電気 料金 消費 税。 消費税が10%になると電気料金はどうなる?

電気料金等と通信料金に係る消費税の経過措置について

電気 料金 消費 税

東京電力の電気料金プラン 日本最大手の電力会社である東京電力では、色々な電気料金プランを発売しています。 具体的には、ごく一般的なプランである「」や、電力自由化後に登場した「」「」などがあります。 「」・・・スタンダードで最も契約数の多いプランです。 電気料金は、使用する時間帯と関係なく、使用量によって3段階に設定されています。 「」「」・・・基本料金となる契約電力()が、過去11カ月の使用電力量によって決定されるプランです。 このように東京電力ではいくつかの電気料金プランを販売しています。 しかしながら、実際の契約数としては自由化前からある従量電灯プランが圧倒的に多いのが現状です。 特にご自身で電気料金プランを選んだ記憶がなければ、おそらく今契約中のプランは従量電灯プランである可能性が高いでしょう。 この記事では、最も 一般的な電気料金である「従量電灯プラン」を使って東京電力の電気料金の計算方法を解説していきます。 東京電力の電気料金の内訳 それではこの一番メジャープランである「従量電灯」を使って 東京電力の電気料金の計算方法をご紹介します。 まずは、内訳がどうなっているのか確認します。 ちなみに、自分がどのプランを契約したかわからない場合は、東京電力の「検針票」や「請求書」webサービスの「でんき家計簿」もしくは「くらしTEPCO」を見れば確認することができます。 東京電力以外の電気料金もチェックしてみませんか? 東京電力エリアで申し込める電力会社をチェックして、東京電力より安い電気料金プランを申し込んでみましょう。 東京電力の電気料金内訳 1. 基本料金• 契約によって決まる料金です。 (10Aから60Aまで)• 電気を使ってなくても毎月必ずかかる料金です。 電力量料金• 電気の使用量(kWh)に対してかかる料金です。 電気を使わなければかかりません。 「1kWhあたりいくら」という料金単価になっています。 その他 燃料費調整額• 発電の燃料費の変動を電気料金に反映するための料金。 プラスになることもマイナスになることもあります。 再生可能エネルギー発電促進賦課金• 東京電力が再生可能エネルギーで発電された電気を買い取る際に生じたコストを負担するための税金。 東京電力の基本料金と電力量料金 - 料金表 東京電力の電気料金(従量電灯プラン)の内訳がわかりました。 4つの要素から構成されていますが、 東京電力の電気料金の計算で重要なポイントになるのは、「基本料金」と「電力量料金」です。 なぜなら、この二つの料金は電力会社によって異なるからです。 それに対して、上の表の(その他)に入っている2つの料金は同じエリアの電力会社なら全て同じ金額なのです。 「」は東京電力管内であればどこでも同じ、「」消費税のように全国共通の金額の税金です。 つまり、もし場合はこの「基本料金」と「電力量料金」の単価を比べれば良いのです。 それでは、 東京電力の電気料金の計算で重要な「基本料金」と「電力量料金」の特徴や具体的な料金を見ていきましょう。 基本料金 東京電力の従量電灯Bでは、基本料金が毎に設定されています。 契約アンペアが高くなるほど基本料金は高くなります。 もし全く電気を使用しなかったとしても、支払わなければならない料金です。 東京電力だけでなく、多くの電力会社(特に大手電力会社)がこのような基本料金(最低料金)を定めています。 しかしながら、新電力では、のように基本料金の設定がないところもあります。 東京電力-従量電灯B-電力量料金(円・税込み) 電力消費量(kWh) 1kWhあたりの値段 0 - 120kWh 19. 88円 120 - 300kWh 26. 48円 300kWh以上 30. 57円 東京電力の料金を実際に計算してみよう 電気料金の計算方法は、一度理解出来ればあとは簡単です。 安い電気料金を探すのにも役立ちます。 東京電力の電気料金の内訳と具体的な 「基本料金」と「電力量料金」の料金単価が分かりました。 この情報をもとに、 東京電力・従量電灯Bを実際に計算してみます。 実際に順番に計算してみることできちんと理解できているか確認出来るでしょう。 ここでは仮に30Aの契約で今月の電気の消費量が360kWhだったとします。 だいたい夫婦とお子さん一人のご家庭の電力消費量を目安としています。 まず、30Aですから「基本料金」の部分で、858. 00円かかります。 次に、「電力量料金」を計算します。 「電力量料金」は3段階に分かれているため、少し複雑です。 まずは、1段階目、120kWhに1段階目の1kWhあたりの料金単価19. 88円を掛けます。 48円を掛けます。 57円を掛けます。 これを全部足したものが、「電力量料金の合計」です。 そして「基本料金」とこの「電力量料金の合計」を足したものが、 東京電力から請求される電気料金になります。 もし仮に一か月の電力消費量が120kWh未満だったならば1段階目だけを、300kWh未満だったならば1段階目と2段階目だけを計算します。 基本料金 (ごとに決まった金額)• 電力量料金(1段階目を計算、2段階目を計算、3段階目を計算) 燃料調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金・・・燃料調整額は、発電のための燃料の価格や為替ルートの変動を電気料金に調整するためのもので、毎月マイナスになったりプラスになったりと、変動します。 最終的な電気料金は、上記の「基本料金」「電力量料金」にこれらが加えられたものです。 東京電力エリアで電気料金を安くするには? ここまでで、東京電力の電気料金の計算方法を知る事が出来ました。 電気料金の計算方法を知りたいという方の中には、電気料金をなんとか減らしたいと思っている方もいるでしょう。 そこで次に「東京電力エリアで電気料金を安くする方法」をご紹介します。 上の項目でも述べたように、毎月の 東京電力の電気料金を決定するのは、毎に異なる「基本料金」と、毎月の「電力消費量 kWh 」に「1kWhあたりの値段」を掛けた金額です。 この2つのうち、「基本料金」は固定料金ですからアンペア容量を低くしない限り毎月同じ額を払わなくてはなりませんし、 毎月の「電力消費量 kWh 」は、努力をして節電をしなければなかなか下げる事は出来ません。 ですから、簡単にすぐに電気料金を安くしたいのであれば、東京電力より安い「基本料金」や「電力量料金(1kWhあたりの値段)」を設定している電力会社に申し込むのが一番確実です。 それでは、関東地方でに申し込んだらいくらくらい安くなるのでしょうか。 具体的な数字を見ていきましょう。 基本料金がそもそもゼロ円の会社もありますよ。 東京電力・従量電灯Bと新電力の料金比較 基本料金 契約アンペア数 10A 286. 00円 0円 提供なし 提供なし 提供なし 15A 429. 00円 20A 572. 00円 30A 858. 00円 815. 10円 858. 00円 40A 1144. 00円 1086. 80円 1144. 00円 50A 1430. 00円 1358. 50円 715. 00円 1430. 00円 60A 1716. 00円 1630. 20円 858. 00円 1716. 00円 電力量料金 電力使用量 東京電力 従量電灯B Looopでんき おうちプラン リミックスでんき 従量電灯B HTBエナジー プライムプラン 東京ガス ずっとも電気1 120kWhまで 19. 88円 26. 40円 18. 88円 23. 54円 23. 67円 (140kWhまで) 120kWh超えて300kWhまで 26. 48円 25. 15円 23. 88円 (140kWh超えて350kWhまで) 300kWh超える 30. 57円 29. 04円 26. 41円 (350kWh超える) 表を見てみると全ての新電力が東京電力より「基本料金」も「電力量料金」も同じかもしくは安い料金設定になっている事がわかります。 東京電力エリアでは上記で比較した料金プランの他にも、まだまだ多くの新電力があります。 マークの説明 マーク 説明 基本料金ゼロ円 基本料金がゼロ円の料金プランがある。 が大きいと、節約できる電気代が大きくなります。 定額 月300kWhなど決められた電気使用量の電力量料金が定額になるプランがある。 定額の電気使用量を超えると、大きく電気代を節約できます。 従量電灯 の最も基本的な電気料金プラン、従量電灯プラン(もしくはスタンダードプラン)に相当するプランがある。 ほぼ全てのにこのプランがあります。 オール電化 オール電化向けの、深夜料金が安くなるプランがある。 対応しているはあまり多くありません。 都市ガス エリアで都市ガスの販売も行なっている。 多くの会社で電気とガスをセットにすることで、割引特典がつきます。 LPガス 関東エリアでの販売も行なっている。 動力 マンションや店舗などの、エレベーターや業務用空調機などに利用される動力プランがある。 東京(関東エリア)で選べる新電力一覧 電力会社 特徴 Looopでんき• 基本料金がゼロ円。 電力量料金が一段階と最もシンプルで分かりやすいプランを提供。 極端に電気の使用が少ない方以外電気料金が安くなります。 1時間毎の電力使用量や節約額、請求情報等をアプリで簡単にご確認できます。 基本料金ゼロ円 従量電灯 都市ガス 動力 リミックスでんき• 基本料金・電力量料金が大手電力会社より5%安くなる。 使用量が少なくても切り替えるだけで確実に安くなるのが特徴。 従量電灯 動力 ジニーエナジー• 大手電力会社の従量電灯プランと比べて基本料金が半額• 300kWh以上利用する家庭なら大手電力会社よりもお得になる。 市場価格に応じて、毎月電気料金が変動するのが特徴。 従量電灯 動力 HTBエナジー• 30A・40Aなら基本料金と従量料金が5%〜8%程度安くなります。 50A・60Aなら基本料金が半額、電力量料金が1段階でさらにお得。 従量電灯 都市ガス CDエナジーダイレクト• 基本料金・従量料金が安くなる。 定額プランや、Amazonプライムがつくプランがある。 オール電化向けのプランや、都市ガスとのセットも可能。 定額 従量電灯 オール電化 都市ガス 動力 シン・エナジー• 基本プランなら基本料金が約10%安くなる、従量料金も最大9. 4%安い• 電気を多く使う家庭・オール電化など深夜に電気を使う家庭なら【夜】生活フィットプランがお得。 在宅ワークなど昼間に電気よく使う家庭なら【昼】生活フィットプランがお得。 従量電灯 オール電化 動力 Japan電力• 基本料金がゼロ円。 使用量が多いと1kWhあたりの料金が安くなる。 今なら切り替えでマスク1箱【50枚入り】が当たります! 基本料金ゼロ円 従量電灯 動力 親指でんき• 基本料金がゼロ円。 電力量料金も一段階でシンプルなプラン。 ペットがいる家庭向けのプランや、ゲーマー向けのプランがある。 基本料金ゼロ円 従量電灯 オール電化 動力 あしたでんき• 「標準プラン」なら、基本料金がゼロ円。 従量料金も一段階でシンプルなプラン。 月700kWh以上使うなら「たっぷりプラン」。 基本料金がかかるが、従量料金が大手電力会社よりかなりお得。 基本料金ゼロ円 従量電灯 エルピオでんき• 定額プランが充実している。 エルピオのを利用している場合は毎月100円割引。 定額 従量電灯 LPガス 動力 東急でんき• 基本料金と従量料金が安くなる。 の各種ガス料金プランにも対応している。 従量電灯 都市ガス 動力 ピタでん• 大家族など、毎月500kWh以上使う家庭なら500kWhまでが定額になる「使いたい放題プラン」がおすすめ• 基本料金ゼロ円・従量料金1段階の「使った分だけ」プランもある。 基本料金ゼロ円 定額 従量電灯 東京ガス• 基本料金と従量料金が安くなる。 都市ガスとセットにすると毎月270円割引。 電気のみの利用も可能。 従量電灯 都市ガス 動力 J:COM電力• 従量電灯・オール電化に相当するプランがあり、従量料金が安くなる。 J:COMはテレビ・インターネット・モバイル回線などと一緒に利用するとお得になる。 従量電灯 オール電化 都市ガス エネワンでんき• 基本料金・従量料金が安くなる。 を販売している。 従量電灯 LPガス 動力 ニチガスでんき• 200kWhまで電力量料金が固定なので、毎月200kWh以上利用するとお得。 都市ガス・を販売している。 定額 従量電灯 都市ガス LPガス 動力 ソフトバンクでんき• ソフトバンク・ワイモバイルユーザーならおうちでんき割で毎月100円割引• 「自然でんき」は基本料金ゼロ円・電力量料金が1段階のシンプルなプラン。 基本料金ゼロ円 従量電灯 出光昭和シェル• 従量電灯プランに対応していて、従量料金が安くなる。 オール電化プランに対応していて、基本料金が安くなる。 出光昭和シェルのガソリンが1Lあたり2円安くなる。 電気自動車ユーザーにも電気料金割引特典がある。 従量電灯 オール電化 ENEOSでんき• 120kWh以上の従量料金が安くなる。 ENEOSカードの利用者向けの特典がある。 従量電灯 都市ガス 動力 どうぶつでんき• ファミリープランなら、大手電力会社より基本料金が安くなる。 生活安心プランなら、従量料金が1段階で120kWh以上の料金が安くなる。 動物愛護団体に収益の一部が寄付される。 従量電灯 ハルエネでんき• 基本料金もしくは従量料金が安くなる。 法人限定(店舗・事業所など)の特典がある。 従量電灯 動力.

次の

消費税法等改正に伴う電気料金の見直しについて

電気 料金 消費 税

この記事の目次 [ 非表示 表示]• 電気代10,000円なら消費税10%増税後は実質200円の増税 消費税10%増税で少し高く感じても電気代は値上がりしない 消費税は2019年10月1日から10%に引き上げられ、100円の商品を購入するには110円が必要になります。 10,000円の商品なら11,000円、100,000円の商品なら110,000円と、金額が大きくなるほど増税の負担を感じやすくなります。 では、電気代の場合はどうでしょうか。 電気代も同じように、電気使用料金に対して10%の消費税が課税されます。 10,000円の電気代なら消費税が10%分1,000円課税されて、合計11,000円を電気代として支払います。 増税分が1,000円もあると、少し負担に感じてしまいますよね。 8%のときは10,000円の電気代に対して800円が消費税のため、実質200円ほど高くなるのですが、見た目の印象が3桁から4桁になると、気のせいか値上がりしたように感じます。 電力会社では、 電気代に対して増税分の消費税が反映されるのみで、消費税増税に伴う電気料金の値上げなどは行われていません。 一見すると、電気代が全体的に高くなったように感じますが、増税の影響だといえるでしょう。 消費税10%に増税後、電気代含む公共料金はしばらく8%を維持 消費税が10%に引き上げられると、普段の買い物はもちろん一気に何でも高くなったように感じられて、買い物しにくくなりますね。 ですが、政府は増税後の対策として、8%の消費税率のまま経過措置を取る項目を設けています。 電気代を含む経過措置対象項目を見ていきましょう。 電気代は消費税10%増税後も経過措置適用でしばらく8% 消費税増税後の対策として、消費税を現行のままで一定期間据え置く、経過措置が取られることが決定しています。 電気代もしばらくの間は消費税8%のままで課税され、一気にすべてが増税するわけではありません。 経過措置の開始日は、消費税引き上げが始まる2019年10月1日、終了日ははっきりわかっていません。 経過措置が適用になる項目と適用条件は次の通りです。 経過措置項目 経過措置適用条件 1、旅客運賃等 (旅客運賃や入場料金など) 2019年10月1日以降行う旅客運送の対価・映画や演劇を催す場所、競馬場、競輪場、美術館、遊園地などの入場料金で、2014年4月1日から2019年9月30日まで領収しているもの 2、電気料金等 (水道光熱費や電話・灯油料金) 2019年10月1日前から継続して供給している電気、ガス、水道、電話、灯油にかかる料金等で、2019年10月1日から2019年10月31日までの間に料金の支払いを受ける権利が確定するもの 3、請負工事等 (工事や製造、ソフトウェアの請負契約) 2013年10月1日から2019年3月31日までに締結した工事(製造を含む)にかかる請負契約(一定の要件に該当する測量、設計及びソフトウェアの開発等の請負契約を含む)に基づき、2019年10月1日以後に課税資産の譲渡等を行う場合における、当該課税資産の譲渡等 4、資産の貸付 2013年10月1日から2019年3月31日までの間に締結した資産の貸付け契約に基づき、2019年10月1日前から同日以後引き続き貸付けを行っている場合(一定の要件に該当するもの限定)、2019年10月1日以後に行う当該資産の貸付け 5、指定役務の提供 (冠婚葬祭のための施設やサービスの提供) 2013年10月1日から2019年3月31日までの間に締結した役務の提供の契約で、当該契約の性質上役務の提供の時期をあらかじめ定めることができないもので、当該役務の提供に先立って対価の全部又は一部が分割で支払われる契約で(割賦販売法に規定する前払式特定取引に係る契約のうち、指定役務の提供に関係するもの)、2019年10月1日以後に当該役務の提供を行う場合において、当該契約の内容が一定の要件に該当する役務の提供 6、予約販売に係る書籍等 2019年4月1日前に締結した不特定多数の者に対する定期継続供給契約に基づき、譲渡する書籍その他の物品に係る対価を2019年10月1日前に領収している場合で、その譲渡が2019年10月1日以後に行われるもの 7、特定新聞 不特定多数の週、月その他の一定の期間を周期として定期的に発行される新聞で、発行者が指定する発売日が2019年10月1日前であるもののうち、その譲渡が2019年10月1日以後に行われるもの 8、通信販売 通信販売で商品を販売する事業者が、2019年4月1日前にその販売価格等の条件を提示し、又は提示する準備を完了した場合で、2019年10月1日前に申込みを受け、提示した条件に従って2019年10月1日以後に行われる商品の販売 9、有料老人ホーム 2013年10月1日から2019年3月31日までの間に締結した有料老人ホームの終身入居契約(入居期間中の介護料金が入居一時金として支払われるなど一定の要件を満たすもの)で、2019年10月1日より前から同日以降も介護に係る役務の提供を行っている場合、2019年10月1日以後に行われる当該入居一時金に対応する役務の提供 10、特定家庭用機器再商品化法(リサイクル法)に規定する再商品化等 家電リサイクル法に規定する製造業者等が、同法に規定する特定家庭機器廃棄物の再商品化等の対価を2019年10月1日前に領収している場合(同法の規定に基づき小売業者が領収している場合も含む)で、当該対価の領収が再商品化等が2019年10月1日以後に行われるもの 2番の電気料金等の部分を見てみると、消費税が引き上げられる 2019年10月1日よりも前から継続して供給していることが前提で、2019年10月1日から2019年10月31日までの間に 料金の支払いが確定することが適用条件となっています。 例えば、2019年3月の時点で契約している電気契約のうち、電気代の支払いが毎月発生していて2019年10月も継続する契約なら、消費税が8%のまま据え置かれることになります。 電気代は経過措置!消費税増税に伴う軽減税率と経過措置の違いを解説 消費税の引き上げに伴い、行われる対策は2種類あります。 1つは電気代も適用される経過措置、もう1つは軽減税率です。 経過措置は消費税の引き上げが いきなり過ぎずかつスムーズな対応をするためのルールであり、軽減税率は 幅広い消費者が利用する特定の品目に対して、消費税負担を軽減する対策です。 軽減税率の対象になるものは、 酒類・外食を除く飲料・食品と、週2回以上発行する 定期契約する新聞です。 軽減税率の対象外とされる外食は、食事の仕方や購入方法により細かく分類されているので注意が必要です。 外食の詳細項目 8%の軽減税率適用になるもの 10%の標準税率適用のもの ファストフードや 牛丼店など テイクアウト 店内飲食 コンビニ 弁当や総菜 (持ち帰りとして販売されたもの) イートインコーナーで飲食するもの (トレイで席まで運ばれる、食器の返却が必要なもの) 屋台・フードコート 屋台でも椅子やテーブルの設置がない軽食 椅子やテーブルの設置がある フードコートでの飲食 給食やケータリング 学校給食や有料老人ホームの食事 (1食あたり640円以下、1日の累計額が1,920円以内) ケータリングや出張料理など そば・ピザ・ラーメン 宅配や出前 店内飲食 消費税率引き上げに伴う対策のうち、経過措置と軽減税率は内容が異なるものの、2019年10月1日以降、 すべてが増税して生活の負担にならないよう取られる対策といえます。 消費税増税後の軽減税率、電気代は除外でもポイント還元の可能性 消費税増税は、日々の生活はもちろん経済にも大きな影響が出ると予測できます。 政府は、経済対策としてクレジットカード・電子マネー・QRコードを使った、 キャッシュレス決済をした方を対象に、東京オリンピック開催時期までの 9か月間、 5%のポイント還元を検討しています。 実現した場合、実際の消費税は10%-5%還元=5%となり、税率が低くなると考えることができます。 残念ながら電気代の支払いは対象外で利用できませんが、家電や家電周辺機器、コード類などを購入するときには使えそうです。 また、住民税非課税世帯と2歳以下の子供を持つ世帯には、購入額に一定額を上乗せして買い物ができる、プレミアム付き商品券の発行、地元商店街では自治体ポイントの加算なども検討されています。 軽減税率としてこれらすべて、または一部が実施された場合は、なるべく利用することがおすすめです。 電気代に直結するものは少ないですが、5%のポイント還元があれば、実際の税率の半分で買い物ができるため、非常にお得になるからです。 10,000円の商品で言えば、10%なら11,000円の支払い、5%還元を受けたとすると、実質10,500円で買ったことになります。 消費税5%の時代に戻ったみたいですね! 電気代の消費税は非課税にはならない!安くするなら電力会社を変更 電気代にかかる消費税は、一部非課税になるケースがあります。 ですが、一般家庭で非課税になることはありません。 もし、消費税増税に備えて、電気代を少しでも安くしたい場合は新電力への乗換えを検討してみましょう! 電気代の消費税が非課税になるケースと課税になるケースを解説 電気代は、一般家庭で使用する場合、課税対象になるもので非課税にはほとんどなりません。 ですがによると、賃料や共益費の内容に電気・ガス・水道使用量が含まれる場合は 非課税、賃料とは別に賃貸人が電気・ガス・水道使用量を収受する場合は 課税 としています。 一般的な賃貸住宅や持ち家の場合は、ほとんど賃料や共益費に電気・ガス・水道使用量が含まれないので、電気代は一般的に課税対象と考えることができます。 電気代を安くするには節電が最も重要でも、この先の生活でずっと電気代を安くするには、電気料金プランの見直しと新電力への乗換えがおすすめです。 電気代を安くするなら消費税10%増税前の新電力乗換えがおすすめ 電気代を安くしたいなら、既存電力会社から電気代が安い新電力への乗換えがおすすめです。 ここで注意しなければならないのは、2019年に消費税が10%に増税することです。 電気代は消費税の経過措置の対象項目なので、現行8%のままに据え置くことができます。 しかし、経過措置対象になるには、適用条件をクリアしなければなりません。 電気代をはじめとする公共料金の経過措置適用条件は、• 2019年10月1日前から継続して供給している電気、ガス、水道、電話、灯油にかかる料金等で、2019年10月1日から2019年10月31日までの間に料金の支払いを受ける権利が確定するもの と定められているため、2019年10月よりも前に新電力への乗換え手続きをする場合、手続きと送電開始に1ヶ月程度かかることを含めて、遅くても7月~8月には契約しなければ間に合わないかもしれません。 すべての新電力で当てはまるとは限りませんが、1~2ヶ月の余裕をもった乗換え手続きが安心です。 こちらも読まれています 1,140 view 消費税10%増税でも電気代は変わらない!料金プランを見直しで対応 消費税が10%に増税しても、電気料金自体は値上げされることはありません。 ですが、10%への増税は実際の負担とともに、増税分が見た目でも3桁から4桁となり、ずっしりと重い負担に感じられる気がします。 980円と1,000円では実質20円しか違わないのに、1,000円の方がすごく高い印象を受けるようなものです。 政府も経過措置や軽減税率、キャッシュレス決済によるポイント還元や商品券の配布など、増税対策を打ち出しており、どこまで実現するかは未定でも実施された場合は有効活用するに限ります。 一時的な対策だとしても、利用分は確実にお得になるからです。 それでも増税分で支払う金額を減らし手電気代を安くしたいなら、電気料金プランの見直しをしてみましょう。 ライフスタイルや電気を使う時間帯、全体的な電気料金単価の比較はもちろんのこと、ガスやネット回線、ガソリンなどとのセット契約も含めて比較検討することがおすすめです。 もし電気料金プランの乗換えをするときは、なるべく8月のお盆より前に手続きを行い、確実に10月中に電気料金の支払いが確定するよう手配しましょう。 一緒に読まれている記事• 2016年4月から「電力自由化」が始まりますが、2016年1月の時点で「参加する企業は約130社」と伝えられています。 電力自由化が始まると、どのよ... 電力の自由化が推進されるなか、2020年には「発送電分離」の実施が予定されています。 発送電分離とは、大手電力会社の発電部門と送配電部門を分離させるこ... 電力自由化では、自分に合う電力会社や銘柄が利用できます。 特に関東と関西は、新規事業者の数が多く、選べる銘柄も比例して多くなります。 最短3日〜遅くと... 本記事で取り上げる「中部エリア」には、静岡県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県があります。 全国的にも人口の多い地域で(特に)愛知県は、日本を代表する工... 同じカテゴリの関連記事• 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安... 消費税は2019年10月1日に現行の8%から10%に引き上げられますね。 気になるのは電気代への影響と、10%適用日、経過措置や軽減税率の詳しい内容です。 消費税増税後でも電気代を安...

次の

消費税率引上げに伴う各種料金の変更について|東京電力エナジーパートナー株式会社

電気 料金 消費 税

電気代やガス代の消費税が8%になる場合 電気代やガス代は、 令和元年10月1日~10月31日に支払いの確定した分までが8%の消費税になります。 それ以降は、10%になります。 電気代やガス代は、月単位で料金を計算しません。 電気代やガス代を検針する人が、検針した日から次の検針した日までの期間が計算期間です。 そのため、消費税が8%の期間と10%の期間にまたがってしまいます。 令和元年10月1日~令和元年10月31日までに支払いの確定した分を8%の消費税とします。 対象となる料金は次の通りです。 令和元年10月1日以前から継続的に電気やガスを供給し、又は提供することを約束する契約で検針などで支払いが確定するものです。 そして、不特定多数の者に電気やガスを供給するものです。 電気の供給• ガスの供給• 水道水、工業用水の供給、下水道を使用させる行為• 電気通信役務の提供• 熱供給、温泉の供給• 灯油の供給 水道料金など2か月の検針の場合の消費税は? 水道代など2か月に1回の検針の場合は、令和元年10月31日以後に初めて検針して支払うことが決まった金額を次の計算式で計算して8%部分を決めます。 例 電気代が3万円 検針日を令和元年9月20日と令和元年11月20日とします。 分子は、令和元年9月21日~令和元年10月31日ですから1月と9日です。 ビルのオーナーに電気代を払う場合の消費税は? オーナーがビル全体の電気料金の契約をしていて、毎月テナントから電気料を徴収している場合は、 令和元年10月1日~令和元年10月31日に確定した分は8%になりません。 ビルのオーナーが、自分の所有するビルにのみ電気を供給しているので、不特定多数の者に供給していないからです。 インターネットや携帯電話の定額制の場合の消費税は? インターネットや携帯電話で 料金定額料金制の場合は、電気代と同じではありません。 インターネットや携帯電で月々の使用量に関係なく定額料金となっているものは、 令和元年10月1日~令和元年10月31日に確定した分は8%になりません。 インターネットや携帯電話の定額料金制は、検針などで支払いの義務が確定するのではないからです。 」というような、多段階定額制の場合は8%の対象となります。 令和元年11月1日以降に支払いの確定した分は10%になります。 水道代など2月に1回の検針の場合は、計算式を使って8%の部分を算定します。 ビルのオーナーに支払う電気代は、不特定多数の者に電気を提供している業者に支払っているのではないため8%になりません。 インターネットや携帯電話の定額制の場合は、令和元年10月1日~令和元年10月31日に支払いが確定した分は8%になりません。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の