バーチャ ストライカー。 アファームド・ザ・ストライカーとは (アファームドザストライカーとは) [単語記事]

スポーツゲームの名作がコンシューマー初移植! 『バーチャストライカー』プレイインプレッション

バーチャ ストライカー

アファームド・ザ・ストライカーとは、から発売されている、に登場する・の内の一機種、第代のである。 正式名称はR-33 D S。 「強化機体」 概要 元々は最初期の第代、A(アタッ)を後方するために、アタッを基幹とする打撃部隊のを的とする機を開発しようと試みてD(ディスラプター)を設計したものの、 あまりにも重装備になりすぎてあの二の舞になりかけたため、そこからちょっと武装を削ってみた機体がこのS()である。 要するに 第代として作った新の基本設計がとっても優秀だったから色々武装を変えてうちの1機種。 第代の中では古にあたるようだ。 D(ディスラプター)は上記の通り「」が的だったために素のの両手にボックチャーを一基ずつ、両肩にガンを二門装備し重装備高を実現させたものの、重装備からくる著しい重量増加で機動性が犠牲になり、それが問題となって現れてきたために、両手両肩のボックチャーとガンをそれぞれ片側だけにして右肩にガン、にボックチャーを装備することでと機動のを図ったのが初期S。 中で使用出来るのは後期のSで、これは初期からの修の結果、ガンとボックチャーの位置が左右逆になり(アビオニクスを見直した結果とか言っているけれどこれ左右に持ち変えただけでどう向上するんだよ・・・)近接用として部ラックに「・」と呼ばれる コンを、のボックチャーの持ち手保護のため(?)ににはルを装備している。 一応設定上は「なお、a3年以降、後期はとの連携によるがとなり。 『動ける』として側からは恐れられる存在になる。 」ということになっているものの、実際のの中では当初から概ね常に最弱争いの位を争い続ける不遇の機体。 2a(一番最初の)では当時の弱に対しては良い勝負が出来たようだ。 一応一番いた時代はVer. 近接の時間拡大に伴って発覚した切りと、出の速いLW近接を絡めた近接、の中横LW(通称ナパ)、回転が速いうえに性と性のやたら高いCW、本来中前CWは特攻になるのに~99時のみガンを発射出来る(しかもやたら威が高い ミサ…など戦えるはったものの、やはり機体というのには変わりはない。 機体の大きな特徴となっているのは「CW入後即右離し」とか言うやたらと面倒な作業で設置される通称「置きグレ」。 設置後数経過するとその時に相手がいる場所へと高で直進していく上にすると確定する武装。 はの程だが設置後の硬直を各種で減らすことが可なためにこの機体をとして使うは多用する傾向がある。 ちなみに相手がした間から設置し始めると(相手のことを考えなければ)中に8発置ける()。 2の間はその場に設置されたまま時間経過で消滅する(飛んでいかない)と言うめいた武装だったがve. 4から相手に向かってすっ飛んでいくようになった。 ではで「強すぎる!」というをまともに受けてしまい(実際の原因は単なる通信)、ve. 66では 数値は変えていないはずなのに何故か武装がされてしまった。 南・・・ からと消えたら何で戦えと… ve. 66 版 ではCW の復活とか朗報もなくはない。 やっぱり飛ばないけど…。 ただし一番の問題点である「機動性」に最大の難点を抱えていて、がという中量級という事で耐える戦いがやりにくく、武装が多少変化したところでどうしようもないのがつらいところ。 そのあたり設定どおりと言うかよりDに近いと言うか。 66の速すぎるんじゃね? 新天地「とある魔術の電脳戦機」 「」が世に出て約20年、既には「ス」「」と進展し、そしてそのものが次第に人々から忘れ去られつつあったある時、「」は登場した。 「 」との「」のである。 「」では、登場するが「」から選抜されており、その中でアファームド・ザ・ストライカーも登場することになったのである。 本作ではに「とある」作品のが専属として紐付けされており、に搭乗する専属は「佐 子」である。 者であるが搭乗して、特殊攻撃「ブーストウェ」がどうなるのか危惧されていたが、蓋を開けてみればを振りかぶっての「ング」!となった。 なのに蹴らずにで強打とは また、本作ではと較して挙動が整理縮小されており、でも置きグレが新規挙動ンジションCWに振り替えられ、またTLWがノミになりがされた。 なのにとは なお、肝心な機体性の方は、相変わらず最下位補である。。。 ワタリてめぇ 関連動画 関連項目•

次の

すべてオンライン対戦に対応! 『バーチャファイター2』や『ファイティングバイパーズ』など5タイトルが配信決定

バーチャ ストライカー

バーチャストライカー(Virtua Striker)は、セガ(後の)がに業務用として発表されたである。 本格的3Dグラフィックを使った初のとして大ヒット作品となった。 乱入対戦も可能で、シリーズを重ねながらロングヒットとなっている。 ショートパス、ロングパス、シュートの3ボタンのみを主に使用する操作の単純さ(「バーチャストライカー4」では大幅に変更)と、アーケードゲームとしての性質上攻守の切り替えが早く、シュート機会が多いことが特徴である。 また、センタリングからの得点可能性が高いことも特徴である。 2004年発表の『バーチャストライカー4』では、ネットワークに対応。 専用ICカードに自分の戦績を記録することができるほか、オンラインサービス「VS. NET」を利用して詳細なチーム編成やユニフォームのカスタマイズ等も行えた。 ネットワーク関連のサービスは2007年11月30日18時をもってすべて終了した(2007年9月28日告知)。 アーケード版作品リスト [ ]• バーチャストライカー() 開発は。 システム基板はと同じを採用。 当時の時代状況としてはセガが世界初の3D格闘ゲーム、『』をリリースし。 またが発足した。 また1994年は、「」として知られる地区最終予選が行われていた年であり、ワールドカップに対する国内の認知度が急速に高まっていた。 本作は「世界初の3DCGサッカーゲーム」とうたわれているが、フィールド上の選手全員がフルポリゴンで描画されるという機軸は、当時としても画期的であった。 バーチャストライカー2() 基板を採用し、表現力が向上した。 「オフェンシブ」「ノーマル」「ディフェンシブ」の3つのチーム戦術を、スタートボタンにより切り替え可能。 また企業とのタイアップ広告も出現。 バーチャストライカー2 バージョン '98()• バーチャストライカー2 バージョン '99(バグ対策版の' 99. 1が後にリリース)(1998年) ver. 98からver. 99へはマイナーアップデートであったが、ゴール前で多数の選手が表示される際などにいわゆる「画面落ち」が多くなり、全般的に描画処理は重くなった。 またキックオフ開始直後、特定の場所でロングシュートを打つと簡単に決まってしまうというバグを解消するため、99. 1ではボールに対するプレスが一層厳しくなり、結果として素早い判断とパスサッカーの重視が求められる作品となった。 バーチャストライカー2 バージョン 2000() セガのコンシューマーゲーム機であるへの移植を見越し、基板を採用。 バーチャストライカー3() システム基板にを採用。 また本作から審判が登場し、ファールに対してカードを出し、退場処分を下すようになった。 ルール面では更に、判定が追加される。 バーチャストライカー2002() 開催年に発表された本作には、への移植を見据えて基板が採用された。 選手に体力の概念が付加される。 また、実名ではないものの操作選手の名前が表示されるようになった。 日本代表のみ実名 今作から一試合を前半・後半に分割し、ハーフタイムには選手交代が可能。 バーチャストライカー4() 主なシステム変更としては、これまでの3ボタンに加え、「ダッシュ」ボタンが追加。 また新たに3つの「戦術ボタン」が加わり、VS. NETと連動させることにより、「右サイドアタック」「オフサイドトラップ」などの高度な戦術を割り当てる事が出来るようになった。 大部分の選手が実名で登場する。 バーチャストライカー4 Ver. 2006() コンシューマーゲーム用リリース推移 [ ] セガ(後の)より発売。 バーチャストライカー2 Ver. 2000. 1() アーケード版『バーチャストライカー2 バージョン 2000』のドリームキャスト移植版。 としてはシリーズ第一弾。 バーチャストライカー3 Ver. 2002(、) 『バーチャストライカー2002』のゲームキューブへの移植版。 『』風の育成モードが付属。 バーチャストライカー(、・) MODEL2コレクションとして約18年振りの移植。 ダウンロード専用として配信。 オンライン対戦にも対応。 ゲストキャラクター [ ]• 『バーチャストライカー2 Ver. 2000. 1』からは『ソニック・ザ・ファイターズ』のビーンが登場。 『バーチャストライカー3 Ver. 2002』は『』から、テイルス、ナックルズ、エミー、、チャオが登場する。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

裏技(バーチャストライカー2 ver.2000.1)

バーチャ ストライカー

Sponsored Link バーチャファイターシリーズ一覧 バーチャファイター1 人気の理由は、3D格闘ゲームというのが目を引いたからだと思います。 ストリートファイター2で格闘ゲームというジャンルが確立しましたが、時期的には少し後でした。 セガはバーチャレーシングというレースゲームを出していて、3Dのノウハウでは先行していたようです。 格闘ゲームのブームはまだ続いていたので、出るべくして出たゲームだと思いました。 おそらく格闘のシミュレーターというのがコンセプトだったと思われます。 これはシリーズで一貫しています。 他のゲームは、面白ければ、見た目が派手であれば、人間の動きとかけ離れていてもかまわないという作り方をしています。 バーチャはおそらく実在の武術しか取り入れていないのでしょう。 異種格闘技戦のシミュレーターという感じがします。 それゆえ他のゲームと比較して、地味だという評も聞くことがありました。 しかし人気も得ていたのですから、それ自体悪いことではないでしょう。 思えばバーチャも、実在の武術と比べたら決してリアルとは言えないですね。 かなり誇張した動きも多かったです。 リアルとゲームのバランスがよかったと思います。 バーチャファイター3 2ほどの大ヒットはなく、私も2を見た時ほどの衝撃はありませんでした。 しかしグラフィックは格段に向上しました。 当時はもうこれ以上は無いとまで思いました。 しかし今の目で見るとまだまだですね。 本作は音楽CDを買いました。 リオンステージが好きです。 合気道の葵の動きが好きで、よく使っていました。 しかし 彼女の動きはマネしやすいので危険だ、削除するべきだという意見がありました。 この頃にはインターネットがすでに登場していたようで、おそらくニフティサーブで読んだのだと思います。 人気が今ひとつだったのは、新要素の評判が悪かったからだとも記憶しています。 例えばステージの傾斜です。 何が悪いのかは、よく分かりませんでした。 ボタンが1つ増えた点も批判されていたでしょうか。 ガードか軸移動だったと思います。 私は別に違和感はありませんでした。 設定が緩くなったのかもしれませんが、よくデュラルステージまで行ってクリアできるようになりました。 新規にもマニアにも中途半端な作品だったようです。 これはシリーズが5で中断しているのと同じ状況のように見えます。 しかし次作の4で盛り返したことを考えると、まだまだバーチャファイターに可能性はあるはずです。 声優の中村悠一さんが、学生時代に愛好していたそうです。 バーチャファイターが廃れた理由 シリーズが進むにつれゲームシステムが複雑になったため、ライト層が敬遠した。 バーチャに限らず、格闘ゲーム全般でよく聞く理由です。 しかしそうではなく、 最初から複雑なゲームのやり込みが進んだだけ、のようです。 鉄拳のプロデューサーが言っていましたが、私もそう思います。 いまだにスト2の大会があるくらいなのですから。 ライト層は最初の見た目に引かれるだけなので、もう格闘ゲームというジャンルで彼らが戻ってくることはないでしょう。 マニアックと言われようが、コア層を対象にしたゲームづくりをするしかないと思います。 バーチャ5でどういう改変があったのかは知りませんが、コア層から総スカンを食ってしまったことがシリーズ終了の理由でしょう。 格闘ゲームが廃れた理由について 廃れたというより、ブームが鎮静して文化として定着したというべきかもしれません。 ただストリートファイターも鉄拳も、売上本数という点で見れば、もう見る影もありません。 話は変わりますが、ドラゴンボールファイターズとスマブラについて。 なぜあれほどまでに人気があるのでしょうか。 キャラクターの人気だけが理由でしょうか。 特にスマブラは無節操にあちこちから引っぱってきているようです。 格闘ゲームが流行らない理由は、運の要素が小さいからだと考えています。 ゲーセンで将棋と麻雀のゲームがありますが、人気の差は歴然としています。 麻雀は複数のメーカーが出していて、たとえばコナミだけとっても10年以上前からシリーズが続いています。 筐体が数台、あるいは10台以上ズラッと並んでいて、何度もバージョンアップをくり返しています。 一方将棋は1回目のバージョンアップで見込みが無いと思われたようで、何年も放置されています。 ほとんどのゲーセンで撤去されました。 まだ一応続いているのが不思議なくらいです。 これはメーカーの制作能力に問題があるのではなく、将棋そのものに内在する要素に起因するものでしょう。 つまり弱い者は強い者に、何度やっても勝てないということです。 しかしそれを無くしたら、もはや将棋ではありません。 ドラゴンボールやスマブラは、弱い人でも楽しめる要素があるのでしょうか。 格闘ゲームは、過去のブームとは全く異なる次元へ移行しています。 今のストリートファイター5ですら、プロにとっては単調で、もっと複雑にしないと技量の差を表現できないと言われることがあるようです。 中途半端にライト層向けにするよりは、割り切ってマニア向けのゲームにするべきです。 バーチャファイター復活も、その方向性にしかないでしょう。 Sponsored Link バーチャファイターは完成している 旧システムではいいものがあったはずですが、新作への移行でそれを切り捨ててしまうのが問題なのでしょう。 うまく行けばよいですが、それでコケたら進退窮まってしまうということです。 他の格ゲーとバーチャファイターの違いはそこだと思います。 理想はぷよぷよです。 初代は先攻した方が勝つ単調なゲームでしたが、通(2)で相殺システムが導入されました。 この時点で、このゲームは完成をみました。 その後の続編で様々な変則ルールの亜流が作られましたが、フィーバーが少しがんばったくらいで、すべて淘汰されました。 ぷよぷよテトリスは、たぶん続かない。 ぷよぷよクエストは、完全に別ゲーム。 ぷよぷよは今後も通ルールで遊ばれ続けるはずです。 将棋もその歴史の中で、さまざまな亜流が存在しました。 以下ウィキペディアからコピペ 古将棋 原将棋 - 平安将棋 - 平安大将棋 - 小将棋 - 中将棋 - 大将棋 - 天竺大将棋 - 大大将棋 - 摩訶大大将棋 - 泰将棋 - 大局将棋 - 和将棋 - 禽将棋 - 広将棋 現代将棋 詰将棋 - 五分摩訶将棋 - 5五将棋 - 京都将棋 - 鯨将棋 - ジャドケンス将棋 - 槍将棋 - 四人将棋 - 大砲将棋 - 川中島将棋 - 征清将棋 - 国際三人将棋 - 9マス将棋-どうぶつしょうぎ - ろっかくしょうぎ - サッカーしょうぎ その他の将棋 軍人将棋 - 哲学飛将碁 - 太閤将棋 - J-Chess - じゃんけんしょうぎ - 宇宙将棋 確認はしていませんが、いずれも今では指されていません。 洗練の過程では、これだけの試行錯誤があったのです。 セガの気質的にファンに対してのサービスは吝かでは無いとして、VF4も 数度に渡るマイナーチェンジ版をだしてますが、それでも足りない! まだ俺の望むようになってない! と騒ぐだけでなく、その都度、新規の ユーザーに対し嫌がらせ染みた行為が横行していれば、そりゃ開発者と してはいい加減嫌にもなるでしょう。 コメントありがとうございます。 そのお話は初めて聞きました。 当時のゲーム誌でよく名前が出ていて注目もされていたので、ある程度わきまえたふるまいをしているのかと思っていました。 というより、それが当然なので考えたこともなかったというべきでしょうか。 今はスポンサーが付くようになり、当時とは比較にならないほどゲーマーは注目されるようになりました。 ゲームが上手いだけではなく、その立ちふるまいにも自制が求められる時代になったと言えるでしょう。 ストリートファイターのプロしか知らないのですが、今のところ彼らの印象はおおむね良好と感じています。 過去のことを引きずっていてバーチャの開発が中断しているのでしょうか? もしそうだとしたら今は時代も大きく変わってきているのですから、また再開してほしいと思います。

次の