緊急 事態 宣言 延長 可能 性。 緊急事態宣言「全く不要だった可能性」の指摘も

緊急事態宣言「全く不要だった可能性」の指摘も

緊急 事態 宣言 延長 可能 性

外出自粛の徹底などの取り組み効果を確認するためには、潜伏期間なども考慮すると1カ月は必要だ。 専門家の意見を聞いて定めた 新型コロナウイルスの潜伏期や発症、そして治癒に関する期間については以前に日本医事新報社から以下のような報告が行われていました。 COVID-19の臨床経過は、感染から約5日間(1〜12. 5日)の潜伏期を経て、発熱、呼吸器症状(咳、喀痰、鼻汁など)などが出現。 一部の患者さんでは嘔吐、下痢などの消化器症状を呈し、それらの症状が比較的長く、約7日間持続するという特徴があります。 さらに、発熱の程度に比して、強い倦怠感を訴えることが多いのも特徴です。 普通の風邪やインフルエンザあるいは急性胃腸炎は、発症から3〜4日目までが症状のピークで、その後改善傾向となるのが一般的で、COVID-19との違いは、症状が普通の風邪にそっくりであるものの、症状の経過期間が長いという点です。 COVID-19は、その後、症状が1週間前後続き、約8割は自然に軽快して治癒し、約2割は肺炎を合併します。 ただし、基礎疾患がある場合は、経過の早い段階で肺炎に至ることもあるため、要注意です。 この発表の要点をまとめると以下のとおりとなります。 新型コロナウイルス「期間」について• 新型コロナウイルスの症状と治療期間• 5日)の潜伏期がある• 潜伏期語に症状がその後、1週間程度持続• 約8割が自然治癒する• 約2割は肺炎を合併 潜伏期は長く見積もった場合12日となり、発症すると症状が約1週間程度続くこととなります。 そして、その後に約8割は自然治癒となるわけですね。 以上のことから考えると、感染から潜伏期を経て、発症そして治癒に至るまで長い人だと約20日程度の日数を要することが分かります。 この期間、そして人と人の接触を避けることによる感染者減少を確認するためには1ヶ月間必要となることは納得できるでしょう。 1ヶ月後の5月6日まで国民一人一人の外出自粛が感染拡大防止の鍵となることは間違いないですよね。 しかし、仮に非常事態宣言が終了する5月6日までに新型コロナウイルス感染防止ができなかった場合、期間の延長や地域の拡大が行われる可能性があります。 緊急事態宣言の延長・伸びる可能性は? 冒頭でもお話したように緊急事態宣言に関してメディアは「何度でも延長可能」「地域拡大もありうる」と発表しています。 政府は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、実施期間や対象地域を変更できる緊急事態宣言を機動的に運用する方針だ。 5月6日までに歯止めがかからなければ何度も延長が可能で、7都府県とした対象地域も増やせる。 専門家の諮問委員会が妥当と判断するのが条件となる。 その為、非常事態宣言延長は十分に考えられます。 非常事態宣言延長のポイントとなるのは当然ですが新型コロナウイルスの感染状況ですよね。 では、現在、ロックダウンや退避令を行っている都市の感染状況を見てみましょう。 スペインでは3月30日に不要不急の活動停止が発表され当初は4月9日までを予定していました。 しかし、ヨーロッパでは新型コロナウイルス感染者が続出し、さらに亡くなる方も多数出てきています。 この状況にスペインではロックダウンが4月26日まで伸びることが発表されました。 3月30日より不要不急の外出を控えるように指示があったスペインですが、その後も1日あたりの感染者数は増加し、一時は9000人を超える状況となっています。 しかし、ここ数日は7000人台を推移しておりようやく減少傾向にあるようです。 当初想定した期間内では感染者減少が確認できませんでしたが、ロックダウンを行った成果が徐々に現れている感じですよね。 続いてアメリカ・サンフランシスコでは3月17日に発令した屋内退避令が5月3日まで延長する事を発表しています。 サンフランシスコではまだ新型コロナウイルス感染者が発見されていない状況で2月25日に非常事態宣言を発令し、感染拡大防止に努めていました。 しかし、その後次々と感染者が発見され3月17日に屋内退避令が発令。 その後も感染者数は増加し、退避令が発令したベイエリアの6つの郡では4月2日現在まで2645人の感染者が確認されています。 アメリカ内の他の地域と比較すると増加スピードは緩やかとなっていますが医療崩壊を懸念し退避例を延長することを決定しています。 その他にアメリカ以外にもUAEでは夜間外出禁止令が2週間伸びるなど、世界各地で延長を発表する地域は多く、新型コロナウイルス感染拡大がストップしていない事が理由なのは明白ですよね。 その為、同様の事態が国内でも起こると日本の非常事態宣言も伸びる可能性は十分に考えられます。 非常事態宣言が発令し1日経過した4月8日には新型コロナウイルス感染者が初の500人超えとなってしまっています。 発令後、1日しか経過していないため効果を確認するにはあまりにも早計ですが、今後、二次関数的に感染者が伸びる可能性もありえるでしょう。 そのような状況に陥ること無く1ヶ月の間に新型コロナウイルス感染者が減少するように一人一人が心がける必要がありますよね。 緊急事態宣言の期間についてまとめると 今回は緊急事態宣言の期間について見てきました。 新型コロナウイルスの蔓延によって発令した非常事態宣言。 期間は1ヶ月となっており、新型コロナウイルスの潜伏期から治癒までの時間と外出自粛の効果を確認するためにこれだけの時間と決まりました。 ただし、この期間内に新型コロナウイルス感染者が減少しないと非常事態宣言が伸び、対象地域の拡大も考えられます。 海外の事例をみてもその事は明らかですよね。 このような事態を避けるためにも皆さんで新型コロナウイルス感染拡大防止に努めましょう。 kantei. html•

次の

「緊急事態宣言」延長へ、「全都道府県」念頭に…1日にも専門家会議開催 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

緊急 事態 宣言 延長 可能 性

緊急事態宣言の解除はいつ発表? 緊急事態宣言はいつ解除の発表がされるのでしょうか。 安倍首相は緊急事態宣言の期間を 2020年5月31日まで延長しました。 このまま再延長がなければ、 2020年5月31日に緊急事態宣言が解除が発表され、 6月1日以降は普通の生活に戻れるのではないかと言われています。 また西村経済再生担当大臣は 1〜2週間後の5月14日や5月21日に専門家による中間評価の結果次第で、 一部地域を先行して緊急事態宣言を解除する可能性があることも述べています。 よって政府は緊急事態宣言解除に向けて動き始めているようです。 しかし、この先新型コロナウイルスの感染者が増えてしまうと 緊急事態宣言の解除ができない状況になってしまいます。 緊急事態宣言解除に向けて、 個人でも3密を避けたり、手洗いうがいを徹底的に行うなど 新型コロナウイルスの感染を防ぐ対策が必要です。 あと1ヶ月は外出自粛を行っていきましょう。 2020年5月16日追記 緊急事態宣言が 5月14日に39県が解除されました。 緊急事態宣言を解除する基準である、 感染者数、医療提供体制、監視体制から総合的に判断したようです。 5月21日にも再び、緊急事態宣言解除について 判断がされる見通しです。 5月末を迎える前にさらなる緊急事態宣言解除が見込まれます。 今後の情報に注目です。 緊急事態宣言はいつからだった? 緊急事態宣言はいったいいつから発令されていたのでしょうか。 まず、2020年3月13日 新型インフルエンザ等の対策特別措置法が改正され、 この法律が新型コロナウイルス感染症にも適用できるようになりました。 3月14日から施行されています。 この改正によって新型コロナウイルス感染症でも 緊急事態宣言が発令可能になりました。 そして新型コロナウイルスの感染拡大が起き始めて以来、 特に 3月末から緊急事態宣言発令を要望する声がありました。 緊急事態宣言がいつ発令されるかをめぐり。 ネット上ではデマも飛び交いました。 緊急事態宣言は2020年4月7日に安倍首相から発表があり、 期間は4月7日から5月6日までとしていました。 対象地域が 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、 大阪府、兵庫県、福岡県の1都6県でした。 この緊急事態宣言の内容は、 令和2年4月7日付けの官報特別号外第44号に記載されています。 その後、緊急事態宣言は全国に広がります。 2020年4月16日、諮問委員会の賛同も受けて 緊急事態宣言の対象地域を全国に広げました。 また 特定警戒都道府県として、 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、 大阪府、兵庫県、福岡県に加えて、 北海道、茨城県、石川県、岐阜県、 愛知県、京都府の合わせて13都道府県が指定されました。 以上が新型コロナウイルスに対する 緊急事態宣言が発令された日やその後の流れになります。 緊急事態宣言は再延長される可能性はある? 2020年5月5日現在、緊急事態宣言が再延長されるかどうかは 現時点では情報がありません。 5月下旬の新型コロナウイルスの感染状況次第と考えられます。 5月下旬の感染状況を政府や厚生労働省の専門家会議の方々が どのように判断するかによって再延長か決まります。 感染状況が政府や専門家会議の方々が想定より収まっていれば、 緊急事態宣言は解除される可能性もありますし、 想定よりも収まっていない状況ならば、 緊急事態宣言は再度延長されます。 今後は感染者の数や病院の受け入れられる患者数などに 注目が集まります。 また5月14日や5月21日に緊急事態宣言の解除できるか判断する方針 と西村経済再生担当大臣は発言しています。 よって今後も外出自粛をして、 新型コロナウイルスの感染者を減らすことが大事です。 今までのように3密を避けて。 手洗いやうがい、消毒等を徹底しましょう。 そうすることで、自分の身だけでなく自分の周りの人を守ることに繋がります。 自粛疲れも気になりますが、もう少し踏ん張っていきましょう! まとめ 今回は緊急事態宣言についてまとめました。 緊急事態宣言は5月31日まで延長されました。 再延長がないようにこれからも 新型コロナウイルスに対して自分で できる対策をしっかり行っていきましょう!.

次の

緊急事態宣言の延期する可能性はいつまで?予想や世間の声を調査!|ヨウコママの情報アンテナブログ

緊急 事態 宣言 延長 可能 性

宣言の全面解除は約1カ月半ぶり(東京都新宿区) 日本と世界はそろりそろりと経済活動を再開させているが、実は自粛やロックダウンは不要だったのでは?」という声が相次いでいる。 緊急事態宣言より前に、感染はピークアウト? 5月25日、政府対策本部から、東京・神奈川・埼玉・千葉を除く全都道府県の緊急事態宣言解除が宣言された。 約2カ月に及ぶ自粛生活はひとまず区切りを迎えた。 同時に方々で出始めているのは、この緊急事態宣言が果たして本当に必要だったのか? と疑問を呈する声である。 1を上回ると感染者は増え続けることを意味するこの指標が、実は緊急事態宣言入りした4月7日より前にピークアウトしている、というのが「懐疑派」の指摘するポイントである。 宣言を出さなくても、感染者は自然と減っていたのではないか、というわけである。 米英では「ロックダウンは無意味」の分析も 実は、世界各国で行われた強制力のあるロックダウンについても、「不要だった」とする主張がいくつか見られた。 3月16日にトランプ大統領が国民に移動制限を指示、それ以降にニューヨークを始め各都市でロックダウンが始まった米国では、日本を始めとした東アジア地域より格段に多い死亡者を出しているが、4月27日付米ウォール・ストリート・ジャーナルが米国の州別の人口100万人当たりの死者数と都市封鎖までの日数の相関を調査。 シンプルながら患者の死亡者数に注目し、「相関関数が5. 5%ときわめて低かった」とした。 また、3月23日からロックダウンを開始した英国のイースト・アングリア大学が5月20日付で発表した研究は、欧州30カ国における店舗に対する休業命令等々の対策の効果について、スポーツイベントや学校においては感染者が減るなどの効果があった半面、日を追うごとに感染者数が増加。 外出禁止に効果がない可能性を示唆しているという。 ロックダウンとは真逆の自粛のみで乗り切ろうとしていた日本では、皆が新規感染者数の増減に一喜一憂していたが、SNS界隈の一部などでは、そもそも発症率・重症化率も低く、死亡者数が他国と比べて格段に少ないうえに年配層や基礎疾患を持っていた者に偏っていることに注目。 要は感染者が増えようが、「死ななければいい」という割り切りである。 「命か、経済か」の二択がいわれ、「命」を選ぶのが当然視されていたが、経済を二の次にしても命を落とす者は出る。 5月2日、緊急事態宣言を5月末まで延長することが決まった際、ある飲食店関係の経営コンサルタントが激怒してこうぶちまけた。 「『死にたい』と考えている経営者は少なくないと思う。 マジメな人ほどそうなりますね。 小規模の飲食店舗の経営者か、若くして事業を急拡大した末に、膨大な借金を背負った経営者がそう。 10店舗、20店舗を持つ経営者が一番辛いと思います」 「ヤバいのは、裁判所が自粛で開いていないこと。 破産の手続きができないから、取り立てる側の権利がずっと生きています。 それで身ぐるみ剥がされて、更にずっと追い込みかけられる。 弁護士にも守れませんし、民事不介入の警察は論外」 「ずっと堅気でやりたかった」元ヤクザの心の糸がプッツリ また、アングラ経済事情に詳しいある経営者は匿名を条件に、グレーゾーンで今、起きている動きを話してくれた。 「元不良が続々と犯罪に戻っているようです。 もう家族もいるんだし、ゴールデンウィーク明けまで何とか堅気でやりたい気持ちもあった彼らの心の糸が、延長でプッツリ切れた感じ。 こうして、利益だけで繋がった犯罪集団が膨大に形成されるでしょう。 それぞれ仕事単位で離合集散するので、今後はおそらく警察も捕捉できないですね。 政治家や官僚は、こういうことすらわからない」 経済活動を止めるということは、こうして社会の底辺の根腐れを進め、ひいては国家の土台を揺るがすことにもつながる。 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議に経済畑のメンバーが加わったのは、自粛延長後の5月12日になってからだ。 ただ、先の国の二次補正予算はそれなりに評価できる規模となった。 経営者の方々には給付金などを活用して、何とか命脈をつないでほしいものだが。 「欧米の先進諸国と比較して、新規感染者数の増加を抑制し、死亡者数や重症者数を減らすという観点から一定の成果」とし、同時に、すでによく知られている東アジアにおける死亡者の少なさにも言及している。 さらに、早い段階で中国からの流行を「適確に補足」して急激な感染防止を防止したことや、「感染者の5人中4人は他の人に感染させず、残りの1人のうち稀に多くの人に感染させる感染者がいる」という伝搬の特徴を早い段階で把握、特に感染初期において、接触者をさかのぼってクラスターを制御し、感染拡大を一定程度制御したことが奏功したと分析している。 目にする機会が最も多かった指標「新規感染者数」のピークは、宣言から3日後の4月10日(報告日ベース)だったが、冒頭で述べた通り、専門家会議は「実効再生産数」をもとにした感染時期のピークがそれより9日も前の4月1日だったと推定している。 3月末から市民の行動変容などによって新規感染者は減少傾向に転じており、7日の宣言以降は「実効再生産数」が再度反転することなく、ずっと「1」を下回っていたことをグラフで示している。 緊急事態宣言入り「遅かった」が81%だった では、4月7日以前にこの「減少傾向」を察知し、緊急事態宣言をせずとも「実効再生産数」のグラフが必ず下降し続けることを保証できたのだろうか。 当時の国内の空気がどうだったかを、少し振り返ってみよう。 発令3日後の10日に安倍首相はジャーナリストの田原総一朗氏と面会、「実は、閣僚のほとんどが(宣言発令に)反対だった」と述べたという。 ただ、その理由は「自粛不要論」ではなく財政危機論。 緊急事態下では100兆円規模の経済対策が必要とされるため、そんなことは無理だというとらえ方が大半だったことによるという。 しかし、世間の空気は、それとは正反対だった。 3月2日に安倍首相が小中学校の一斉休校を発表した頃は拒否反応が目立ったが、同25日に小池百合子東京都知事が都内で感染者が多数発生したことを受けて「感染爆発の重大局面」と表現、自粛を強く求めたことと、同29日にタレントの志村けんさんが死去したことが大きく影響した。 宣言発令直後の4月11日~12日に読売新聞が行った世論調査によれば、緊急事態宣言を発令したタイミングが「遅かった」と答えた人が81%と圧倒的。 同14日の衆院本会議でも、野党議員が「遅すぎた」と安倍首相を批判する場面があった。 トランプ米大統領が経済活動を再開した理由 もちろん、これは多数決で決める類の事柄ではない。 しかし、相手は現在よりまだ正体がはっきりしなかった新型ウイルス。 確かな特効薬も不明で、ワクチン開発はまだ遠い先だ。 情報も限られ、周囲のプレッシャーに晒され、旧態依然の制度や仕組みに足を取られつつその場、その場で最善の判断を下す難しさは、はた目からは分かりづらい。 感染すると死に至る危険のある高齢者と基礎疾患を持つ患者のみを自粛させ、「感染しても死ななければいい」として経済活動を通常に戻せ、との主張は一定の説得力がある。 ただ、仮に4月にその決断を下すのなら、新規感染者がもっと増え、医療関係者の負担も増えるという危惧は消えていなかったはず。 目の前で苦しむ感染者について、医療関係者が「この人は若いから死なない」「この人は年配だから危ない」と区別して治療に当たれるものなのだろうか。 それに死者が少ない理由がはっきりしない以上、何かを契機にまったく違う様相となる可能性も考えなければならない。 しかし、やはり感染予防一辺倒ではそれこそ本当に国や企業、国民の息の根が止まる。 トランプ米大統領は5月、「死者は増えるだろう」「これまで私自身が下さねばならなかった決断で最大のものだ」としつつ、それでも経済活動を再開させた。 選挙対策云々と紋切り型の批判も多いが、そうしないと、目下のライバルである中国と先々張り合うことができなくなる。 安倍政権も遅まきながら、その路線を後追いしているようにも思える。 結局は当事者にその場、その場で命と経済の最善のバランスを取ってもらう、としか言いようがないのだ。

次の