [ ]• その他の道路 [ ]• (通称「こめ米(こめまい)ロード」) 名所旧跡・行事等 [ ] 自然物等• - 指定区域。 - 「」選定物件。 - 「」選定物件。 - 「ため池百選」選定物件。 ( かなぎまちぎょっかせき) - 金木町喜良市 小田川に所在。 青森県指定。 玉鹿石は津軽錦石( つがるにしきいし)の一種で、崖のの中に団塊状に含まれて露出している。 神社仏閣• ( さんのうぼう ひえじんじゃ) - 相内岩井に所在。 付近には山王坊遺跡がある。 ( せきとうざんあらはばきじんじゃ) - 飯詰に所在。 ( いいづめはちまんぐう) - 飯詰 福泉に所在。 - 元町に所在。 「五所川原地名発祥之源地」碑がある。 鶴ヶ岡八幡宮 - 鶴ヶ岡に所在 その他の文化財• 十三湊遺跡 - 十三に所在。 十三湖西側の日本海と挟まれた地域でかつて栄えた「」の遺跡。 - 湊字千鳥に所在。 ( ごしょがわらすえきかまあと - 持子沢 隠川に所在。 国指定史跡。 - 相内に所在。 跡 - 相内に所在。 - 磯松唐皮に所在。 付近には唐川城跡展望台がある。 立佞武多の館 、行事等• - 「」を参照のこと。 開催期間は8月4日~8日。 地域に残る行事 - 「」を参照のこと。 博物館等• - 湊字千鳥に所在。 - 金木町芦野に所在。 - 十三土佐に所在する中の島ブリッジパーク内の施設。 - 金木町朝日山に所在。 建物は「旧津島家住宅」として国のに指定。 - 大町に所在。 観光スポット等• - 十三土佐に所在。 十三湖の西に浮かぶ小島を利用したパークで、や、などがある。 また、島内からはの(中島遺跡)が発見されている。 - 相内実取に所在。 - 脇元野脇に所在。 や(宿泊施設)などがある。 - 磯松山の井に所在。 - 磯松唐皮に所在。 著名な出身者 [ ] 政治・経済 [ ]• (貴族院議員、青森銀行頭取、青森県多額納税者)• (五所川原市長)• (佐々木銀行頭取)• (前長)• (津軽鉄道社長)• (金木銀行頭取、青森県知事、参議院議員、衆議院議員) - 太宰治の実兄• (産廃処理会社社長、政治活動家)• () 行政 [ ]• (元長官・政策ビジョン研究センター教授) 文化 [ ]• (文芸)• () - 津島文治の実弟 芸能 [ ]• (のピアノ担当)• (演奏家)• () - 羽柴誠三秀吉の息子• (、・) スポーツ [ ]• (、)• (大相撲力士)• (大相撲力士、)• (大相撲力士、大関)• (大相撲力士、)• (、日本大学相撲部監督、現理事長)• (スキー選手)• () 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 港別みなと文化アーカイブス(公式ウェブサイト). 一般財団法人 みなと総合研究財団 WAVE. 2018年6月10日閲覧。 『国指定史跡ガイド』、『デジタル』. 2018年6月10日閲覧。 コトバンク. 2018年6月10日閲覧。 石山晃子. 港別みなと文化アーカイブス(公式ウェブサイト). 一般財団法人 みなと総合研究財団. 2018年6月10日閲覧。 平凡社『世界大百科事典』. コトバンク. 2018年6月10日閲覧。 あおもり 今・昔(公式ウェブサイト). 青森市 1999年3月15日. 2018年6月10日閲覧。 公式ウェブサイト. 五所川原市. 2018年6月9日閲覧。 公式ウェブサイト. 五所川原市. 2018年6月9日閲覧。 竹浪正静『鶴田町史』津軽書房、1985年刊、p. 842• (五所川原市公式サイト)• 2009年3月31日, at the. 2009年3月31日, at the. 2009年3月31日, at the. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 公式ウェブサイト. 五所川原市観光協会. 2018年6月9日閲覧。

次の