ゆたぼん。 「マジで学校なんて行く必要ない」ゆたぼん父が激怒 ネットの悪ノリに同情の声も「暴言」と批判に

ゆたぼんの家族構成は?父は元暴走族のカウンセラーで姉は美人YouTuber

ゆたぼん

ゆたぼんの炎上内容 なぜゆたぼんさんのYoutubeが炎上しているのかというと、 「不登校は不幸じゃない!」ということを自身のチャンネルで主張しているからなんです。 この動画は2019年5月14日現在で、なんと97万回も再生されています。 100万回再生ももうすぐではないでしょうか・・・。 それ以外にも、 「俺が自由な世界をつくる」や 「人生は冒険だ!楽しく生きようや!!」ということを発言し話題となっていますね。 もちろんご自身のチャンネルなので自分の意見を言うことは自由ですが、「子どもは学校に行く権利はあるが義務はない」などと主張していたりするので、嫌なことから逃げているのでは・・・ということで炎上してしまっているのです。 ゆたぼんのプロフィール ではゆたぼんさんはどんな方なのでしょうか。 プロフィールを見てみましょう• 本名:中村 逞珂 なかむら ゆたか• 生年月日・2008年12月12日• 出身地・大阪府 出身地は大阪府ですが、 今は沖縄県に住んでいるゆたぼんさん。 今は10歳で小学校5年生ですね。 不登校になったのは、小学校3年生の時からです。 きっかけは学校から出された宿題を拒否したところ、放課後や昼休みにやるように言われて不満を抱いたからだそうです・・・。 決していじめとかが理由ではないんですね。 ゆたぼんさんは、 担任の言うことを聞く生徒がロボットに見えるようで、自分までロボットになってしまうことを恐れて不登校になったとのこと。 ですがもう二度と行かない!のではなく、行きたいときに行くスタンスで過ごしているそうです。 これが多くの方に影響を与えていて、 キングコングの西野さんや ダルビッシュ有さんなどもコメントを発言するなど多くの反響があります。 いろんな意見が出ていますが、ゆたぼんさんを心配する声もたくさん挙がっています。 Sponsored Link ゆたぼんのお父さんが元暴走族の人? 独特な考え方のゆたぼんさんを育てられたご両親が気になりますよね! 実はお父さんは 元暴走族!?ということが言われています。 お父さんは中村幸也さんという方で、 現在はカウンセラーとして働いています。 そして噂通り、元暴走族の副総長で覚せい剤などの使用歴もあるそうです・・・。 ですが現在は大検を取得し、自身の経験に基づいてカウンセラーをするなど幅広く活躍されています。 本も出版していました! かなりいろいろ経験されていてカウンセラーということで、ゆたぼんさんにもご自身の教育があったのかもしれませんね。 そしてなんと!ご自身でもされています。 ゆたぼんの母親や姉や兄弟についても調査 ではお母さんや兄弟についても見てみましょう! ゆたぼんさんのお母さんは、「きよみん」という方でお子さんが5人います。 ゆたぼんさんは5人兄弟なんですね! 今は子育ても落ち着いて、名刺や広告のデザインのお仕事をされているそうです。 そして兄弟ですが、長女は大阪に残り他の家族で今は沖縄に移住しています。 長女の中村あいりさんも、以前 youtubeをされていたそうですよ! 長女に関してはお父さんの中村幸也さんもブログで 「わがままで贅沢」と批判しており、家族仲は少し亀裂があるのかもしれませんね・・・。 昨年の九月に沖縄旅行へ行き、 子どもたちと沖縄サドベリースクールを見学し、 家族みんなで「沖縄に住みたい」となり、 その為に家族で頑張って来ました。 最初は長女も行くと言っていたのですが、 四月になって急に行かないと言い出し、 自立すると言って先月家を出ました。 それまでは長女をメインにして計画を練り、 兄妹も凄く頑張ってきたのですが、 長女が途中で投げ出した為、 すべての計画を白紙に戻す事に・・・。 予定していたクラウドファンディングも中止し、 再度、長女以外の家族六人で 一から計画を練り直しました。 もともとは今の生活基準を保ったまま 沖縄に引っ越したいと考えていましたが、 「引っ越せるならなんでもいい」 という意見で一致したので、 そうする事にしたのです。 わがままで贅沢な長女が抜けた事で、 家族会議もスムーズに進み、 まずは家の中にあるほとんどの物を 処分する事にしました。 最終的に九割くらい処分し、 これにより引っ越し業者を使わず、 ヤマトとゆうパックで送る事ができたのです。 大阪から沖縄へ家族六人で引っ越すとなると、 本来なら引っ越し費用だけで 最低でも三十万は必要です。 しかし、九割を手放し、 配送業者を上手く使った事により、 十万円以内でおさまりました。 そして引っ越し先の家の間取りも、 今の半分の間取りにしたので、 家賃も今の半分です(笑) この辺も長女以外の子どもたち四人が、 納得してくれたおかげです。 随分とバタバタしましたが、 家族六人で協力しあいながら、 楽しんで今日を迎える事ができました。 色んな場面で多くの人に助けて頂き、 みなさんの支えがあったからこそ、 こうして沖縄に来れた事、 心から感謝しております。 ありがとうございます! 沖縄には知り合いが一人もいませんので、 これから色んな人と出会い、 自分たちの物語を作っていきたいと思っています。 ですがお父さんは元暴走族で現在はブログをされている、というのは驚きましたね! 一部では、家庭の金銭事情のために息子にyoutubeをさせているのではないかという批判も集まっています。 ですがゆたぼんさんの動画を見ると、自分でやりたくて、話したくてやっているという印象を受けますよね! これからどういった動画が更新されるかも、目が離せませんね!.

次の

ゆたぼんの家族構成は?父は元暴走族のカウンセラーで姉は美人YouTuber

ゆたぼん

【CONTENTS】• プロフィール 名前:ゆたぼん 本名:中村 逞珂(なかむら ゆたか) 生年月日:不明 (現在10歳) 拠点:沖縄県宜野湾市 職業:小学生・ユーチューバー 【経 歴】 大阪府茨木市で生まれ育ったゆたぼんさんは、2018年6月に現在生活している 沖縄県宜野湾市に移住してきました。 小学校3年生の一学期から 「不登校(自由登校)」になったというゆたぼんさん。 その原因は宿題を拒否した際に放課後や休み時間を利用して宿題をやらされたことに対して不満を抱いたことがきっかけだったと話されています。 そのようなことから、同級生が担任の言うことを聞く 「ロボット」に見えてきて、このままでは自分自身もロボットになってしまうと思い、学校に行かないことを決意したようです。 現在も 「学校には行きたい時に行く」という自由なスタイルを貫いており、その独創的な考え方が各メディアに取り上げられ、反響を呼んでいます。 父親が逮捕? 何かと世間を騒がせているゆたぼんさんですが、まだ10歳の少年であるということから、様々な行動の裏には大人の影として、ゆたぼんさんのお父さんがすべてコントロールしていると言われています。 そのようなことから、ネットではあらゆる批判の矛先がゆたぼんさんのお父さんに向いているようです。 ゆたぼんさんのお父さんは 中村幸也(なかむら ゆきや)さん。 現在は 「心理カウンセラー」として活動しており、2015年には 『あきらめる勇気』という書籍も出版されています。 そんな中村幸也さんですが、何かと話題が絶えず、 「逮捕」されるという噂まで浮上しているようです。 結論から言うと、逮捕されるという根拠は特に見当たらなかったのですが、ゆたぼんさんの 「不登校」が原因で今後何らかの処分を言い渡される可能性があるということが判明しました。 中村幸也さんは中学校時代中学校時代はかなりのヤンチャ少年だったようです。 中学校卒業と同時に社会人として働き始めたそうなのですが、3ヶ月で会社を退職し、その後は20回以上もの転職を重ねています。 その間には暴走族の副総長を経験するなど、とにかく非行に走っていた中村幸也さんでしたが、ある時期に 「うつ病」になったことがきっかけで心理カウンセラーの道を志し、現在に至っているようですね。 こうした自身の経験から 「自由に生きていくこと」に重きを置く教育方針が、現在のゆたぼんさんの 「不登校」の理由にも影響しているのかもしれません。 今のところ、ゆたぼんさんは自発的に不登校の状態となっているのですが、これがもし 「本当は学校に行きたい。 」と思っているゆたぼんさんを中村幸也さんが無理矢理学校に行かせないようにしているということであれば大問題だと周囲が警戒しているということがわかりました。 その中でも特に一番上の長女のお姉さんが、ネットでは話題になっています。 調査してみると、長女の名前は 「あいり」さん、通称 「あっちゃん」ということが判明しました。 噂によると、2018年に大阪府から沖縄県へと移住したゆたぽん一家ですが、その移住に反対したあっちゃんは、家族内で干されてしまったとも言われているのです。 そして、お父さんの中村幸也さんは長女を 「贅沢なワガママ娘」と切り捨て、家を出ていったことも報告しているので、ゆたぼん一家と長女のあっちゃんの確執は深刻であるように思います。 そんなあっちゃんですが、こうした経緯もあってか、ツイッターでゆたぽん一家を大批判する 「裏垢」が発見されたということでも話題になっています。 この裏垢ではゆたぼん一家を批判するツイートに対して 「いいね!」をしていたり、 「嫌々親の言うことだけ聞くことが親孝行ではない。 」というツイートがされていたりしたそうです。 これが一部では反響を呼んだそうなのですが、今やすべて削除されており、この裏垢が本物なのか、やらせなのか、真相は闇のままとなっているようですね。 西野との関係は! 最後になりましたが、ゆたぼんさんで検索すると、なぜか 「西野」というワードが浮上してきます。 西野さんといえば、お笑いコンビ 「キングコング」のツッコミ担当、現在は絵本作家としても活躍する 西野亮廣(にしの あきひろ)さんですね。 どうやら、ゆたぼん一家は西野亮廣さんの信者であり、かなり宗教的な色が強いとの疑惑が挙がっているのです。 ・・・というのも、西野亮廣さんが経営するスナック 『キャンディ』の常連客であったと言われているゆたぼん一家が、西野亮廣さんの思想を広めるべく沖縄県で宗教施設 『キャンディ 沖縄支部』の立ち上げ準備をしていたということが事の発端だということです。 結局、長女のあっちゃんがゆたぼん一家から離脱したことで宗教施設の話は流れ、当の本人である西野亮廣さんについても 「ゆたぼん一家のことは何も知らない。 」と言う始末・・・。 結局のところ、西野亮廣さんとの深い関係はないものの、ゆたぼん一家の暴走とも言える行為が西野亮廣さんとの関係性を色濃く疑われたということのようですね まとめ いかがでしたか? 現代的といえば現代的ですが、社会問題としても何かと話題となりそうなゆたぼんさん。

次の

ゆたぼんの現在はどうなった?まだ不登校?炎上中って本当?まとめ

ゆたぼん

来歴 (20年)、5人兄弟の長男としてにて生まれる。 、通っていたで、をしていなかった事をきっかけに担任教師とトラブルになり不登校になった。 「先生は叩いたのに叩いてないと嘘をついたから、行きたくなくなった」、「なんで不登校になったかというと、周りの子たちがロボットに見えたからです」と本人は述べている。 この事が契機となり小学校に通わないことを決意し、で「不登校は不幸じゃない」、「俺が自由な世界をつくる」、「人生は冒険や」 、「いやいや学校へ行ってる子たちの方が不幸だと思う」 等といったメッセージを発信するようになった。 不登校になってからおよそ1年が経った、家族そろってに移住。 そして、2019年5月に、ゆたぼんの活動が琉球新報の5日付の記事に取り上げられたことをきっかけに、ネット上で賛否両論の声が上がったり、YouTubeチャンネルの登録者数が激増した他、「サンデージャポン」、「バイキング」、「」などの大手メディアで取り上げられた。 、久しぶりに学校に登校し、を食べ5時間目の授業を受けて下校したと、本人は話す。 この時、ゆたぼんは自身のYouTubeチャンネルで「俺は不登校の子に言いたい。 学校に行きたければ行けばいいし、行きたくない子は行かなくていい」、「子供は学校に行く権利はあるけど義務はない 」、「みんな自由に生きよう!死んだらアカン!」、「ランドセルの中は筆箱だけ!」等改めて不登校の子供たちに向けてエールを送った。 人物 ゆたぼんのYouTubeの動画は「ハイサイまいど!少年革命家、ゆたぼんです」という明朗な挨拶で始まり、「人生は冒険や!自由に生きよう!死んだらアカン!じゃあ」でしめた後オリジナルソングである「僕の唄」が流れる形がとられている。 配信する動画は歌やお笑い系が多い。 論争 父親の影響を受け、有料の親子講演会を開催する等自由な生き方を模索している。 それ故か、「ゆたぼんは父親のロボット(言いなり)にされているのではないか」と指摘する者がいる。 将来の目標は子供だけが乗れるピースボートで世界中に友達を作り戦争を無くす事で、明けの頃には、子供を集めたを開催する計画も練っている。 また、インターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任し、毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。 記事の売り込みと新聞社の責任 第三者のYouTuber がに電話取材を申し込んだところ、琉球新報の記事は父親による売り込みの記事であることが発覚した。 ゆたぼんが過去に投稿した動画では「YouTubeのコメント欄ではアンチがいっぱい来て苦しんでる子のコメントが見えないから、『琉球新報』の方に電話をしてください」と視聴者に確認を呼びかけていたが、琉球新報にも反響の声どころか問い合わせ自体も一切届いてないことが取材によって明らかにされた。 [ ] ゆたぼんが主張する教師とのトラブルについては、記事を作成した新聞社側はトラブルの有無を学校に取材して確認をしておらず、実際にトラブルがあったのかどうかは明らかになっていない。 本人の言い分のみで記事を作成したことについて琉球新報の報道責任についても問題視されている。 脚注 []• 2019年5月15日. 2019年5月25日閲覧。 ゆめのたね. 2019年9月4日閲覧。 2019年5月5日. 2019年5月25日閲覧。 2019年5月15日. 2019年5月25日閲覧。 中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」. 2019年7月24日閲覧。 2019年5月9日. 2019年5月25日閲覧。 ライブドアニュース. 2019年7月24日閲覧。 2019年5月15日. 2019年5月25日閲覧。 2019年6月10日. 2019年6月11日閲覧。 2019年5月13日. 2019年7月15日閲覧。 2019年5月17日. 2019年7月15日閲覧。 2019年5月21日. 2019年7月15日閲覧。

次の