オカメ 納豆。 納豆|おかめ本舗|おかめ納豆ショッピングサイト

【納豆 危険】健康に良いとされる納豆、実はかなり危険な食品でもある。納豆の害について。

オカメ 納豆

健康に良いとされる納豆、実は納豆で不健康になるリスクもあるのだ。 納豆菌は危険でもある。 納豆をはじめ、やまいも、おくら、めかぶなど、いわゆる「ネバネバ系食品」は、健康に良いと昔からいわれてきました。 しかしながら、今の時代、スーパーなどでパック詰めされている安い納豆は「食べたら健康になる」どころか「食べたら不健康になる」リスクの方が大きいのです。 きちんとした知識を身につけ、納豆の危険性から身を守る必要があります。 納豆は体にいいものだと思い込んでいる人がいるようですが、世の中そんなに甘いものではありません。 まずは大豆自体の問題があります。 生物毒が多く栄養素の吸収を阻害するといわれてきましたが、ただこの説は違うという説が有力であり、発酵することで生物毒が失われるとも言われてきたため、あまり気にしすぎる必要はないかもしれません。 消化酵素をもちアルカリ性食品であることも良いといわれています。 しかし繰り返すようにそんな甘いものではありません。 まず豆の質、これはまず農薬や硝酸態窒素の問題があります。 昨今の大量生産されているものには遺伝子組み換え食品を使われているものもあります。 またスーパーで売ら得ている納豆のたれや辛子は、色素だ添加物だアミノ酸類だ増粘多糖類が入っており、その場では死ななくても危険な物質てんこ盛りです。 納豆巻き用の納豆なんて見れたもんじゃありません。 さらにいえば菌そのものの問題があります。 今の大量生産されている納豆菌の菌は遺伝子操作されているものさえあり、さらには伝統的な作り方を諦め、調味料・添加物で発酵させたように見せかけているものさえあります。 稲わらに自生している天然の納豆菌はもはやほとんどなく、人工的に培養された納豆菌が添加され、発酵感を作り出すために発酵調味料というものまで存在します。 さらにいうと納豆菌自体は非常に有用だとばかり考えられていますが、危険だという説があります。 発酵させるときに周囲の菌をなぎ倒すくらいの強い菌だとも言われており、芽胞形成力も強力であり高熱でも死にません。 またSASPs small acid-soluble proteins とよばれるたんぱく質を含有し、これはほかの菌では存在しないとも言われます。 つまりほかの菌に有害かもしれないといわれています。 実は病原菌の炭疽菌も納豆菌の仲間だそうです。 じゃあ何も食べれないじゃないかというとそれが正解です。 納豆を食べ過ぎるとむしろ問題が生じるという説は、この辺りが原点になります。 発酵食品がいいばかり言っている人は多いですけど、本来の生物界には発酵食品はないというのを思い出すのも重要です。 腸内細菌でも日和見菌でも最も重要なことは、自然界における多様性です。 納豆ばかり食ってる人は玄米ばかり食ってる人同様、バカになると考えたほうがいいでしょう。 まず、本来、納豆とは「わらづと」といわれる藁につつまれた状態で納豆菌により発酵される発酵食品です。 しかし、スーパーなどで売られている納豆のほとんどは、人工的に操作された納豆菌により効率優先で製造されています。 中には「遺伝子組み換え」された納豆菌もあり、危険を伴います。 納豆に使われる大豆も産地によっては放射能の影響が考えられ危険です。 また、農薬や化学肥料の影響も大きいでしょう。 多くの納豆は食品表示に「遺伝子組み換えではない」と明記されていますが、そのような大豆以外は遺伝子組み換えされたGMO大豆の可能性が高いといえます。 さらに、「遺伝子組み換えではない」と表示された商品でも、全体の5%までなら「遺伝子組み換えされた」大豆が混入してもOKだそうです。 納豆を手作りしたことはありますか?納豆菌は非常に熱に強い菌類です。 100度でも死滅しないらしく、納豆作りの行程で、蒸し上がったばかりの極めて熱い大豆にすばやく納豆菌を混ぜ合わせる作業があります。 これは熱に弱い他の菌を死滅させ、納豆菌だけを繁殖させるためです。 熱湯にも耐える納豆菌は極めて強い菌であるといえるでしょう。 そのような強い菌がはたしてプラスにだけ働くのでしょうか?体内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が共生しており、恒常性をたもっていますが、そこへ納豆菌が大量に入ってきたら共生環境は破壊され危険になるでしょう。 町内の運動会にオリンピック選手が多数参加してメチャクチャな結果になるようなものです。 健康に良いとされるものでも、質が悪かったり、そればかり食べていては健康にはなれないのです。 何事もバランスが大事といえるでしょう。 また、金銭的に余裕がなくやむを得ず値段が安いものを購入しがちですが、「ス-パ-で売られている安いものは危険」ということも心の底に据えておきましょう。 関連記事; 食品の危険性に関する記事.

次の

日にちと時間が経つのが早すぎる〜オカメ納豆の叫び〜

オカメ 納豆

マウスを使った実験によって、 スーパー納豆菌「S-903 納豆菌」がインフルエンザウイルスの増殖を抑制し、感染後にも体内での抗体生産量を高める効果があると確認されました。 また、その関与成分としては「S-903 納豆菌」と「S-903 納豆菌」が大豆を発酵させることでつくりだされる 納豆の糸成分の可能性が示唆されました。 スーパー納豆菌「S-903 納豆菌」に、ノロウイルス予防効果があることを確認 ノロウイルスに感染させる3日前から7日後まで、マウスに「S-903 納豆菌」でつくられた納豆あるいは「S-903 納豆菌」を与えてノロウイルス量を測定し非摂取(蒸留水)の感染マウスと比較しました。 ノロウイルスは小腸に感染して腸管上皮細胞で増殖します。 実験の結果、「S-903 納豆菌」でつくられた納豆、「S-903 納豆菌」を摂取したマウスは、非摂取のマウスに比べて、ノロウイルスの量が大きく抑えられていることがわかりました。 この実験によって、「S-903 納豆菌」にはノロウイルス発症の予防と、感染後の症状を軽減する効果が期待できることが確認されました。 「S-903 納豆菌」の毎日の摂取で、大人風邪(ライノウイルス)予防効果が高まることを確認 ライノウイルスに感染させる7日前からマウスに、「S-903 納豆菌」でつくられた納豆あるいは「S-903 納豆菌」を与え、12週にわたって血液中の中和抗体の値を測定しました。 中和抗体は、ライノウイルスの毒性・感染力などの活性を減退あるいは消失させる抗体で、値が高いほど抗ライノウイルス効果が高く、ライノウイルス量を減少させることができます。 実験の結果、 「S-903 納豆菌」でつくられた納豆、「S-903 納豆菌」を摂取したマウスは、非摂取(蒸留水)のマウスに比べて、中和抗体価が明らかに高いことがわかりました。 この実験によって、「S-903 納豆菌」にはライノウイルスの予防や感染後の症状軽減に効果があることが確認されました。

次の

すごい納豆 S

オカメ 納豆

「お亀」は、ののメインキャラクターである(、)。 この滑稽な面の起源は、の女性、日本最古の踊り子であるであるとされる。 アメノウズメは、7世紀の下のに属し等を行った、の始祖である。 素顔を原則とするにおいて、仮面を使用するのは老人、、・、、の類であるが、「 乙」( 乙御前)は醜女に当たる。 狂言面の起源とその時期について、詳細は不明であるが、と関係しており作者もほぼ共通しているとみられている。 したがって、能面なるものが完成をみるからにかけての時代(14世紀 - 17世紀)に、狂言面としての「乙」(乙御前)も完成をみると考えられる。 「乙」(乙御前)の狂言における役割は、男に逃げられる醜女、姫鬼、福女である。 「乙御前」とはもともと「末娘」の意味であり、狂言『』ではその意味に用いられたセリフが存在する。 転じて「醜女」の意になり、狂言面「乙」(乙御前)となった。 「乙御前」が登場する狂言は、• 等である。 「 おたふく」という名称は、狂言面の「乙」(乙御前)の「オト」音の転訛ともいわれる。 ほかにも「福が多い」という説と、頬が丸くふくらんだ様から魚の「」(河豚・ふぐ)が元という説もある [ ]。 「阿多福」は、「 阿多福面」(おたふくめん)の略であり、醜い顔であるという意図で女性に対して浴びせかけるとして使用されることがある。 「 おふく」は、室町時代(14世紀 - 16世紀)にはすでに出現していた、のを行う「」で、を中心に、の面を覆った人物とともに、同様に覆面で、連れ立って現れたキャラクターである。 「おふく」という名称は、とくに江戸時代初期(17世紀)に(現在の)で生まれたでとくに使用されるもので、文楽人形の首(かしら)の一つの名称でもある。 下女、あるいは下級・端役の役のものである。 の『』(1708年)にも、「姫君はさて置き、たとへ餅屋の御福でも」というフレーズで、姫君と「餅屋の御福」を比較し、つまり餅屋の店員の不細工な女であっても、という扱いで登場している。 1712年(2年)の銘がある『七福神戯遊之図』には、に加えて、に酌をする8体目の女神が描かれており、これが「お福」または「乙御前」であるとの説明書きが付随しているという。 (1804年 - 1817年)に発表された『街談文々集要』によれば、「お福」は父を「福寿」、母を「お多福」とし、「西ノ宮夷」(現在の、)支配下の「」の妻だという設定が記載されている。 によれば、近世に流行する、福助、お多福、、、そして「お福」は、狂言の世界には先行して登場しているという。 同じころ、京都の・が、「お福」の土人形をつくっている。 「 おかめ」という名称は、それらに比較して時代は新しく、とくに(17世紀 - 19世紀)の(現在の)ので使用されるものである。 名称の由来は、と頬の張り出した形が「瓶」(かめ)に似ていることから名付けられた、とされるが、室町時代のの名前からという説もあるため、はっきりしない。 里神楽等でや役の女性として使われることもあり、男性の仮面である「」と対に用いられる。 その役どころから人気が高く、熟練芸能者の演じるところとされる。 「おかめ」は、近世以降の民間芸能に使用され、日本各地のにおける「はらみ女」、に現在も伝わりに指定されているである「」では「巫女のお供」、や各種の祭礼行列では道化として登場する。 「福を呼ぶ面相」であるとして愛され、のにも取り入れられている。 本来古代において、太った福々しい体躯の女性は災厄の魔よけになると信じられ、ある種の「美人」を意味したとされている。 だが縁起物での「売れ残り」の意味、あるいは時代とともにかわる美意識の変化とともに、不美人をさす蔑称としても使われるようになったとも言われている。 冠する語の一覧 [ ] のパッケージの「お多福」。 「おかめ」「おたふく」「おふく」を冠したものの一覧である。 それぞれ「おかめ」「おたふく」「おふく」と略すことがある。 おかめ• 阿亀桜()• 阿亀笹()• 阿亀蕎麦()• 阿亀蟋蟀()• 阿亀鸚哥()• お亀饂飩()• おかめ納豆 - のメーカー、(1932年創業、納豆業界最大手)の おたふく• 阿多福面(おたふくめん) - おたふくの面• 阿多福風邪()• 阿多福豆() - の栽培品種• (おたふくあめ) - 棒状のさらし飴• (おたふくあん) - 19世紀の人物• - の、1952年(昭和27年)創業• - の日本酒、1897年(明治30年)創業 その他 [ ] 大お多福面()。 京都の千本釈迦堂()には本堂を建てた大工の棟梁を助けたうえ命を絶った妻のおかめの伝説がある。 そのため京都で棟上げ式を行うときおかめの面を御幣に付ける習慣がある [ ]。 建築土木の現場では、土や砂利、コンクリートなどを掻き寄せたり、敷き均すための用具である「」(じょれん)を「阿亀」(おかめ)と呼ぶ [ ]。 の創業者・は、「笑顔でサービス」を象徴するものとしておかめの面を使った。 三菱商会と改称した当時、社員の大半は、岩崎の出身地であるの下級武士であったため武家意識から客に頭を下げることができず、その対策として岩崎は店の正面におかめの面を掲げ、接客担当には和服に、姿でおかめのような笑顔を強いた。 主に福岡県下の各地において、節分の季節になると神社の門の前に「大お多福面」が出現する。 大きく開いた口の中をくぐり抜けると、商売繁盛や家内安全などの御利益があるとされている。 鬼は外、ならば福へは自ら飛び込んで行こうと「博多のアイデアマン」と呼ばれたが1961年に福岡のに提案し、始まった。 脚注 [ ] []• 朝日日本歴史人物事典『』 - 、2012年9月21日閲覧。 百科事典マイペディア『』 - 、2012年9月21日閲覧。 百科事典マイペディア『』 - 、2012年9月21日閲覧。 大辞林 第三版『』 - 、2012年9月21日閲覧。 デジタル大辞泉『』 - 、2012年9月21日閲覧。 世界大百科事典 第2版『』 - 、2012年9月21日閲覧。 知恵蔵2012『』 - 、2012年9月21日閲覧。 103-104. 宮田、p. 359. 大辞林 第三版『』 - 、2012年9月21日閲覧。 デジタル大辞泉『』 - 、2012年9月21日閲覧。 銘柄コレクション『』 - 、2012年9月21日閲覧。 三菱グループ公式サイト 参考文献 [ ]• 『七福神信仰事典』、、神仏信仰事典シリーズ、、1998年11月• 『日本のヤバイ女の子』、 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 曖昧さ回避• 曖昧さ回避• - 鎌倉時代の人物 外部リンク [ ]• 世界大百科事典 第2版『』 -• 百科事典マイペディア『』 -• デジタル大辞泉『』 -.

次の