スーパー 戦隊 レジェンド ヒストリー。 スーパー戦隊 レジェンドヒストリー ~ゴレンジャーからリュウソウジャー、そして未来へ~|【公式】横浜市観光情報サイト

ゴーレッドとガオレッドのトークショーが決定!「スーパー戦隊レジェンドヒストリー」にて(シネマズ PLUS)

スーパー 戦隊 レジェンド ヒストリー

1975年にスタートした『秘密戦隊ゴレンジャー』から始まり、40年以上の長きにわたり現在まで続く特撮テレビドラマシリーズ『スーパー戦隊シリーズ』。 世代を超えて多くの人に愛され続ける同シリーズは、現在放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』で第43作を数えます。 そんな『スーパー戦隊』の貴重な展示が見られる企画展が、2019年12月13日(金)より開催。 も一足早く拝見させて頂きましたので、その見どころと魅力をお伝えしたいと思います。 伝説はここから始まった 展示エリアの入り口では記念すべきシリーズ第1作目の『秘密戦隊ゴレンジャー』5人の立像が出迎えてくれます。 本物です。 本物を目の前で細部までじっくりと見ることができるんです。 子供の頃にリアタイしていた特撮大好きオジさんの私はこの時点でテンションぶち上げでございます。 そのまま順路に従って展示エリアに入っていくと、壁面にはゴレンジャーを世に送り出した元東映プロデューサーの吉川進さん、脚本家の上原正三さんのコメントパネルが掲げられています。 ゴレンジャーに込められた思いや裏話まで語られたコメントはじっくり読んで欲しいところ。 そして、その傍らには今回の企画展の目玉のひとつである『秘密戦隊ゴレンジャー』の原案企画書も展示されています。 いきなりの目玉展示に「もう見せるのかよ!」と驚きつつ、当時の空気感が伝わる貴重な展示に思わず手を合わせて拝んでしまいました。 言ってしまえば、昭和の一企業の企画書なのですが、我々にとっては博物館に展示されている歴史的に貴重な発掘された文献のような神々しさがあります。 ここからすべてが始まったのです。 そう思うとちょっと鳥肌が立ってしまいました。 ロボも武器もすべてが本物 その先へ進むと、ゴレンジャーの必殺兵器『ゴレンジャーハリケーン』の展示や、壁面に各作品の解説や放送当時の流行語や出来事などをまとめたパネルが並びます。 こちらのパネル、かっこいい特写にも注目なのですが、今回の企画展のために全作品新たに書き下ろされた解説文がとても秀逸。 是非じっくり読んで頂きたい。 というより、絶対読んでしまう(笑)。 そして、展示エリアの要所要所にそそり立つ『超新星フラッシュマン』の『フラッシュキング』をはじめとしたロボにもテンション上がること間違いなし! 本物をこんな至近距離で、こんな細部までじっくり観察できちゃっていいんですか?というぐらいに間近に見ることができます。 だからと言って触るのはNGですよ!それは絶対だめ!スーパー戦隊を愛するものならもちろん分かってますよね。 さらに歩みを進めていくと、展示ケースの中には各戦隊の武器や変身アイテムなどが並びます。 しつこいようですが、これも本物です。 子供向けのおもちゃとは違う本物のスケール、アクション用の武器の素材感、アップ用の精細で美しい造形、もう堪りません。 撮影は禁止なので、しっかりとその眼に、記憶に、焼き付けてください。 その他に、シリーズ全作品の最終話のシナリオ台本も展示されているのですが、初期の作品は東映さんにも現存していなかったりして、今回、いくつかは元東映プロデューサー・吉川さんのご好意でご自宅に保管されていたご本人用の台本を展示させて頂いているとのことです。 重要有形文化財級の超貴重な展示です。 手書きの『吉川』の文字を見て震えました。 歴代レッドと記念撮影も! そして、展示スペースを奥まで進むと圧巻の光景が広がります。 歴代レッドと現在放送中の『騎士竜戦隊リュウソウジャー』の面々が勢ぞろいしているのです。 何度もいいますが、こちらのスーツも本物です。 基本的には状態の良い物をご用意頂いていて、修理や不足しているものは新造したりはしていますが、本物なので撮影で付いた汚れや傷が残るものもあって、オジさん、新品展示より興奮しました。 そして、しかも、なんと、入り口のゴレンジャーの方々と、こちらのレッドたちの立像は撮影OKなんです! 推しのレッドと一緒に記念撮影できますよ! 更にこちらの立像の向かい側壁面にはスーパー戦隊の年表とテレビモニタが設置されていて、モニタには歴代スーパー戦隊のオープニング映像がエンドレスで流れ続けているんです。 自分の好きな戦隊のオープニングテーマが流れるとテンション上がって思わず一緒に口ずさんでしまうこと間違い無しです。 多分、このエリアだけでもかなりの時間滞在しちゃいます。 そのためにこのエリアだけかなりの広さを確保してあるんですね。 流石東映さん、分かってらっしゃいますね(笑)。 1日中観られるスペシャルな映像上映 展示エリアの他にも『スーパー戦隊レジェンドシアター』と銘打たれた映像展示エリアも用意されています。 こちらのシアターでは『Aプログラム/全てはここから!第1話セレクション』『Bプログラム/感動のラスト!最終話セレクション』『Cプログラム/ベストセレクション〜昭和編〜』『Dプログラム/ベストセレクション〜平成編〜』『Eプログラム/新たなる戦士登場編&珠玉のエピソードセレクション』を日替わりで上映。 各プログラムでは厳選された12話づつを朝から上映しますので、訪れた日にちや時間によって観られるエピソードが異なります。 つまり、全エピソードをコンプするためには何回も足を運んで朝から夕方まで観続ける必要があるわけですが、飽きない、寧ろ毎日来て全部観たい。 TTFC(東映特撮ファンクラブ)などのネット配信で見ることもできますが、この会場で見ることに意味があると思うのですよ。 上映スケジュールや上映エピソードにつきましては『放送ライブラリー』のイベント案内サイトからご確認いただけますので、是非チェックしてみてください。 『』 スペシャルイベントも開催予定 その他に、来年1月18日(土)には『ルパンレッドとパトレン1号がやってくる!』握手&撮影会、1月25日(土)には『救急戦隊ゴーゴーファイブ』のゴーレッド/巽マトイ役・西岡竜一朗さんと日笠淳プロデューサーによるトークショー、2月1日(土)には『百獣戦隊ガオレンジャー』のガオレッド/獅子走役・金子昇さんと日笠淳プロデューサーのトークショーといったスペシャルイベントも予定されています。 ただし、撮影会は先着50組、トークイベントは事前申し込みによる抽選200名様となりますのでご注意ください。 イベントの開催時間や応募方法など、詳細は東映さんのイベント詳細サイトでご確認を。 『』 いつでも何度でも行ける 今回マスコミ向け内覧会でお邪魔した企画展『スーパー戦隊レジェンドヒストリー』。 1日中居ても全然飽きない貴重な展示の数々に、何回も行きたくなるスペシャルな映像にスペシャルイベント、それがなんと!入場無料なんです! 今回、スーパー戦隊単独としては初の企画展を記念して、ファンの皆さんへの感謝を込めてとのこと。 いやいや、こちらが感謝ですよ。 ファンにとってこんなにうれしいことはありません。 行けるものなら毎日でも行きたいです。 1日中居たいです。 そんなことも実現可能なスペシャルサービスですよ、これは! 会場の『放送ライブラリー』は『横浜高速鉄道みなとみらい線日本大通り駅』直結という好アクセスですし、企画展の開催期間は12月13日(金)〜2020年2月16日(日)となっていますので、お近くの方はいつでも何度でも、遠方の方は冬休みや有給休暇などを利用して足を運んでみると良いと思います。 ただし、年末年始など『放送ライブラリー』自体の休館日がありますので事前のご確認をお忘れなく! (撮影・取材・文:いぢま。 ) 関連記事.

次の

「スーパー戦隊レジェンドヒストリー」12月13日(金)より開催決定! 幻の「ゴレンジャー原案企画書」ついに初公開!!

スーパー 戦隊 レジェンド ヒストリー

【イベント】「スーパー戦隊レジェンドヒストリー」2019年12月13日 金 〜2020年2月16日 1975年にスタートした『秘密戦隊ゴレンジャー』から始まり40年以上の長きにわたり、現在まで続く「スーパー戦隊シリーズ」の歴史が詰まった企画展「スーパー戦隊レジェンドヒストリー」。 2019年12月13日 金 〜2020年2月16日に開催される、この展示を記念して、トークショーの開催が決定した。 トークショーゲストには西岡竜一朗と金子昇 トークショーは2020年1月25日(土)と2月1日(土)の2回開催。 共に番組プロデューサーを務めた日笠淳を対談相手に迎え、当時の思い出からいまだから言える裏話までとことん語り尽くすという、ファン必見の内容を予定。 さらにトークショーの前には各番組の第1話が特別上映される。 西岡竜一朗さん、金子昇さんの各コメントも到着した。 西岡竜一朗コメント 今回、ゴーゴーファイブ20周年の節目に日笠さんとのトークショーという形で皆様にお会いできることを大変楽しみにしております。 自分にとって日笠さんはプロデューサーでもあり、尊敬する先輩でもあり、戦友でもあります。 形式ばったトークではなくいつも居酒屋で話すようなぶっちゃけた話をできたら良いな、と思っております。 ぜひとも皆様も当日は気楽に聞いていただければ幸いです。 応募方法は往復はがき、または放送ライブラリーHPからとなっている。 bpcj. 放送ライブラリーのHPからも応募可。 bpcj.

次の

特撮大好きオジさんが震えた!?企画展『スーパー戦隊レジェンドヒストリー』を徹底解説!

スーパー 戦隊 レジェンド ヒストリー

みなさん、騎士竜戦隊ソウジャーを見ていますか? 当初は独特のノリ、倫理観で見る人を選ぶ作品 婉曲表現 でしたが、最近はその持ち味はそのままに真っ当にヒーローしてます。 今週は敵でありながらマスコットキャラ的な位置づけにもあるンが上司からの扱いに耐えかねてソウジャーの手助けをしてしまいました。 さらに、比較的理解のある別の上司と一緒にソウジャー側に寝返るのでは?という展開になっています。 敵キャラは戦隊に味方するのか、この一年を経て彼らの心は善に傾いたのか、という敵側の動向も終盤の見どころの一つです。 さて、本題。 ソウジャーが佳境に入る中、こんな企画展が開催されています。 1975年に放送を開始した、そこから40年以上続くの歴史を詰め込んだ企画です。 当時撮影にも使用した武器や歴代戦士の立像の展示、映像作品そのものの上映などが行われています。 これを見に行ってきたのですが、すごく良かったです。 その内容を少し紹介するのでみなさんも見に行ってください。 小道具、スーツの展示 会場に入るとがお出迎え。 こんな感じでスーツが飾られています。 撮影に使ったものか、展示用のものなのかは分からなかったです。 ひときわ目立ってボロボロだったレッドターボ。 撮影用もとい激戦の証だと思うことにしましょう。 それにしたってもう少し綺麗にしてあげてと思いますが…… なぜかのバックルを接写で撮るというこだわりを持った少女がいたのでマネをしてみました。 シンプルなデザインのゴレンジャーですが改めて見るとこのへんはかなり凝っていますね。 撮影はできなかったのですが、武器の展示もありました。 放送順での展示だったため、時代が進むにつれてどんどん武器が細部まで作り込まれるようになっていくことを追って体験する事ができました。 等身大立像と玩具サイズではない撮影に実際に用いた武器、これらの『そのままの大きさ』を見ることで作品世界をより身近に感じることができました。 ただ、ロボの展示もあったのですが、そういう観点だとイマイチだったかもしれないです。 作品紹介のパネル ゴレンジャーからソウジャーまで歴代43作品を一作ずつ解説するパネルがあったのですが、解説文の熱量が非常に高く読み応えのあるものでした。 例をあげると。 バラエティ番組で取り上げられるたびに『戦うトレンディドラマ』の面だけが強調されており、僕はそれを見るたびに「そこじゃねえだろ!」と言っているめんどくさいやつです。 そのの解説文ももちろん恋愛部分は欠かせないものではあるのでそこも記載しているのですが、レッドホーク・天堂 竜と・結城 凱の対立と友情にもしっかり触れており、それを読んだ僕は「そこだよ、そこ~~~~~~」と満足しました。 この文章、公式のどこかでアップしてほしいです。 アンケートにも書いてきました。 お客さんが良かった 『みなさん行儀よく鑑賞していてのファンは立派ですね』 という話ではないです。 どちらかというと、企画展としてはうるさいくらいじゃないかと思います。 お子さんもいますので。 ですが、この展示会の一番良いところはこの『お客さんの声』だと思います。 こういった声が会場中で交わされています。 『これは見覚えがある』 『このへんまでは見てたんだよね』 これの何が良いかというと言うとですね、『誰の心の中にもその人にとっての戦隊が残っている』というところです。 1975年にゴレンジャーが放送開始しましたので今年で45年です。 当時の視聴者が5歳だとすれば今は50歳です。 そこからほぼ絶え間なく放送して45年、現在50歳ぐらいまでの人が子どもだった頃には何かしらのが放送されていたということです。 もちろん、きちんと一年間は見ていない方もいらっしゃるでしょう。 テレビが無い家庭で育った方にはごめんなさい。 ですが、たまたま見た一話、店頭で見かけたおもちゃ、そういった些細な形も含めれば、に触れてこなかった人はほとんどいないと思います。 大人になって忘れてしまった方もいると思うのですが、そういう方がこの展示会に来て44のを見てどれか一つでも思い出して先述の言葉が出てきたのだとすれば、僕はシリーズのファンとしてすごく嬉しいです。 誰の心の中にもは残っているのだと。 以上、企画展『 レジェンドヒストリー』のご紹介でした。 ここまで書いといてなんですが、展示しているものがそこまですごいというわけではないです。 貴重といえばもちろん貴重ですが、展示会ならこのくらいは揃えるでしょう、というレベルです。 ですが、繰り返しになりますがとにかく『声』が良かったです。 みなさんの声が聞けて良かった。 「平日に休みを取ってゆっくり見ようかな」とかも考えていましたが、混雑していないとこの感覚には浸れなかったでしょう。 シリーズファンの方はこんな楽しみ方をしてみてはどうでしょうか。 そして、今はを見ていないけれど、この記事を読んでおぼろげながらもヒーローの姿が脳裏に浮かんだ方、ぜひ足を運んでください。 みなさんの心の中に眠るヒーローと再会できます。 おまけ 300円で名前付きシールが作れます。 思いっきり本名で作ったので名前は隠しています。 レッドホークもいいけどギンガレッドで作れるとさらにグッドでした。 amakurasan.

次の