大和 証券 ログイン スマホ。 オンライントレード

オンライントレード

大和 証券 ログイン スマホ

もともと、ポイントで投資をした株式をSBI証券の口座に振り替えることができるサービスを提供していますので、そこらへんとどうやって差別化するのかは気になります。 また、ストックポイントには正直以下のようなデメリットがありました。 ポイントで投資している株の配当金がもらえない• ポイント交換で投資できるけど、交換レートが悪い (1)の点は長期投資に向きませんし、(2)は実質的に売買手数料がかかるということ、それもかなり高いです。 ということで長期投資にも短期投資にも向かない仕様だったんですね。 このあたりが、実際の証券会社と組み合わさることによってどれだけ改善するかが注目ポイントですね。 実際、ポイントを利用した投資サービスはすでに、証券会社と連携を深めています。 TポイントとSBI証券・SBIネオモバイル証券• dポイントとSMBC日興証券• 楽天ポイントと楽天証券• LINEポイントとLINE証券 こうした中でCONNECTがどのような存在感を魅せられるかは注目です。 Pontaと提携ということはKDDI(au)と組み合わせたサービスになるのでしょうか。 となると大和証券はau、SMBC日興証券はドコモ、SBI証券はsoftbank、楽天証券は楽天モバイルというように、いわゆるMNO(大手キャリア)は証券会社とガッチリ組み合う形になって面白そうです。 SMBC日興証券とドコモ(dポイント)の連携はかなり面白いサービスになっていて私も活用しています。 そんな中で、大和証券のCONNECT(コネクト)は、こうした戦いへの挑戦といえそうです。 ネット証券の手数料体系はすでにかなり安いところまで来ていますが、2020年からさらに手数料競争が激化し、最終的には「無料」に行きつきそうです。 そんな中で、大手ネット証券は勿論ですが、野村證券や大和証券、SMBC日興証券といったレガシーな大手証券会社も低コストのネット取引サービスに参入しています。 大和証券は報道で以下のようにCONNECTのサービスを紹介しています。 スマートフォンで完結する使い勝手の良い取引環境• 資産形成層および若年層が使いやすいアプリケーションデザイン• シンプルな商品ラインナップ• 業界最低水準の手数料• ゲーミフィケーションの活用 とういことで、コストはかなり抑えてくるでしょう。 ゲーミフィケーション(ゲームの要素や考え方を利用して、利用者との関係構築に利用する取り組み)という部分はおそらくポイント投資に絡めた部分でしょうか? また、私の妄想も入りますが、大和証券グループはというネットバンクサービスも提供しています。 現在は「大和証券利用者向けの銀行」というサービス展開になっていますが、ネット証券CONNECTがスタートすることで、こちらとも連携したサービスが展開されそうです。 大和証券グループの「CONNECT(コネクト)」がどんな感じでサービスを提供してくれるのか楽しみにしています。 こちらの記事は今後も新情報が出るたびに内容を更新していきます。

次の

スマートフォン・タブレット

大和 証券 ログイン スマホ

もともと、ポイントで投資をした株式をSBI証券の口座に振り替えることができるサービスを提供していますので、そこらへんとどうやって差別化するのかは気になります。 また、ストックポイントには正直以下のようなデメリットがありました。 ポイントで投資している株の配当金がもらえない• ポイント交換で投資できるけど、交換レートが悪い (1)の点は長期投資に向きませんし、(2)は実質的に売買手数料がかかるということ、それもかなり高いです。 ということで長期投資にも短期投資にも向かない仕様だったんですね。 このあたりが、実際の証券会社と組み合わさることによってどれだけ改善するかが注目ポイントですね。 実際、ポイントを利用した投資サービスはすでに、証券会社と連携を深めています。 TポイントとSBI証券・SBIネオモバイル証券• dポイントとSMBC日興証券• 楽天ポイントと楽天証券• LINEポイントとLINE証券 こうした中でCONNECTがどのような存在感を魅せられるかは注目です。 Pontaと提携ということはKDDI(au)と組み合わせたサービスになるのでしょうか。 となると大和証券はau、SMBC日興証券はドコモ、SBI証券はsoftbank、楽天証券は楽天モバイルというように、いわゆるMNO(大手キャリア)は証券会社とガッチリ組み合う形になって面白そうです。 SMBC日興証券とドコモ(dポイント)の連携はかなり面白いサービスになっていて私も活用しています。 そんな中で、大和証券のCONNECT(コネクト)は、こうした戦いへの挑戦といえそうです。 ネット証券の手数料体系はすでにかなり安いところまで来ていますが、2020年からさらに手数料競争が激化し、最終的には「無料」に行きつきそうです。 そんな中で、大手ネット証券は勿論ですが、野村證券や大和証券、SMBC日興証券といったレガシーな大手証券会社も低コストのネット取引サービスに参入しています。 大和証券は報道で以下のようにCONNECTのサービスを紹介しています。 スマートフォンで完結する使い勝手の良い取引環境• 資産形成層および若年層が使いやすいアプリケーションデザイン• シンプルな商品ラインナップ• 業界最低水準の手数料• ゲーミフィケーションの活用 とういことで、コストはかなり抑えてくるでしょう。 ゲーミフィケーション(ゲームの要素や考え方を利用して、利用者との関係構築に利用する取り組み)という部分はおそらくポイント投資に絡めた部分でしょうか? また、私の妄想も入りますが、大和証券グループはというネットバンクサービスも提供しています。 現在は「大和証券利用者向けの銀行」というサービス展開になっていますが、ネット証券CONNECTがスタートすることで、こちらとも連携したサービスが展開されそうです。 大和証券グループの「CONNECT(コネクト)」がどんな感じでサービスを提供してくれるのか楽しみにしています。 こちらの記事は今後も新情報が出るたびに内容を更新していきます。

次の

オンライントレード

大和 証券 ログイン スマホ

もともと、ポイントで投資をした株式をSBI証券の口座に振り替えることができるサービスを提供していますので、そこらへんとどうやって差別化するのかは気になります。 また、ストックポイントには正直以下のようなデメリットがありました。 ポイントで投資している株の配当金がもらえない• ポイント交換で投資できるけど、交換レートが悪い (1)の点は長期投資に向きませんし、(2)は実質的に売買手数料がかかるということ、それもかなり高いです。 ということで長期投資にも短期投資にも向かない仕様だったんですね。 このあたりが、実際の証券会社と組み合わさることによってどれだけ改善するかが注目ポイントですね。 実際、ポイントを利用した投資サービスはすでに、証券会社と連携を深めています。 TポイントとSBI証券・SBIネオモバイル証券• dポイントとSMBC日興証券• 楽天ポイントと楽天証券• LINEポイントとLINE証券 こうした中でCONNECTがどのような存在感を魅せられるかは注目です。 Pontaと提携ということはKDDI(au)と組み合わせたサービスになるのでしょうか。 となると大和証券はau、SMBC日興証券はドコモ、SBI証券はsoftbank、楽天証券は楽天モバイルというように、いわゆるMNO(大手キャリア)は証券会社とガッチリ組み合う形になって面白そうです。 SMBC日興証券とドコモ(dポイント)の連携はかなり面白いサービスになっていて私も活用しています。 そんな中で、大和証券のCONNECT(コネクト)は、こうした戦いへの挑戦といえそうです。 ネット証券の手数料体系はすでにかなり安いところまで来ていますが、2020年からさらに手数料競争が激化し、最終的には「無料」に行きつきそうです。 そんな中で、大手ネット証券は勿論ですが、野村證券や大和証券、SMBC日興証券といったレガシーな大手証券会社も低コストのネット取引サービスに参入しています。 大和証券は報道で以下のようにCONNECTのサービスを紹介しています。 スマートフォンで完結する使い勝手の良い取引環境• 資産形成層および若年層が使いやすいアプリケーションデザイン• シンプルな商品ラインナップ• 業界最低水準の手数料• ゲーミフィケーションの活用 とういことで、コストはかなり抑えてくるでしょう。 ゲーミフィケーション(ゲームの要素や考え方を利用して、利用者との関係構築に利用する取り組み)という部分はおそらくポイント投資に絡めた部分でしょうか? また、私の妄想も入りますが、大和証券グループはというネットバンクサービスも提供しています。 現在は「大和証券利用者向けの銀行」というサービス展開になっていますが、ネット証券CONNECTがスタートすることで、こちらとも連携したサービスが展開されそうです。 大和証券グループの「CONNECT(コネクト)」がどんな感じでサービスを提供してくれるのか楽しみにしています。 こちらの記事は今後も新情報が出るたびに内容を更新していきます。

次の