ロドリゴ モレノ。 ロドリゴ・モレノの5試合連続ゴールでバレンシアがエスパニョールを下す《リーガエスパニョーラ》(超ワールドサッカー)

【注目選手】ロドリゴ・モレノ|バレンシア

ロドリゴ モレノ

ロドリゴ・モレノの経歴 ロドリゴ・モレノ Rodrigo Moreno は1991年の3月、 ブラジルのリオデジャネイロで生まれました。 彼はスペインとブラジルの二重国籍です。 なおかつ、チアゴ・アルカンタラとラフィーニャ兄弟のいとこです。 血のつながりがあるとポジションは違くてもサッカーセンスは通じてるんですね。 ロドリゴはセルタなどのユースを経て、 2009-10にレアル・マドリードへ加入します。 彼はかつてマドリーのカンテラーノでした。 2010-11にポルトガルのベンフィカへ移籍。 1年目はイングランドのボルトンへ期限付き移籍しますが、2013-14はベンフィカにて、リーグ戦 26試合で11得点を挙げる活躍を披露。 — 2019年 4月月5日午前5時52分PDT そんなロドリゴ・モレノのプレースタイルですが、ポジションはフォワード。 本職は中央の センターフォワードです。 利き足は左のレフティー。 加えて少し下がりめのセカンドストライカーや、左右のウイングに入ることもできます。 役割が幅広いフォワードですね。 ロドリゴの 身長は182センチです。 フォワードとして魅力的なサイズを持ち合わせています。 なおかつ彼は身体的にも技術的にも良さを持っています。 彼のプレーで特徴に挙げられるのは、頻繁に低い位置へ下りてくるところです。 前線で張っているよりも、中盤の選手からボールを受ける傾向が強め。 そうしてボールを受け、 ワンタッチで近くの味方に落とすのが上手いです。 いわゆるリンクマン的な選手ですね。 気が利いています。 前線のターゲットになるだけではなくて中盤にも加わると、中盤の人数で相手より優位に立てますから攻撃がスムーズになりますね。 また、ロドリゴはサイドにも頻繁に流れます。 味方のサイドアタッカーとコンビネーションで相手を崩しにかかります。 頻繁にポジションを変えて動き回るロドリゴのプレーは、マークに付くディフェンダーも対応に困るでしょう。 空いたスペースに味方が入ってくるのも守りづらいです。 ボールテクニックに長ける フォワードとして最前線にいるだけでなくプレーメイクにも積極的に関与していくロドリゴは、ゲームにアクセントを加えれるような技巧を随所に入れてきます。 彼は アイデアのあるボールさばきが得意で、ワンタッチでのパス以外にもボールをフリックしたり、スルーして味方に預け自分がランニングしたりします。 また、味方からの縦パスを受けるフリをしてスルー、ターンして前を向いたりもよくしますね。 こういった創造性とそれを可能にするテクニックが彼にはあります。 🦇 Rodrigo 🔥 — UEFA Champions League ChampionsLeague ワンタッチシュートが得意 攻撃の潤滑剤としていろんな場所に顔を出すロドリゴ。 パスも上手ですが、距離があっても強力なシュートを打ち込むことができます。 プレースタイル柄、低い位置もとるロドリゴですからエリア外からもシュートを狙えるのは良いですよね。 高確率でゴール枠内に飛ばしてきます。 また、フォワードにとって相手のディフェンスラインから抜け出す動きはとても大切です。 ロドリゴは味方からのクロスやパスに合わせる ダイレクトのシュートも上手です。 俊敏な動きで抜け出してフリーな状況を作り出し、足先やインサイドでネットを揺らします。 彼のボールテクニックは、難度の高いワンタッチゴールにもあらわれていますね。

次の

みんなのNEWSウォッチ

ロドリゴ モレノ

ロドリゴ・モレノ【写真:Getty Images】 リーガ・エスパニョーラのバルセロナが、今冬の移籍市場でバレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ・モレノの獲得に動くようだ。 スペイン『マルカ』が現地時間の21日に報じた。 バルセロナではウルグアイ代表FWルイス・スアレスが右膝の外側半月板を負傷し手術を行った。 約4ヶ月離脱することが発表されている。 そんなバルセロナはスアレスの代役としてロドリゴの獲得に動くようだ。 スペイン『アス』はアーセナルFWピエール=エメリク・オーバメヤン、バレンシアFWロドリゴ・モレノ、RBライプツィヒFWティモ・ヴェルナーをリストアップしたと報じていた。 だが、スペイン『マルカ』はロドリゴをトップターゲットにしたと報じている。 オーバメヤンとヴェルナーに関しては、ともにクラブが売却を望んでおらず、獲得は困難であるという。 しかし、ロドリゴもバレンシアが6000万ユーロ(約73億円)以下では売却する気は無いという。 果たして、バルセロナはスアレスの代役を獲得することができるだろうか。 【了】.

次の

アーセナル、オーバメヤンの後釜にロドリゴ獲得へ!

ロドリゴ モレノ

スペインとブラジルの二重国籍を持つバレンシアFWロドリゴ・モレノ。 2009年にセルタの育成組織からレアル・マドリード・カスティージャに移り、プロとしてのキャリアを歩み始める。 とはいえ、キャリア当初はなかなかトップレベルで決定的な役割を得ることはなく、2010年に移籍したベンフィカで経験を積み、その才能を磨いていく。 2013-14シーズンにリーグ25試合11ゴールを記録すると、翌2014-15シーズンにバレンシアに期限付き移籍。 レギュラーを勝ち取り、2015-16シーズンから完全移籍に移行する。 2017-18シーズンには、公式戦44試合19ゴール7アシストをマーク。 世代別代表としてはスペイン代表の2010年のU-19EURO準優勝、2013年のU-21EURO優勝に貢献して注目を集めていたロドリゴは、クラブではなかなかプレー内容に結果が付いてこなかったが、徐々に勝負強さを身につけていく。 そして、2018-19シーズンにはコパ・デル・レイ決勝バルセロナ戦で決勝点を決め、チームに11年ぶりのタイトルをもたらした。 長距離から枠を捉える左足の強烈なシュートだけでなく、クロスに飛び込んで合わせるセンスも抜群。 チームとともに不調に陥ることもあるが、好調時には確実にチャンスを仕留める能力に長ける。 また、足元の技術を生かして中盤まで下がってボールを引き出すことも多く、チャンスを演出するプレーも特徴的だ。 伝統的に縦に早いカウンター攻撃が魅力のバレンシアにおいて、味方の駆け上がりを効果的に使う戦術眼を備え、欠かせない選手としてエースに君臨する。

次の