箱推し。 吉田朱里がまたまた首相官邸に登場

吉田朱里がまたまた首相官邸に登場

箱推し

昨今では数えきれないほどのアイドルグループが存在します。 数多のアイドルグループの中から「これだ!」というグループを発見すると、コンサートや握手会などに足を運び、ますます好きになっていくことでしょう。 「箱推し」とは 「アイドル個人ではなく、そのアイドルグループ全体が好きで応援している」という ファンの応援のやり方を意味します。 「Aちゃんが好き」ではなく「Aちゃんも含めたグループそのものが好き」ということです。 そもそも 「推す」の意味ですが、一般的には「良いと考えて他の人にすすめる」または「あることを根拠として他のことについて考える」になります。 しかしアイドル現場では「 自分のお気に入り」のことを表します。 従って 「箱推し」とは 「グループ全体がお気に入り」という意味になるのです。 好きなアイドルを応援するやり方は人それぞれです。 ここでは様々な「推し」の種類や意味についてご紹介します。 ・ 「単推し」(グループ内の一人を一途に応援する) ・ 「推し増し」(「推し」が増えること。 増えても愛情は変わらない) ・ 「推しかぶり」(他のファンと同じアイドルの子を応援する) ・ 「推し変」(気が移り、今までと違うアイドルの子を応援する) いかかでしょうか。 アイドル現場ではこの他にもまだまだ「推し」についての用語がありますが、よく使われるものをご紹介しました。 続いて、これらの用語を使った例文を挙げてみます。 使い方のご参考になれば幸いです。 「Aちゃん 単推しだったけど、最近Bちゃんも気になってきて 推し増ししそう」 「あなたもAちゃん推しだったんだ。 推しかぶりだね」 「すっかりBちゃんに心を奪われてしまって 推し変しちゃった」 グループ全体を応援する「箱推し」とよく似た意味の言葉があります。 「DD(ディーディー)」という言葉で、 「誰でも大好き( Daredemo Daisuki)」の頭文字を取ったものです。 「誰でも大好き」なのだから、意味は「箱推し」と同じなのではないかと思われるかもしれません。 しかし、微妙な違いがあります。 「箱推し」は「グループ全体が好き」ですが、対して 「DD」は「グループなど関係なくアイドルなら誰でも好き」という意味があるのです。 そのため、グループやメンバーを熱烈に応援するファンからは、良く思われないこともあります。 特に「単推し」のような、一人のメンバーに情熱を注ぐ人にとっては、「節操がない」と蔑まれてしまうようです。 自分を「DD」であると表明する時に「俺ってDDだから」と自虐的に使われることもあります。 しかし、アイドルを好きな度合いや「推し方」はそれぞれですし、良い悪いもありません。 たった一人を一途に応援するのも、色々なグループやメンバーに魅力を感じ浅く広く応援するのも、違った楽しさがあるのではないでしょうか。

次の

SKE48入内嶋涼、ツイッター上で行われた海外の48G選抜総選挙で1位を獲得した模様

箱推し

初めてnoteを使ってみて記事を書こうとしているものの、一文字も進まない。 ホロライブの配信を見ているからだ。 止まらないホロライブ。 ホロライブの膨大なアーカイブを遡るには人の一生という時間は短すぎるようで、一人のライバーを隈なく遡るのすら困難と判断し、適当に目についたアーカイブやら切り抜きやらを見ている。 自分のVTuber歴はというと、初めてハマったのがにじさんじの月ノ美兎でしばらくアーカイブを漁っていたものの見る頻度が落ちてきた頃にぽんぽこやガリベンガーを見はじめ、そのブームもしばらくすると去っていきVTuberはご無沙汰になっていた。 唐突にアイマスの話になるのだが、アイマスでの担当はASが雪歩、デレが上条ちゃん、ミリがみゃおみゃーだ。 とりあえずアイマスは置いておいて、VTuberはアイドル的な楽しみ方というより、企画や話が面白いとか、ゲームプレイが上手いとか面白いとか、そういうところに惹かれて見るパターンが多い。 箱押しにはそこまで興味が無く、ハマった個人だけを見る傾向にある。 ココ会長にハマったのは、流暢な日本語によるアイドルらしからぬ言葉のチョイスでのマシンガントークがとにかく面白く、ホロライバーほぼ全員が共演したあつ森釣り大会でswitchを持ってないという理由で一人だけ龍が如くの釣りゲームで参加するという強烈過ぎる個性の魅力による。 そしてこのブームはホロライブ箱推しに発展していったのだが、なぜ興味の無かった箱推しにまで行ったのか。 そのきっかけとなった動画がある。 4期生がデビューしてから約二か月の時点で配信された、4期生全員が集まってただたこ焼きパーティをするというオフコラボ配信だ。 正確に言えば、このアーカイブを含めた他の色々な動画を見て段々と箱推しになっていった感じだけど、この動画が自分に与えた衝撃は非常に大きいものだった。 ここで強引にアイマスの話をまた持ってくると、例えば雪歩の担当になったのは、765プロのアイドルの中で一番好みに合い、雪歩というキャラクターが好きだったからに他ならない。 上条ちゃんも同じで、まずキャラクターを好きになり、その延長で応援をしようと推していたわけだ。 これは月ノ美兎やぽんぽこもある意味同じで、VTuberの中で気になった人をまず好きになり(ガチ恋という意味ではなくて)、その延長として推したり登録したりしていた。 あるキャラクターやVを好きになって、その子を応援する。 そのプロセスが基本だった。 ところがホロライブ箱推しになったプロセスは少し違う。 ホロライブにハマったきっかけは桐生ココなのだが、ホロライブの中に雪歩や上条ちゃんのような存在はまだ居ない。 これは自身初めての体験だったのかもしれない。 それは、4期生の皆がこれから成功して欲しいなぁ、といったもので、一人一人の目標は違えど皆が目標を達成できるように何か自分にできることはないだろうか、という、つまり応援したいという気持ちそのものだった。 4期生の5人がたこ焼きを作って食べながら喋ったり気を使い合ったり突っ込み合ったりこれからのことを言い合ったりトワ様が用意したケーキを争ってじゃんけんしたりしている様子を、座椅子に背を預けてぼーっと聞いていたら、とんでもなく良い気分になってきて、これがてぇてぇなんだな、と一人納得して、そんな応援したいという気持ちがむくむくと湧いてきた。 次の瞬間4期生全員のチャンネル登録をしていた(その時点で会長しかしてなかった)。 なんだか純粋な応援の気持ちを知ったような気がした。 雪歩を応援する気持ちが嘘だったわけではもちろんないし今でも雪歩はNo. 1なのだが、雪歩に対する気持ちは応援する、というよりやはり好き、という方が比重が大きかったので、雪歩を応援する行為の中には、なんと言うか、自分が雪歩を好きだということをアピールするみたいな部分が少なからず含まれていたような気がする。 極端に言うと、雪歩が好きで、応援はそれに付随する行為だった、という感じだろうか。 ホロライブに対して、応援したいという気持ちが先行してやってきたことに驚いたおじさんが配信を見ながらキーボードを叩いてきたわけだが、こうやって言葉で説明しようとするととんでもなくややこしくて、まとめる力も無いのでとてつもなく分かりにくい文章になってしまったのだけど、とにかくホロ4期生、そしてその後はホロライブ全体にも、応援したいという気持ちは広がっていき、晴れて箱推しになりました、というわけだ。 そもそもの話、4期生、そしてホロライブのメンバーに好感を持ったのは、彼女たちの言動や、そこから見え隠れするバックグラウンドに、とても人間味を感じられることが大きい気がする。 そんな彼女らがオフで集まってわいわいやっている様子は、さながらてぇてぇ製造工場だった。

次の

ネット用語「箱推し」の意味と使い方をわかりやすく解説

箱推し

箱推しという単語を初めて聞いたのは多分地下アイドル関連だったと思う。 その概念が、その動機が、それをする人の多さがどうしても、いつまでたっても、 理解出来ない。 箱推しとは、アイドル等のあるグループを、又はそのグループに所属するメンバー全てを応援する事だ。 と自分は思っている。 ここが根本から違う可能性はある。 アイドルのファンをやったことのない人に説明するなら、箱推しに近いものとして例えば、あるアーティストを好きになったとしたら、そのアーティストの出す曲、歌等々が全て好きになる事。 個人的に言うなら、グループ全員を好きになるとか、ある歌手の曲は全部好きだとか、そういう心理は全く理解出来ない。 まず、あなたが好きになる発端的なメンバーだとか、曲だとかがあるはずだ。 そして、そのグループのメンバーは各々異なるし、1人のアーティストが出す曲はそれぞれ違っているはずだ。 なのになぜ全て好きになる?1番応援している推し 最推しって言うと通じやすいか が、グループ全員を応援してください!と言っていたから?アーティストの曲が好きなのではなく、ボーカルの顔が好きだから?理由はままあるだろうが、なぜか「箱推し」している人は多くの他のファンも箱推しだと思っている。 そして実際箱推しがVtuberのリスナーにはとても多いように感じる。 Vtuberのグループでいえば、アイドル部は明らかに箱推しファンが多かった ように感じただけで実際はわからんけど。 俺は確かにVtuber、にじさんじ、ホロライブ、過去にはアイドル部も好きだった。 でも、新人や既存のメンバーがそのグループに所属してようが応援はしない。 新人のデビュー配信は見ないし、好きなグループの中にもこいつはダメ、好きになれんから見ない、興味なし、といったメンバーが必ず出てくる。 それが人間の感性のはずだ。 同じグループでも、明らかにメンバー間でモチベーション、話し方、トークの面白さやリアクションの良さ、やるゲームの種類とそのうまさ、特技、コラボ配信や歌配信の頻度。 誰も彼も異なるはずだ。 いや、一時的なら、1番の要素が異ならない事もある。 グループ内で同じゲームが流行って、みんなそれをやっていた。 そして朝ココで取り上げられていたが、ほぼ同じタイミングで歌配信を廃人3人が行った。 でも、その3人を3人とも好きになった!ってなるか?同じだからと言って好きにはならないはずだ。 知るきっかけになり、過去のアーカイブや切り抜きを見て、自分の好きなタイプに当てはまれば推す。 普通はこうだ。 箱推しが、その箱が壊れた時にどうするのか。 最推しについていくのか、それともその箱の概念的な、残ったものを好きであり続けるのか。 これはアイドル部を見ているとなんとなく分かるだろうが、単純に最推し あるいはそれに準ずる存在 が辞めざるを得なかった側なのか、そうでないのかによる。 そして面白いのが、数人のメンバーが好きで推しているから、自分は箱押しをしていると勘違いしているファンがいることだ。 結局、そのグループが好き、全員が好き、ではなく、好きなメンバーが数人存在しているだけ。 メンバー間での優劣を競うシーン、数字の比較、勝ち負けが少ないから、それが顕在化していないだけ。 昔の話になるが、「AKB」が好きな人は、浅いファンなら神7 メンバーは知らないけど って言われた真ん中の1番前あたりの名の知れたメンバー達がなんとなく好きな「箱推し」。 でもAKBを好きになるとまずその1番前の中央に立つ段階でメンバー間競争があって、1番になるための競争があって、「誰を」推すかになる。 結局メンバー全員を応援するファンなんてほぼ存在しない。 そしてアイドル分の件で、そのグループだから好き!というファンも、 そうでないと気付く機会が訪れていないだけで 実際はほぼいない。 ……と言いたいが崩壊後もアイドル部を箱推ししているファンが実際に数百人いそうだから、やっぱり理解不能なんだけどね。 箱推しは「楽」なんですよね。 細かいところを見ずにまとめて「好き」としてしまえば労力はいりません。 これは日本人共通の感覚だそうです。 以前政治に関するある研究でニホンは海外と比べ「政治家」単位ではなく「政党」単位で考える傾向があるそうです(もちろんこれは日本の複数政党制も影響すると思いますが。 それと同じような感覚を推すことにも落としこんでいる人が多いのだと思います。 つまり、箱推ししてる人はそんな深く考えていません。 数人いいなと思う人がいれば箱として括って推せば楽なのです。 そして箱推ししているがゆえに、本心では苦手だと思う人も箱押し補正がかかっているのでしょう。 そしてこれが度を過ぎれば盲目的な信者が誕生するのでしょう。 …と箱推し派ではない私は推測します。 Vtuberは初期の頃からV同士の絡み、そこで生まれる物語というものが醍醐味のひとつです。 最近は裏でライバーの交流が多いので、それが理由でアンチになる人がいたりするけど だからVtuberというコンテンツの見方として、「この人はあまり好きではないが、この子と仲が良くてこういう絡みをしてくれるところは好き」という思考から箱推しに繋がるのだと思います。 あなたのように単純に好き嫌いでしか見ない人もいるとは思いますが、箱推しが異端かのような記事を書くのはいかがなものかと思います。 現実の交友関係に当てはめても、ひとつでも嫌いな箇所があれば付き合わなかったりしますか?例えば「この子は怒りっぽいから苦手だけど、趣味も合うし友達思いだから好き」みたいな状況ですね。 それに極端な話、10人中8人が好きだとして、「この2人が嫌い」っていうより、「箱推しです」って言った方が、当人もそうですし周りも不快な思いはしませんよね?そこはオタクとしてのマナーです。

次の