ホバスト バス 釣り。 ミドストにおすすめなワーム5選!今が旬のホバストにも!

バス釣りで1番釣れるリグ!?ノーシンカーの使い方やおすすめワームを紹介

ホバスト バス 釣り

ホバストとは何か? 撮影:筆者 ホバストは「ホバーストローリング」の略であり、英語の「Hovering=ヘリコプターなどが空中で停止している状態」を意味します。 同じく、ホバストでは2-3インチのワームを用いて水中であたかも停止しているかのようなアクションを生み出してくれます。 類似したリグとしては、ミドスト(ミッドストローリング=中層付近をジグヘッドで誘う釣り方)がありました。 しかし、ホバストでは表層に特化してゆっくりとバスを誘い出せるリグとして注目されています。 後述しますが、ホバストでは特殊なフックとワームが前進する力を抑制する絶妙なセッティングによるアクションを出せます。 ミドストもゆっくりとしたアクションで誘えますが、ホバストではよりナチュラルにバスへとアプローチできるメリットがあるのです。 次の章では、筆者がホバストを試して感じた点についてご紹介しますね。 筆者も挑戦!ホバストのここが良かった! 撮影:筆者 正直なところ、 「ミドストでも十分にゆっくりと誘えるのに、ホバストを使用するメリットは無いのでは?」 と思っていました。 ですが、実際にホバストを使用してみるとその使いどころの多さと魅力に気付けました。 昼間など太陽が差している時間に釣りに行くと、バスがポカーンと浮いている時がありますよね。 このような条件下で、ホバストをするとバスがゆっくりと寄ってきてパクっとバイトしてくれるのです。 ワッキーリグやネコリグなどで反応がない場合やベイトを意識しているけど追い切れていない個体を釣りやすいことに気付きました。 また、基本はシェイキングによるアクションを重視しますが、トゥイッチによるスライドの大きいアクションはバスのスイッチを入れやすいです。 リアル系のワームとよりゆっくりと誘えるホバストリグの組み合わせなので、サイトフィッシングを存分に楽しめることが分かりました! ホバストが向いているポイントとは? 撮影:筆者 ホバストはシンカーの付いていない状態のフックとネイルシンカーをワームに差し込むリグなので、自重が軽い特徴があります。 そのため、ホバストには向き不向きのポイントがあります。 例えば、• 流れの当たらないワンド• クリアウォーター• 晴天無風あつ、止水域• 流れが緩やかなポイント• オーバーハング などはホバスト向きと言えるポイントです。 他方、• 流れの早い河川• 雨や曇りによって水面下の状況が分かりづらい時• 濁りが強いポイント(マッディウォーター) 等は、バイトが見えにくいのでホバストの釣りが成立しにくいです。 ホバストはフィネスな釣りで、バイトを目で確認できるようなクリアウォーターなポイントを選びましょう。 ホバストのアクション方法について 撮影:筆者 続いて、ホバストのアクション方法について一通り解説します。 まず、キャストをしたらワームの位置を確認してラインスラッグを適度に取ってあげましょう。 イメージとしては少しだけラインを弛ませる感じで巻き取り、ロッドティップでシェイクをします。 注意点としては、ミドストよりも軽い力でシェイキングを加えることです。 ミドストリグよりも軽い自重なので、直接アクションを加えるのではなく、ラインにアクションを加えるイメージでロッドをシェイクさせましょう。 感覚的な説明となるので難しいかもしれませんが、ラインにアクションを加えるようにしてくださいね。 そして、シェイキングをすると表層直下でワームが綺麗にロールをします。 水中での前進が遅いので、ジワジワと周りのバスを寄せられたら成功です! バスを寄せてからは、止めるもよし、リアクションバイトもよし、シェイキングを続けるもよしです。 あなたのロッドワークでバスの捕食スイッチを入れてあげてください。 バイト丸見えで捕食してくるので、慌てずにロッドを立ててファイトを楽しみましょう。

次の

【2020年最注目】ホバストとはなんぞや【解説】

ホバスト バス 釣り

要は軽いミドスト 出典:LureNews ホバストという名前が付いていますがやっている事はルアーをロールさせて誘うミドストと同じです。 ただジグヘッドを使うミドストは表層をゆっくりロールさせて使う事は難しいですよね。 表層でゆっくりとミドストする為にどのようにリグれば良いのか。 という回答がホバストなのだと思います。 ミドストの動きを一点で動かす。 そりゃあ釣れるわ 出典:LureNews ミドストをやった事がある人ならミドストの威力を知っていると思います。 他のルアーでは反応しないのにミドストだけは食うという事を私も経験して、やっぱりミドストは食うなぁと痛感しました。 そのミドストの動きをよりスローに一点で行うホバスト。 釣れないわけがないですよね。 リグり方 出典:Twitter まず準備するのはフックです。 ジグヘッドのウエイトが無いフックが必要になります。 これはリューギから発売されるホバーショットを使うのが間違いないですね。 ジグヘッドのミドストでも同じですが横向きの方がノットがズレにくいのでロールを維持しやすいです。 出典:LureNews フックの刺し方はジグヘッドの時と同じ様にワームの上部に刺します。 ワームをロールさせる為には絶対条件のようですね。 ジグヘッドでも普通に刺すのとロールの仕方が全然違いますから。 出典:LureNews そしてそれだけではノーシンカーになってしまい浮いてきてしまうので、ネイルシンカーを頭に挿入します。 あとは表層でロールさせる 出典:LureNews リグをセットしたらワームを目視しながらワームをロールさせて誘います。 全て見えているので楽しそうな釣りですね。 動画を見る限りでは可能な限り一点で動かし続ける事がポイントのようです。 出典:LureNews それこそリールを巻かなくてもレンジがキープ出来る近距離ではリールを巻かずにロールさせると良いそうですよ。 まとめ.

次の

『Bass Technique Storage(バススト)』好評発売中!

ホバスト バス 釣り

ホバスト用ワーム チャートなど釣り人からの視認性があるものがいいと思います。 また水中でホバリングさせるためにエアー入りのワームがホバストには向いています。 スパーホバリングフィッシュ ティムコ ヴィローラ2. 沈む速度を微妙に調整したいときは、ZAPPUのネイルシンカーを使用。 ミサイルシンカートーナメント アクティブ ネイルショット ザップ ホバスト用フック キャスト時のワームズレでストレスを感じてしまうので、ワームキーパーがあるほうが良いでしょう。 デコイ リマリックJIG52ワームキーパーがないんで、自作して自分にあった位置にセットすることも可能です。 RYUGI ホバーショット サイズ3,2 450円 フィッシュアロー スパインフック サイズ3,2 300円 デコイ リマリックJIG52 サイズ3,2 300円 ホバストのセッティング ワームの先端ではなく、少し後ろのおでこ付近から針をうす通します。 5mmほど通したところで一度針を外に抜きます。 少し進んだところから再び針を通します。 うす刺しをキープしつつ、ほどよい場所から針先を抜きます。 ワームがまっすぐになるようにポジションを調整すます。 目の上くらいにアイが来ればちょうどいい感じです。 なぜこのようなセッティングにするのか? それは、キャストしたときにワームがずれにくいからです。 ホバストセッティング確認• フックに対してワームが曲がってないか• フックがセンターを通っているか を確認してください。 ホバストのアクション そもそも、ホバストとミドストとの違いはあるのか? そこから解説していきます。 ミドストの軽い番が「ホバスト」と思っている方もおられますが、それは間違いです。 ミドストは、巻ながらシェイクしてルアーを引いて来る「線の釣り」です。 ホバストは、水中でフラフラさせて釣る「点の釣り」です。 巻ながらシェイクするのではなく、シェイクだけでフラフラ水中で動かすイメージです。 ホバストは見て釣る釣り方ですので、ロングキャストは必要ありません。 ルアーが見える範囲でアクションさせましょう。 そもそもルアーが軽いのでそんなに飛距離はでません。 ホバストは、ルアーをバスが見つけてルアーに近づいてきてくれます。 水深のある垂直岩盤でもバスが浮いてくることが多いです。 シェイクは大きくロッドを振る必要はありません。 微振動でシェイクするイメージです。 ロッドはシェイクしやすいモデルがおすすめです。 ダウンショット用が最適ではないでしょうか。 フッキングは、サイトで釣るのでバスがルアーを食べたらすぐに合わせましょう。 じらして釣るのですぐに吐き出してしまいます。 バスがルアーの後ろについた時点でいつでもフッキングできる態勢を整えましょう。 食べた瞬間に合わすのがポイントです。

次の